ビートルズ yesterday 歌詞。 250枚!今更なんですが、、。ビートルズの「Yesterday」って、歌詞の意味...

イェスタデイ Yesterday:歌詞の和訳と解説

ビートルズ yesterday 歌詞

65年に発表されたビートルズの「Yesterday」は20世紀を代表するになりました。 今では考えられないことですが当時のビートルズは保守的な論客による格好の攻撃の的。 毎日、「ビートルズはただの騒音で聴くに堪えない」と中傷されていました。 そんな保守論壇を黙らせたが「Yesterday」です。 弦楽四重奏を加えた美しい伴奏とポール・マッカートニーの甘い歌唱。 「Yesterday」はこれまでのロック・のイメージを転倒させました。 ビートルズにとってこの曲を含む「ヘルプ! 4人は」は中期への準備期間。 このの後の「ラバーソウル」はさらに芸術性を高めてゆきます。 「Yesterday」はビートルズにとって踏切地点。 この頃を境にビートルズは大衆的ロック・から芸術集団へと次元を飛び越えてゆくのです。 レコーディングにも他のは携わっていません。 弦楽四重奏のスコアを書いたのはプロデューサーのジョージ・マーティンです。 でこそ他のも演奏に加わりますが録音はポールとジョージ・マーティンの仕事でした。 日本武道館公演でも「Yesterday」は演奏されています。 悲鳴を上げ続けていた観客が静かに曲を聴いてくれたことにポールは感激して親日家になります。 一方で日本やアジア諸国の客席の静まり返り方に嫌気が差しては活動をやめた。 そんな説もあります。 どちらの説もあまり説得力はなく話半分で聴いたほうが良さそうです。 ジョン・レノンはソロ時代に「イマジン」を書いたときに「Yesterday」について語ったといいます。 「 オレにも『Yesterday』のような曲が生まれた」 著名なエピソードですがジョンは一方でビートルズ時代にこんなこともいっています。 「 別にオレが『Yesterday』作らなかったことを後悔なんかしてないよ」 斯様にビートルズの数々の神話はヴァリエーションが豊富です。 どのエピソードを信じていいかわからなくなります。 そんなエピソードのうちでも「Yesterday」はポールの母親に宛てた曲というものがあります。 実際にポール自身が「MOJO」誌のインタビューで語ったことです。 しかしポールは「 自分でもそのことに長年気が付かなかった」と添えています。 「 心理分析家のいい材料になるのでは?」と語るのです。 それでは実際のをしながらこの謎に迫りましょう。

次の

【洋楽歌詞和訳】Something / Beatles(ビートルズ)

ビートルズ yesterday 歌詞

 ザ・ビートルズの5thアルバム「 Help! 」 1965年 の表題曲で、1曲目に収録されている曲です。 シングルとしても、1965年7月にリリースされています。 作者のジョン・レノンにとって、この曲は『 』と並ぶ、特にお気に入りのビートルズナンバーだそうです。 急激な勢いでスーパースターになったビートルズは、それに順応できず心身ともにパニック状態に陥ったといいます。 その心境をジョン・レノンが曲にしたものが、この『 Help』だと言われています。 I need somebody Help! Not just anybody Help! You know I need someone Help! Help me? Help me? Ooh どうか助けて欲しい、すっかり参っているんだ そばにいてくれて、本当にありがたい 落ち着くまで、力を貸してよ お願いだ、どうか助けてくれないかな? 助けてよ? ねぇ? スポンサーリンク 収録アルバム アルバムジャケットを押すと アマゾンのページへ移動します。 Help! (邦題: 4人はアイドル 1965年).

次の

Official髭男dism イエスタデイ 歌詞

ビートルズ yesterday 歌詞

1,817• 140• 105• 140• 102• 208• 128• 111• 1,794• 128• 352• 169• 103• 122• 112• 177• 102• 174• 103• 4 最近の公開• 最近のコメント• に ゆる より• に eikashi より• に eikashi より• に 夏樹 より• に eikashi より• に eikashi より• に 匿名 より• に はやし より• に 夏樹 より• に eikashi より.

次の