ポケモン に 例える と 診断。 18のプログラミング言語をポケモンに例えてみた!

あなただけのポケモンは!?

ポケモン に 例える と 診断

その性格診断に大本命『 ポケモン自己分析』が登場し話題になっている。 採用企画と連動した『ポケモン自己分析』は、働くうえで「その人がどんな人材なのか?」をポケモンに例えてくれる性格診断だ。 さあ、さっそくやってみよう! ・16の質問に答えるだけ 「ポケモンセンター」「ポケモンストア」を運営する株式会社ポケモンセンターが公開した『ポケモン自己分析』。 話題の『ポケモン自己分析』は同社が展開する採用企画「 そんなキミにきめた! プロジェクト」の一環として展開されている。 診断方法は簡単で、16の質問に「はい」「どちらかといえばハイ」「いいえ」「どちらかといえばイイエ」の4つで答えていくだけ。 時間にして 1~2分もあれば完了することだろう。 たったそれだけで、自分の性格がどのポケモンに近いのかがわかるのだ。 さっそくやってみたところ、記者は「 ラッキー」だと診断された。 「困った人は放っておけない優しい性格。 キミと話すとみんなしあわせに!」とのことだが、当たっている…… 気がしなくもない。 少なくとも性格診断としては参考にしてもいいハズだ。 ・トレンド1位 もちろん、診断結果はSNSに投稿可能で、2019年7月29日のTwitterでは「 ポケモン自己分析」がトレンド1位に輝いている。 診断には付き合い方までが記されているから、友達や職場の人と一緒にやるとさらに楽しめることだろう。

次の

【ポケモン自己分析】自分をポケモンに例えると何? ポケモンセンター採用サイトで診断してみよう!

ポケモン に 例える と 診断

本稿は、Codementorのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。 本記事は、Jazz Rosende 氏によって投稿されました。 「最高のポケモンマスターになりたい、まだ誰もなれなかった世界一になりたい…」(英語版ポケモンアニメの主題歌より)とポケモンアニメの主題歌の歌詞にあるように、エンジニアもキャリアにおいて同じようにをマスターしたいと思うことでしょう。 エンジニアとプログラミング言語の関係は、トレーナーとポケモンの関係とよく似ていて、個人的な関係が生まれるものです。 エンジニアによって、選ぶ言語や好みも多様です。 この記事では、ポケモンがプログラミング言語だったならという設定を考えてみます。 次のリストに挙げたプログラミング言語を全部マスターしましょう! 「プログラミング言語全部ゲットだぜ!」 アセンブリ言語:ギャラドス ギャラドスは強力なモンスターです!しかしギャラドスに進化させるためには、コイキングを数多く集める必要があります。 それまでに単調な作業に飽きてしまうこともありますが、忍耐力こそが鍵です。 ギャラドスをレベルアップさせ続けると、困難なバトルでも十分に戦力になってくれます。 Ada(エイダ):カメックス 将来的にもっと強いモンスターと出会える可能性もありますが、カメックスは大きくて安定性があります。 スケールの大きさと防御力においては、本当に優れています。 戦闘中は、カメックスの2本のロケット砲に翻弄されないように注意しましょう。 セーフティクリティカルシステム(safety critical system:故障やエラーなどが、人間の生命や地球環境に大きな危険を及ぼす可能性のあるシステム。 例として原子力発電、宇宙開発、インフラ、医療や化学分野のシステムなど。 )の開発においても、信頼できる言語です。 ミサイル誘導、ミサイル迎撃、アビオニクス(航空や宇宙関係の電子機器)、宇宙航空機のナビゲーションや他分野において、エラーのないシステムを開発することができます。 BASIC(ベーシック):フシギダネ BASICはシンプルで入手しやすい言語であるため、プログラミング初心者に人気です。 入門のための言語としては良いかもしれませんが、多くのエンジニアは、もっと強力でパフォーマンスの高い言語と出会ったときに、BASICを手放すのが一般的なようです。 ほとんど万能なモンスターたちです。 イーブイは進化形の可能性を色々考えられるので、イーブイを捕まえることは多くのプレイヤーにとって、大きな進歩への第一歩となります。 ジムのディフェンダーとして使ったり、他のジムを攻撃するときにも力になります(さらに可愛いです)。 オールラウンドに活躍してくれる、持ち運びしやすいモンスターです。 しかし、いくつか相違点もあり、たとえばサンダースは進化を遂げたモンスターであるため、ピカチュウよりも能力の高いモススターに育てることができます(もちろんトレーナーの腕次第ですが)。 サンダースは簡単なモンスターではありませんが、エレガントさが魅力です。 細胞から微量の電気を生み出し、これを毛を逆立てて静電気で増幅することもできます。 C などの静的型付け言語もまた、動的型付け言語と比べて、エレガントな魅力があるのではないでしょうか。 Eiffel(エッフェル):バリヤード パントマイムの文化とEiffel言語は、両方ともフランス生まれです。 Fortran(フォートラン):プテラ 画像:「どうして絶滅させてくれないんだ?」 