アイアム ア ヒーロー キャスト。 アイアムアヒーローのあらすじ・キャスト・登場人物まとめ!ラストの結末も!

漫画「アイアムアヒーロー」感想 最終回の意図を探る、ぼくはヒーローではない

アイアム ア ヒーロー キャスト

過去作にオマージュを捧げたゾンビ映画です。 ロメロの枠を超えず、特に目新しいエッセンスが加わったわけではない。 偉そうなことを言えばゾンビ映画好きにしてみれば平均点を超えた佳作と言えるでしょう。 しかしこれが邦画で、しかも大泉洋、有村架純、長澤まさみ(ちょっと演技下手でしたけど)という誰でも知っている俳優が演じ、さらに全国の劇場で流れていることがとにかく嬉しすぎます。 邦画の未来が明るいとは言い切れませんが、本作のヒットこそが次のステップを生み出すことに違いありません。 邦画の多様性を認める、という意味でホラーが苦手だとか、グロいのが無理、だとか言う方も積極的に鑑賞して、どんどん興行収入伸ばしていきましょう。 普段こういう映画は血みどろになるたびに笑いが溢れる和やかなハコ(劇場)ばかりでしたので、今回のように観客の黄色い叫び声が響くのがとても新鮮でありました。 本作はゾンビ映画のエッセンスが詰まっていると言えます。 有村架純目当てで鑑賞に来た方で、ゾンビの造形にピンときた方は『ウォーキング・デッド』(実は未見)から始めていただいて、ゆくゆくはロメロまでと思います。 なにか宣伝みたいになってしまいました。 一点だけどうしても、という感想を述べて締めます。 中盤、富士に向かう山中で作業員みたいなおじさんゾンビがいました。 顔が腐敗しているわけですが、ちらっと蛆が映るんですね!!!あ!!!フルチだ!!!フルチですよ!!!お父さん!!!若い子の観る映画で蛆ゾンビに会えますよ!!!若い子と!!!同じ空間で蛆ゾンビですよ!!!!! いや、よかった!! 原作を知っていたけど、原作の絵が見にくくてあんまり好きでないので映画のほうがよかった。 ところどころ、なんでだよ!って思うところはある、なんでそいつがゾキュンだって思わないんだよ!!すきありすぎだろ!!みたいな笑、しかしそんなことはまぁいいのです。 よかったのはやはりテーマがすごく一貫してるところ。 へっぽこ主人公の成長。 これがグッとくる、とてもまぁ、共感したんです端的に言うと。 あとすごく勇気をもらったのが、たった一つでも、好きなものがある、ということが、その人の武器になるということ。 猟銃を失ったひでおはその瞬間めちゃくちゃ弱い人間になってしまう。 しかし、もつと変わる。 そして、その好きなものを手にしている自分に自信をもつと、 誰でも誰かのヒーローになれるんじゃないかと、勇気がわいてきました。 個人的にはゾキュンのビジュアルは相当よかった。 これがこんなけ怖くないと茶番になっちゃう。 しっかり絶望を感じられた。 惜しむらくは長澤まさみ、今回はあんまりよくなかったかなぁ、、 割としっかりゾンビ映画してました。 もっとライトな感じかと思ってました。 邦画ゾンビ作品としては珍しいのではないでしょうか? まぁ、であるがゆえに、そんなにゾンビ映画が好きじゃない(『ゾンビランド』は例外的に割と好きです)私のような人間はそこまで入り込めなかったわけです。 ただですね。 本作は、個人的には原作より面白いと思います。 何より前半のテンポがいい。 原作は1巻の終わりでやっとZQN(ゾンビ的な何か)が出てくるという連載ゾンビ漫画にあるまじきテンポの遅さなのです。 そしてまぁ、全体的に登場人物がカッコいいしキレイなんですね。 原作は主人公もヒロインも割と普通の容姿です。 最後、これで終わりかぁ、という感じであったものの、主人公の英雄が初めて銃を撃つシーンはこれ以上なくカッコよかったです。 あれはよかった。 というわけで、年間邦画ベストには入ってこないと思いますが、ゾンビ映画好きも割と満足するではないかという一品でした。

次の

「有村架純を真正面からディスる。」アイアムアヒーロー makurano_twiさんの映画レビュー(感想・評価)

