スカーレット 松下。 【スカーレット】松下洸平のイケメン画像20選|八郎ファンがかっこいいと唸る画像を集めてみた|朝ドラあらすじネタバレ考察

NHK朝ドラ『スカーレット』の松下洸平 “八郎”が羨ましい理由

スカーレット 松下

NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜午前8時)で十代田(そよだ)八郎役に大抜てきされた俳優松下洸平(こうへい、32)が報道各社のインタビューに答え、社会現象化の気配を見せる「#八郎沼」などの人気急上昇ぶりに「いま応援してくださる人たちが変わらずに、ずっと応援し続けていただけるようにがんばらないと」と決意を新たにした。 戸田恵梨香(31)が扮(ふん)するヒロイン・喜美子の陶芸と人生に大きな影響を与える八郎。 松下の全身全霊をかけた好演は大きな反響を呼び、ツイッターには、その人の魅力や趣味にどっぷりハマっている意味の『沼』を使ったハッシュタグ「#八郎沼」が発生。 ファンが日々、魅力をつぶやいている。 「凄すぎる…!! #八郎沼にハマった私はもう地上に上がれないですね」「松下さんのお芝居、好きやなぁ。 はじめから、ずっと。 毎日しみじみ感じるどんどん感じる。 揺らぎと、独特のテンポと間合いと。 すごく生っぽくて体温が滲んでいて、心にすっと沁み入ってくる」。 「ああやってお見送りをされるのは、こっ恥ずかしいですね」と照れ笑い。 人生最大の? モテモテぶりには「いま応援してくださる人たちが変わらずに、ずっと応援し続けていただけるようにがんばらないといけないなと思います」と気を引き締めた。 朝ドラのオーディションにはこれまで3回、挑戦したが、書類審査で落選したこともあった。 1次審査より上の段階には行ったことがなかった。 「自分に何が足りないのだろう。 朝ドラに出演するにはどうしたらいいのか…」。 自問自答を重ねた。 壁は高く、順風満帆の道程ではなかった。 08年に絵を描きながら自分の曲を歌うパフォーマンス「ペインティング・シンガー・ソングライター」としてライブ活動をスタートし、同年11月にメジャーデビュー。 「最初、音楽はまったく売れず、お客さんが4、5人のところでライブをしていました」。 22歳のとき、ミュージカル「GLORY DAYS」で初舞台。 「こんな楽しいことがあるんだ」。 演劇の魅力にとりつかれ、音楽活動を休止して俳優業に専念した。 俳優として前向きな気持ちが途切れそうになるときもあった。 朝ドラのオーディションの落選が続き「自分はこの仕事には向いていないかもしれないなと思う瞬間は何度もあった」。 スカーレットの劇中、八郎が陶芸展に出品するために製作した作品を丸熊陶業の若社長がダメ出しをするシーンがある。 松下は当時の俳優としての心境をこのシーンに重ね合わせ、こう説明した。 「人に評価されて自分の価値を知る。 作品を否定されると、自分自身を否定されるのと同じ気持ちになってしまう。 その気持ちがよく分かる。 がんばってもがんばっても結果が出ない。 何が原因? できない自分を責めるんですよね。 それをやっていくうちに心が削れていって、マイナスな方向に行ってしまう。 自分には向いていないじゃないか。 そこで何度もあきらめようと思った経験はあります」 心が折れそうな松下を後押ししたのは周囲の人たちだった。 新しい舞台の仕事などサポートに心血を注いでくれたという。 舞台で俳優としてキャリアを重ねていくうちに、気づいたことがあった。 朝ドラのオーディション落選もバネにした。 「合格、そんな方法はなく、答えはない。 何度もトライして、単純に自分が納得できる芝居をする。 それしかない。 そう思った。 自分をよく見せようとか、着飾る必要はなく、真剣にお芝居と向き合っていれば、いつか結果が出る」 スカーレットのオーディションでは不思議と、気負わずに臨めた。 「余計なことをせず、純粋にいただいたせりふを読むことを心がけた。 それが八郎につながったのなら、なにか、自分が10年やってきたことは間違っていなかったんだな」 18年には「文化庁芸術祭」の演劇部門での新人賞、今年2月には舞台「母と暮せば」とミュージカル「スリル・ミー」での好演で「第26回読売演劇大賞」で優秀男優賞、顕著な活躍をした新人に贈られる杉村春子賞を受賞した。 朝ドラの出演を一番、喜んでくれたのは母だった。 陶芸のシーンでは八郎の細くて繊細そうな指が映し出されるシーンがある。 「#八郎沼」では演技だけなく、手をほめるつぶやきもある。 「『指が長いね』とはよく言われますね。 母も兄もまったく同じ手です。 みなさんが手をほめてくださるので、最近はハンドクリームを塗るようにしてます」と笑わせた。 クリエーティブな感性について「母からもらったものがすべて」とほほ笑んだ。 俳優業専念のため、音楽活動は休止したが、年に1回はライブを行ってきた。 ここ2年は開催できていない。 「スカーレットを通して、得た気持ち、出会った人たちのこともいろいろ考えて、これを形に残したい。 そのツールの1つとして、ボクには音楽がある。 みなさんとの出会いを歌にしたい」。 伝えたい思いはいっぱいある。 来年にはライブを再開することを誓った。

