発芽 酵素 玄米。 発芽玄米の簡単な作り方(さらに3日寝かせて酵素玄米にする方法)

「発芽玄米」って結局なにがいいの? 普通の玄米との違いは?
管理栄養士が徹底解説!

発芽 酵素 玄米

完全栄養食と言われる玄米は、白米とカロリーは同じですが、食物繊維は6倍、ビタミンは2~12倍、ミネラルは1. 5~4倍と栄養素が多く含まれています。 しかし、玄米は「ボソボソして食べにくい」と感じる人も。 3日寝かせることで、「酵素」の働きを活性化させ、小豆のタンパク質がアミノ酸に変質してもちもちとした食感になり、噛めば噛むほど甘みと旨みが感じられる滋味深い逸品になります。 また、玄米の堅い殻も柔らかくなり、ビタミンやミネラルが吸収しやすくなります。 酵素玄米は、消化の良さから噛まなくても胃腸の負担になりにくいといわれ、穀物でありながら野菜並みの栄養が詰まった理想的な主食です。 発酵によって、ビタミンB2は21. 3倍・B6は5. 8倍、ビオチン8. 8倍、パントテン酸2. 5倍、ナイアシン2. 2倍と、酵素玄米はさらに栄養が強化されます。 発芽玄米とは? 発芽玄米はスーパーなどでも購入することができますが、少し値段が高いのが難点。 しかし、自宅で簡単に作ることができます。 その作り方はというと、17時間以上水に浸すだけ。 白米は水に浸しても芽が出ることなく腐ってしまいますが、玄米は生きているので発芽します。 (製造工程によって発芽しない玄米もあります。 ) 玄米を発芽させると、消化不良やミネラル不足のリスクを防ぐことができ、玄米の持つ栄養素を余すことなく吸収することができるのです。 また、発芽玄米は、ファイトケミカルとして注目されているギャバ(ガンマ-アミノブチリル酸)が、通常の玄米の3倍、白米の10倍も発生します。 【ギャバ(ガンマ-アミノブチリル酸)とは?】 ギャバはアミノ酸の一種で、人間の体内にもある抑制系の神経伝達物質です。 脳の血管や神経をリラックスさせて自律神経の乱れを整え、免疫力の低下や脳細胞の損傷を抑える働きや、アルツハイマー型痴呆症の予防・改善の効果も期待できるとして注目されています。 【酵素とは?】 酵素は2,000〜3,000ほど種類がありますが、酵素栄養学的に、体内で使われる酵素を大きく分けると、消化酵素・代謝酵素・食物酵素の3つ。 消化酵素は食べたものを消化・吸収する役割があり、代謝酵素は呼吸・心拍・体温調節などの生命活動をサポート、食物酵素は食物に含まれる酵素です。 玄米の胚芽に含まれる酵素は熱に強く、保温しかき混ぜて空気に触れることで活性化し、発酵が進みます。 また、酵素が働いてタンパク質を分解し、旨みと食感がアップ。 さらに、酵素が多く含まれる食品は、消化を助け体の負担を軽くしてくれます。 酵素玄米に小豆を入れる理由 小豆は赤小豆(セキショウズ/シャクショウズ)と呼ばれ漢方薬としても利用されている薬効成分の高い食品です。 玄米の約3倍の食物性タンパク質に加え、ビタミンB1・B6、ミネラル(カリウム)、鉄分、マグネシウム、食物繊維、ポリフェノール(アントシアニン)などを豊富に含み、小豆を入れることで玄米の栄養素を更に補う効果があります。 玄米と小豆を一緒に炊いて保温させることで、玄米の糖質に小豆のタンパク質やアミノ酸が反応し、褐色物質メラノイジンが生成され、強い抗菌作用により玄米は腐らずに熟成していきます。 