ワードプレス 儲かる。 WordPress(ワードプレス)で稼ぐ仕組み紹介!初心者も稼げるの?

hitodeblog|完全初心者のためのブログの始め方

ワードプレス 儲かる

多くのアフィリエイターの必須ツールとも言えるワードプレスは、SEO対策に役立つと言われています。 アフィリエイターにとって「SEO対策に役立つ」と言われるものなら、気にならない人はいないことでしょう。 それならば「ワードプレステーマでアフィリエイトを始めたら、儲かるのでは?」そのように考える方もいるでしょう。 ここではワードプレステーマでアフィリエイトする方法や、ワードプレステーマのアフィリエイト広告はどのASPにあるのかをまとめてご紹介します。 ワードプレステーマのアフィリエイトをする方法・ASPで取り扱いがあるのはどこ? ワードプレステーマのアフィリエイトの需要とマーケット情報 現在、アフィリエイターの間でもっともメジャーなサイト作成・管理ツールはワードプレスです。 「ワードプレステーマ」とは、ワードプレスのテンプレートのことをさしています。 しかし、厳密にはワードプレスのテンプレートとはワードプレステーマとは別のものをさしています。 ここでは理解しやすいようワードプレステーマのことを、ワードプレスのテンプレートと把握しておいてください。 ワードプレステーマのアフィリエイトの需要 人気のあるアフィリエイトサイトの多くは、SEO効果を期待して無料のワードプレステーマではなく有料のものを使っています。 効果的にSEOを行いたいというアフィリエイターの要望を受けて、ウェブ開発関連の多くのサイトがワードプレステーマの提供を行っています。 また、ひとつのサイトでも数多くのワードプレステーマを扱っていて、デザインも充実しています。 ワードプレステーマに強い需要がある理由はサイトのデザイン性が高まるということだけではありません。 ワードプレステーマのすごいところは、デザイン面以外にも充実した機能を持ち合わせていることです。 たとえば、タグ入力ツールを始め、サイト作成やSEO対策に役立つ莫大な数のプラグインを、ワードプレステーマでは利用できるようになります。 そのような優れたツールであることが、ワードプレステーマの人気の理由であり、ワードプレステーマのアフィリエイトの需要の高さにもつながっているのでしょう。 ワードプレステーマのアフィリエイトのマーケット情報 いったいどれほどのアフィリエイターが世の中にいるのかというのは残念ながらはっきりとは分かりません。 しかし、不景気がつづき、老後生活の資金に公的扶助も期待できない昨今、副業としてアフィリエイトを検討する人は少なくないはずです。 ワードプレステーマのアフィリエイトのメインターゲットは、新規にアフィリエイトサイトを作る人ですから、今後もワードプレステーマへの需要は途絶えることはないのではと考えられます。 ワードプレステーマのアフィリエイトの報酬と収益性 ワードプレステーマのアフィリエイト報酬は、1件当たり500円から7,000円以上とかなりの幅があります。 なるべく多くのワードプレステーマを比較してアフィリエイトプログラムを選択し、収益性を高めましょう。 ワードプレステーマのアフィリエイトの報酬体系は、購入価格に対して10%から20%という割合で支払われるものもあります。 ワードプレステーマアフィリエイトの成果発生・確定条件 アフィリエイトの成果発生条件はワードプレステーマ購入後、指定の期日までに支払いを完了した場合です。 完了しない場合は、アフィリエイト報酬は支払われないので注意しましょう。 ワードプレステーマアフィリエイトのターゲットやおすすめの訴求ポイント• アフィリエイトで収益をあげたい• サイトの作成にテンプレートを使いたい、多くの中から選びたい• 最小限の手間でサイトの作成・更新を行いたい• SEO対策の手間を減らしたい• 広告収入を稼ぐためには、サイト作成・更新・SEO対策を効率よく済ませることが重要です。 そのようなニーズに対応しているのことがそのまま、ワードプレステーマのアフィリエイトの大きな訴求ポイントといえるでしょう。 有料のワードプレステーマならば、面倒なカスタマイズをせずとも、好みのテンプレートを選択するだけですぐに作成に取りかかれます。 最小限の手間でサイトの作成や更新ができるのも、有料のワードプレステーマならではの機能と言えます。 たとえば、よく利用するタグを登録しておく機能は、ワードプレステーマでもっともメジャーな便利機能でしょう。 他にはSEO対策のためのメタタグ入力機能、サイトマップ自動作成機能などがあります。 あるいは、本来はひとつひとつチェックしなければならないリンク切れを自動でチェックしてくれるリンク切れチェッカーや、スパム対策用のプラグインなどもあります。 それ以外にもワードプレステーマ独自のサイト作成の効率を著しく高められるプラグインがあるのであれば、それを訴求するとよいかもしれません。 いずれにしろ、自分のニーズに合ったプラグインを使用できるのは、ワードプレステーマのアフィリエイトの訴求ポイントだといえるでしょう。 ワードプレステーマのアフィリエイトでは、SEO対策に非常に役立つ機能が満載であることを強く訴求しましょう。 また、すでにアフィリエイトをしている方は、実際に有料のワードプレステーマを使っていることが多いでしょう。 その場合は、実際の使用感などのレビューをしてあげると、新規参入者のとても良い参考情報になるのではないでしょうか。 ワードプレステーマのアフィリエイトの広告案件• Emanon[エマノン](A8. net)• LIQUID PRESS(A8. net)• 賢威(A8. net)• オープンケージ(A8. net)• STORK(ストーク) A8. net• ハミングバード A8. net• アルバトロス A8. net• スワロー A8. net• affinger5(infotop) 参考アフィリエイトASP• もしもアフィリエイト• アクセストレード• net• afb• バリューコマース• infotop ワードプレステーマのアフィリエイトをする方法・ASPで取り扱いがあるのはどこ? まとめ ワードプレステーマでアフィリエイトする方法をご紹介しました。 ワードプレステーマは、アフィリエイターにとってかかせない非常に優秀なサイト作成・更新ツールです。 また、有料のワードプレステーマならではのプラグインの多さはワードプレスの使いやすさを向上させます。 ぜひ、アフィリエイターにワードプレステーマを紹介して、広告収入アップのお手伝いをしましょう。

