除菌ジェル 選び方。 今や定番「除菌効果のある消毒ジェル」が、手軽なトイレ掃除にも使える!(All About)

【第二波への備え】除菌ジェル・シートの正しい選び方と買って良かった物

除菌ジェル 選び方

近年、年間通して公共エリアで見られるようになった、手のひら用の消毒液・除菌スプレー、それがハンドサニタイザーです。 気が向いたらシュッシュと手にかけ摺り合わせたりしますが、よく見かけるわりに病院など以外では、それほど活用する機会のない存在かも知れません。 手を洗ってしまった方が手っ取り早いし、それだけで除菌された気もするからでしょうか。 とはいえバッグなどにぶら下げて携帯できるタイプの、オシャレなハンドサニタイザーも100円ショップなどで見られるようになり、それなりに普及しているようです。 ただ、ものによっては香りがきつ過ぎて使うのをやめてしまったり、またボトルが大き過ぎて使いかけのまま放置……といったことも。 置いたまま消毒効果が不安になってきているようなハンドサニタイザーが家にあって、その処遇にちょっと困っているという方もいるのではと推察します。 そんな方に朗報?! 「ハンドサニタイザー」を使ったお掃除転用術。 今まで使ったことのない方も、改めて購入してみるきっかけになるかも知れません。 ということは、掃除に「消毒用エタノール」を活用するときと同じような場所にも、これを使用することができるわけです。 ただ、花の香りなど独特の香り付けなどがされているものを、食べ物を扱うキッチン、冷蔵庫などで使うのは、ちょっと躊躇してしまいますよね。 でもそれがトイレだったら、あまり違和感を感じないのでは? ということで、今回はトイレ掃除での活用法をメインにご紹介したいと思います。 トイレ掃除に通常の「消毒用エタノール」(スプレー)を使用することもガイドはオススメしていますが、「ハンドサニタイザー」を試用した際に感じた使い勝手の良さは、それが「ジェル状」になっていたため、すぐに揮発しなかったことにあります。 また、少量でも伸びやすい点も使いやすく感じました。 泡立ちもないので二度拭きも濯ぎ拭きも要りません。

次の

しっかり除菌できるおすすめハンドジェル10選

除菌ジェル 選び方

経済産業省と厚生労働省、消費者庁は、消毒・消毒方法や消毒剤等の選び方・使い方などについての取りまとめを発表した。 新型コロナ対策での消毒・除菌の注意点 製品評価技術基盤機構 NITE が行った、新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価により、このウイルスに有効な消毒・除菌方法が新たに確認された。 今回の発表は、NITEの報告を受け、家庭や職場でのウイルスの消毒・除菌方法、消毒剤の選び方・使い方などを取りまとめたもの。 消毒や除菌効果をうたう商品については、目的にあったものを正しく選ぶよう呼びかけ、「使用方法」「有効成分」「濃度」「使用期限」の4点をチェックポイントに挙げている。 物品のウイルス対策では「熱水、塩素系漂白剤 次亜塩素酸ナトリウム 、洗剤 界面活性剤 、次亜塩素酸水」が有効としている。 テーブル、ドアノブなどの消毒には、塩素系漂白剤や、一部の家庭用洗剤も有効。 また「空間のウイルス対策」として、定期的な換気を勧めている。 「塩素系漂白剤 次亜塩素酸ナトリウム 」など既存の消毒・除菌方法 「洗剤 界面活性剤 」の使い方 「次亜塩素酸水」の使い方 「次亜塩素酸水」については、製造・販売事業者向けにも情報を公開。 流水でかけ流すときは「有効塩素濃度35ppm以上のもの」、拭き掃除に使うときは「有効塩素濃度80ppm以上のもの」を推奨している。 なお、「次亜塩素酸水」は、新型コロナウイルス対策として物品の消毒に使用することが推奨されている「次亜塩素酸ナトリウム」 ハイター、ブリーチなど塩素系漂白剤の主成分 とは別のものなので、混同しないよう注意が必要だ。 NITEのサイトでは、新型コロナウイルスへの効果が確認された界面活性剤が含まれている洗剤などの製品リストも公開されている。 YouTubeで公開されているビデオ 「ご家庭にある洗剤を使って身近な物の消毒をしましょう」.

