イオン 箕面。 大阪府箕面市のイオン一覧

みのおキューズモール、2020年4月23日リニューアル開業-イオン以外は開業延期に

イオン 箕面

, Ltd. 会社情報は経営統合直前のもの。 , Ltd. は、スーパーマーケット SM の「カルフール」を運営していた会社である。 、にされたが、「イオン」の店舗ブランドは維持されている(後述)。 キャッチコピーは「うれしい発見、うれしいプライス。 かつて、フランスのの日本法人で、フランスを拠点に展開されているのを、日本において運営していた。 この項では、2010年3月9日まであった日本の「カルフール」についても記述する。 なお、スーパーマーケット SM の「イオン」に関してはを参照。 カルフール幕張 (千葉県千葉市美浜区) 旧称は カルフール・ジャパン株式会社 Carrefour Japan Co. , Ltd. で、フランスのが日本進出のために日本で設立した現地法人であった。 Carrefour S. が、当社を設立したうえでに日本国内1号店となるカルフール幕張を開店し、日本進出を果たした。 当時、総合小売業へのの参入が珍しかったことや、を通さない直接取引での価格破壊を目指したことがにつながるとして注目を集め、「襲来」と世間を賑わせた。 カルフール Carrefour は交差点の意味があり、本国でのカルフールの特徴であったと呼ばれる方式(階段式でない)のやを履いた案内係が、日本のカルフールにもそのまま導入された。 しかし、日本人の強い志向や飽きっぽいなどの特性をつかめなかったことや、日本企業も多数大型を開店しており競争に打ち勝てなかったことなどから業績が思うように伸びず、店舗も1号店のカルフール幕張を皮切りに南町田・光明池・狭山・箕面・尼崎・東大阪・明石の8店舗を展開したものの、進出当初の目標だったまでの13店舗の開業は果たせなかった。 また、などの規制が日本に当時は根強く存在していた事も、失敗要因の一つである。 多店舗展開の失敗に加えて、での事業が好調なことへのさらなる投資や、本国フランスで他の安売り店に押され業績不振であることを打開するための投資が必要となり、その原資調達の手段として、不振が続く日本事業の経営権を、日本法人であった当社を売却する形でイオン株式会社に譲渡した。 当社はイオンマルシェ株式会社に改称し、カルフールの店舗は継続されたものの事実上、進出から4年でCarrefour S. は日本から撤退する結果となった。 本社は、当初は東館18階にあったが、にの11階に移転(商品部は既に2005年7月末より一部業務を開始していた)、その後イオン幕張店にイオンリテールとの吸収合併まで本社を置いていた。 イオンマルシェ時代 [ ] イオン幕張店 (千葉県千葉市美浜区) に、に売却され、同日、現商号に変更、の傘下となった。 このとき、Carrefour S. とイオン株式会社との間で交わされた提携契約により、同日以後もカルフールブランドは5年間は継続されていた。 イオンマルシェ時代のカルフールについては、を参照。 しかし、をもって、カルフールSAとの店舗名称使用ライセンス契約が期間満了により終了した。 そのため、2010年から、店舗名称を「 」に変更し、日本における「カルフール」ブランドは消滅した。 なお「イオン」という店舗名は、すでにイオンリテールが同名のスーパーマーケットで展開しているが、総合スーパーでは当社が初めて使用する。 なお、2010年4月より、イオン九州も「イオン」の店舗ブランドの使用を開始した(をイオン戸畑店に転換・改称)。 そして、までにイオンリテールがを吸収合併したのに伴い、「」「」などイオングループが展開していたの店舗ブランドは「イオン」に統一された。 その後、には、前・時岡晤(ときおか あきら)に交代。 付でイオンリテールの前中部カンパニー総務部長・末次綱三(すえつぐ こうぞう)に交代し、イオンリテールとの吸収合併まで務めた。 にグループの総合スーパーを展開する当社及び・の統合及び総合スーパーブランド名の「イオン」へ統一することがメディアを通じて報道され、正式発表より先行していたが、同年にイオン株式会社が正式にイオンリテール・マイカル・イオンマルシェの統合並びに店舗ブランドである「イオン」への統一を正式発表した。 