次の

『スカーレット』戸田恵梨香、松下洸平との“キスシーン”回想「オスの顔じゃん」 /2020年3月6日 1ページ目

スカーレット 松下

NHKで放送中の連続テレビ小説『スカーレット』(月〜土 前8:00 総合ほか)で、ヒロイン・喜美子()に壁ドンされたり、「付き合ったらええやん」「喜美子って呼んで」と言われたり、急接近している十代田八郎役ののコメントを紹介する。 八郎は、大阪出身。 11月20日放送の第45回から登場。 京都で陶芸を学んで信楽にやってきた。 真面目だが、どこか謎めいたところのある青年。 喜美子に陶芸を教えることになり、彼女の人生に、大きな影響を与えることになる。 演じる松下は、これまで舞台で高い評価を得てきた。 2018年、こまつ座『母と暮らせば』とミュージカル『スリル・ミー』で、平成30年度文化庁芸術祭新人賞、第26回読売演劇大賞の杉村春子賞・優秀男優賞を受賞。 数々のテレビドラマにも出演しているが、連続テレビ小説は初出演となる。 キャストの皆さんも、スタッフの皆さんも、本当に優しい方ばかりなので、今はものすごく楽しく撮影をさせていただいています。 戦争などで身内との別れをたくさん経験しながら育ち、いろいろな人の人生を見てきたからこそ、どう生きるべきなのか、人一倍よく考える、とてもたくましい青年だと思っています。 喜美子の八郎に対する第一印象は、「ちょっと理解しにくい 」 という設定ですが、謎が多くて何を考えているかわからない人物というイメージにはならないようにしたいと思って 演じています。 就職した丸熊陶業で、祖父が大切にしていた思い出の絵を描いた深野先生と出会ったことで、ガチガチに緊張してしまって、最初のあいさつでは自分が思っていることをちゃんと話せなかったのです。 子どもの頃も、決して目立つ存在ではなかったと思うし、根っから明るい性格ではなかったかもしれませんが、物すごく真っ直ぐて真面目で、何事に対しても一生懸命、誠意を持って取り組める青年です。 演じていてわかるのですが、誰よりも人に対する愛情の深さがある人だと思います。 八郎は、いろいろなことに共感してくれる喜美子にすごくひかれます。 彼女は絵付けをやっていて、僕は陶芸家を目指し陶工として働いていて、職種は違うのですが、八郎が「陶芸を通してこういうことを伝えたい」「陶芸家になってこういうことがしたい」と話すと、「そうなんや」「八郎さんはそう思ってるんやね」とすごく共感してくれます。 お芝居をちゃんと理論立てて、物事を整理する力があるのですが、最終的には感情を軸として動くことのできる人です。 多くの映像のお仕事を続けてきたからこその瞬発力だと思います。 僕はずっと舞台をやってきて、1ヶ月間を通して戯曲を読みとっていくという「脳」なんですが、戸田さんはこの瞬間どうするのかという前後のことも考えながら動ける方だと思うんです。 