人類の有史前の恐竜です。 かつて、この恐竜が大空を悠々と自由に飛び回っていた時代もありました。 Fortranは今でも強力な言語として使えるかもしれませんが、適用範囲は限られていて、現代に適応するにはスピードも十分ではありません。 Haskell(ハスケル):メタモン 画像:「ボクは変幻自在に造られた。 何にでも変身できる。 」 Haskell は抽象度の高い言語です。 デザインパターンも独特で、いわゆる「主流の」言語から一線を画しています。 初めてHaskellを試した人は、その異質さに不満を持つかもしれません。 複雑な言語であるため、学習曲線のカーブも険しくなるかもしれません。 しかし、メタモンが「へんしん」の技を使いこなして、他のポケモンの動きを真似したり変身できるように、Haskellは柔軟な開発を可能とします。 Java:ピカチュウ ポケモンと聞いて、最初にピカチュウが思い浮かぶ人は多いかもしれません。 しかし、ポケモンに精通したプレイヤーであれば、ピカチュウの人気は「ポケモンの広告塔」的存在であることによるところが大きいと知っています。 つまり、Javaは多くの企業に愛用されているために、知名度が高いのです。 でんきタイプのポケモンは総じて強いため、最初はピカチュウを主戦力とするのもいいでしょう。 しかし多様なタイプのモンスターとバトルを続けていく中で、ピカチュウは最高のパフォーマンスを発揮するモンスターではないと思い知ることになります。 JavaScript:ビードル どんな場所にも現れます!レベルアップしたユーザーにとっては、遭遇すると無視したくなるポケモン(言語)です。 しかしやがて、さらなるレベルアップのために使える存在だと気づくことでしょう。 そのため、いつも囲まれていることに飽きているとしても、捕まえて新たな学びを得ましょう。 Lisp:ラプラス ラプラスは「穏やかな巨人」として知られるモンスターです。 優しくて知能が高く、ポケモンと人間が平穏に共存できることを教えてくれるような存在です。 しかし悲しいことに、人間がそのモンスターとしての巨大さを理解できないために、ほとんど絶滅寸前の状態です。 Matlab:ピジョン このモンスターを持っていれば、簡単に経験値を得ることができて、しかも初歩的なバトルで役に立つので、最初は十分満足できるかもしれません。 そのため、博識で経験を積んだユーザーが、このポケモンにあまり注目していないことを不思議に思うかもしれません。 しかし、あなたも博識でより経験を積んだユーザーとなったら、迷うことなく他の言語に乗り換えることになると思います。 Objective-C:ブースター ブースターはイーブイ(C言語)の進化形の1つです。 しかしイーブイの他の進化形と異なり、「ほのおタイプ」の希少なポケモンです。 ブースター(Objective-C)で可能なことは限られているかもしれませんが、真のポテンシャルを発揮させれば、驚くような事ができます。 PHP:コダック 画像:「人々はボクをサイコダックと呼ぶ。 真のサイコを見せてあげよう。 」 PHPは風変りで、とくに経験の豊富でないエンジニアにとっては、扱いの難しい言語です(おそらく、APIにいくつか一貫性の問題があるため)。 しかしPHPを深く学び、扱い難さの問題を乗り越えて使いこなせるようになれば、その神秘的な潜在能力を活かすことができます。 この複雑なモンスターをマスターできれば、驚くべきパワーを操ることができます。 Python:カイリュー 画像:「リザードンを一撃で倒せます。 しかし多くのプレイヤーにとってカイリューの方が、知能が高く、エレガントで、レベルが高いという印象かもしれません。 ファンの中には、疑似伝説のモンスター(pseudo-legendary:3段階の進化を経て、種族値合計が600以上のポケモンを示す、海外ポケモンファンの間での用語)と見なす人もいます。 能力が高いので、難易度の高いタスク向きです。 QCL(量子プログラミング言語):ミュウツー 量子プログラミング言語は、「エスパータイプ」で伝説ポケモンのミュウツーに例えることができます!レベルが高くて、普通のエンジニアにとっては進化し過ぎています。 :リザードン スクリプト言語は最高レベルの開発環境を構築することができます。 Rubyもその1つです。 リザードンは、最初はとてもカッコ良く見えます。 そのため、リザードンのレベルを上げるために時間を費やして、バトルでもよく使うようになるかもしれません。 しかし、さらに数多くのポケモンと出会うことで、リザードンには改良の余地もあり、最初に思っていたほど完璧なモンスターではないと実感することになります。 [お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるを開催しています。 これからプログラミングを始めようと思っている人、新しい言語を覚えたいという人はぜひご覧ください。 また、現役エンジニアから学べるも実施しているので、ぜひ参加してみてください。 発売開始日からオンライン・店頭にて完売が多く目立ち、品薄状態となっていたポケモンGO Plusですが、Amazonプライム等で再販売開始しています。 