そして、同年12月1日にイオンリテールがイオンマルシェを吸収合併した。 イオンマルシェ運営店舗は既に「イオン」に衣替えしている為、合併後も現行の店舗ブランドのまま展開する。 イオングループとしての「カルフール」 [ ] イオンマルシェに社名変更してからは、従来どおりカルフールの店名を用いてカルフールブランドの商品群他輸入食品を取り扱いつつも、店舗経営に関してはイオン株式会社の手法が次々と導入され、イオングループ各社に準じたサービス内容に変化していった。 イオングループのである「」の取り扱いを始め、他方、カルフールブランドの商品や輸入食品については順次扱いが少なくなっている(輸入食品については、カルフールとの提携を終了しイオン店舗に切り替えて以後も、独自に継続している)。 関西地区4店舗については、2007年10月10日に「カルフールデー」を実施したのち、2007年11月からワオンデーを導入し、カルフールデーは毎月第2水曜日にクーポン券を配る形式に変更された)。 また、クレジットカードも、1号店開店当初より日本信販(現:)と提携し「カルフールカード」を発行してきたが、2005年7月から、により、「イオンカルフールカード」を発行(2007年4月に「イオンカード」に統合)し、優待日を設定して、会員特典サービスを実施している(後述のお客さま感謝デーを参照)。 イオングループ共同の販売キャンペーンへ参加し、イオンフェスティバルでは、フランス直輸入の商品を日本全国のジャスコ・マックスバリュ・サティなどでも販売するフランスフェアが実施されたこともある。 POSシステムでは、カルフールシステムからイオン新店舗システムに変更。 これに伴い、日本の・には無い、店舗からの商品発注・在庫管理を専門とする部署「 オーダープール Order Pool 」が廃止された。 での商品荷受とバーコードスキャナ検品 製・ハンディSymbolなど ・伝票照合を専門とする部署「 レシービングヤード Receiving Yard 」は、部署名は残っているが、商品荷受と検収・伝票管理をする商品管理となった。 商品の調達はイオン物流センター経由となった(一部の商品は物流センターを通さず店舗に直接納品している)。 POSシステムの変更に伴い、POSターミナルはイオングループ共通のもの(製・M-6800)に交換され、日本国内のスーパーマーケットで一般的なレジカウンターが設置されたことにより、欧米式のベルトコンベア型レジカウンターは廃止された。 イオングループ各社のスーパーマーケットで行われている「買い物袋スタンプカード」や「イオン・デー」は、少なくとも「カルフール」店舗であった2010年3月9日までの間には、当社では実施した例がない。 資本の時代には、の平均的な身長では届きにくい高所に商品を陳列したり、また、店員がで店内を移動するなどの光景が見られたが、イオングループの経営になってからは、ローラースケートの使用を2006年に廃止した。 に関しても、カルフール専用の袋からイオン共通のの袋に改める事でコスト削減を図ると同時にレジ袋でもイオングループの店舗である事を強調する。 インラインスケートでの店員の移動は2007年までに行われなくなっている。 バックヤードと売場との境界扉は、3段シャッターが上下に移動して開閉となる自動扉であったが、イオンへの店名変更にあわせて、日本で主流の手動観音開きに付け替えられた。 WAONで支払いのときはカードを提示しなくても良い。 お客さまわくわくデー [ ] 毎月5日・15日・25日の5のつく日に、イオンカード各種での支払いでときめきポイントが200円につき1ポイントのところ2倍の2ポイント付与か、WAONでの支払いで200円につき1ポイントのところ2倍の2ポイント付与される「お客さまわくわくデー」がある。 なお、毎月10日の「ときめきWポイント(2倍)デー」のみ以前と同様継続される。 店舗 [ ] 前述のライセンス契約終了に伴い、全店舗が名称を「イオン」に変更した。 