荒野の7人。 ガンマンの身の処し方 荒野の七人

『七人の侍』をリメークした『荒野の七人』

荒野の7人

解説 黒澤明監督の名作「七人の侍」を西部開拓時代のメキシコに舞台を移してリメイクした西部劇の金字塔的作品。 メキシコの寒村イスカトランの住民は、毎年収穫期になると現れる野盗たちの略奪行為に苦しんでいた。 ついに立ち向かうことを決意した彼らは、少ない資金を出し合って銃を買いに街へ向かう。 そこで偶然にも凄腕ガンマンのクリスとヴィンと出会い、協力を依頼することに。 仲間を集めて村にやって来たクリスたちは、住民を指揮して戦いの準備を整え、野盗たちを迎え撃つ。 7人のリーダーとなるクリス役に「王様と私」のユル・ブリンナー。 スティーブ・マックイーン、チャールズ・ブロンソンは本作の世界的ヒットにより一躍脚光を浴びた。 監督は「大脱走」のジョン・スタージェス。 1960年製作/128分/アメリカ 原題:The Magnificent Seven 配給:日本ユナイテッド・アーチスツ スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む 映画「七人の侍(1954年)」を越えられず。 といのが第一声になりました。 オリジナルの映画「七人の侍(1954年)」のほうが凄みがある(説得力がある)。 「違う」と思った点を挙げると、 カルヴェラは、一度、7人のガンマン全員を捕獲します(クリスたち7人のガンマンはカルヴェラ一味に負けた)。 情け深いカルヴェラに背く様な形で、7人のガンマンたちがカルヴェラ一味に強襲を掛ける(カルヴェラ一味は全滅する)。 カルヴェラが、せっかく、クリスたち7人の命を助けてやったのに、助けたほう(カルヴェラ一味)がバカを見る。 といった、おかしな脚本になっている(減点)。

次の

『七人の侍』をリメークした『荒野の七人』

荒野の7人

そこで村の長老は助っ人を雇うことを決意する。 わずかな報酬にすぎなかったが、農民達の熱意に打たれて7人のガンマンが集まってきた。 着々と進む戦いへの準備!思わぬ農民たちの抵抗により、いったんは逃げ帰った一味だったが……。 無法者に蹂躙され続ける村を救うため、金で雇われた7人の凄腕ガンマンが集結する。 言わずと知れた娯楽西部劇の大傑作 子供の頃の洋画劇場から、おとなになってからのリバイバルまで何度見たことか というわけで、内容はいまさら書くまでもありませんが、特典映像 メイキング・オブ・『荒野の七人』 について メイキングとはいえ、実際には、スタッフ・出演者の企画~撮影時の回顧談、マニア(ジョン・カーペンター監督など)の思い入れ など 出演者といっても、ユルとマックィーンは既に亡くなっているので、ともに前妻さんが語っているのですが (J・コバーン、R・ボーン、H・ブッフホルツらは出演してる) おそらくアメリカのTV局のドキュメンタリーじゃなかろうか NHK-BSでも見たような気がします J・コバーンが『七人の侍』が面白くて12日で12回見ていたのでオファーが来て最高にうれしかった、とか ユル・ブリンナーは監督をやるつもりだったが、主役候補のアンソニー・クインが降りたので出演した、とか マックィーンをはじめ若い連中が目立とうとして勝手な演技ばかりしてた、とか アメリカ公開時は大コケで、その後にヨーロッパで大ヒットした後にアメリカでも大ヒットした、とか いったエピソードが興味深いです メキシコの寒村イストラカン、毎年荒くれた野盗が襲ってくる。 これに手を焼いた村の長老は凄腕のガンマンを雇って 盗賊達を追い払う決意を固める。 集まったガンマンは七名。 スティーブ・マックィーン、ジェームズ・コバーン、チャールズ・ブロンソンらが大抜擢され、その名を連ねた。 中でも特筆すべきはスティーブ・マックィーンで、テレビの西部劇シリーズ「拳銃無宿」や 前年公開のデビュー間もない作品「セントルイス銀行強盗」で、その演技力が買われ、この作品において主役の ユル・ブリンナーに次ぐナンバー2の座を獲得した。 大半のメンバーは命を落として墓に埋葬されるが、その死が無駄にならないように村人たちが一生懸命、幸せに 生きて行くことが、彼らの供養となるのだろう。 A classic remake of the 'Seven Samurai' that was made in Japan around six years earlier. The western has a fantastic group of up and coming stars who support Yul Brynner. Steve Mcqueen's tries his hardest to steal the show from Brynner, but I don't think he does. During the making of the film Mcqueen would complain to his friend Robert Vaughn about Brynner having a bigger horse, or a bigger gun,and even tried distraction techniques to catch the eye of the audience when he was in the background by doing things like playing with his hat. Brynner told him if he kept on with this tactic he would simply move in position to block Mcqueen out of the shot completely. A great action and adventure film with great music too.............. There are Three film themes that Everyone on the planet will know after the first few opening bars - James Bond, 633 Squadron - and this classic western. Yes, we know that it was based upon the "Seven Samurai", which goes on for hours and is subtitled in English - but hey, this has Charles Bronson, Yul Brynner, Horst Buchholz, James Coburn, Brad Dexter, Steve McQueen, Robert Vaughn and Eli Wallach - as well as that magnificent music. Don't dither, just buy it. By keeping the key players and themes, but thinning the plot, its a very tight action film and very entertaining. With an array of top notch actors and a clever script Magnificent Seven is every bit the classic of its inspiration. Classic western, I feel that this is better than the recent remake even though this is a remake of the 7 Samurai. Great music score lots of gun fights, and tellng interactions between the 7 and the villagers. I am really pleased to have finally got this on blu ray. Good interviews with the actors and others involved in making the film. Probably the best western ever made in my opinion. The way that Chris Yul Bryner gathers the team is the best part with their fight against Eli Wallach and his band of thugs being almost secondary. I don't think so. Does this brilliant film need any more plaudits? A good tale enacted by a splendid cast, with quality dialogue. Many memorable scenes, including Brynner and McQueen's trip to Boot Hill - probably one of the best sequences in any Western. If you are one of the few people who cannot have seen it, this movie comes highly recommended. Sit back and enjoy. One of my top 5 adored westerns! nr 1. being "Shane"! With an all-star cast and showing the gripping story of a small village being freed from a gang of robbers by the seven! Great perfomances by the actors portraying the "magnificent seven" but also by Eli Wallach as the evil guy. The film also shows a very young Horst Buchholz in one of his first roles no doubt. A true 'titbit' for any western lover......