アイアム ア ヒーロー キャスト

とりあえずこの映画は面白いのでまだ観ていない人は観た方がいいです。 グロいのが大丈夫な人は。 ただ、グロいのが無理だから、とかでそういう映画を批判するような人は、映画自体を観ないほうがいいですきっと。 グロい、怖い、気持ち悪い、とか、そういう演出の映画はそういう気持ちで観るものなので。 ゾンビに囲まれた主人公だって叫びたいはずなので。 「俺こういうグロいの無理やから!」って。 きちんと感情移入してあげてください。 なーにも観たい映画もないからとりあえずこれでも観よおっと。 大泉洋、有村架純、長澤まさみ、ってキャストにも気合い入ってるみたいだし、CMもバンバンやってるし、流行りのゾンビだし。 って軽いノリで観て衝撃を受けました。 あ、これ、ガチのゾンビ映画じゃん、って。 ずるい。 そんな心の準備してないのに、って。 でも、大泉洋演じる主人公ヒデオだって心の準備なんかしてないのです。 急にガチゾンビに襲われるのです。 だから、もう最悪だよーと思いながら観続けていると有村架純JKが登場してイヤホンを片っぽずつ付けて音楽を聴いたりします。 「ヒデオくんは安心する」とか言われちゃったりします。 安心しきった有村架純JKはヒデオの肩を枕に眠ったりします。 なんだおいやっぱり有村架純かわいいなとか思っているとなんと有村架純JKにゾンビ感染疑惑が発生。 有村架純JKはこのままだと自分がゾンビ化しヒデオを襲ってしまうだろうと考え、ヒデオと離れることを望みヒデオを遠ざけます。 なんていじらしい有村架純JK。 もうやめてよ有村架純JK!君になら噛まれたっていいよ!と思っていると有村架純JKのゾンビ化はなんか中途半端で、ヒデオに襲いかかった他のゾンビを超絶ネコパンチでやっつけてくれたのです。 有村架純JKゾンビヒーローの爆誕でした。 「大丈夫。 ヒデオくんは私が守るから」とか言い出すのかと思ったらそんなこと言わないしってゆーか一言も何も喋らないし何考えてるかわかんないしすぐ眠っちゃったりするしヒデオがピンチになったら助けてくれるってわけでもなくてヒデオが助けを求めてもぐうすか眠り続けてたりしてるのです。 ネコ缶食うだけ。 なんだ有村架純JKゾンビネコ全然なんもしねーじゃん!って思いながら観てて話が進んでクライマックスのシーンで大量のゾンビにヒデオが立ち向かい満身創痍になりながらゾンビを倒していきピンチに陥り、ああ、もうダメだ、ってなったときに...... もやっぱり有村架純JKゾンビネコは何もしない。 何もせんのかい!助けへんのかい!おまえやったら超絶ネコパンチで倒せるんちゃうんかい!ってこっちの気持ちをガン無視してボーッと黙って見ている有村架純JKゾンビネコ。 結局最後まで何もしない。 ほんとはいちばん強いのに何もしない。 素手でネコ缶食うだけ。 むしゃむしゃむしゃって。 なんだよおまえちょーかわいいじゃん! 有村架純JKゾンビネコヒロイン爆誕! そしてその何もしないただかわいいだけのJKゾンビネコのキャストが有村架純ってのがものすごくいいと思いました。 映画公開当時の有村架純ってCM女王でかわいいかわいいされててとりあえず好感度のいい有村架純出しとけば数字取れるしみんな喜ぶし、ってノリだったと思うので。 そんな有村架純をけっこう序盤から身動き取れなくしてただただ黙らせてそこに居させるという演出。 それによって暗に示されているのは、 おまえはただかわいいだけの客寄せパンダなんだから黙って出てりゃいいんだよ 誰も言ってない 、 演技力が必要な役は長澤まさみさんにしっかりやってもらうから 絶対誰も言ってない 、 ヘタに演技されても逆に映画のクオリティが下がるからwww そんなこと誰も思ってない 、 という制作側の気持ちなんでしょう そんなことあるわけがない。 なんてのは嘘で、 ヒーローもののヒロインというのは、主人公を見守るだけ、それだけなのです。 主人公はそれを守るために戦うだけなのです。 有村架純が無駄に助けたりしたら、ブレるのです。 主人公の決意の重さが。 主人公のヒーロー感が。 最近の深夜アニメのダサい主人公に都合のいい頼れる女の子的なノリに毒されていない、そんなステキなストーリーでした。

次の

「有村架純を真正面からディスる。」アイアムアヒーロー makurano_twiさんの映画レビュー(感想・評価)

