週末 自粛。 都知事、週末の外出自粛要請=感染爆発「重大局面」―新たに41人確認・新型コロナ

都知事、週末の外出自粛要請=感染爆発「重大局面」―新たに41人確認・新型コロナ

週末 自粛

6日から、「東京アラート」が出されて初の週末。 小池都知事が県をまたいでの移動自粛を呼びかける中、人々は、どんな土日を迎えようとしているのだろうか。 東京・原宿に5日、新たな商業施設「WITH HARAJUKU」がオープン。 密を避けるため、各テナントは順番にオープンしていき、週明けの8日には、IKEA初の都市型店舗が営業を開始する。 その東京では5日、新たに20人の感染を確認。 6日からは、東京アラートが出されてから、初の週末を迎える。 6月18日までは、他県への不要不急の移動を自粛するよう求められる中、街の人々は、この週末をどう過ごすのだろうか。 20代「今週末は、おうちにいる予定です。 海外旅行とか行きたいです」 30代「危ないので、あまり 県を またがないようにした方がいいと思います」 まだまだ遠出ができる状況には至っていない首都圏。 そうした制約の中で、人々が向かおうとしていたのは...。 5日、東京・浅草の隅田川沿いに到着したのは水上バス。 東京水辺ラインは、2日から再開。 隅田川を進み、スカイツリーを眺めながら、東京の名所をゆっくりと回る。 地元の墨田区から来ていた夫婦「 天気がいいと、デッキも気持ちいいですね? 気持ちいいです! こんなに都内でいいところがあるっていうのを、皆さん知らないんじゃないですかね。 本当は教えたくないんだけど、穴場だと思います」 港区から来た女性「ブリッジ歩いて、水上バス乗れて、最高。 本当にいい旅ができてますよ」 遠出ができない中、都内での小さな旅に注目が。 こちらの水上バスでは、チケット購入時に、検温を実施。 座席にも、ソーシャルディスタンスを保つなどの対策を講じている。 さらに、6月13日からツアーを再開する「はとバス」。 再開に向け、天井のないオープンタイプのバスで都内各所をめぐるツアーに、都民からの予約が相次いでいるという。 こうした、自分の住む街で小さな旅行を楽しむという需要に、新たな活路を見いだす動きが広がっている。 群馬県にある全国有数の観光地・伊香保温泉。 温泉街は5月7日に営業を再開したものの、現在も閑散としていて、観光客は大幅に減少したまま。 そこで渋川市は、地域の需要を高めようと、市民先着1,000人まで、宿泊料金を最大5,000円まで助成する。 「ほね休めは、近くに限る。 」をキャッチコピーに、県内から客を呼び込むキャンペーン。 6月10日から、先着1,000人の地元市民に限り、旅館などの宿泊料金が半額になる。 まずは地元客の呼び込みに力を入れ、近場で安全な温泉地をアピール。 そのうえで、首都圏全体からの集客を回復させたい考え。 温泉ホテル「美松館」・高橋秀樹社長「渋川市の方で、現実的にお金をですね、補助して、お客様を誘客するということで非常にありがたい」.