次の

ブログでグーグルアドセンスは儲からない?アフィリエイトとの違い

ワードプレス 儲かる

ホームページは少しの知識があれば、誰でもある程度制作できるようになります。 その実現には、定番のWordPress ワードプレス の利用が近道です。 このWordPressではどのようなホームページも作成できますが、目的を決めて使いこなす必要があります。 この記事では企業向けと個人向けに、必要な知識をまとめています。 ぜひ用途に合ったホームページを、最短で作成してみませんか。 ホームページ作成で実施する8つのポイント ホームページ作成を本格的に始める前に準備する事は、おおまかに次のようになります。 コンセプトをまとめる• 構造を設定する• コンテンツ 文章や画像など を用意する• ドメインを取得する• レンタルサーバーを用意する• システム WordPress をインストールする• コンテンツをWordPressに入れる アップロード• SEO 検索エンジン最適化 対策をする 制作作業ではWordPressを使用すると便利です。 初心者には比較的簡単で、さまざまな効果があるからです。 次の章では、それぞれのポイントについてより詳しく説明していきましょう。 ホームページ作成の手順(企業&個人共通) ホームページの仕組み自体は、用途に関係なく同じです。 まずは基本をマスターしてくださいね。 この章では基本的なホームページ作成の手順をご説明します。 特に企業向けのコーポレートサイトについては特筆する部分があるため、別途解説したいと思います。 担当の方は是非ご覧ください。 例えば商売をしたい!や何かを伝えたい!などです。 用途によって、今後の作成や運用の仕方が変わるからです。 この段階ではとにかく目的をまとめることに集中しましょう。 いきなりクリエイティブな作業をする必要はありません。 WordPressのような優れた道具があり、あとで利用するからです。 例えばコーポレートサイト風とか、ブログ風とかです。 構造が大切な理由は、複数のページのつながりを明確にできるからです。 通常ホームページは膨大なページで構成されています。 そこで利用者にこれらの大量の情報を、効率的に見せる方法をとります。 そもそもホームページは、1枚の紙のようにインターネット上にあるわけではありません。 似たようなかたまり カテゴリー によって、分類されています。 さらに、まずは全体を見渡せるところ トップページ があって、そのページからより詳しく説明する別ページへとつながって リンクして います。 これらの構造は、他でもなくサイト運営者自身が決めることです。 WordPressで実際にホームページを制作する時は、テーマを選び設定することで自動的に構造を設定することも可能です。 文章は本文だけでなく、タイトルや見出しのほか要約した文章が必要です。 結論は先頭にもっていき、簡潔にわかりやすく表現すべきです。 画像には写真・図表などがあり、文章に比べて一瞬で伝えられる情報量が多いので有効に活用したいものです。 動画の撮影もホームページへの組み込みも手軽になったので、取り入れてみるのもいいかもしれません。 唯一無二の記号で、ブラウザに入力するとあなたのホームページが表示されます。 ドメイン取扱業者に申し込んで取得します。 だいたい1年で数千円の料金がかかります。 目的に応じて複数所有している組織や個人も多いですね。 先着順のため、わかりやすくシンプル名前では取得は難しいのが一般的です。 それでも自身のホームページを表現するネーミングとして、ドメインを工夫して決めることをおすすめします。 ドメインについてさらに詳しくお知りになりたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。 用途に合うドメインを使った場合にはメリットがあり、このことについても解説しています。 そこがサーバーです。 コンテンツのデータを保管しておくばかりでなく、ホームページの利用者にとって快適で、安全性が求められます。 サーバーの維持は大変なので、多くの場合レンタルサーバー会社から必要な分のサービスを借ります。 