メラノイジンは老化抑制・抗癌作用・コレステロール低下作用・血糖値の著しい上昇の抑制など成人病予防にも有効です。 酵素玄米に塩を入れる理由 酵素玄米に塩を入れることで、玄米のカリウムが中和され、ぬかや胚芽の臭みを抑えることができます。 また、水の吸収率が高まりふっくらとした柔らかい仕上がりになります。 発芽酵素玄米のメリット&デメリット メリット• 栄養価と消化の良さ• ギャバ(玄米の酵素)の栄養素が高まる• 毎日炊飯する必要がない• 栄養のバランスを考えなくて良い デメリット• 浸水に時間がかかる• 毎日かき混ぜる• 炊飯後3日熟成が必要(すぐに食べてもOK) 発芽酵素玄米の炊き方 【材料】• 玄米 3合以上• 小豆 玄米1合につき9〜15g• (夏場は冷蔵庫で保管)小豆も優しく洗い一緒に水に浸す。 炊飯器やお米によって炊き上がりに差がありますので、ご自身の良い加減をみつけてくださいね。 玄米を発芽させることで、ギャバが増えて栄養価が増すだけでなく、人体には有毒とされる発芽抑止成分が浸した水に流れ出し、玄米が無毒化するとされています。 また、炊飯の水と玄米を浸した水を変えることで、えぐみや玄米特有の臭いも和らぎます。 手間暇かけて炊き熟成させた発芽酵素玄米を口に運ぶ瞬間「やっと食べられる〜」と、それはそれは至福の時を迎えることでしょう。 噛みしめるように味わいながら、ひと口30回〜50回を目標に、よく噛み唾液を分泌させることで、スムーズな消化をさらにサポートします。 十分な咀嚼は満腹中枢を刺激して食べ過ぎ防止に、顎をよく動かすことで小顔効果も期待できますよ! Vegewelオススメの玄米 感動の米コシヒカリ玄米 残留農薬検査済みの安心のお米です。 毎年、収穫時に、専門機関にて残留農薬検査を実施しています。 「どう作られたか」も大切ですが、「最終的に本当に安全か」という点も重要です。 お客様の口に入る時点で、お米が安全・安心であるために、残留農薬検査・放射性物質検査などの品質検査を重視した商品です。 【完全無農薬】プレミアム玄米 完全無農薬で育てたお米です。 周囲の田んぼで農薬が使われていたり、合成洗剤などを含んだ生活排水が用水路を伝って流れてくることがあるかもしれません。 そんな周囲の環境にも左右されないように、人里離れた山奥で育てています。 除草剤や化学肥料を与えないので夏は雑草との戦いです。 刈っても刈っても生えてくる雑草と毎日戦い続けます。 おいしいお米になってもらうため、良く育ってもらうため、時間をかけて一生懸命除草します。 また、秋の収穫後は、田んぼにわらを撒き、発酵させます。 そうすることで豊富な栄養を含んだ有機質の土に変わります。 春になり、苗を植えるころには、栄養豊富な良い土が出来上がります。 そこに苗を植えることで、土の栄養分を苗がたっぷり吸収し、のびのび、たくましく育ち、やがてまた立派なプレミアム玄米となります。 Vegewelでレストラン検索 Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。 食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。 日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!.

