ウーバーイーツ 支払い 現金。 Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金の支払いが可能に!現金払い配達の対応方法|デリバリー配達ナビ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払方法を解説!メリット・デメリットは?

ウーバーイーツ 支払い 現金

Contents• Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法の仕組み Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法は、基本的にはクレジットカード又はデビットカードでした。 ユーザーは、アプリの登録時にカードの登録をします。 注文した料理の代金は、登録済みのカードで自動的に決済が完了するという仕組みです。 ユーザーにとってはもちろん、配達パートナーにとってもお会計の手間が無く、非常に便利な仕組みと言えます。 しかし、クレジットカードを使わない人も多いものです。 カードを持っていないと利用できないという点は、デメリットでしょう。 そこで、試験的に始まったのが現金支払いです。 支払方法に現金が追加 Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いは、2019年2月より京都・神戸・名古屋・福岡エリアでスタートしました。 2019年4月から東京でも現金払いスタートしています。 現金支払いの特徴や仕組みは以下のとおりです。 ・1度に10,000円(税込)まで可能 ・配達員は商品代金を現金で受け取る ・配達報酬より現金が上回った場合は余剰分をUberに支払う ・酒類を含む配達では対応不可 現金支払いが始まっても、引き続きカード決済での利用のお客さんもいるでしょう。 ですから、配達にはカード決済と現金決済が混在します。 カード決済の配達で得た報酬から、現金支払いの配達で受取った差額を引いた残りの金額が、Uber Eats(ウーバーイーツ)から振り込まれるのです。 現金支払いの方が多い場合は、差額分がカード決済にて引かれる仕組みになっています。 例えば、1,800円の現金決済注文で、配達報酬が300円であったとしましょう。 手元には、1,500円分の余剰金が残ります。 これをUber Eats(ウーバーイーツ)に支払う必要があるのですが、これはカード決済の配達で次に振り込まれる分の報酬から相殺されるという事です。 尚、酒類を含む配達では現金対応不可ですから覚えておきましょう。 現金支払いでUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事はどうなる? 現金支払いがスタートしたUber Eats(ウーバーイーツ)。 しかし、対応をするかしないかは、配達パートナー自身が選択出来るようになっています。 現金支払いに対応する場合は、事前にクレジットカード又はデビットカードの登録が必要です。 パートナーアプリからカードの情報を登録してください。 カードの登録が完了すると、アプリ上に現金配達オン・オフのボタンが表示されます。 そうなれば、現金での注文の配達を受ける事が出来るようになります。 現金支払いに対応したい時だけONにする 現金支払いの対応は選択出来ると解説しましたが、一度対応可にしてしまったらずっと対応しなければならないかと言うと、そうではありません。 その日の気分や状況に応じて、都度選択が出来るのです。 現金支払いを受けたい時は、パートナーアプリの「運転の設定」を開き「現金払いを受け付ける」をオンにしましょう。 現金支払いの注文の場合は、アプリ上に緑色の現金アイコンが表示されます。 このアイコンが表示されていたら、料理を渡す際に必ずお釣りを持って行き現金を受け取りましょう。 現金支払いの配達の流れ 実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして、現金支払いの配達をする際の流れについて見ていきましょう。 1:おつりを用意する 2:アプリの「現金払いを受け付ける」をオンにする 3:配達依頼を受ける 4:配達をする 5:料理を渡す 6:現金を受け取る 現金支払いに対応するのなら、事前におつりを用意しておきましょう。 おつりは1万円分はあった方が良いようです。 まず、アプリの「現金払いを受け付ける」をオンにしましょう。 すると、現金対応の配達リクエストが届きます。 配達依頼を受けたら、アプリの地図に従って配達をします。 お客さんに料理を渡す際にカード決済であれば何もする事はありませんが、現金支払いの場合はここでお客さんから現金を受け取ってください。 お客さんが料金をピッタリ持っていなかった場合は、計算しておつりを渡しましょう。 お客さんが現金を持っていなかった場合 現金支払いの注文を受けたのに、実際に配達に行ったらお客さんが現金を持っていなかったという事もあるでしょう。 そのような場合は、お客さんが持っているお金だけ先に貰い、足りない分は貰わずにそのまま商品を渡してください。 とにかく、まずは温かい料理を提供する事が大切です。 そして、ドライバーアプリ上にある「詳細はこちら」をタップ。 現金を1円も受け取っていない場合は「乗客が料金を支払わなかった」・料金の一部のみを受取った場合は「乗客が料金の一部を支払わなかった」を選択してください。 あとは、続いて表示される指示に従いましょう。 不足分の支払いに関するやり取りは、Uber Eats(ウーバーイーツ)側が行ってくれるので安心です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いの口コミ Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いが始まりましたが、実際にどのくらいの配達依頼があるのでしょうか。 現金支払いの配達をしている配達パートナーの感想も気になります。 SNSでは、リアルな口コミがいくつかありましたので、ご紹介します。 現金案件、僕の場合ですが、6割OVERぐらいで現金です。 おつり用意するのが嫌な配達員は現金払い設定をオフにして仕事を受けなければいい。 カードを持っていなくても注文が出来るのは、非常に嬉しいポイントです。 ここからは、現金支払いの対応をする配達パートナー側のメリット・デメリットについても見ていきましょう。 今後、現金対応をするかどうかの参考にしてみて下さい。 メリット Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で現金支払いに対応する事は、配達パートナーにとっても非常に大きなメリットがあります。 具体的に見ていきましょう。 