たまご ふわふわ レシピ。 【みんなが作ってる】 静岡 たまごふわふわのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

【検証】たまごふわふわを美味しく作る3つのコツとは!? : 料理のコツコツコツ

たまご ふわふわ レシピ

かわいらしい名前の「たまごふわふわ」。 その歴史は古く、1626年江戸時代初期、京都二条城にて徳川家光が後水尾天皇をもてなした献立のひとつといわれ、当時は武士や豪商が食べる高級料理だったようです。 一説によると卵とだし汁を使った「たまごふわふわ」は、茶碗蒸しのルーツともいわれています。 時は下って、1813年。 大阪の豪商・升屋平右衛門(ますやへいえもん)が記した『仙台下向日記(せんだいげこうにっき)』には、袋井宿の太田脇本陣に宿泊した際、朝膳に「たまごふわふわ」が載っていたと残されています。 また、弥次さん喜多さんでお馴染み『東海道中膝栗毛』でも、弥次さんが袋井の茶店で「たまごふふわふわ」を食べるシーンが描かれています。 お昼なら海鮮丼と一緒に食べたり、夜はお酒の後の〆として注文するお客さんも多いようです。 また江戸時代のお膳の雰囲気を味わうなら、お造りや揚げ物、焼き物などがセットになった「たまごふわふわ膳」2,700円(税込)もおすすめです。 B級グルメとして紹介されることが多いですが、献上料理でもあった「たまごふわふわ」。 おもてなしに相応しい一品でした。 こちらのお店の自慢は、地元の遠州灘で水揚げされた魚介類を使った料理。 店内には生簀があり、注文を受けてからさばくこだわりよう。 地酒も豊富に取りそろえているので、遠州の味覚を思う存分に味わえるのが魅力です。 地元を紹介するトランプを制作するほど袋井が大好きな伊藤さん。 依頼を受け開発に取り組むも、試行錯誤の連続だったそうです。 作り方はいたってシンプル。 卵と砂糖を混ぜ、小麦粉、チーズに牛乳を加え、レモンで香り付けをします。 卵に匂いが残らないよう、鶏の餌にこだわった地元産の卵を使用。 クリームチーズはオーストラリア産の薄味でクセのないものを厳選。 最初はふんわりとした食感を出すのに苦労したといいますが、卵白を多く使うことでボリューム感を出すことに成功。 ボール型の容器で、じっくり1時間焼き上げたら完成です。

次の

袋井宿「たまごふわふわ」/袋井市ホームページ

たまご ふわふわ レシピ

「たまごふわふわ」について たまごふわふわは静岡県袋井市のご当地グルメです。 袋井はかつて東海道五十三次の真ん中の宿場町で、袋井宿で宿泊客の朝食に出されたとされています。 江戸時代に全国各地で食された人気料理といわれますが、将軍家や豪商などが食した高級卵料理だったそうです。 材料は卵とだし汁だけというシンプルな料理ですが、さすが江戸時代のセレブ料理。 そのふわふわの食感とやさしく上品な味わいは絶品です。 この「たまごふわふわ」は江戸時代の文献「仙台下向日記」に登場した料理ですが、袋井市観光協会によって再現されました。 現在、袋井市にはたまごふわふわが食べられるお店があり、江戸時代のものを再現したお店だけでなく、中華風やスイーツ、パンなどにアレンジした創作たまごふわふわを楽しめる店もあるようです! たまごふわふわを食べるために袋井に行く方も多いそうですが、「やっぱりちょっと遠い」「なかなか行けない」という方はご自宅でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 袋井市のサイトなどを参考にレシピをご紹介します! たまごふわふわのレシピ・作り方 <材料(2人分)>• 卵 1個• だし 1カップ(200ml)• 5g)• 5g)• こしょう 少々• お好みでみつば、小ねぎなど 適量 <作り方> 1.だしに醤油、みりん、塩、こしょうを混ぜてすまし汁を作り、180mlと20mlに分け、180mlを土鍋に入れて蓋をして火にかける。 2.20mlのだしと卵をボウルに入れてしっかりと泡立てる。 ハンドミキサーを使うと楽ですが、なければ泡立て器で頑張りましょう! 3.土鍋のすまし汁が煮立ったら火を止めて、泡立てた卵を端からいっきに流し入れて蓋をして10~15秒蒸らします。 4.蓋をあけたら、たまごふわふわの出来上がりです!お好みで刻んだみつばやネギを散らしてもよいでしょう。 上手に卵をふわふわに仕上げるために、土鍋の蓋も一緒に温めておくとよいです。 塩加減は、この分量で塩を1. 5g入れると少し塩気が強い感じもしますが、お酒のおつまみとしてはいい感じです。 塩分控えめがお好みの方はもう少し減らしてもよさそうです。 甘めが好みの方は塩の代わりに砂糖を入れてもいいそうです。 ちなみにお餅やきのこを加えてアレンジを楽しむこともできるようです。 確かにおいしそうです!いろいろな具を加えて楽しんでみたいですね。

次の

【みんなが作ってる】 静岡 たまごふわふわのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

たまご ふわふわ レシピ

3、1が煮たったら必ず火を弱めて、沸騰のぶくぶくした泡が収まってから2を加えてすぐに蓋をする。 15秒蒸らす。 4、蓋を開けて完成です。 お好みで海苔や小口切りにしたネギを乗せても美味しいですよ。 土鍋の大きさに対し、たっぷり卵を入れるとかなり分厚くふわふわに膨らみます。 ちなみに3~4人用土鍋に卵3個で作ったのがこちら。 4個に比べてやはりふくらみが悪かったです。 土鍋がない、普通の鍋で作る場合 ご家庭に土鍋がないという方も多いと思います。 その場合は普通の鍋でも大丈夫ですが、保温性が高く蓋が必ずできるものを用意してください。 我が家はルクルーゼをメインの鍋に使っているのですが、ルクルーゼならほぼ同じように作ることができます。 あとは、土鍋のように蓋に高さがないとふくれた卵が蓋にあたって蓋を開けたときにしぼんでしまいます。 なので蓋に高さがあるものを使い、かつ、卵液を流し入れたときに少し低い位置で収まるようにしておくとふくらんでも蓋に当たりません。 このレシピの感想 スプーンですくった断面。 だしが見えないくらいふわふわになっています。 最後にこのレシピの感想をご紹介しますね。 鍋の〆や、卵だけでできるので節約料理のメインにもおすすめ。

次の