返答 ありがとう。 メールの返信へのお礼の書き方!ビジネスメールのマナー(例文付) [ビジネス文書] All About

「ありがとう」と言われたらどう返答していますか?

返答 ありがとう

どれも質問に対して答えるという意味では同じですが、使うシーンが違います。 「返答」は問いや呼びかけに対する答えのことで、 ややフォーマルです。 「返事」は問いや呼びかけに対する答えのことで、 ややカジュアルです。 「回答」は質問に対し答えることで、 公的な文面にも使われます。 「返答」をもっと詳しく 「返答」は、 問いや呼びかけなどに答えること、あるいはその答えのことをいいます。 漢字の通り、相手からの問いに対し「答え」を「返す」という意味です。 たとえば、学校の先生からの呼びかけや、上司からの質問に答えることは、「返答」となります。 また、「返答」は主に相手からの 口頭での問いに対して答えるときに使われます。 口頭ではない、手紙やメールなどの文面においては「返信」という言葉がよく使われますね。 「返答」という言葉は、ビジネスシーンにおいてもよく使われる言葉です。 会社などの公式な場面で使用するときは、この言葉に「ご」を加え「ご返答」という丁寧語にして使います。 相手側に返答を要求する場合は、続ける言葉にも配慮し、「ご返答をお待ちしております」などとするとより丁寧な文章になるでしょう。 「返事」をもっと詳しく 「返事」は 質問や呼びかけに対して答えることをいいます。 たとえば、名前を呼ばれてそれに答えるときやもらった手紙を返すとき、依頼や招待に対して答えるときなどです。 「返答」「回答」「返事」の3つの中で最も使われる頻度が多く、日常会話など比較的カジュアルな場で多く使われます。 丁寧語にする場合は、「お返事」あるいは「ご返事」とします。 どちらも正しい日本語ですが、「お返事」の方が自然で、頻繁に使われています。 意味の上では「ご返答」と大きくは変わりませんが、「ご返答」に比べると「お返事」の方がよりフランクな言い方になります。 よって、ビジネスシーンの丁寧な場面においては「ご返答」というのが無難でしょう。 「返事」の具体例.