次の

発芽玄米・酵素玄米炊飯器の選び方!3機種を徹底比較

発芽 酵素 玄米

「発芽玄米って危険はないの・・・?」 あなたも今、発芽玄米の危険性について不安に思っていませんか? 発芽玄米は健康志向の人にとって必需品ですが、 場合によっては危険なこともあります。 発芽玄米は食べ方を間違えると危険!? そんな不安も、正しい知識を得ることで、 何の心配もいらずに発芽玄米を食べることができますよ。 発芽玄米は危険な食べ物ではありません。 普段の生活の中での工夫や知識を取り入れることで、 発芽玄米を食べれば健康維持にも 美容にも効果が感じられるんです! 今回は、 発芽玄米の危険やデメリットについて、ご紹介いたしますね。 そんな中、たまに 「発芽玄米は危険」という意見を目にすることはありませんか? 発芽玄米は、発芽した後乾燥させるため、 胚芽に含まれる毒素が強くなる可能性があります。 毒素の正体は、 「アブシジン酸」と呼ばれるものです。 しかし、これは 発芽に必要な成分なので、 水で洗ったり発芽か完全なものになることで毒素の成分は少なくなります。 発芽毒による体への影響 アブシジン酸は、発芽に必要不可欠な成分です。 しかし、体に取り入れると、 ミトコンドリアと呼ばれる体内の生物が 悪影響にさらされます。 ミトコンドリアに影響を及ぼしてしまうと、 エネルギーが十分に作ることができなくなります。 その結果、疲れやすくなるなど、 体の機能が鈍りだします。 結果、低体温症を引き起こしたり、 体内の酵素が失われるなどの悪影響も及ぼします。 そうならないよう、 発芽が十分な発芽玄米を選ぶなどして、対策を整えておきましょう。 発芽玄米でも、玄米でも、 発芽の部分にアブシジン酸が多く含まれている 可能性はゼロではありません。 ですが、対策法を知っておくことで 簡単に解消することができるんです! 方法はとても簡単、洗うだけです! 水でしっかりと洗い、場合によっては数十分水にさらすだけで、 アブシジン酸を取り除くことができますよ。 以下では、発芽玄米に潜むデメリットについてまとめました。 発芽玄米は消化に悪い 発芽玄米は、低GIの食品で、 ダイエットなどに適した食べ物と認定されています。 しかし、低GIとは、 消化が悪いという意味でもあるのはご存知でしたか? 栄養豊富な発芽玄米をうまく消化することができないと、 せっかく取り入れた栄養素も、身体が取り入れることなく 排出される可能性もあります。 上手く発芽玄米を炊ければ問題ありませんが、 慣れない場合はうまく活用しきれず、 消化不良を起こす危険もあるので、 炊き方には十分注意しましょう。 生きた玄米であることが大切 体に悪いといわれているアブシジン酸とは、 元を正せば植物ホルモンの一種です。 発芽が不完全な場合などに毒素が多くなっています。 玄米を選ぶ際は、 生きた健康的な発芽玄米を選ぶ必要があります。 ですが、現状、販売されている発芽玄米のほとんどは、 死んだ 毒素米である可能性が高いんです・・・。 なので、 発芽玄米の商品選びが重要ですよ! 発芽しておらず、アブシジン酸を取り入れてしまう危険性がある場合、 そのまま食べるのは危険です。 その際は、 しっかりと洗うことや、水に浸すことが安全に食べる方法になります。 この心掛けを実践することで、 体に良い発芽玄米を手に入れることができるんです。 今まで何の気なしに購入していた方は、 この機会に見直してみてはいかがですか? 安全な発芽玄米の取り入れ方 最後に、実際の炊き方や、食べ方についてまとめています。 発芽玄米は発芽率の良いものを! 発芽率とは、 胚芽がしっかりとされており、栄養価をたっぷりと含んだ状態であることを指します。 発芽玄米は、場合によっては自宅で発芽させることもありますよね。 2018-11-16 21:02 その手間を 面倒だと感じる方も多いはずです。 ですが、このひと手間で健康維持をより効率よく行えるのですから、 取り入れない手はありませんよね! 正しい炊き方を知ろう 発芽玄米では、 炊き方をしっかりと抑えておくことも大切です。 炊き方を間違えると、必要な栄養素を体に取り入れることができなくなるので、 注意が必要ですよ! まず、発芽玄米を優しい力で洗います。 その後、 30~40度のぬるま湯に6時間程度さらします。 場合によっては1日ほど水にさらしても構いません。 その際、浸ける時間の半分が経過した際に一度水を交換してください。 その後は、通常通り炊飯するだけで完成です。 水にしっかりと浸すことで、 発芽が不十分だったものもしっかりと発芽させることができます。 この方法で炊飯すれば、 柔らかくおいしい発芽玄米を食べることができるので、 栄養も十分取り入れることが可能です。 2018-11-21 10:48 発芽玄米を食べても問題ない 発芽玄米は、毒素を含んでいる場合があり、 危険とされていることもあります。 しかし、基本的には食べても問題はありません。 発芽玄米に潜む危険は、全て取り除くことができるからです。 不安な場合は、まずは発芽玄米を水(40度程度のぬるま湯)に浸して、 数時間付け置きするなどするだけで、毒素を取り除くことができます。 発芽玄米は、知らないまま炊いたり食べることで 危険を体に取り入れることになります。 しかし、知識を取り入れてしまえば、怖いことは何もありません! それは、 失敗なく発芽玄米を炊くことにも繋がりますので、ぜひ実践してみましょう。 まとめ 以上、 発芽玄米に潜む危険とデメリット、その対策法をご紹介しました。 発芽玄米は死んだ玄米をそのまま食べることで、 毒素も体に取り入れてしまう危険があるのです。 そうなる前にひと手間加えることで、 毒素を取り除き、たっぷりと栄養を含んだ発芽玄米を体に取り入れることができます。 発芽玄米の仕組みや危険性についての正しい知識を知っていれば、解消法も知ることができ、栄養を正しく取り入れられるんですよ! 正しい知識を身に着け、健康維持に役立ててくださいね。