さらに僕はどちらかといえば気持ちで進むタイプなんですが、戸田さんは冷静に理論立てて物事を進められる方です。 そんな 自分にないものを常に戸田さんに補ってもらいながら演じています。 でもたまに 戸田さんがうまくいかないとき、僕が動きを変えてみたりすると、またそれに対して感情を伴った動きを返してくれたりもして。 そうやって いいコミュニケーションをとりつつ演じられるのは、やりやすくてありがたいです。 当時、僕は美術科にいたのですが、そこで何度か経験しました。 でもはるか昔のことですし、ここまで本格的にやったことはないので、一から学ばなければと思って、今年の4月ごろから徐々に撮影と並行して稽古をやらせていただいてます。 ものすっごく楽しいですね! ただ実際やってみてよくわかったのは、すごい力仕事なんだとわかりました。 大きな塊の重い粘土を一日何百回と練って、形土を一日何百回と練って、形をを作って…という作業を朝から晩までやるわけですよね。 これを女性の力でやり続けることがいかに大変なことか。 肉体労働に近い、体力の必要な仕事です。 特に「陶芸家」と違って「陶工」は商業ベースで一日 100個単位のお皿を作らなければいけない。 それで生計を立てているわけですから。 本当に パワーがいる作業だと思いま した。 それが楽しいと思えるのは、僕自身がものを作るのが好きだからだと思います。 ゼロから何かを作り出して人に届けるという、この一連の作業をすべて自分一人で作っていくところに、演劇やドラマの仕事とはまた違った魅力を感じます。 正解は自分の中にしかないと思うので、自分と向き合ってものを作っていく、自分の世界を一つのものに込めていく作業…それは絵を描くのも陶芸で器を作るのも一緒なんだなと思いました。 だから難しいけれど、すごく楽しいです。 気づいたら4〜5時間何も食べずに陶芸の稽古をしています。 楽しいと言えるうちは、まだ本当の意味で陶芸の世界を知らないんだろうなとも思うんですけれど。 やればやるほど難しいし、わかった時の喜びは実際にものを作っている人間にしかわからない喜びなので、それを少しでも 感じられるのは幸せなことだと思います。 【松下】僕が出演する、しないに関わらず「なんて面白い本(台本)なんだろう」と家で一人で笑い転げながら読みました。 脚本家の水橋(文美江)先生は関西の方ではないと思いますが、この関西特有のテンポや、ボケツッコミの応酬みたいなものが本当に楽しい! それは、僕が登場してからもたくさんありますし、朝から笑っていただけるシーンがいっぱいあると思うので、ぜひ堪能していただきたいと思います。 たくさん笑って、たくさん泣いて、皆さまの朝を彩れるような作品にしたいと思っておりますので、ぜひ『スカーレット』をよろしくお願いします!.