報酬を現金ですぐに受け取れる Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で現金対応する場合、お客さんが支払いをした現金の中から報酬をそのまま受け取る事になります。 ですから、配達報酬がすぐにその場で貰えるというメリットがあるのです。 通常、配達パートナーの報酬は1週間ごとに振り込まれますが、現金対応ならそれを待つ必要がありません。 金融機関に行ってお金を下ろす手間も無いのです。 直ぐに配達報酬を得たいという人は、現金支払いの配達依頼を受けましょう。 注文が増える可能性がある 現金支払いが始まった事で、これまでUber Eats(ウーバーイーツ)を利用できなかった人の登録も増えています。 現金対応をする事は、その分配達の依頼が増える可能性が高いというメリットがあるでしょう。 現金対応していない配達パートナーもいますから、競争率も通常より低めです。 依頼が増える事で1時間当たりの配達件数が多くなり、より効率的に報酬を得る事が出来るようになるでしょう。 現金支払いのリクエストは受ける・受けないの選択が出来ます。 配達リクエストが中々来ない日や、報酬をアップしたい人は、現金支払いの対応をONにしてみましょう。 差額精算でクレジットカードのポイントが貯まる 先ほども解説しましたが、カード決済でのい報酬よりも現金支払いで受け取った現金の方が多くなった場合は、差額をクレジットカードでUber Eats(ウーバーイーツ)に支払います。 この時に、カードのポイントが付くのも現金対応のメリットの一つです。 買い物をして支払いをした訳でもないのに、ポイントが貯まるのは嬉しい事ですよね。 気が付いたらUber Eats(ウーバーイーツ)の配達だけで数千円分のポイントが貯まっていたという事もありそうです。 お釣り分をチップとして貰える可能性がある Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしていると、稀にお客さんからチップが貰える事があるようです。 実は、チップの習慣がある海外では、Uber Eats(ウーバーイーツ)アプリにチップの金額を入力する欄まであります。 日本のUber Eats(ウーバーイーツ)アプリにはそのような仕組みはありませんから、カード決済の場合にわざわざチップをくれるお客さんというのは稀でしょう。 しかし、現金支払いの注文では現金でのやりとりがありますから、チップを貰える機会が増えるかもしれません。 今日も現金配達行ってきたけど お客さんはウーバーイーツ自体初めてで凄い感激してくださってて 2780円の会計で3000円貰って おつりでコーヒー飲んで下さいって… ちゃんと還元します!!!!! — IORI@Uber Eats 名古屋 iori0822uber 「小銭が増えるのが面倒」「チップを渡したかったけど機会が無かった」というお客さんなら、現金支払いを機にお釣り分をチップとして貰える可能性もあるでしょう。 デメリット 配達パートナーにとって様々なメリットのあるUber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いですが、デメリットと言える部分もあります。 現金対応をする前に、しっかりと把握しておきましょう。 お釣りを事前に用意する必要がある Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いに対応するデメリットは、事前にお釣りを用意しなければならない事です。 小銭はもちろん千円札や5千円札まで、両替をして細かく用意しなければなりません。 配達でお釣りが出れば、再度両替をしに行く必要もあります。 お釣りの残りを常に確認する必要があるというのは、手間に感じる人も多い事でしょう。 また、小銭は重たいという点もデメリットと言えます。 お釣りを入れるケース等の備品も自分で用意しなければなりません。 常に現金を持ち歩くためセキュリティに気を使う Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いに対応する事は、おつりを用意しておくという事です。 常に現金を持ち歩くのは、セキュリティにも気を使わなくてはなりません。 これまで以上に配達に気を使う事が増えますから、ストレスに感じる人もいるでしょう。 配達の度にお釣りの出し入れをするのは面倒です。 ウエストポーチ等に入れていつも肌身離さず持ち歩けば、セキュリティ面はもちろん出し入れの手間も省けるでしょう。 受け渡しの際のお客さんとのやりとりが増える Uber Eats(ウーバーイーツ)では、配達の際にお客さんと接触するのは受け渡しの際のほんの数秒程度です。 「玄関先に置いておいて」と言われた時などには、お客さんの顔を見ないまま配達が完了する事もあります。 しかし、現金支払いになる事によって、お客さんとのやりとりが増えるのです。 接客が好きな人にとっては良いかと思いますが、そうでない人にとっては緊張のひと時かもしれません。 また、会話が長引けばその分時間が掛かりますので、1回あたりの配達時間が増え高率が悪くなってしまう可能性もあるでしょう。 支払いという手間が増える 現金支払いに対応するという事は、当然その分配達の工程が1つ増えます。 カード決済の場合は、到着したらお客さんに料理を渡して直ぐに次の配達に向かう事が出来ました。 しかし、現金決済ではそこで、支払いという手間が増えるのです。 お客さんがお釣りの無いように代金を用意しておいてくれた場合は良いのですが、そうでない場合はある程度の時間を要するでしょう。 受け渡しが暗い場所や狭い事もありますから、おつりを出すのにも一苦労という事もあります。 現金を落とさないようにするのには、気も使う事でしょう。 まとめ カード決済が主流であったUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、2019年2月より一部の地域で現金支払いが可能になりました。 ユーザーにとっては利便性が増し、更に利用者は増える事でしょう。 配達パートナーが現金決済の配達を受けるかどうかは、自分で選択する事が出来ます。 対応する場合は、事前にクレジットカードの登録が必要です。 現金対応では、配達時にお客さんが支払った金額の中から、配達報酬を現金で受け取る事が出来ます。 その後、カード決済の配達で得た報酬から、現金支払いの配達で受取った差額を引いた金額がUber Eats(ウーバーイーツ)から振り込まれます。 報酬よりも多くの現金を持っている場合は、反対にその分がカードによって引かれるという仕組みになっています。 現金支払いの配達を受けたい時には、パートナーアプリの「運転の設定」から「現金払いを受け付ける」をオンにしましょう。 事前にお釣りを用意しておく必要があります。