アイアム ア ヒーロー キャスト

主人公の鈴木英雄は、漫画家のアシスタントをしている35歳の男。 漫画家として一人前になることを夢見るが、出版社に企画を持ち込んではダメ出しをされ持ち帰る日々を過ごしていた。 そんなある日、同棲している彼女のテッコや仕事場の仲間達が突如ゾンビと化してしまう。 英雄が街に飛び出して逃げようとするが、街にもゾンビの群れが溢れ大混乱となっていた。 その後、英雄はZQN(ゾキュン)=ゾンビが大量発生し日本中が大パニックになっていることを知る。 さらに、ZQN(ゾキュン)のウィルスが高地に弱いことを知った英雄は、ネットの情報をもとに富士山へと向かい始める。 ZQN(ゾキュン)から逃げる道中に女子校生の早狩比呂美と出会い、英雄は比呂美とともに決死のサバイバルを繰り広げる。 アイアムアヒーローのキャスト・登場人物 【出典:】 鈴木英雄(演:大泉洋) アイアムアヒーローの主人公。 漫画家の元でアシスタントをしている35歳の冴えない男。 ある日、街中にZQN(ゾキュン)が大量発生し、道中で出会った比呂美とともにZQN(ゾキュン)のウィルスが感染しないといわれる富士山を目指す。 早狩比呂美(演:有村架純) 英雄がZQN(ゾキュン)から逃げる道中で出会った女子校生。 英雄とともに富士山を目指す。 ZQN(ゾキュン)のウィルスに感染した乳児に噛まれていたことから半感染してしまう。 藪/小田つぐみ(演:長澤まさみ) 英雄と比呂美が富士山を目指す道中で立ち寄ったアウトレットモールで出会った元看護師の女性。 ZQN(ゾキュン)のウィルスに比呂美が感染していることを知るも、危害を与えないことから匿うことを決意する。 伊浦(演:吉沢悠) アウトレットモールの屋上にいる非感染者グループのリーダー。 支配的な行動をとり、指示に背くものはZQN(ゾキュン)が徘徊する地上へ突き落としていた。 当初、英雄と比呂美を歓迎する素振りを見せていたが、実際には英雄の銃を奪い取ることと新たな要員確保が目的だった。 サンゴ(演:岡田義徳) 非感染者グループの一員。 リーダーの伊浦に従っていたが、伊浦が英雄から奪い取った銃に目をつけ奇襲を図る。 その後、伊浦に変わって非感染者グループのリーダーに成り代わる。 アベサン(演:徳井優) 非感染者グループの一員。 グループ内では物資担当を行っている。 地上にはZQN(ゾキュン)と化した妻が徘徊している。 テッコ/黒川徹子(演:片瀬那奈) 英雄が同棲していた彼女。 いつまでも現実を見ない英雄と喧嘩となり、英雄を家から追い出していた。 その間にZQN(ゾキュン)に噛み付かれたものと見られ、英雄が戻った時にはZQN(ゾキュン)と化していた。 中田コロリ(演:片桐仁) 英雄と同期の漫画家。 いつまでも漫画家の元でアシスタントをしている英雄とは対照的に、漫画雑誌で連載をもっている。 松尾(演:マキタスポーツ) 英雄のアシスタント先の漫画家。 妻子がいながら女性スタッフと不倫をしている。 不倫女性が媒介となりZQN(ゾキュン)ウィルスに感染してしまう。 三谷(演:塚地武雅) 松尾の元でチーフアシスタントをしている男。 事務所の人間達がZQN(ゾキュン)と化したことからバットで撲殺していた。 しかし、その最中に噛み付かれてしまい、自身もZQN(ゾキュン)ウィルスに感染してします。 タクシー運転手(演:村松利史) 英雄と比呂美が街から逃げるために乗り込んだタクシーのドライバー。 ZQN(ゾキュン)に噛み付かれていた同乗者の千倉に噛み付かれ、運転中にZQN(ゾキュン)と化してしまう。 千倉(演:風間トオル) 英雄と比呂美がタクシーに乗り込んだ際の同乗者。 タクシーに乗り込む前にZQN(ゾキュン)に噛まれていたために、車内で突如ZQN(ゾキュン)と化す。 アイアムアヒーローのあらすじをストーリーに沿ってご紹介 【出典:】 平凡な日常に突如ZQN(ゾキュン)が大量発生し、日本中が大混乱に陥る様子を描いたゾンビパニック映画「アイアムアヒーロー」。 ここでは、アイアムアヒーローのあらすじをストーリーに沿ってご紹介します。 平凡な日常に突如ゾンビが大量発生する 主人公の鈴木英雄は、漫画家のアシスタントをしている35歳。 漫画家として早く一人前になることを目指すも、出版社に企画を持ち込んではダメ出しをされる日々を送っていた。 そんなある日、同棲している彼女のテッコからも愛想を尽かされアパートの部屋から追い出されてしまう。 