公式サイトでも4日 金 からオンラインで、5日 土 から店頭で手にいれることが可能となっています。 LEDライトと振動機能を搭載しており、ポケモン捕獲などポケモンGOの一部が遊べる仕組みとなっています。 「ポケストップが近くにある」であったり「近くにポケモンがいる」といった情報をランプと振動で通知します。 ポケモンGO Plusのボタンを押すことでポケモンを捕まえてみたり、ポケストップで道具を入手することができるのです。 また、ポケモンGOがバックグラウンド動作中でも「ポケモンGO Plus」とポケモンGOのアプリは接続され続けます。 そのためポケモンGO Plusを使っていれば、ポケモンGOアプリがバックグラウンドになっていてもタマゴ孵化や相棒ポケモンのための移動距離が反映されます。 ポケモンを捕まえる 近くにポケモンが現れると「ポケモンGO Plus」が振動し、ランプが緑色に点滅します。 そして、ボタンを押すとモンスターボールを投げてくれるというものです。 ポケモン捕獲に成功したか失敗したかは、ランプの色・点滅の振動パターンで判別することができるようです。 ポケストップに立ち寄る ポケストップの近くに来ると「ポケモンGO Plus」が振動し、ランプが青色に点滅します。 そして、ボタンを押すとポケストップに立ち寄り道具を入手できる ポケモンGOアプリの裏側 7月にリリースされ、今や社会現象ともなったポケモンGOは、Unity ユニティ というゲームエンジンを使って開発されています。 今までスマホ上で遊んできたゲームアプリの多くもUnityが使われています。 ゲームを作ると想像すると専門の技術者が作っているような連想をする方もいるかと思いますが、Unityはマウス操作で直感的にゲームの中身を作っていくことができます。 そしてこのUnity、スマホゲームアプリだけでなく、PlayStation4、Xboxなどのゲームも作ることが可能です。 もちろんこれから発売されるPlayStation VRのゲームコンテンツも自分で作れるのです。 少しでも「ゲームを作ってみたい!」と思ったら、ぜひUnityを使ってみてください。 [お知らせ]TechAcademyではオリジナルゲームアプリが公開できるUnityオンラインブートキャンプを開催しています。 現役Unityエンジニアのサポートで効率的に学びたい場合はご検討ください。 最新記事 日本マイクロソフトは、Windows10を搭載したホログラムHMD「HoloLens」を日本の開発者向けと法人向けに提供すると発表しています。 2016年内には予約注文を開始するとのことで注目が集まっています。 そしてHoloLensもその一つで開発者の中では最も注目が大きいデバイスの一つになっているでしょう。 HoloLens自体をそもそも知らないという方もその凄さを実感するはずです! HoloLensとは PSVR PlayStation VR の発売が10月にあってから今まで体験したことがない人でもこういったVRマシンを目にする頻度が増えたと思いますが、HoloLensはゴーグルが半透明になっています。 つまり、現実世界が見えた状態で3Dホログラフィックを混ぜて表示しているのです。 マイクロソフトはVRではなくMR Mixed Reality と表現し、これまでのVRデバイスとの差別化を図っています。 動画:HoloLensのコンセプト動画 約2分 分かりやすい例えで言えば、ポケモンGoが最近流行りましたね。 ポケモンGoは、AR 拡張現実 アプリとして知られていますが、裏側ではUnityというゲームエンジンを使っています。 スマホ上に現実世界を映し出し、ポケモンのキャラクターなどを登場させるといった現実とゲームの世界を織り交ぜています。 HoloLensも同様に現実世界にバーチャルな空間を作り出すことが可能というわけです。 詳細は順次発表されるとのことで、価格は公開されていませんが、米国での価格は3000ドル 約30万円 となっています。 今回のプレオーダーは開発者・法人向けということで、HoloLensを購入すればすぐ遊べるようになるというわけでは無いので、ご注意を。 もし自分でゲーム等を作りたい場合は、Unityの知識を身につける必要があります。 [お知らせ]TechAcademyではオリジナルゲームアプリが公開できるUnityオンラインブートキャンプを開催しています。 現役Unityエンジニアのサポートで効率的に学びたい場合はご検討ください。 最新記事 本稿は、UXPinのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。 今朝も私はいつものように徒歩で出勤していました。 いつもと違ったことは、店舗の立ち並ぶ通りの歩道、通りのレストランから、街中にある公園の芝生に至るまで、街中がスマートフォンを手に構えた人々で溢れかえっていたことです。 路地や公園の入り口付近には、所々人だかりができていました。 というよりも、その人々はコンピュータのアルゴリズムによって、それらの場所に意図的に集められていたのです。 このアルゴリズムこそ、「ポケモンGO」なのです。 ポケモンは約20年前に登場したゲームで、世界的な流行を巻き起こしました。 