現在も営業している店舗 [ ]• イオン幕張店(旧カルフール幕張・) - 開店• イオン狭山店 (旧カルフール狭山・) - 開店• イオン箕面店(旧カルフール箕面・大阪府) - 開店• イオン尼崎店(旧カルフール尼崎・) - 開店• イオン東大阪店(旧カルフール東大阪・大阪府) - 開店 2022年度に閉店予定。 閉店後の跡地にはモノレールの駅が出来る 閉店店舗 [ ]• カルフール明石 (兵庫県) - 開店、閉店• カルフール南町田 () - 開店、閉店• イオン光明池店(旧カルフール光明池・) - 開店、閉店 イオン店舗画像ギャラリー [ ]• カルフール東大阪 (大阪府東大阪市) トピック [ ]• 3月:カルフール尼崎が国産豚肉を産と偽って表示し、販売。 から改善指示を受ける。 2004年:ハムの販売に関連して農水省より厳重注意。 2004年:事業売却を行い、日本から撤退することを検討していると、アメリカのウォールストリート・ジャーナル紙が報道。 :日本国内の8店舗をイオンに売却する見通しであると、アジア・ウォールストリート・ジャーナル紙が再度報道。 2005年:Carrefour S. が当社の全をに売却し日本におけるカルフールの営業権を譲渡。 当社は社名をカルフールジャパン株式会社からイオンマルシェ株式会社に変更。 2005年:カルフール店頭で「イオンカルフールカード」の募集を開始。 :カルフール明石を閉店。 2007年:イオンカルフールカードがイオンカードに統合。 2007年:電子マネー開始、関東地区3店舗に導入。 :電子マネーWAONを全店舗に導入。 :カルフール南町田を閉店。 2009年:カルフールWEBサイトがリニューアルオープン。 :との店舗名称使用ライセンス契約及び関連契約を終了。 2010年:店舗名称を「イオン」に変更。 2010年:及び当社をに統合させた上で、「ジャスコ」および「サティ」のブランドを廃止して、段階的にグループ名と同じ「イオン」に統一する方針の報道が、を初め各社メディアで報じられた。 イオンサイドより10月6日に公式発表された。 2010年:イオン幕張店がリニューアルオープン。 2010年12月1日:グループ内におけるGMS事業の再編に伴い、イオンリテールに吸収合併され法人消滅。 「イオン」ブランドは統合後も維持されている。 脚注 [ ] []• - イオン株式会社 ニュースリリース 2010年10月6日• 旧カルフール狭山が先に「イオン狭山店」へ店名変更しているので、重複を避けるため狭山サティは「イオン武蔵狭山店」へ店名変更した。 退去跡は同グループのイオンリテールに運営譲渡されから「イオンタウン明石ショッピングセンター」となり、には、運営がに移管され、名称も「」に変更されたが、運営会社の退去に伴いに閉店。 退去跡はから店となっている。 朝日新聞. 2010年8月27日. の2010年8月28日時点におけるアーカイブ。 2010年8月28日閲覧。 読売新聞. 2010年8月27日. 2010年8月28日閲覧。 2010年9月19日閲覧 その他 [ ]• 「」第18話ではカルフール狭山で撮影されたシーンがある。 ドラマ「」第1~3・5話はカルフール南町田で、第8・9・10話はカルフール幕張で撮影されたシーンがある。 ドラマ「」第6・7話ではカルフール幕張で撮影されたシーンがある。 ドラマ「」第2・5話ではカルフール南町田で撮影されたシーンがある。 「」 、関西ローカル)のコーナー『がっぽり買いまshow』はカルフールで収録していた。 のシングル「It's Party Time」のはカルフール狭山で撮影されている。 2010年12月ににオープンしたは、当初カルフールの建設予定地だった場所に立地している。 外部リンク [ ]• Archive• イオン食品館• 札幌フードセンター -• KIMISAWA Gratt - KIMISAWA - The COMBO• KOHYO - KOHYO鮮度館• ma:ru - スーパーセンター - パワーシティ• PEACOCK STORE• maruetsu - LINCOS - 魚悦• Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー• SEIBU - 食彩館SEIBU• Belc• MV九州• SHIMIZU• ビオセボン・ジャポン.

