通算 安打 現役。 メジャー通算安打・通算盗塁ランキング&イチロー日米年度別成績

現役選手通算安打数ランキングトップ10(内川聖一、鳥谷敬、福留孝介、坂本勇人、栗山巧、中島裕之、松田宣浩、糸井嘉男、青木宣親、中村剛也)

通算 安打 現役

前に進むことができない今こそ、過去の偉大な記録にフォーカスを当てて振り返ってみよう……ということで始まった『フォーカス・レコードホルダー』という企画。 日本プロ野球における様々な「通算記録」「シーズン記録」を紹介してきた。 2020年現在、今なお現役でプレーしている選手たちの「No. 1あれこれ」を見ていきたい。 今回は、野手の主要な記録・その2。 なお、ここで扱う記録はすべて「NPB通算」のもの。 通算2171安打は歴代でも22位という記録である。 ここ3シーズンは故障にも悩まされて打率3割に届かず、安打数も伸び悩むシーズンが続いているものの、今年の8月で38歳とユニフォームを脱ぐにはまだ早い。 歴代トップ10のボーダーは「2452」、少なくともここまでは目指してもらいたい。 また、2000安打の大台が近づいているのが3人。 福留孝介は日米通算ですでに大台超えを果たしているものの、本人もNPB単独での達成に意欲的なコメントを残している。 巨人の坂本勇人は31歳の若さで大記録目前。 榎本喜八が持つ2000本安打の最年少記録「31歳7カ月と16日」の更新にも大きな期待がかかっていた。 7月29日までに116安打を放つ必要があるが、6月中に開幕ができるかどうか…という現状では絶望的だろう。 ただただ、コロナが憎い。 かつて投手としてドラフト自由枠で入団した男が、脚力で現役No. 1の座に就いている。 盗塁王の獲得歴は2016年の1度きりも、その年はシーズン53と走りまくって西武・金子侑司とともにタイトルを獲得。 バッティングと強肩が注目を集めがちだが、キャリアで30盗塁以上が4度と印象以上に盗塁を記録している。 その糸井を猛追するのが、日本ハムの西川遥輝と西武の金子侑司。 西川は9年、金子は8年でこれだけの盗塁数を積み上げており、ともに2010年代後半の盗塁王争いを賑わせてきた選手だ。 故障などなければ、今後もパ・リーグのタイトルレースを牽引していくであろう2人。 切磋琢磨してどこまで盗塁の数を積み上げていけるか、今後も目が離せない。 大変失礼いたしました。 お詫びして訂正いたします。

次の

MLB通算記録

通算 安打 現役

ピート・ローズは野球賭博による永久追放、ラファエル・パルメイロは禁止薬物使用疑惑、アレックス・ロドリゲス、エイドリアン・ベルトレ、イチローは引退後5年以内、アルバート・プホルスは現役のため野球殿堂入りしていない。 2019年シーズン終了時点の記録。 但し、公式MLB記録は「The Elias Sports Bureau」社によるもの。 2019年シーズン終了時 4000本安打達成者 [ ] 4000本安打達成者はとの2人のみ。 MLB傘下外のリーグとの合算 [ ] イチローはにNPB1軍とMLB通算での4000本安打を達成した。 NPB1軍とMLBの通算安打数は4367本であり、世界のプロ野球の1軍における通算安打数では世界一の記録である(マイナーも含めると判明している記録ではピート・ローズの4683本が世界一)。 この他にもNPB二軍で安打を156本記録しており、これを合算すると通算安打数は4523本となる。 は、MLB、NPB、、、(ドミニカ・ウィンターリーグ)、、で通算4259本の安打を記録している。 関連項目 [ ]• - 2018年シーズン終了時点で、日本プロ野球 NPB のみで通算3000本安打を達成した唯一の人物。 - のみ、または日米通算での2000本安打達成者が記載されている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