カゴヤ・ジャパンの場合は、「共用サーバー」というサービス名で、たくさんの機能をセットで利用できるようになっています。 この機能の中には、WordPressを動かすために必要な仕組みも一通り用意されています。 初期費用無料、月額440円~の低価格。 ドメインやDBの設定不要で初心者でも簡単。 サイト表示の高速化の「KUSANAGI」や「モリサワWebフォント」を標準搭載、至れり尽くせりのWordPressユーザー特化型のプランです。 もともとはその作業内容が複雑で時間がかかりましたが、最近では簡単インストール機能が充実してきたおかけで、かなり軽減されました。 数クリックで作業が完了する場合もありますよ。 WordPressをインストールすると、インターネットに公開するページはもちろん、それらのページを作ったり直したりする管理ページも同時に使えるようになります。 機能は盛りだくさんで、とても最初からすべてを理解できません。 まずは以下の記事などを参考にして、全体の感じを知り使い方に慣れていくのが早道と思います。 パソコン用に大きな画面だけでなく、スマートフォンのような小さい画面にも対応していなければ、今どき不便ですよね。 WordPress上でコンテンツをアップロードできインターネット公開が便利になりました。 Microsoft Wordのような感覚で文章を作成したあと、すぐに公開も可能です。 写真や図表はもちろん、動画の取り扱いもスムーズにできます。 これを導入して、画面の指示にそって設定や入力をしていけば効果的な対策になります。 SEO対策向けのプラグインは多く公開されています。 その中で代表的な「Yoast SEO」について詳しく解説した記事があるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 この章では、企業向けのコーポレートサイト作成時に気をつける点をご紹介します。 コンテンツやメニューなどのレイアウトがだいたい決まっているため、企業イメージに合うデザインを慎重に選ぶことが大切です。 おすすめの手法 予算と納期をおさえるには、WordPressの「テーマ」選びが重要です。 WordPress本体とは別に、テーマによって自由に着せ替えをして、レイアウトなど見た目を変えることができます。 無料で公開されているテーマもあれば、コーポレートサイト用に有料で販売されているものもあります。 日本製もあれば、日本以外で作られたものもあります。 ではどのようなテーマを実際に選んだらいいのでしょうか。 以下の記事では、その選定基準や定番のテーマをまとめていますので、参考にしてみてくださいね。 BizVektorは、コーポレートサイトに特化した無料テーマです。 日本製のため説明が日本語で、マニュアルを見ながら設定するとき安心ですね。 多くの場合、WordPressの管理画面からテーマを直接選び、ダウンロード後に設定します。 BizVektorの場合には、そのテーマファイルをいったんご自身のパソコンなどにダウンロードしてから、WordPressに入れます。 手順は少し違いまずか、やってみるとそれほど難しくありません。 テーマファイルのダウンロード こちらのページから、いったんご自身のパソコンなどにテーマファイル ZIP形式 をダウンロードします。 解凍の必要はありません。 テーマファイルのインストール まずWordPress管理画面にある「外観」という文字の上にマウスを乗せてから、表示された「テーマ」の部分をクリックします。 続いて画面上部のボタン「新規追加」をクリックします。 次に「テーマのアップロード」ボタンをクリックすると、以下の画面のようにテーマファイルを選択する画面が出ます。 さきほどダウンロードしたテーマファイルを選択してから、「今すぐインストール」ボタンをクリックします。 以下の画面が出たらインストールは成功です。 次に赤枠の「有効化」の文字の部分をクリックしましょう。 これでBizVektorという新しいテーマは無事に設置 有効化 されました。 新しいテーマファイルで設定開始! あとは、BizVektor クイックスタートにそって、イメージしていたレイアウトを少しずつ実現させていきます。 