人々は「ポケモンを見つけてゲットする」というゲームのコンセプトにすっかり魅了されました。 また当時はゲームボーイ(GAMEBOY)というゲーム機が、このゲームのプラットフォームでした。 もっとも、それ以降はイテレーションによって初版のゲームに大きな変化が加えられることもなく、ポケモンゲームの熱は年々収束しつつありました。 しかし、ポケモンGOとして再登場したことで、何百万人ものポケモンファン、そしてあまりゲームをしない人々までもが、このゲームに夢中になりました。 2週間で約7500万のダウンロードを記録したとも推定されています。 ただし、ポケモンGOがすべて完璧というわけでもありません。 このゲームには数多くのバグがありますし、プレイ方法が分かりにくいというUI(ユーザーインターフェース)の問題もあります。 私自身は熟練したゲーマーですが、ポケモンGOでポケモンを捕まえる方法を理解するのに、最初に数分も時間がかかりました。 この記事では、一度先入観を外して、ユーザー体験の観点から、ポケモンGOの長所と短所について分析してみたいと思います。 目次 ポケモンGoの長所 ポケモンGoの短所 長所 まず初めに、ポケモンGOの人気の秘密を探ってみましょう。 トレーナーのプロフィール設定 カスタマイズ機能が優れたゲームは、万人に受けがいいといえます。 ポケモンは、通常のポケモンとポケモンGOの両方の世界を持つゲームです。 このような、イマーシブなゲーム(バーチャルリアリティの世界にユーザーを没頭させる効果の高いゲーム)についていえることは、ゲームのプレイヤーが、ゲームの世界でのリアルな体験を求めているということです。 ポケモンGOのプレイヤーの場合、ポケモンの世界で冒険をして、ポケモンの旅をよりリアルに体験してみたいと思っているのです。 ユーザーにゲームの世界をより身近に感じてもらう最も簡単な方法は、ユーザー自身がゲームのキャラクターの育成やカスタマイズをできるように設定することです。 任天堂はポケモン第二世代で、ユーザーがゲームの主人公を、男主人公または女主人公から選べるような設定にしたときから、すでにこのことに気づいていました。 これが良い土台となって、ポケモンGOようなイマーシブなゲームを生み出すことができたのです。 ゲームのプレイスタイル ポケモンのゲームの面白さの1つは、草むらの中を歩いていて、突然ポケモンと遭遇する瞬間にあります。 任天堂は拡張現実(AR:Augmented Reality)のテクノロジーを応用することで、この体験を限りなくリアルに再現しました。 ポケモンGOを開始すると、ほとんど現実のあらゆる場所でポケモンを見つけることができます。 このプレイスタイルが、ポケモンが1996年にゲームボーイ(GAMEBOY)機体向けのゲームとして初めてリリースされたときに人々が体験したのと同じ興奮やドキドキ感を、プレイヤーに思い出させるのです。 画面上にポケモンが現れると、スマートフォンが振動して、ポケモンを捕まえる「バトル」が始まります。 ポケモンGOが上手く設計されている点は、通常のポケモンゲームと同じく、モンスターボールを1回投げただけでは必ずしもポケモンを捕獲できないようになっていることです。 ボールがポケモンに上手く当たらなかったり、ポケモンがボールをかわしたり、何回かボールを投げてもポケモンに逃げられることもあります。 「もう少しでポケモンを捕まえらるかもしれない」という期待やスリルが、ゲームを面白くしているのです。 その結果、ユーザーをポケモンマスターを目指す旅に夢中にさせ、繋ぎ止めることができます。 私は次に、Nir Eyal氏の提唱するHooked Modelを用いて、ポケモンGOを分析してみました。 トリガー(Trigger) 1. ユーザーは、退屈をしのげる面白いことを求めている 2. スマートフォンが振動して、画面にポケモンが現れる アクション(Action) 3. 画面上のポケモンをタップする 変化しやすいリワード(Reward) 4. ポケモン インベストメント(Investment) 5. 歩くこと ソーシャルゲーム 任天堂とNiantic(ナイアンティック)社は、ポケモンGOをソーシャルゲームとして開発しました。 そのため、友人も含めてSNS上の他の人もゲームをプレイする場合に限って、ユーザーはゲームの面白さを体験できるのです。 周りでプレイする人多いほど、より多くのポケモンと遭遇できます。 このようにポケモンGOは社会的な拡散性が高い設計になっていて、人口密度やプレイヤーの人数によって、ポケモンの出現率が左右されます。 プレイヤーがレベル5に達すると、3つのチームのうちどれかに参加します。 その後は、ジム(Gyms)の獲得をめぐって、他のチームとバトルを開始することができます。 バトルでの競争が過熱することも、人々がポケモンGOに夢中になる要因だと思います。 さらに、任天堂はポケモンGOのUIに、便利な機能を加えています。 多くのゲームプレイヤーには、ゲームの体験を他の人と共有したいというニーズがあります。 ポケモンGOのプレイヤーなら、レアなポケモンや何か面白いものを見つけたときに、スクリーンショット画像を保存したいと思うはずです。 