MLB記録[打者編]通算記録

通算 安打 現役

通算OPSランキングBEST20 順位 選手名 通算OPS 通算打数 通算安打数 通算打率 1位 王貞治 1. 080 9250打数 2786安打. 301 2位 松井秀喜. 996 4572打数 1390安打. 304 3位 A. カブレラ. 990 4510打数 1368安打. 303 4位 落合博満. 987 7627打数 2371安打. 311 5位 T. ローズ. 940 6274打数 1792安打. 286 6位 張本勲. 933 9666打数 3085安打. 319 7位 中西大. 932 4116打数 1262安打. 307 8位 小笠原道大. 929 6828打数 2120安打. 310 9位 ブーマーW. 927 4451打数 1413安打. 317 10位 松中信彦. 925 5964打数 1767安打. 296 11位 レロン・リー. 924 4934打数 1579安打. 320 12位 山本浩二. 923 8052打数 2339安打. 290 13位 長嶋茂雄. 918 8094打数 2471安打. 305 14位 掛布雅之. 913 5673打数 1656安打. 292 15位 清原和博. 909 7814打数 2122安打. 272 16位 門田博光. 907 8868打数 2566安打. 289 17位 レオン・リー. 902 4667打数 1436安打. 308 18位 山内一弘. 900 7702打数 2271安打. 295 19位 田淵幸一. 896 5881打数 1532安打. 260 20位 和田一浩. 892 6766打数 2050安打. 303 【通算OPSランキング5位 T. ローズ選手】 アストロズ・カブス・レッドソックスの3球団を経て近鉄へ入団したタフィー・ローズ選手は、適応力が高く初年度からフルイニング出場しチーム三冠王の成績をマークします。 以降、1度引退を挟みながら巨人・シンシナティレッズ・オリックスで活躍し、 本塁打王4回・打点王3回・最高出塁率1回を獲得。 近鉄入団6年目には王選手以来となる、当時の日本タイ記録となる シーズン55本塁打を達成しました。 また、450本塁打・1500試合出場・1000得点・300二塁打・3500塁打を達成した選手は、外国人選手としては初の記録。 現在もNPBでの通算本塁打数歴代13位であり、外国人選手では1位。 シーズン本塁打数は、王選手・カブレラ選手と並び歴代2位タイ記録です。 【通算OPSランキング4位 落合博満選手】 現役時代に数々の伝説を残した落合博満選手といえば、長打力もさることながら巧みなバットコントロールが魅力の選手です。 社会人チーム・東芝府中からロッテへ入団後、4年目にNPB史上最年少で三冠王に輝くと、1985年・1986年と 3度の三冠王を獲得します。 以降、中日・巨人・日ハムを渡り歩き、 首位打者・本塁打王・打点王・最多勝利打点を5回獲得、 最高出塁率は7度獲得しました。 1986年の 出塁率. 487は、現在も破られていない日本記録。 また通算打率より通算得点圏打率のほうが高いことから、勝負強さも相手投手に恐怖を与えていたのではないでしょうか。 【通算OPSランキング3位 A. カブレラ選手】 シカゴ・カブスとのマイナー契約から野球人生が始まったアレックス・カブレラ選手は、その後メキシコリーグ・台湾リーグを経て、ダイヤモンドバックスとマイナー契約終了後、西武へ入団が決まります。 入団後は圧倒的な長打力で、NPB初年度の最多記録となる49本塁打をマーク。 2年目には王選手・タフィ・ローズ選手と並び、当時日本タイ記録となる シーズン55本塁打を達成し、リーグMVPを受賞します。 その後オリックス・ホークスと渡り歩きましたが、どのチームでもリーグ最高のOPSを記録。 リーグ平均の打者が代わりに出場していた場合に比べてどれだけの得点をもたらしたかを表す「RCAA」では外国人選手の中で歴代通算2位、RCAAを勝利数に変換した「RCWIN」のシーズン記録では外国人選手の中で歴代2位を記録しています。 【通算OPSランキング2位 松井秀喜選手】 高校野球で5打席連続敬遠という伝説を残し、鳴り物入りで巨人へ入団した松井秀喜選手は、ルーキーイヤーから高卒選手としてのセ・リーグ本塁打記録を残すなど、噂に違わぬ活躍をみせました。 そして4年目に苦手だった内角球を克服したことで打撃がさらに開花。 以降、 本塁打王3回・打点王3回・最高出塁率3回を受賞し、MLB移籍までの10年間でマークした332本塁打は、高卒10シーズンでの本塁打ランキングでは王選手に次ぐ2位となりました。 また史上3人目となるフルイニングでの首位打者も受賞しており、まさに勝負強さも兼ね揃えた平成を代表する長距離打者と言えます。 【通算OPSランキング1位 王貞治選手】 王貞治選手といえば、選手としても監督としても一世を風靡した昭和の長距離打者ということは、皆様ご存知だと思います。 そんな王選手は早稲田実業卒業後、巨人入団当初は投打を期待された選手でした。 しかし入団後すぐに投手に見切りをつけ、打者に専念。 4年目に一本足打法にたどり着いたことで打撃の才能が目覚めます。 以降、現役時代のほとんどのシーズンでリーグ最高の出塁率を記録し、通算記録では王選手の代名詞ともいえる 通算本塁打記録をはじめ、 得点・打点・塁打・出塁率・長打率でNPB歴代最高記録をマーク。 通算四球・敬遠数も日本記録となっていることが、当時の王選手の打者としての凄味を物語っています。 NPB通算OPSランキングまとめ チームの勝利への貢献度が高いOPSを通算成績でランキングすると、上位20名には各チームの歴代長距離打者の名が勢ぞろいします。 また、長距離打者であるからこそストライクゾーンの際どいところを攻められたり勝負を避けられたりしますので、四球・敬遠の数も増加傾向にあります。 ちなみに現役選手で4000打席以上を達成している選手の通算OPSランキング上位3名は、以下のようになります。 現役のOPS上位選手 1位 福留孝介 OPS. 886 6179打数 1808安打 打率. 293(通算OPSランキング22位) 2位 中村剛也 OPS. 872 5233打数 1325安打 打率. 253(通算OPSランキング29位) 3位 阿部慎之助 OPS. 862 7356打数 2085安打 打率. 283(通算OPSランキング34位) 今後の活躍により、現役選手が上記ランキングに入る可能性もありますし、山田哲人選手や柳田悠岐選手なども、今後ランキング上位に入る可能性もあります。 歴代最高打者の栄光に思いを馳せ、いつしか目の前で応援する選手が偉大な選手たちに肩を並べる日が来るよう、心から応援したいと思います。

次の