やることはいろいろありますが、こちらの操作方法はわかりやすく、初めてでも安心ですね。 テーマ設定について、こちらの記事での解説はここまでです。 WordPress操作の感じはつかめてきたでしょうか。 注意点 バックアップは重要 継続したサイト公開を、企業は心がけなければなりません。 データを紛失しても困らないようにすることはもちろん、災害などの非常時に万一サーバーが使えなくなった場合を想定して対策をとる必要があります。 重要なことは、可能な限り早く復旧することです。 そのためには日ごろデータのバックアップの実施と、復元する訓練でしょう。 やり方は下記の記事が参考になります。 対策していない方は、すぐにでも済ませておいた方が安心ですよ。 それでも担当者自身にWordPressを含むホームページ全般の知識があった方が、制作会社とのやりとりはスムーズに進むでしょう。 ブログなど作成の手順 特に個人向け 前の章でご紹介したコーポレートサイト作成の手順と比べて、手軽に作成できるのがブログです。 企業のサイト以上により自由に、より新しい技術を取り入れて多くの閲覧者を獲得することができると考えています。 それではWordPressでブログを作成し公開していきましょう。 おすすめの手法 間違いを恐れず、まずはWordPressをいじって動かしてみる感覚からスタートしてもいいでしょう。 初期設定から徐々にステップアップすることをおすすめします。 この作業をしながら、少しずつ機能や操作方法を習得していきましょう。 このような意味では、いきなりコーポレートサイトをきっちり制作し維持していくより、ブログからWordPressをマスターしていくのが適していると思います。 ブログの設定方法 ここでは代表的な機能についてご説明します。 コーポレートサイト作成時にも利用する、共通の設定内容です。 テーマ 今回はWordPressに最初から入っている、公式テーマ「Twenty Seventeen」を選んでいます。 使いたいテーマの画像のあたりにマウスを乗せると、「有効化」ボタンが表示されるので、それをクリックします。 下記のように「有効」と表示されれば、そのテーマが選択されている状態です。 同様に、さらに別のテーマに切り替えることもできます。 記事投稿 それではブログの記事を新規投稿し、公開するメニューを操作してみましょう。 メニュー「投稿」のあたりにマウスを乗せると、さらにメニューが展開します。 そこで「新規追加」をクリックします。 すると次の「新規投稿を追加」する画面が表示されます。 ここでタイトルや文章、画像などを入力し公開ボタンを押せば、すぐにでもインターネット上にブログ記事は公開可能です。 実際の運用では他に作業はありますが、最低限これだけの操作でも可能です。 メディア 画像データ管理 ブログの文章の途中に画像を追加する場合には、「メディアを追加」ボタンをクリックします。 次に「ファイルを選択」ボタンをクリックすると、自身のPCにあるファイルが選択できるようになります。 そこで用意していた画像を選択し、最後に「投稿に挿入」ボタンをクリックするとブログの文章に画像が追加されます。 ブラグインで機能補強 インストールしたばかりのWordPressには、すでに豊富な機能が搭載されています。 それでも使っているうちに、さらに欲しい機能が出てくるようになります。 そのような時に、「ブラグイン」と呼ばれるプログラムを追加します。 まずは「新規追加」ボタンをクリックしてみましょう。 下記が追加するプラグインを選ぶ画面です。 WordPressには膨大な数のプラグインが公開され、無料で利用できるものも多くあります。 おすすめのプラグインをまとめた記事もあります。 WordPressの機能強化に是非ご活用ください。 コーポレートサイトにはテーマ選びで作成できる場合もありますが、注意点もあります。 ブログから始めて、徐々にステップアップしていくのもいいかもしれません。 レンタルサーバー会社のカゴヤ・ジャパンには、WordPressに特化したプラン「WordPress専用サーバー」があります。 以下の記事も参考にして、さっそく始めてみませんか。