次の

今さら聞けない!「返答」「返事」「回答」の違い

返答 ありがとう

「返答」の意味と敬語としての使い方 「返答」の意味 「返答(へんとう)」は「相手からの質問・依頼・要求などに対して、こちらからその答えを相手に伝えること」という意味です。 「返答に窮する」「メールで返答する」などと用います。 また、「返答」は「主に口頭で伝えること」と辞書に記載されていることが多いのですが、「返事」が「口頭または文書での回答」を意味することに対比しての説明の意味合いが大きいと思われるため、メールや書面など口頭でない場合でも「返答」を用いるのに問題はありません。 「返事」との使い分けについては、後述します。 「相手に返答を求める場合」の使い方 ビジネスの取引先や目上の人に対してなんらかの答えを求めたい場合は敬語表現を用います。 「ご返答をお願いいたします」とお願い表現にすることが一般的です。 あるいは、「待つ」の謙譲語「お待ちする」を添えて「ご返答をお待ちしております」もよく使われます。 いずれも「返答」には必ず「ご」をつけて丁寧語にします。 さらに「ご返答お願いいたします」ではなく、「ご返答を」というように間に「を」を入れると丁寧な印象になります。 また、相手からの返答をもらいたいのだが、こちらが何らかの状況により弱い立場にあるなど、より丁寧な表現が必要な場合もあるでしょう。 そのような時は次のような表現例があります。 「恐れ入りますがご返答をいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 構造を細かく説明すると次のようになります。 「恐れ入りますが」「何卒よろしく」とクッション言葉をプラス• (「もらう」の謙譲語「いただく」)+(丁寧語「ますように」)で「いただきますよう」とし、謙譲の気持ちを表現• 「言う」の謙譲語「申し上げる」を使うことで、お願い表現に謙譲の気持ちを表現 さらに状況的に相手に返答を求めるのが厳しいようなシチュエーションの時は 「お忙しいところ誠に恐縮ではございますが、ご返答をいただければ幸いでございます」 などとクッション言葉を重ねて用いてから、返答いただければ嬉しい、という婉曲表現にすることで命令口調を回避することができます。 この場合、文章としては相手に返答するかどうかの判断をゆだねているかのようですが、実際は返答をしてもらう必要があるので、「〇月〇日までに」という期限をさりげなく入れるなど、状況に応じて工夫が必要です。 「相手の返答に返信する場合」の使い方 「返答」をお願いしてその返信をいただいたら、そのリアクションに対してお礼の文章を返信することになります。 その場合は「ご返答ありがとうございます」「ご返答をいただきありがとうございます」「ご返答をいただきまして誠にありがとうございます」などと、相手との関係性や状況に応じて適当な表現を用います。 「相手の求めに対して自分が返答する場合」の使い方 取引先や上司から返答の依頼があり、自分が返答する場合に「ご返答」と自分の動作に「ご」をつけていいのか、迷う人が多いようです。 結論として返信メールや文書、口頭で「ご返答いたします」と表現して間違いはありません。 「返答」となる元の言葉に「ご…いたします」という謙譲語の基本形を使用しているからです。 「ご説明いたします」「ご案内いたします」「ご遠慮いたします」などと同様の表現形です。 「ご返答いたします」が正しいのかどうか迷ってしまう原因としては、「ご返答」の「ご」が相手に対して用いる場合は「尊敬語」であるため、自分の行為に尊敬語を用いるのはおかしい、と感じる人がいることが考えられます。 しかし自分の行為の「返答」につく「ご」は上述したように「謙譲語」となるため、間違いではありません。 ビジネスメールでの使用例 最近は直接会って対話したり電話で会話したりするよりメールのやりとりで仕事を進めていくことが多くなっています。 様々なシチュエーションで「返答」を使いこなせるよう、ビジネスメールでの使用例を紹介します。 「返答」を求める場合• ご返答のほど、よろしくお願い申し上げます。 お忙しいところお手数ですが、ご返答をいただきますようお願いいたします。 ご返答をいただければ幸いです。 誠に恐縮でございますが、〇月〇日までにご返答をいただければ大変助かります。 ご返答をお待ちしております。 自分が「返答」する場合• 添付資料のとおり、ご返答いたします。 次のとおり、ご返答させていただきます。 〇〇の件につきまして、ご返答申し上げます。 「返答」の類語 「返答」の類語には「回答」「返事」があります。 どちらも同じような意味ですが、使い方に違いがあります。 「返答」と「回答」の違い 「回答」は「文書による正式な返事」の意味合いがあります。 「回答を求める」「回答を迫る」などと用い、「返答」と文書で書くよりも形式にのっとった返事を強く要求する意味が強くなります。 「返答」と「返事」の違い 「返事」は「呼びかけに対して答えること、またその言葉」という意味合いがあります。 質問に対して「返答」する場合と同じように「返事」も用いられますが、名前を呼ばれて返事をする、というように動作に用いられることがあります。 また狭義では「答えの手紙を出す」という意味があり、「すぐに返事を出す」などと用います。 まとめ 「ご返答をお願いいたします」と取引先に依頼したいことがある時の敬語表現には、工夫が必要な場合があります。 特にメールの文面は事務的で冷たい印象になりがちなため、丁寧語や謙譲語をうまく使いこなせるようにしておきましょう。 また、自分の動作に「ご」をつける「ご~いたします」という謙譲表現がさっと出てくるよう、普段から意識して周囲の会話を聞き、フレーズとして覚えておくのも一案です。