次の

「イオン 箕面店」(箕面市

イオン 箕面

東急不動産、東急不動産SCマネジメントは11月20日、運営・管理する商業施設「みのおキューズモール」において、2003年の開業以来最大規模となるリニューアルを実施し、2020年4月オープンすると発表した。 <みのおキューズモール> 箕面市は大阪北部のベッドタウンとして人気が高い地域で、2023年度には大阪メトロ御堂筋線直結の北大阪急行電鉄が延伸し、みのおキューズモールの目の前に「箕面萱野駅」が誕生する。 今回のリニューアルにより、オープンモールならではの居心地の良さをさらに追求。 新駅開業を見据えて、地域の中心として、単にモノを売り買いするだけではない、人々がつどい、交流し、生活の質の向上に寄与する商業施設であるライフスタイルセンターを目指す。 みのおキューズモール内の「イオン箕面店」の建物は、新たに「CENTER棟」として刷新。 「イオン箕面店」は、CENTER棟1階に「(仮称)イオンスタイル箕面」として全面リニューアルして再出店する。 また、CENTER棟2階には約650席の大型フードコートを新設。 そのほか、大型家電量販店や人気の食物販店舗など専門店がそろう。 新設するフードコートの客席は、「DINING ZONE(ダイニングゾーン)」「GARDEN ZONE(ガーデンゾーン)」「LIVING ZONE(リビングゾーン)」「ENTRANCE ZONE(エントランスゾーン)」の4つのゾーンで構成。 約650席の客席はボックス席、小上がり席など多様な利用形態に対応する。 フードコートの計画に先立ち、周辺住民のママを対象に座談会を開催。 「ママのあったらいいな」という声を反映し、小上がり席やベビーカーを横付けできる席を設け、キッズトイレやオムツ替えコーナーを有するファミリートイレを近くに計画した。 さらに、「つどい」を生み出す地域のパーティールーム「キューズリビング」を設け、お客同士が自由にママ会、パーティー、ワークショップ・セミナーを開催できる場として貸し出す。

次の

「イオン 箕面店」(箕面市

イオン 箕面

東急不動産、東急不動産SCマネジメントは1月20日、大阪府箕面市の商業施設「みのおキューズモール」を4月25日リニューアルオープンすると発表した。 <みのおキューズモール> 2003年の開業以来、最大規模となるリニューアルを実施。 新規38店舗・移転12店舗を含むリニューアル店舗50店舗が決定した。 リニューアルコンセプトは「To・gather」。 「つどい」を育むライフスタイルセンターへと進化する。 地域住民に愛着をもってもらい、毎日の生活に彩りを与え、今まで経験したことのない日常と居心地の良さをつくり出す「箕面のリビングルーム」のような存在を目指す。 現在出店している大型店舗の「109シネマズ」「SPORTS DEPO」「コ・ス・パ みのお」「ユニクロ」「Right-on」「GU」「Seria」に加え、大型の家電量販店の「Joshin」、幅広い品揃えが魅力の書店「くまざわ書店」、手作り生活を応援する手芸用品「手芸センターGRAND ドリーム」などが新たに出店する。 また、北摂で人気のベーカリーカフェ「ブーランジェリー&カフェ サニーサイド」、スポーツスタイルの提案をする「ABC-MART SPORTS」などライフスタイルをより豊かにする店舗が新しくオープンする。 イオン箕面店は「イオンスタイル箕面」として全面リニューアル。 毎日の生活に必要な商品やサービスをワンフロアに集約し、「新たな食の提案と生鮮食品にこだわり、毎日のお買い物が楽しいお店」をコンセプトに、共働きで忙しい30~40代のファミリー、60代以上の家族の日々の生活をサポートしていく。 五感で楽しむ食のライブ「Live kitchen」では、オープン以来人気のロテサリーチキンを使った弁当、サンドイッチを提供。 焼き立てパン、手作りスイーツを展開する。 また、CENTER棟2階に新設する大型フードコートは約650席の客席からなり、ボックス席や小上がり席などを設置。 配膳を手伝うスタッフを配置して、様々な顧客が買物の合間にホッと一息つける場所にしていく。 バリエーション豊かな12店舗が出店、大阪名物の串カツからお馴染みのファーストフード、キッズ向けメニューの充実など幅広い食のニーズに対応する。

次の