次の

続・荒野の七人

荒野の7人

黒澤明監督の名作『 七人の侍』(54)。 そして、『七人の侍』の舞台を西部開拓時代のメキシコに移してハリウッドリメイクされた名作ウェスタン『 荒野の七人』(60)。 この名作2本を原案にリメイクされた映画『 マグニフィセント・セブン』(原題:『The Magnificent Seven』)が 2017年1月27日(金)に日本公開されることが決定した(全米公開:2016年9月23日)。 監督は『トレーニング デイ』『イコライザー』『サウスポー』など、重厚な男たちのドラマを描いてきた アントワーン・フークア。 主演には『トレーニング デイ』『イコライザー』の デンゼル・ワシントン、『ジュラシック・ワールド』の クリス・プラット、 『6才のボクが、大人になるまで。 デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク、アントワーン・フークア監督は『トレーニング デイ』以来、実に15年ぶりのタッグ。 フークア監督は、デンゼルにとって初めてのアカデミー賞主演男優賞をもたらした監督でもある。 本作ではどのようなコンビネーションを見せてくれるのか!? このたび解禁されたビジュアルには、荒れ果てた大地に集まった最強のアウトローたち7人のカッコ良すぎる姿が確認できる。 賞金稼ぎ、ギャンブラー、スナイパー、ハンター、暗殺者、流れ者、戦士、という個性豊かな7人が、拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を手に、悪に立ち向かおうとする鋭い眼光が印象的だ。 ワクワクが止まらない本作の世界観、豪華キャストたちのほとばしるパワー、歴史的名作をベースにした新たなる興奮の予感... 早くも来年1月の公開に期待が高まる。 バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サーズガード)の支配下で、ローズ・クリークの町の人々は絶望的な日々を送っていたが、エマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)を中心としたギャンブラー ジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、ガンの達人など7人のアウトローを、復讐のために雇った。 町を守るために立ち上がった彼らは、いつしか自分たちの目的が金だけではなくなっていることに気付く。 映画『マグニフィセント・セブン』は2017年1月27日(金)全国ロードショー 『The Magnificent Seven』Teaser Trailer.

次の