次の

WordPress(ワードプレス)で稼ぐ仕組み紹介!初心者も稼げるの?

ワードプレス 儲かる

【それぞれのビジネスで掛かる初期費用の例】 ネットショップ:商品の仕入れ、備品、ネットショップ出店費用、広告費etc.. 投資:投資するお金 リアルショップ:家賃、商品の仕入れ代、人件費etc.. 不動産ビジネス:不動産を買うお金 このように、どんなお金儲けでも初期費用は掛かります。 初期費用が掛かれば、それを回収するのに時間を要しますよね・・? これが他のビジネスが儲からない落とし穴です。 例えばネットショップで売上100万円達成しても、おそらく「仕入れ」「人件費」「広告費」などそれまでに掛けたお金を考えると、 よくてもトントン、悪ければ赤字の可能性が高いです。 ネットショップで本気で儲けたいなら、最低でも月に200万くらいの売上は必要だし、それを継続しなければ儲かりません。 不動産ビジネスなんて初期投資で何千万も吹っ飛びますので、これを回収するには何十年も掛かりますよね・・・ このように普通のビジネスは最初から儲かりません。 大きな初期費用が掛かるので、それを払えるくらいの売上を作る必要があります。 しかしブログは違います。 ブログはほとんどお金が掛けずに始められる!だから儲かる! ブログは初期費用がほとんど掛かりません。 これが儲かる1つ目の理由。 ブログで月に10万円稼げたら、 それは丸々自分の利益に繋がります。 掛かる費用と言えば、「ブログのサーバー代」「ドメイン代」くらいでしょうか。 サーバー代は月1,000円くらい掛かりますが、ドメイン代は年間で1,000円程度です。 他のビジネスに比べて、圧倒的に初期費用が安いですよね。 ブログが儲かる理由2:圧倒的な利益率 ブログは圧倒的に利益率が高い商売です。 これは初期費用が掛からないのと似ていますが、 ブログはさらにラーニングコストが掛かりません。 普通お金稼ぎをするのであれば、 「何か商品を仕入れて販売する」これが一連の流れです。 アパレルであれば服を仕入れてから販売しますよね?他にも広告で宣伝したり、何かと経費が掛かります。 しかしブログの場合は、何もない「無」からお金を生み出します。 具体的にはブログに記事を書いて広告を貼り、そこから収入を発生させます。 ようするに何もお金を掛けずに、自分の労働だけでお金を生み出す事ができます。 これは最強のビジネスモデルです。 費用が掛からないのだから、 「売上=利益」という構図が成り立ち、圧倒的な利益を手に出来ます。 こんなビジネスは世の中にはほとんどありません。 最小限の力で成功を収めるためには、伸びている分野を見つけ、そこに全力投球する事。 これが一番大切です。 これはどんな業界でも同じ事が言えますが、伸びてない業界で成果を出そうとしても難しいです。 例えば町の商店街で物を売って儲かるでしょうか?伸びていない業界は、そもそも「需要」がありません。 いくら成果を出そうとしても、そもそも需要が無い所では結果に結びつかないですよね・・? そういった意味でもブログやアフィリエイト市場は伸び続けているので、上手くその波に乗れば、成功を収められます。 ブログが儲かる理由4:積み上げ方のビジネス ブログは積み上げ方のビジネスです。 記事を1つ2つ3つと増やしていけば、書いたブログ記事一つ一つが稼ぐようになっていきます。 つまり、どんどん蓄積されていくビジネスモデルなんです。 記事を書けば書いただけ収入に直結するので、収入を伸ばしやすいです。 記事を書けば誰でも稼げるようになる訳ではないですが、 基本的に記事数に比例して収入は伸びていきます。 100記事書いて10万円稼げているのであれば、1000記事書けば100万は簡単に稼げるはずです。 質より量が大切 ブログは書き続けることが何より重要です。 最初の段階では特に、質より量を重要視してください。 まずはブログを書く。 テクニックやスキル、文章力などは、その後身に付いていきます。 初心者の方であればまずは、ブログを 100記事書く事を目標としましょう。 100記事書き終えれば、稼げる記事、稼げない記事が分かってくるし、ライティング力も少しは身についているはずです。 最悪アクセスさえ集められれば、文章が無茶苦茶でも、ある程度は稼げるようになっちゃいますからね!笑 ブログが儲かる理由5:誰にでも成功のチャンスがある 通常のビジネスは、ある程度の 「知識」「人脈」「経験」などが必要です。 