次の

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で現金設定が出来ないときの対処法!

ウーバーイーツ 支払い 現金

ウーバーイーツで現金で配達する方法【カード登録後にやりたい時だけONにする】 ウーバーイーツで料理を注文する際の支払い方法が知りたい方はこちら。 ウーバーイーツの配達の基本の流れが知りたい人はこちら。 ウーバーイーツの現金対応エリア ウーバーイーツでも現金が使用できるようになりました。 2019年6月22日には横浜・埼玉・千葉でも使用可能になり日本のサービスエリア全域で現金払いの配達が可能となりました。 現金の配達をONにする設定 クレジットカードかデビッドカードを登録する アカウント>お支払い>支払い方法の追加でカードの情報を登録し、規定の支払い方法に設定します。 差額の精算のために登録が必須です。 登録から通常2営業日以内に現金配達が可能になります。 ドライバーアプリ上で現金払いを受け付けるをONにする カードを登録した方のみ、「運転の設定」ページが表示されるのでそこで設定します。 右下のメニューを開いてから、設定ボタンを押すと「 運転の設定」ページが開きます。 現金の場合の実際の配達の流れ 現金アイコンが表示 注文者の元へ向かうタイミングでアプリ上に緑色のアイコンが表示されます。 注文者の現金を受け取る 商品を引き渡す際に商品の金額が表示されます。 (クーポン利用時は少額や0円もあり得る) お釣りを渡す お釣りを渡す必要がある場合があります。 もしお釣りが足りなかった場合は、料理をお渡ししてから両替に行きます。 受け取った現金の対処 受け取った現金はそのまま自分が持ちます。 受け取る金額が通常の場合 その週の報酬でプラスマイナスが調整されます。 現金でもらった分を抜いた分の報酬が振り込まれます。 受け取る金額が多過ぎた場合 (A)他の配達の報酬(カード支払いの注文)でプラスマイナスが調整される (B)それでも多すぎた場合は最初に登録した自分のクレジットカード(デビッドカード)に請求される つまり自分から現金を振り込んだりする必要はないってことですね。 現金が手元に溜まり儲かった気分でいてもマイナスされることはあるので感覚的に注意ですね。 ただ、現金注文額の上限が2500円なのですぐに溜まることはないと予想します。 「売り上げ詳細」の画面でプラスマイナスが確認できます。 受け取る金額が少な過ぎた場合 受け取る金額の方が手数料などよりは常に大きいので理論上は起こりえないと思います。 注文者が現金を払わなかった場合は、そのまま料理をお渡しし「詳細」から「乗客が料金を支払わなかった」などのボタンを押し、支払いのやり取りはウーバーに引き継ぎます。 ウーバーイーツで現金対応を活かした働き方【良い面・悪い面も解説】 現金払いの配達する人にとってのメリット・デメリット 配達する人にとってのメリット ・収入の一部を現金ですぐに受け取れる ・差額精算の際にクレジットカードで支払えばポイントを貯めやすい ・注文が増えるかもしれない ・他の人より注文を多く受けられて収入が上がるかもしれない ・お釣り分をチップとして貰えるかもしれない 配達する人にとってのデメリット ・お釣りを事前に用意する必要がある ・お釣りの残りの手持ちを常に確認する必要がある ・お釣りの計算を間違えないように慎重に行う必要がある ・現金を持ち歩くセキュリティに気を使う ・受け渡しが暗い場所や狭い階段の上などでも現金を落とさないようにする ・もらった現金よりも引き落としされる金額が多いと精神的に借金を返していく気分になる ・もし現金決済できる人が不足している場合、注文側がずっと待っている状態の可能性もある ・注文者が日本語話者とは限らないので多言語で対面で対応する ・日本固有の文化により受け渡しの際に過剰な「おもてなし」を要求される可能性がある 僕の考えで現金配達のメリット・デメリットを書いてみました。 