数日後、テッコから「ひどいこと言ってゴメン」と電話をもらい部屋に戻るも、そこにはゾンビと化したテッコの姿が…。 混乱する英雄は仕事場へ向かったが、仲間達も謎のゾンビと化していた。 英雄が街に出ると、そこにはゾンビの群れが徘徊する異常な光景が広がっていた。 ZQN(ゾキュン)から逃れるために英雄と比呂美は富士山へ 英雄はゾンビから逃れるために近くに停まっていたタクシーに乗り込んだ。 タクシーには、女子校生の比呂美と官僚の千倉も同乗した。 すると、千倉が突如ゾンビと化し英雄を襲い始める。 なんとかゾンビの千倉を車内から突き落としたが、噛み付かれた運転手がゾンビとなりタクシーが暴走。 その後、他の車とぶつかり暴走がとまった。 一連の事態について比呂美がネットで調べると、日本中にZQN(ゾキュン)=ゾンビが大量発生していることが判明する。 さらに、ZQN(ゾキュン)のウィルスが高地では効かないことを知った2人は富士山を目指し始めた。 ZQN(ゾキュン)から逃げる道中で比呂美に異変が… 富士山へ向かっていた道中、英雄は比呂美の首元に噛まれた痕があることを発見する。 比呂美は歯が生えていない乳児に噛まれていたために、ZQN ゾキュン のウィルスの感染速度が遅く、未だ症状が発生していない状態だった。 英雄は持っていた銃で比呂美を撃とうとするが、放っておくことができず比呂美を連れていくことにした。 しかし、その途中で比呂美の様子が急変し始め、比呂美は英雄に自分から逃げるよう警告し、英雄もそれに従った。 しばらく英雄が1人で歩いていると、新たなZQN(ゾキュン)に遭遇し噛み付かれそうになってしまう。 すると、後ろからZQN(ゾキュン)と化したはずの比呂美がやってきて英雄を助けた。 英雄は、ZQN(ゾキュン)のウィルスに半感染した比呂美を連れ再び歩き始めた。 英雄は食料を求めてアウトレットモールに向かう 比呂美を連れながら、英雄は食料を求めていた。 その道中、近くにアウトレットモールがあることを知り、そこなら食料があるのではと思った英雄は比呂美を連れアウトレットモールへと向かった。 英雄と比呂美がアウトレットモールに辿り着くと、そこではZQN(ゾキュン)の非感染者グループが屋上に身を潜めていた。 英雄と比呂美は、そこで出会った藪の助けもありグループに加わらせてもらうことになった。 その頃、グループでは食料を調達するためにアウトレットモール内の食料庫へ向かう計画を立てていた…。 アイアムアヒーローのラストの結末・ネタバレ 【(C)2016 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (C)2009 花沢健吾/小学館】 アイアムアヒーローのラストの結末内容についてご紹介します。 ネタバレも含みますので、これから作品を観る予定の方はご注意を! 食料調達のために、屋上からZQN(ゾキュン)が徘徊する地上を通って食料庫を目指す一同。 ZQN(ゾキュン)は音に反応するという習性があるため、屋上に残ったメンバーは鍋を叩きながらZQN(ゾキュン)の気を引いていました。 その途中で、元グループリーダーの伊浦が突如姿を消します。 伊浦は、最終的には自分と藪だけが助かればいいと思っていました。 そして、伊浦は放送室から大音量の音楽を流し始めます。 すると、その音に導かれるようにZQN(ゾキュン)の群れが食料庫にいる人間達を襲い始めました。 英雄は、グループの進行方向とは逆に進み食料庫内のロッカーに身を潜めます。 その頃、藪や比呂美がいる屋上にもZQN(ゾキュン)が侵入しパニックに陥っていました。 ロッカーに身を潜めていた英雄は、近くに落ちていた無線機から助けを求める藪の声を聞きます。 英雄は、あまりの恐ろしさからロッカーから出ることができませんでしたが、その後ZQN(ゾキュン)と戦うことを決意します。 英雄は、生存者の藪、比呂美、サンゴ、アベと合流し、ZQN(ゾキュン)との死に物狂いの闘いを始めます。 しかし、その最中でサンゴとアベは命を落としてしまいました。 英雄は、たった1人で残りの全てのZQN(ゾキュン)を倒すことに成功します。 ZQN(ゾキュン)を全て倒した後、英雄と比呂美と藪は車に乗り込んでアウトレットモールを脱出。 そして、ZQN(ゾキュン)のウィルス感染の危険から逃れるために3人が富士山へと向かうところでエンディングを迎えます。 アイアムアヒーローの関連記事.

次の