任天堂は、ポケモンGOのインターフェースにスクリーンキャプチャ用のボタンを追加しているので、プレイヤーはクールな瞬間をはるかに容易に画像として保存できます。 [PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中短所 次はポケモンGOのUXの短所について分析してみましょう。 UIのオンボーディング ポケモンGOを最初に始める場面から考えてみます。 サーバーとの不安定な接続に悩まされながら、何とかトレーナーのプロフィールを作成した後に、やっとポケモンGOを開始できます。 しかしここで、ほとんどゲームのやり方について指示がありません。 もっとも幸いなことに、開始してしばらくすると画面にポケモンが何匹か現れます。 しかしここでも、ポケモンを捕まえる方法について、明確な指示はありません。 つまり自力で理解するしかないのです。 あまりゲームをしない人は、その「アハ体験」に達するまでに、さらに時間がかかるかもしれません。 オンボーディングは表面的なレベルにとどまっています。 プログレッシブ・ディスクロージャー(progressive disclosure:オンボーディングにおいて、多くの情報から重要なものだけに絞ってユーザーに提示する手法)として、たとえば、次のようなポケモンGOにおける重要なプレイ方法が示されていません。 ポケモンを進化させるために博士に送ると、代わりにアメ(candy)をもらえる ラズベリーなどの特定のアイテムは、どのように使えるか? 同種のポケモンをもっと見つけるために、近くのポケモンをタップするにはどうしたらいいか? このような情報が示されていれば、ユーザーはもっとゲームのインタラクションを楽しめるでしょう。 少なくとも、UI上にヒントとなる情報があればいいと思います。 サーバーの問題 一番の短所は、サーバーに問題があることです。 ユーザーはアカウントを作成する瞬間から、読み込みに時間がかかったり、クラッシュでゲーム終了となるのを、おそらく何度も体験するでしょう。 ポケモンGOの公開から当初1週間は、多くのユーザーがアカウントの作成すらできない状態でした。 何とかアバターを設定できた人たちも、サーバーとの通信のタイムラグが長く、ポケモンの捕獲やバトルの場面でバグやクラッシュも多発したため、ゲームのプレイを諦めざるを得ない状況がほとんどでした。 こうしてポケモンGOのプレイヤーたちが、ユーザーエクスペリエンスに不満をつのらせる状況となっていました。 ゲームを開始するのが難しいだけでなく、バグが度々発生することで、ゲームのインタラクションの流れが失われ、体感型のイマーシブなゲームを体験できなくなっていたのです。 ゲームそのものや社会現象として見れば、ポケモンGOはとても面白いのですが、それはポケモンGOが正しく作動することが前提となります。 ただ幸いなことに、任天堂とNiantic社はサーバーの問題に対処するために、アップデート版を最近公開しました。 タイムラグやクラッシュが大幅に改善されたので、良い方向に進んでいると思われます。 機能性 ポケモンGOのプレイはとても楽しく、ポケモンを捕まえてジムでのバトルを繰り広げながら、世界中を旅することすらできるでしょう。 ただそれがこのゲームのすべてです。 ポケモンGOのゲームのメカニクス(仕組み)は、捕獲とバトルの2つにおよそ集約できます。 捕獲できるポケモンの数は250匹が上限です。 またゲームを同時にプレイする人の数が減れば、出現するポケモンの数もそれに応じて減ります。 バトルは、世界中に存在するジムで行われます。 多くのジムは、人口密度の高い地域に特に集中していてます。 しかし、人口密度の低い地域ではジムの数の少なくなり、バトルもあまり行われません。 結果として、人口密度の低い地域にいるユーザーは孤立してしまいます。 もっとも、ユーザーが最初の熱狂から冷めたときのために、ポケモンGOには「とっておきの秘策」が用意されています。 その「とっておきの秘策」とは、プレイヤーに、レベルアップのための単調な操作をさせることです。 しかし、ユーザーが基本的なゲームプレイに飽きてしまったときには、ポケモンGOの人気も収束するでしょう。 また、季節的に秋と冬が近づいているので、おそらく寒い中で外に出てポケモンGOをプレイする人も減るでしょう。 任天堂とNiantic社は、こうしたユーザーの飽きや季節性の問題に対処するために、将来的には新たな機能を追加する必要が出てくるでしょう。 まとめ 最後に、ポケモンGOの事例から学んだことを振り返ってみましょう。 オンボーディングは、ユーザーの製品への慣れの度合いに合わせて考えましょう。 ポケモンGOの場合には、ゲーム初心者、ゲーム中級者、熟練のゲーマーまで、ユーザーは幅広い層から構成されています。 そのため、ゲームのやり方について、より親切で丁寧な指示を提供する方がいいのです。 製品は公開(ローンチ)のときには完璧である必要はありませんが、UXや技術的な点についてマイナス評価が蓄積しないように注意しましょう。 フィーチャークリープ(feature creep:ソフトウェアに新機能を追加しすぎて複雑になること)が大きな問題となることはありませんが、大量のバグやサーバーの問題は修正が必要です。 