次の

除菌ウェットティッシュのおすすめ8選!選び方のポイントも紹介

除菌ジェル 選び方

アルコール消毒液やハンドジェルを見ていると、 指定医薬部外品と書かれてたりします。 なんとなく 部外品とか言われると安心感に欠けるんだけど。。。 とか思ったりしてましたけど、 調べてみると、そんなことは無く、 むしろ、安心感が高いことが分かりました。 一方で、化粧品と呼ばれるものもあります。 この辺りの用語を整理をして、 安心して商品を選べるようになりたいと思います。 医薬品、医薬部外品、化粧品の違い アルコール消毒液を含むスキンケア用品などは、 薬事法により、大きく3種類に分けられます。 それが、• 医薬品• 医薬部外品• 化粧品 ですね。 まずはそれぞれの言葉の意味を整理してみます。 医薬品 医薬品は、 病気の「治療」を目的とした薬です。 お医者さんに処方箋を出してもらうお薬ですね。 ドラックストア等で購入できるOTC医薬品もあります 厚生労働省によって配合されている有効成分の効果が認められており、 効能・効果が最も高い分類になります。 医薬部外品 医薬部外品は、 病気の「防止・衛生」を目的にしています。 医薬品よりも効果が緩めです。 厚生労働省が許可した有効成分が一定の濃度で配合されており、 その効果を商品として訴求することが可能です。 アルコール消毒液で言えば「 消毒」という表記が可能になります。 医薬部外品として製品を販売するには、 厚生労働大臣の承認が必要となりますので、 商品としての信頼度が高いです。 医薬部外品を見分けるには、 (パッケージにも記載がありますが、) 「薬用」という表示が「医薬部外品」を意味するので、 この「 薬用」という表記があるかどうかで判別できます。 化粧品 化粧品は、医薬品・医薬部外品以外のもので、 効果としては最も緩い分類になります。 清潔にする、健やかに保つといったことを目的にしています。 医薬部外品のように効果を記載できないため、 化粧品では 「消毒」という表現は使えません。 化粧品で用いられるのは「 除菌」です。 消毒は菌を殺すこと(殺菌)ですが、 除菌は菌を減らすことで、 菌を殺すという効果は含まれません。 商品パッケージに「除菌」と書いてある場合、 基本的に化粧品の分類と判断できると思います。 (たまに医薬部外品でも「除菌」が付いているものもあります) 医薬部外品(外皮消毒剤)の有効成分 医薬部外品にするためには、 厚生労働省で定められた有効成分を 所定の範囲で配合する必要があります。 外皮消毒剤に関しては5つあります。 エタノール• 塩化ベンザルコニウム• 塩化ベンゼトニウム• グルコン酸クロルヘキシジン液• ポビドンヨード 一般的に販売されているアルコール消毒液だと、• 高濃度エタノール系• 塩化ベンザルコニウム+エタノール系 が多い印象ですが、 それぞれの定められた配合量は下記の通りです。 画像:日本食品洗浄剤衛生協会 これら有効成分と配合量を満たしていることで、 殺菌効果(消毒効果)が認められることになり、 パッケージ等への効果の記載が可能になるんですね。 消毒液を選ぶ際のポイント 手指用等のアルコール消毒液を購入する場合、 一般的には、• 医薬部外品• 化粧品 のどちらかの商品になると思います。 殺菌効果を求めるのであれば、 通常は、 医薬部外品を買えば良いです。 しかし、現在はアルコール消毒液が不足しており、 買いたくてもなかなか買えない状況です。 ここで話をややこしくしていると思うのが アルコール濃度です。 医薬部外品には76. 9~81. 4%の濃度が必要ですが、 新型コロナウイルスには、70%程度で効果があると言われています。 (50%以上で効果があったという話もあります) そして、70%程度のアルコール濃度であれば、 医薬部外品登録しなくても商品化が可能です。 そのため、化粧品として 明確に効果は言えないけど、 効果がありそうな除菌液やハンドジェルが乱立して、 混乱状態になっているのだと思います。 医薬部外品が手に入らないのであれば、 化粧品であれ、 効果がありそうなものを使うしかありません。 その際には、 できるだけ高濃度のものを選びましょう。 先日、アルコール濃度が大幅に不足していた除菌ジェルが問題になりましたが、 一つの見分け方として、 パッケージに「火気厳禁」表示があるかどうか が参考になるかと思います。 アルコール濃度が60wt%(約67vol%)を超えると、 消防法により「火気厳禁」の表示が必須となります。 これが無い場合、 あまり濃度が高くないということになりますので、 (有効成分がエタノールの場合は) そういった商品はなるべく避けた方が良いかと思います。 すぐに買える医薬部外品の消毒液 アルコール消毒液不足の中、 化粧品の除菌ジェルが多く出回っていますが、 実は、すぐに買える医薬部外品もありますので、 いくつかご紹介します。 商品の説明については、 こちらの記事で書いています。 化粧品も含まれますが、よろしければご参照下さい。 有効成分:エタノール.

次の