次の

新型コロナ:混み合う週末行楽地 外出自粛、認識に温度差? (写真=共同) :日本経済新聞

週末 自粛

コロナ対策の週末の不要不急の外出自粛要請について。 独り言のような第三者のこのニュースの考え、感じた事を知りたい。 質問の仕方が下手とか何が言いたいのか分からないとかではなく呟きのような、でも第三者の意見を取り入れたいような質問、疑問です。 長期の不要不急の外出自粛、イベントや行事が延期ではなく中止の連続、学校や施設では卒園式が中止や規模大幅縮小して対応しているのに、今現在も急激にコロナ感染者の増加、また今週も不要不急の外出自粛要請。 何故土日ばかり中止、自粛して、平日の仕事や保育園や施設等は何の対応も無いのでしょうか???コロナは土日にかかるウイルスなんですか???不思議です。 これだけ楽しみや行事イベント研修等が無くなっていっているのに、各地で感染者が増えていっていることに疑問。 まあ単純に自分はどこかで保育士をしているのですが、休園するなというわけではなく、子供の為にも保護者の方々の為にも保育時間の短縮 8:00〜18:00まで等 にならないのかなぁと思っているだけです。 皆さんはどうですか?趣味や楽しみがなくなって、でも変わらず仕事は毎日同じ時間分あって、感染は各地で日々増えて、マスクやアルコール消毒ももうどこも売ってない状態で。 自分は土日外に出る趣味や楽しみが特に無いので特に問題は無いのですが… 出掛けたい人は出掛けたいですよね。 「それでも出掛けたい、感染してもいいならどうぞ出掛ければ?」と思う人もいるでしょうけど、どうなんでしょうね。 まとまってない文章すみません。 どこかで働いている保育士の呟きのようなほんのり感じた疑問をつらつらと書いただけです。 二月の下旬に政府が外出自粛を要請したが、一か月しても一向に感染者数が落ち着く気配がない。 平日は満員電車に乗って通勤しているのだから当然ですよね。 そしてこの期に及んでまた外出自粛要請? 効果があまりなかったやり方をまたやるって何考えてるんでしょうか? まず平日も必要最小限の外出以外は禁止すべきです。 自粛でなく禁止。 通勤も含めてです。 私が住んでいる地域では、現在三週間の外出禁止のまっただなかです。 一般企業のオフィスはほとんどすべて閉鎖でみんな家からVPNで会社に接続して仕事、食料関係、医療関係、政府関係の社会生活を送るのに必要最低限の仕事のみ通勤が認められていて、それ以外の通勤は禁止(外出禁止以前に、ほとんどの会社が自主的にオフィスを閉鎖していましたけど)。 日用品の買い物とか医者にかかるというような必要不可欠な外出以外は禁止。 実際やってみるとそんなに不便でもありません。 小池都知事は休日と夜の不要不急の外出を控えるように要請しました。 もちろん感染が広がるのを完全に止めたければ、中国やイタリアのように、人々の動きを完全に止めて家に籠もってもらうのが正解です。 しかしそれだと経済活動が完全に止まってしまう、損失は計り知れません。 客商売でない多くの勤め人にとって、平日の昼間に濃厚接触する人は毎日だいたい同じ組み合わせです。 仮に自分が感染してるとして、ウイルスうつす相手は比較的限定されます。 それに対して休日は、平日でも夜は、飲食店や娯楽施設などに出かけて、普段とは違う人に接触します。 人の組み合わせをかき混ぜることで感染が急速に拡大します。 都知事が要請しているのは、仕事は続けた上でそれ以外の外出を控えてもらうことで、経済活動をなるべく保ちながら感染拡大を緩やかにする、爆発的な増加を止めるということです。 人と人の接触がある限りはゼロにはなりませんが、患者数が医療機関のキャパシティを超えなければ今イタリアで起きているような大量死の悲劇は避けられます。

次の

久々の遠出、旅行に笑顔 「人出戻った」観光業者期待―越境移動自粛解除、初の週末:時事ドットコム

週末 自粛

東京都は25日、新型コロナウイルスの感染者が新たに41人確認されたと発表した。 小池百合子知事は同日夜、緊急記者会見し「感染爆発の重大局面だ」と述べ、今週末の不要不急の外出自粛を都民に要請した。 都の感染者はここ数日急増しており、1日当たりの感染者は3日連続で過去最多を更新。 累計で212人となった。 新たに判明した41人のうち感染経路が分からない感染者が13人に上った。 小池知事は「状況は残念ながら厳しい」と危機感を示し、「オーバーシュート(爆発的感染増加)を防ぐためには、都民の協力が必要」として、平日についても自宅勤務を推奨し、夜間の外出を避けるよう求めた。 海外からの帰国者については、14日間の外出自粛を順守するよう要請。 都内のライブハウスに対し、営業自粛の協力を求める方針を示した。 再開へ向けて準備していた都立学校については、再検討する考えを表明。 都外からの出入りの多い都の特徴も踏まえ、近隣の県知事と連携を取りながら最善策を検討していくとした。 41人のうち、11人は台東区の永寿総合病院の関係者だったことから、都は同病院に立ち入り検査に入った。 5人は海外渡航歴があった。 〔写真説明〕新型コロナウイルスに関して記者会見する小池百合子東京都知事=25日夜、都庁 (ニュース提供元:時事通信社).

次の