製品の改良に備えましょう。 ポケモンGOの人気はまだまだ続きそうですが、拡張現実(AR:Augmented Reality)の目新しさも永遠には続きません。 また、ポケモンGOではまだ友達同士でのバトルはできません(過去にヒットした多くのゲームに共通するセールスポイントです)。 また、より製品の流通を拡大するためには、任天堂とNiantic社がベンダー(例えばレストラン、コーヒーショップなど)と業務提携契約を結ぶことも可能です。 アプリデザイン Pocket Programming ポケプロ というプログラミングが学習できるスマホアプリをご存知でしょうか。 Rubyの学習には最適なアプリでしょう。 インストールしようか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。 Pocket Programmingとは Pocket Programmingは、3択のクイズ形式でプログラミング知識の定着を目指すスマホアプリです。 1日10問を4週間で覚えるプログラムになっています。 スマホで勉強できるので、帰宅中の電車内でも進められるでしょう。 99でインストールすることができます。 アプリの下部を見ると分かりますが、トップページは3つの画面から構成されています。 一番左は、現在の学習状況を表示しています。 ぜひランクAを目指して頑張りましょう。 真ん中のタブでは、今までの問題を復習することができます。 各Weekの後半になるにつれて問題の難易度も上がっていきます。 問題自体は4週間のプログラムですが、復習は何度も行えるので、苦手な部分も繰り返し行うことで知識が定着していくでしょう。 一番右のタブでは、自分の苦手な分野を教えてくれます。 」といったように独自のアルゴリズムで苦手な分野を分析し、対策を示してくれます。 本などで一通りRuby on Railsを覚えたという人でも自分の苦手な部分を知るきっかけになるかもしれませんね。 以上、Pocket Programmingの体験レポートでした。 1日たった10問でも進んでいる感覚やどれだけ理解しているのかを把握できるのは良いですね。 他にもプログラミング学習ができるアプリを紹介しているので、併せてご覧ください [お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。 RubyでWebアプリを開発したい方はご参加ください。 プログラミング 最近、子供向けのプログラミング教室がメディアでも取り上げられるなど注目されています。 そんな子供でも簡単に使うことができる、ビジュアルプログラミング言語の「VISCUIT(ビスケット)」を実際に使ってみたレポート記事です。 VISCUITとは 「VISCUIT(ビスケット)」とは、ヴィジュアルプログラミング言語と呼ばれるプログラミング言語です。 他に有名なものとしてScratchなどがあります。 一般的なプログラム言語とはコンセプトが異なり、コードを入力する必要がありません。 覚えなければならないルールも少なく、直感的に使えるので小さいお子さんやプログラミングに興味がある初心者がプログラミングがどういうものかを体験するのに適した言語です。 VISCUITはScratchのようにブロックを組み合わせるのではなく、自分で描いた絵を動かしながらプログラミングを学んでいきます。 なお、以前に公開した小学生向けのプログラミング教室でも紹介した、ビスケット塾やTENTOでも教材として使われています。 VISCUITの特徴 VISCUTには下記の3つの特徴があります。 子供でも使えるくらいにわかりやすい 遊んでいるような感覚で学べる 他のユーザーの作ったプログラム作品を共有できる 1つずつ説明していきます。 子供でも使えるくらいにわかりやすい VISCUTは、絵を描いて配置するだけでいろいろな動きを作ることができます。 まさに、「習うより慣れろ」という言葉にぴったりです。 そのため、子供でも触って動かしているうちにすぐ使いこなすことができます。 使い方はYouTubeにアップされた動画で解説されているので、まずは動画を見て使ってみてはいかがでしょうか。 また、大人向けの内容も動画で公開されています。 遊んでいるような感覚で学べる VISCUTはプログラミング言語ですが、「学ぶ」というよりも「遊ぶ」感覚に近いです。 VISCUTの公式サイトでは「コンピュータを粘土のように」と表現していますが、まさしく粘土で遊んでいるような感覚で楽しむことができます。 動かすための絵を描いて、動かし方を指定して、また調整してという繰り返しですので、想像力を掻き立てられます。 他のユーザーの作ったプログラム作品を共有できる VISCUTの公式サイトでは、他のユーザーが作成したものを見て、実際に遊んでみることも可能です。 他の人の作品を見ることで、自分が作るものの参考になりそうですし、友達と一緒に作って公開してもよいかもしれません。 このように、他の一般的なプログラム言語と大きく異なり、プログラムの動きやロジックの考え方を学ぶことにとても向いている言語と言えそうです。 自分の描いた絵を、自分の思った通りに動かすために最適な部品や配置を選択する。 