しかしブログに関して言いますと、特別な知識やコネがなくても、 誰にでも成功のチャンスが眠っています。 もちろん知識や経験がたくさんあるに越した事はありません。 ブログはこれまでの生活や経験したこと、聞いた事などを通して書く事が可能です。 筋トレが趣味だったら筋トレブログを作れば良いし、食べる事が好きだったら「食」に関するブログを書けば良いだけです。 このように自分の好きな事や興味のある事、知識が豊富な分野を通してブログを作れば、 誰にでも稼ぐチャンスがあるという事になります。 ブログは今から始めても稼げる! 最近ではツイッターなどSNSを見ていると、 「ブログで稼ぐのは難しい。 」「昔ほど簡単には稼げなくなった。 」といった声が上がっています。 結論から申し上げますと、今からでもブログで稼ぐ事は可能です。 ちなみに私は2015年頃からブログを始めて、2017年くらいから収益化を始めました。 今では 月に280万円程度、ブログだけで稼げています。 売上は毎月増え続けているので、まだまだ成長段階にあると言えます。 アフィリエイト事業は今までが簡単すぎただけ・・・ アフィリエイトやブログで収益を伸ばしている人は、今でも大勢いらっしゃいます。 それでは何故、「ブログで稼ぐのは難しい。 」と言われてしまっているのか・・? 答えは明白です。 それは単に今までが簡単すぎただけなんです。 今までのブログは、2000文字程度の記事でも十分グーグル上で上位表示できたし、誰でも稼げる簡単な世界でした。 しかし最近ではライバルが増えたり、グーグル上の規約が厳しくなった事もあり、それなりの文字数や記事の質を求められています。 もちろん文字数や記事の質だけでなく、サイト自体の評価や「運」の要素もあると思います。 頑張ってもサイトが突然グーグルアップデートで飛ばされたり、ITPの問題もあります。 これらを考慮すると、 以前よりは稼ぎにくくなったと感じる人が増えるのは当然です。 しかし、やり方さえ間違わなければ、 今から始めてもブログで稼ぐのは十分可能だと言えます。 ブログを始めるならワードプレスでないと稼げない 続いては、 私が実際に使用している「ブログサービス」をご紹介します。 まずブログを運営する場合ですが、 無料のブログサービスを利用することは止めて下さい。 「アメブロ」「ライブドアブログ」といったサービスは無料で使いやすいのですが、それなりにデメリットを持っています。 これはブログサービス側の判断で、ブログを消されてしまう可能性があるという事です。 ちょっとした規約違反などでブログを削除されても、無料ブログを使っている限りは文句を言う事はできません。 月に数万、数十万稼げるようになったブログを、ある日突然消されたら辛いですよね・・・ 他にも無料ブログには、広告規制やサイトが自分の所有物にならないなど、重大なデメリットを抱えています。 アフィリやブログを行うならワードプレス一択 稼ぐつもりのない趣味ブログなら無料のサービスでもOKですが、稼げるブログを運営するのであれば 「ワードプレス」と「レンタルサーバー」を使ってブログを開設しましょう。 ブログ運営で一番人気のレンタルサーバーは、断トツで エックスサーバーです。 ハイスペックで複数のブログ運営ができるし、 ブログがアクセスを稼げるようになってもサイトが重くなりません。 アフィリやブログで稼いでいる人は、かなりの高確率で「ワードプレス+エックスサーバー」を利用しています。 エックスサーバーを契約すれば、管理画面からワードプレスを簡単にインストールしてブログ運営が行えます。 ・ 私のブログも1つを除いては、全て「エックスサーバー」で運営しています。 私のブログもそれなりにアクセスがありますが、何のトラブルもないのでブログ運営にはオススメです。 登録必須のアフィリエイトASP ブログで稼ぐためには、 「アフィリエイトASP」と呼ばれる広告配信サービスを利用する必要があります。 「A8net」「アフィリエイトB」「バリューコマース」といったサービスですね。 これらのサービスに簡単な無料登録を行うことで、ブログに貼り付ける広告を利用できます。 登録事態は非常に簡単だし無料で行えるので、興味があれば登録してみてください。 無料登録を行えば、ASP内の広告を閲覧できるようになります。

次の