両方の側面があるのでよく考えるのが大事だと思います。 現金が導入された理由を予想 そもそも現金が導入された理由は何なのかを考えて「納得」して現金配達を行うのは大事だと思います。 公式サイトでは「注文数の増加への期待」などと書かれています。 もっと深い理由を僕の考えで予想してみました。 日本の現金使用率が異様に高すぎる 日本の現金使用率は先進国の中でも異様に高いです。 (キャッシュレス決済比率) 韓国が89. 、より作成 出前館は店舗にもよりますが、支払い手段を多数用意しているようです。 出前館は特に地方都市での競合相手であると予想します。 競合が使用している以上、経営側としては現金支払いに踏み切る判断をせざるを得ない側面も少しありそうです。 この他にもよく考えると、いろんな日本独自の理由がありそうですよね。 お金を使う側一人一人の選択も日本社会全体に関わっているのかなと思います。 ここまで理解して「仕方ないか」と覚悟して配達すると気持ち的にはだいぶ変わると思います。 オリンピック後には、また変わっていくと期待したいです。 現金の配達ってどれくらい多いの? 現金を念頭に新規登録する注文者が増えてくるのは2019年以降だと思います。 初めは少なくてこれから増えていくと予想します。 現金の配達はどんな人に向いてる? 僕の考えで予想してみました。 今まで現金でデリバリーや配達の仕事をしていた人 今まで現金で配達の仕事をしていた人なら、現金の扱いに慣れているので比較的楽なんじゃないでしょうか。 1日の達成件数を増やして多く稼ぎたい人 とにかく多く稼ぎたいと思っている人は現金を扱えば注文が増えるかもしれません。 どこまで費用対効果が良いかは検討してみる必要はあると思います。 お釣りを用意する方法 お釣りを両替する方法 お釣りは銀行のATMで用意するのがいいと思います。 ・ATMで「1990円」で引き出す ・ATMで1万円ではなく「10千円」で引き出す 銀行の支店に行けれれば、両替機が置いてあることも多いです。 お釣りがなくなりそうになった時は早めに現金支払いをOFFにするのが良さそうです。 小銭が足りなくてコンビニなどで何か買って崩すのはできれば避けたいですよね。 用意する紙幣小銭の種類 9900円などのお釣りが発生する可能性もあると思います。 クーポン割引などの利用などにより少額の決済もあり得るからです。 (お釣り内訳の例) 10円玉 30枚 50円玉 20枚 100円玉 30枚 500円玉 8枚 1000円札 5枚 5000円札 1枚 計18300円 5円玉1円玉は使わないと思います。 1万円札を出されることは少ないと信じたいですが、もし出されたらその度に両替しにいくか現金OFFにする感じかなと思います。 お釣りを持ち運ぶ方法 持ち運びや取り出しに便利なグッズを使うと良さそうです。 こんにちは。 大阪でドライバーとして活動しています。 もし良かったらご返信いただけると嬉しいです。 最近、現金払いがかなり多くその場合の報酬はカード決済注文の時より少しでも多くもらえるのではと勝手に期待してたんですが、これは間違いですよね・・・? 明細を確認した所、しっかりと全額翌週に差し引きされてますし、もらった現金の数パーセントでも手元に残るかと思ってたんですが。。 確かに即金性はありますが、結局全額差し引きされるのであれば一旦、お預かりしているぐらいの感覚で考えておいた方が無難でしょうか?うっかり、差し引き分のクレジットの請求額が増えてしまった時にも対応できないですし。 結論的に現金払いのメリットとして考えられるのは配達回数の増加、クエストの達成のしやすさ、この辺りと考えておいてよろしいでしょうか?.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金払い・報酬即払い・日払い・当日払い対応開始!対応エリアは? 現金 受け取りの方法を解説!