次の

玄米は実は身体に毒?!寝かせ玄米や発酵玄米を作る時の注意点!

発芽 酵素 玄米

玄米を発芽させるシンプルな手順• 玄米を軽く洗います(白米のように研がなくてOK)• 洗った玄米を 常温の水に24時間ほど浸します(ぬるま湯なら時短可能)• 水を捨てて(入れ替えではありません)フタをして 6~24時間おきます• 玄米を大きめのボウルに移して、多めの水に浸してください。 胚芽の部分がプクっと膨らんだ状態になればOK。 玄米を発芽させる手順はこれだけです。 簡単ですね! …ごめんなさい、実は きちんと食べるためにはちょっと気をつけることがあります。 季節によりますが常温の水だと発芽まで24~48時間くらいかかります。 水の温度が32度くらいだと3~4時間くらいで発芽するので、すごく時短になります。 水が40度より高くなると発芽しにくくなるので注意してください。 水温を30度ちょいにキープできればベストですが、専用の調理器具がないと難しいかもしれません。 私は常温の水で発芽させてました。 ここまで発芽すると食べにくいです) 常温の水だと玄米が発芽するまで24~48時間かかります。 気をつけないといけないのは、 玄米を水に浸す時間、水から出して置いておく時間が長過ぎるとダメってことです。 芽が大きくなりすぎると、食べるのに相応しくないお米になってしまいます。 さらに臭いも出てきてしまう。 これが結構くさいです。 常温の水で発芽させる場合、24時間くらい水に浸した後は、水を抜いた状態で放置しましょう。 水を抜いた後、ボウルに フタ、濡れた布巾、ラップなどを被せるとお米の乾燥を防げます。 (完全に密閉しない方が酸素がいきわたり、発芽しやすくなります) 水を抜いてから数時間おいて、 良い感じに発芽した状態になったら玄米の発芽作業は終了です。 これだけなので 作業自体は簡単ですが、時間と手間がかかります。 特に常温の水で発芽させる場合、はっきり言って時間かかり過ぎです。 まだ3つの手順のうちの1つ目ですよ? そして大きな問題が1つあります。 ちょうどいい発芽状態になった時、あなたは家にいますか? 玄米だけにかまけて生きているわけじゃないですからね。 仕事かもしれないし、保育園や幼稚園、買い物や病院に言っているかもしれない。 あとはママ会とかホットヨガとかね(笑) 放っておくと玄米は発芽しすぎて、食べられない&臭いお米になってしまいます! 家に帰ってきたらキッチンから嫌な匂いがする! 頑張って発芽させていた玄米なのに、発芽しすぎてダメになってしまった! なんて嫌ですよね? 私は何度かその目にあったんですけど…あれはショックだった… みなさんが玄米を発芽させる時は気をつけてくださいね。 ちなみに私は 専用の炊飯器を使っているので気をつける必要がなくなりました。 玄米を発芽させたら、次の手順は「 発芽させた玄米を炊く」です。

次の