次の

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

返答 ありがとう

Contents• 上司に「ありがとう」と言われたときの返事に困る! 感謝の言葉として「ありがとう」と人に伝える事は大切です。 その「ありがとう」を言われたときに、きちんと返事をすることも忘れてはいけません。 友人にお礼を言われたときであれば何も考えずに「どういたしまして」と返事できるのですが、相手が上司だった場合 (どういたしましては失礼なんじゃないか・・・) と心配になってしまいませんか。 「どういたしまして」という言葉は「たいしたことではありません」「たいしたことはしていません」という意味になります。 「適当に対応したので気にしないで下さい」といった意味でもあるので、どうしても上の立場から言っている感じがしますよね。 返事をした本人としては「そんなに大変ではなかったので大丈夫ですよ」「そんなに気にしないでくださいね」と相手を気遣うつもりで言ったのでしょう。 返事に困る!上司から「ありがとう」と言われた時には 上司に「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」という返事は控えた方がいいのであれば、なんて言えばいいのでしょうか。 いくつかの返し方をご紹介していきます。 恐れいります• 恐縮です• お役に立てて光栄です• お役に立てて嬉しく思っています• 喜んでいただけて幸いです• こちらこそ勉強になりました• 私にもいい経験になりました• こちらこそ有り難うございました• 少しでもお手伝いできてよかったです• またいつでも仰ってください• 他にもお手伝いできることがあればお声がけください などがあります。 「どういたしまして」以外にも返事の方法ってたくさんあると思いませんか。 上司から感謝されたときの返事には「謙遜」や「感謝」の気持ちがあれば、いい印象を与えることができるでしょう。 ただ、「どういたしまして」を絶対に使ってはいけないということではありません。 あなたと上司との関係が親しい場合には「どういたしまして」と返事をしても問題はないでしょう。 「ありがとう」以外もある!上司から言われて返事に困るとき 上司への返事に困るのって「ありがとう」以外にもあると思いませんか。 例えば上司から褒められたときに、何と返事をしているでしょうか。 困って「あ・・いえ・・・そんなことは・・・」のようになってしまいがちです。 これなら上司だって褒め甲斐がありませんよね。 かといって「ありがとうございます」だけだと素っ気ない感じがしてしまいます。 では、どんな返事がいいのでしょうか。 ありがとうございます。 もったいないくらいのお言葉です。 ありがとうございます。 ありがとうございます。 自分でも驚いているところです。 ありがとうございます。 今後も精進したいと思っております。 ありがとうございます。 どうですか。 言い返し方だと思いませんか。 このような返事が出来れば上司との関係も良くなりますし、褒められることも 増えるでしょう。 これもNG!上司に使ってしまいがちな言葉 丁寧に言っているつもりでも、目上の人に言うと失礼になってしまう言葉がいくつかあります。 ついつい間違って上司に使ってしまっている可能性があるので気を付けましょう。 「ご苦労様です」 上司が先に帰るときや出張から戻ってきたときなど、「ご苦労様です」と言ってしまいがち。 しかし、「ご苦労様」というのは自分の為に仕事をしてくれた人に対して使う言葉なので上司に言うと失礼になってしまいます。 こういった時は「お疲れ様でした」を使うようにしましょう。 「分かりました」「了解しました」 上司から指示を受けたときに「分かりました」「了解しました」と言っている人も多いでしょう。 丁寧に感じますが、これらを目上の人やお客様に使うと失礼になります。 正しくは「かしこまりました」「承知しました」と言うようにします。 「なるほどですね」 「なるほどですね」は「なるほど」と「そうですね」が合わさった言葉になります。 「なるほどですね」は正しい敬語ではないので上司に使うと失礼になってしまうんです。 同意したい時には「はい、そうですね」とし、納得したい時には「おっしゃるとおりです」を使うようにしましょう。 上司の性格や距離感を知っておくことが大切 いかがでしたか。 上司から「ありがとう」と言われたときの返事や、褒められたときの返し方、つい言ってしまいがちな失礼になってしまう言葉についてご紹介しました。 これらを知っておくと、上司から言われたときに「何と言えばいいんだろう・・・」と悩まずに済みますよね。 返事の仕方一つであなたへの印象を大きく変えてしまうことがあるので、間違わないように気を付けなければなりません。 しかし、あなたと上司が親しいのであればそれほど神経質になる必要もないでしょう。 「どういたしまして」「なるほどですね」と言っても上司もそれほど気にはしないと思います。 ただ、どんなに親しくても上司の性格によっては礼儀は大切にと考えている場合があるので要注意です。 上司の性格や、上司と自分の距離感はどれくらいなのかというのを知っておくことがポイントになります。 距離が離れている場合でも返事一つで近づけることもあるので、その場に合った言葉を選んでいくようにしていって下さいね。

次の