次の

【スカーレット】松下洸平のイケメン画像20選|八郎ファンがかっこいいと唸る画像を集めてみた|朝ドラあらすじネタバレ考察

スカーレット 松下

2008年に歌を歌いながら絵を描くパフォーマンス「ペインティング・シンガーソングライター」として活動開始。 その後は、俳優として舞台やテレビで活躍されています。 後日、喜美子が穴窯でつくった作品を見るシーン、どういう気持ちで演じましたか。 このシーンは、いろんな気持ちがわき出てきて、台本には、「穴窯でつくった、喜美子の作品をただただ見つめる八郎.. 」とだけしか書かれていなかったんです。 ですが、いざ本番になったときに、ちょっとこみあげてくるものがありました。 陶芸家として、喜美子に負けてしまったこと、(喜美子を)支えられなかった申し訳なさ、そして何より息子・武志のことを思うとこれから先、信楽を離れるとなると武志とも離れて暮らさないといけなくなるという思いが、バーッ とこみあげてきて、思わず涙が出てしまいましたね。 監督にはご相談をして、「もしかしたら台本には無いんですけど、ポロッといってしまうかもしれない」と伝えており、実際にカメラが回った瞬間に、やっぱり(涙が)止められなかったです。 ー 「 喜美子が横にいるのは、しんどいな」という、八郎の告白は、心が折れてしまった部分があるのですか。 あったと思いますね。 ただ、喜美子と八郎って陶芸家同士であり、夫婦であり、同じ釜を使う同業者であり、普通の夫婦とはまたちょっと違う面があると思いました。 八郎のしんどいなという言葉の中には、ただ単に一緒にいることがしんどいというわけではなく、自分も前に進めないことへの苛立ち(いらだち)や、喜美子がくれる優しさや支えに対して、100%で答えてあげられない自分がいるんだと思います。 喜美子に対してだけでなく、自分自身の居心地の悪さも感じてしまい、最終的にいろんなことが「しんどいな」となってしまったんだと思います。 ー 八郎は出ていってしまいましたが、八郎の決断は、松下さん自身はどう思いますか。 当時の時代のこととかもありますから、一概には言えないですが、冷静になって考えたら、もう少し話し合いを重ねて、例えばお金がないのであれば、半年休んでその間にお金をいっぱい貯めてなど、いろんな選択肢があったはずなんですよ。 僕だったら、何度も何度も話し合いを重ね、なんとか説得して(作品づくりを)やらせてあげたい気持ちはありますね。 あります。 ものづくりをする人にとっては、欠かせない考え方だと思いますね。 やっぱり前に進むためには、一度つくったものを壊すというのは、すごく正しい選択だなと思いますね。 舞台のときもそうですけど、1か月間稽古して、途中で悩んだりするときも多いんですが、そういうときは、必ず今までやってきたことを全部忘れたりとか、壊したりする作業は絶対必要だと思います。 ー ドラマで割った赤い器は、1点ものですか。 あれは、1点ものです。 伊藤健太郎くんが見事にキレイに割ってくれました。 母に感謝の気持ちを込めて、今、(焼き物を)つくっていて、完成したら母親にプレゼントしたいと思っています。 ー 松下さんは、好きな人ができたときに、どういう風にアピールしますか。 好きになったら、(思いを)伝えずにはいられない。 言葉ではっきり言います。 ー オンとオフを切り替えるために、何か秘訣はありますか。 自宅に戻って、パジャマに着替えたら、いきなりコロッと忘れます。 ー お酒は飲まれますか。 お酒飲みます。 飲みに行ったときだけで、家ではあまり飲まないです。 ー 癒やされる瞬間を教えてください。 なかでも好きな肉の部位が 「赤せんまい」ということで、、、 年間1000軒以上を食べ歩く人気グルメブロガー、フォーリンデブはっしーさんがオススメする、イチオシの 赤せんまいのお店を教えていただきました。 そして、スタジオには、赤せんまいが登場! 【番組で紹介した「赤せんまい」が食べられるお店】 店名:安兵衛(やすべえ) 電話:06-6468-4397 住所:大阪市此花区西九条3-11-18 営業時間:17:00~23:00(定休日:月曜) 松下さん、あまりの美味しさに 「ウッマ!!」と、大興奮。 「脂の部分と身の部分のバランスが、めちゃくちゃいいですね。 食べやすい!」とコメントされていました! さいごに、松下さんに今後の目標をお伺いしました! 「今日で、33歳になりまして、僕自身は変わらずに今まで通りかなと思います。 目の前にある、いただいたお仕事を一生懸命にこなすことが、今の僕にできる精いっぱいだなと思いますし、そこを一番忘れてはいけないと思います。

次の