ウーバーイーツ 支払い 現金

Contents• Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いでエラーが出た Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金払いを行おうとした際に、エラーが表示されてしまい、設定ができない場合があります。 商品の決済を行う際に「注文できません」というエラーが表示されて、決済画面に進む事ができない場合、「お支払いに問題があります」というエラーが表示されてしまって、決済を行う事ができない場合など、様々なシチュエーションがあります。 どちらにしても、現金払いの登録がUber Eats(ウーバーイーツ)アプリ側に設定ができていない可能性が高いため、設定をし直す等の対処が必要になります。 現金支払いが設定できない時の対処法 Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金支払いを選択しても、稀にエラーが出て設定できない時があります。 次は、現金支払いでのエラー発生時に試してほしい対処法をご紹介します。 まずはサポートセンターへ問い合わせ Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金支払いに設定できないエラーが発生したら、まずはサポートセンターへ問い合わせてみましょう。 問い合わせは電話とアプリからすることが可能ですが、メールは現在対応していないようです。 エラーが起きたら要チェック! スマートフォンのバージョンアップ 使用しているスマートフォンの設定が最新ではない場合、Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリがうまく動かず、現金支払いの設定ができないエラーが起こることがあります。 設定からバージョンを確認して、最新の状態になっているかをみてみましょう。 クレジットカード情報の削除と再登録 Uber Eats(ウーバーイーツ)でクレジットカード情報を登録している場合、現金支払いではなくこちらの設定になっているかもしれません。 現金支払いが選択できない場合、一度登録しているクレジットカード情報を削除してください。 手間ではありますが、またクレジットカード情報が必要な場合は、エラーがなくなり現金支払いができることを確認してから再登録をしましょう。 エラーが直らない場合、再度サポートセンターへ 上記の方法を試しても現金支払いに設定できないエラーが起きる場合、再度Uber Eats(ウーバーイーツ)に問い合わせをしてください。 その他、現金支払いについてのヘルプがUber Eats公式にありますので確認してみてくださいね。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払い以外の決済方法 2020年1月現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)では、以下の決済方法があります。 クレジットカード• デビットカード• 現金支払い• Apple Pay• LINE Pay (iOS版で確認済み) 以前はLINE Payカードしか使えませんでしたが、ついにLINE Payの導入がiOS版で確認されました! 他にもApple Payは使用可能ですが、PayPayやAmazon Payなど他のものはまだ未導入なので、注意してください。 また、電子マネーや口座振替、コンビニ支払いもできません。 最初はカード支払いが主流だったUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、様々な支払い方法が選択可能になってきましたね。 支払いの選択肢が増えたため、キャッシュレス派も現金支払い派も利用しやすくなりました。 現金支払いの設定ができずエラーが起きてしまった場合、上記の支払い方法を選択することもいいでしょう。 支払い方法はこれからもどんどん拡大していく見込みがありそうです! Uber Eatsで現金支払いにする設定方法はこちらをどうぞ! Uber Eatsで現金支払いを選択するメリット・デメリットはこちら! まとめ Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金支払いに設定できないエラーが発生した時は、以下の方法を試してみてください。 スマートフォンのバージョンアップ• クレジットカード情報の削除・再登録• カスタマーサポートへの問い合わせ Uber Eatsサポートセンターの電話番号は地域によって異なりますので、注意しましょう。 また、現金支払い以外にも、カード支払い、LINE PayやApple Payが導入されました。 エラーが解消されず、設定ができない場合は、他の決済方法を試してみるのもいいでしょう。

次の