実行してみてうまくいかなければ、なぜうまく行かなかったか考えて再度調整する。 といった繰り返しはプログラミングで行っていることそのものでしょう。 お子さんがいる方は、ぜひ一緒に使ってみてください! 似たようなサイトとしてMOONBlockもおすすめです。 [お知らせ]TechAcademyではプログラミング初心者でも最短4週間でエンジニアになれるオンラインブートキャンプを開催しています。 本格的にプログラミングを学びたい場合はご参加ください。 子ども向けプログラミング 最近、プログラミングの義務教育化の話題などもあって子ども向けプログラミングが注目を集めています。 そんな子ども向けのプログラミング言語として、MITメディアラボの開発したScratch(スクラッチ)が有名です。 Scratchはビジュアルプログラミング言語と呼ばれるものの一つで視覚的にプログラミングを学べるということで人気を集めています。 そこで今回はScratchを実際に使ってみた体験レポートをお届けします。 また本記事は、オンラインのScratch教室の内容を参考に紹介しています。 目次 Scratchとは Scratchを使ってみよう Scratchの開発環境 Scratchの特徴 Scratchを使ってみた感想 Scratchとは Scratchとは、MITメディアラボが開発した「ビジュアルプログラミング」の一つです。 そもそもビジュアルプログラミングとは、視覚表現でキャラクターを動かすなどコンピュータに実行させる言語です。 普通、プログラミングというと黒い画面に英語の文字が並んでいる印象を持つ人も多いと思いますが、ビジュアルプログラミングであれば知識を必要とせず直感的に覚えることができます。 ビジュアルプログラミングの中でも人気のあるScratchは、コンピュータに命令を送って動作させるという点でプログラミング学習の現場でよく利用されています。 では、実際にScratchを使いながら解説していきます。 [PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中Scratchを使ってみよう まずはScratchのサイトへアクセスします。 この画面を見てわかるように、日本語に対応してます。 Scratchは英語圏生まれながら、サイトや開発環境の多くが日本語にも対応しており、日本人には親しみやすくなっています。 これならお子さんにも安心ですね。 それでは早速、左上のネコのボタン「やってみる」をクリックして使ってみましょう! Scratchの開発環境 「やってみる」をクリックするとこのような開発環境が表示されます。 以前はインストールが必要でしたが、2013年5月にリリースされたバージョン2. 0からウェブアプリケーションとなっており、ダウンロードや個別ソフトのインストールなどといった作業は必要ありません。 画面にいるネコはデフォルトで初期配置されているスプライトであり、このスプライトの中にスクリプトとして「ブロックを積んでいく」ことで、実際に動作するプログラムを作っていくのが Scratchの開発スタイルです。 Scratchの基本的な使い方は動画を見るとより詳細に理解できるはずです。 Scratchの特徴 Scratchを使ってみて感じることは、その視覚的わかりやすさです。 構文の細かな文法など知らなくても、ブロックの形を見れば一目瞭然です。 ブロックの凹凸が互いにはまるかはまらないか、見なければいけないのはその点だけです。 スクリプトの種別ごとに色分けもされており、子どもにとっては視覚的にも面白いのではないでしょうか。 例えば、このようにプログラム開始後にキー入力待ちのループに入り、スペースキーでスプライトが10歩前進、というブロックだとこのような感じになります。 わかりやすいですね! Scratchを使ってみた感想 ブロックを積み替えればすぐに画面のキャラクターに動きが反映され、それぞれのブロックが持つ意味がダイレクトに伝わってくる感覚があります。 「子ども向けのプログラミング言語」なのでここはとてもわかりやすく設計されています。 頭で理解するのではなく、色と形で直感的に把握できる ScratchはこれからのIT教育の素材としてぴったりではないでしょうか。 また、日本語に対応しているため、すぐにでも日本の教育現場に持っていけそうな点も素晴らしい点の1つです。 プログラミングが義務教育化されても、学校でもすぐに使えそうです。 お子さんがいる方は夏休みに一緒に使ってみてはいかがでしょうか? 子ども向けのビジュアルプログラミング言語として、VISCUIT(ビスケット)もおすすめです。 TechAcademyでは子どもにプログラミングを教えたい方向けにオンラインのScratch教室を開催しています。 プログラミングを理解して子どもに教えたいご両親、生徒にプログラミングの指導をしたい教員の方はぜひご覧ください。 また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会もオンラインで実施しているので、ぜひ参加してみてください。 子ども向けプログラミング.

次の

【やってみて】採用診断「ポケモン自己分析」が超話題 → キミをポケモンに例えると?

ポケモン に 例える と 診断

草ポケモン• ピカチュウ 4 2 4 2 2 2 3 1 2 3 ピカチュウ、サトシのピカチュウは彼の一番の相棒でもある。 ピカチュウ独自の能力は、緊張している時は頬にある電気を発生する器官(でんきぶくろ)から放電することである。 この電気は色々な場面で活躍する、主に戦闘中に使うが、硬い木の実でも、電撃で焼いて柔らかくしてから食べるという知恵も持っている。 ピカチュウはポケモンの中でも代表的なキャラクターなので、得ることができたらラッキーである。 arealme. png• ミニリュウ 4 2 3 1 0 3 2 1 2 3 ミニリュウ、目撃者が少ないがゆえ、幻のポケモンと言われていた。 ヘビの様な細長い姿をしたポケモンで、恥ずかしがり屋さん、だが進化した後の実力は凄まじい。 愛くるしい瞳で、人気の高いポケモンである。 arealme. png• コダック 3 2 1 1 1 0 1 1 0 0 コダック、いたずらっ子で少しこせこせしているポケモン。 常に頭痛に悩まされている難儀な生き物。 頭が痛いのでいつも頭を抱えている。 頭痛がひどくなると念力など不思議な力を使いはじめるが、その間は意識が睡眠状態になるらしく、やっていることが記憶に残らない。 arealme. png• ミュウツー 1 3 4 0 0 1 3 3 2 3 ミュウのまつげからDNAを採取し創造されたポケモンである。 ミュウの持つ遺伝子には全てのポケモンの情報が含まれているといわれており、ポケモンの先祖なのではないかとの仮説が立てられ、研究されている。 ミュウには優れた能力があり、なんでも記憶でき、すべての技を習得し扱うことができる。 心が綺麗に澄んでいる人でしか湖の近くで出会うことがないらしい。 arealme. png• イーブイ 2 2 2 2 2 0 2 0 2 1 イーブイはキツネや犬や猫などの特徴を持つポケモンであり、非常に忠実なポケモンである。 周囲の環境の影響を受けやすい、極めて不安定な遺伝子を持つためであり、 一部の鉱石や天体から発せられる放射線により容易に突然変異し、 多くのポケモンに進化する可能性を秘めている。 またイーブイの性格は穏やかなので容易に育てることができる。 arealme. png• コイキング 0 0 3 1 1 0 0 0 0 2 コイキング、ただ跳ねていれば満足ができるポケモンである。 彼の戦闘力は弱く、基本的には考慮しなくてもいい。 ただいかに汚れている水の中でも生き残れる能力がある。 一番弱いキャラとされている。 ただ成長すると龍(ギャラドス)に進化し実力も飛躍的にUPする。 arealme. png• フシギダネ 4 1 0 2 2 2 1 1 0 1 フシギダネ、非常に温厚で初心者に向いているポケモンである。 またこのこともあり、他の技能的なことはあまり高望みができない。 arealme. png• ゴース 1 1 1 0 0 0 0 0 1 0 ゴース、気体 ガス が意思を持ったかのような容姿をしていて、イタズラが大好き。 面白がって人を脅かすのが好き。 レベル差の開いた格闘タイプとノーマルタイプ相手でも完封勝ちしてしまう事すらあるくらいの性能を有する。 体のどこへも潜り込むことができるが、風に吹き飛ばされると、最初からになってしまう。 arealme. png• ゴンベ 3 2 3 0 1 3 1 2 0 2 ゴンベ、野獣系おおぐいポケモンである。 主に深青色で、食欲旺盛、一日で自分と同じぐらいの量の食べ物を食べてしまう。 ときより食べ物を自分の毛の中に隠すことも。 進化後も優しいままなので、非常に愛くるしいポケモンである。 arealme. png• ラプラス 2 3 2 2 2 3 2 3 1 2 ラプラス、進化系が存在しないポケモン、またいかなるポケモンでも進化し会得することができない。 人類の言葉を理解できるポケモンである。 計画が温厚で、人助けが好きで、背中の甲羅に人やポケモンを乗せて泳ぐ事を好む。 過去に人の手で乱獲されてしまい、絶滅寸前まで追い込まれたポケモン。 arealme. png• メタモン 0 0 2 0 0 3 0 0 2 3 メタモン、たった一つの技能しか持っていない。 自分の細胞を自由に組み合わせて、相手と同じ容姿にそっくりそのまま変身することができる。 変身後は相手の技能を使うことができる。 ゲームの中での変身能力は完璧である。 arealme. png• ケーシィ 1 0 3 1 1 0 1 1 0 2 ケーシィは特殊なポケモンである。 彼は一日中18時間は寝ているが、すごく機敏で敏捷、敵を発見するとすぐさま逃げてしまう。 進化後は能力もUPし、念力で攻撃や防御をする。 数々のスキルを持っている。 arealme. png• ニャース 2 1 1 1 1 1 0 0 1 0 ニャースは、一番普通なポケモンである。 素早さ以外のステータスは軒並み平均以下でイマイチ、進化後も大してかわりない。 他のポケモンと違うところは人類の言葉が喋れるところで、このスキルがる唯一のポケモンである。 か弱く愛嬌がある。 友達のような存在で、いつでもあなたが下した決定に賛成し、あなたを守ろうと努力している。 どんなことがあろうと友情を捨てないいいところを持っている。 arealme. png• ヒトカゲ 2 2 2 2 2 2 2 1 0 1 ヒトカゲ、非常に優しく可愛いポケモンである。 尻尾に炎を灯しているのが特徴、この尻尾に炎がヒトカゲの健康と情緒の変化をあわらしている。 野生のヒトカゲは捕獲するのが難しいが、もし捕獲できたなら、彼はあなたから離れないでしょう。 非常に誠実な相棒である。 arealme. png• ピッピ 3 0 1 1 1 0 2 2 2 1 ピッピは容姿が可愛い一尾二足歩行の動物で、またアヒルのように羽を伸ばし飛ぶことができる。 月光で空を飛んでいる。 ピッピは恥ずかしがり屋で、滅多に人類の前に姿を現さない。 また非常に賢く、平和好きで善良です。 可愛いパートナーです。 arealme. png.

次の