十分 に 気 を つけ て ください。 「~に気をつける」と「~に気を配る」の使い分けが分からなくて困ってい...

「~に気をつける」と「~に気を配る」の使い分けが分からなくて困ってい...

十分 に 気 を つけ て ください

いろんな「気をつけてね」の英語 Be careful は怪我など自分の身に危険を伴う時や、ちょっと強く注意を促したい時に使う言葉かなぁという感覚を持っていて、 Take care は「体に気を付けてね」などの抽象的な、精神的なことに使う言葉のような感じがしています。 Be careful には厳しさ、Take care にはやわらかい優しさを感じます。 Shiki的見解 そして私はこの2つの他に、さらに素敵な「気をつけて」を手に入れましたよ。 友達のFacebookのコメントで知りました。 友達が海外旅行に出かける時にかけた言葉なんです ちょっと治安が心配な国でした。 Stay safe. 「安全に気をつけてね」「安全でいてね」という言葉です。 私はこのコメントを読んだ時にキュンとしました。 たった二言なのになんて心がこもった言葉なんだろう!とすごくすごく感動しました。 大げさかも知れないのですが、とっても素敵だな、優しいなと思って、ひと目見て忘れられない言葉になりました。 もちろん Take care でも十分通じる英語です。 でも Stay safe の方がもっと具体的で適しているなと思いました。 ちなみに Stay safe とほぼ同じ意味で Be safe や Keep safe という言い方もあります。 微妙なニュアンスの違いを知るのって難しいですよね。 こればかりは使いながら感覚をつかんでいくしかないなぁと思います。 本を読んだり、ネイティブのやり取りを注意深く聞いたり。 英語のアンテナをいっぱい張っておきましょうね。 ・包丁で野菜を切る時 — Be careful. ・風邪を引いた人に「お大事に」と言う時 — Take care. ・友達の住む地域に台風が来る時 — Stay safe. ・並々注がれた熱いスープをテーブルまで運ぶ時 — Be careful. ・しばらく会わない人との別れ際のあいさつ — Take care. こんな感じです。 なんとなくでも分かってもらえたらOKです! 迷ったらTake care はいしかしここでなんとなんとのどんでん返し!! 私の英語の師匠Steveさんに、確認のため使い分けの質問をしてみたところ「上記の使い分けはばっちりですよ!」とお墨付きをもらったのですが、 Take care は全ての状況の「気を付けてね」に使えるそうです!!! は~便利!こりゃ便利!迷ったら全部 Take care! Stay safe. だけじゃなく、きちんとした文を知りたくて検索されていると思いますので、私なりの英語ですが参考にしてください。 Stay safe. 今天気予報を観ました。 あなたの町に台風が近づいてるんですね。 気を付けてください。 ~地震の場合~ Did you have a big earthquake? Are you okay? Keep safe! 「何かあったら遠慮なく言ってね!」という英語は、 Let me know when you need my help! 私の助けが必要な時は知らせて! 被災した状況やその後を知らせてほしい時はこちらのトピックをどうぞ! わわわ!! ハワイお好きなんですね。 うれし~~い。 実はお願いがあります。 ナビちゃおハワイはハワイに関する有意義な内容のブログやハワイの最新情報をみなさんにご紹介しているサイトです。 現在新企画を考えており、そこの掲載させていただくブログを探しておりました。 旅行でも英語を使う機会が多いですから、ちょっとした英文を知っていると便利かなって思っていました。 そんな英語をわかりやすく説明してくださっているShikiさんのブログは私の希望にぴったりでした。 ナビちゃおハワイにつきましてはサイトをご覧になってくださいね。 掲載につきましてご質問がございましたら、記載の私のアドレス、またはナビちゃおハワイの問い合わせにご連絡いただいてもかまいません。 お返事はこのコメント欄、メルアド、またはナビちゃおハワイの問い合わせのどれでも結構です。 急なお誘いでビックリなさっていると思いますが、ぜひ良いお返事をお待ちいたしております。

次の

違和感のある「お体に気をつけて」意味・使い方を解説!

十分 に 気 を つけ て ください

いろんな「気をつけてね」の英語 Be careful は怪我など自分の身に危険を伴う時や、ちょっと強く注意を促したい時に使う言葉かなぁという感覚を持っていて、 Take care は「体に気を付けてね」などの抽象的な、精神的なことに使う言葉のような感じがしています。 Be careful には厳しさ、Take care にはやわらかい優しさを感じます。 Shiki的見解 そして私はこの2つの他に、さらに素敵な「気をつけて」を手に入れましたよ。 友達のFacebookのコメントで知りました。 友達が海外旅行に出かける時にかけた言葉なんです ちょっと治安が心配な国でした。 Stay safe. 「安全に気をつけてね」「安全でいてね」という言葉です。 私はこのコメントを読んだ時にキュンとしました。 たった二言なのになんて心がこもった言葉なんだろう!とすごくすごく感動しました。 大げさかも知れないのですが、とっても素敵だな、優しいなと思って、ひと目見て忘れられない言葉になりました。 もちろん Take care でも十分通じる英語です。 でも Stay safe の方がもっと具体的で適しているなと思いました。 ちなみに Stay safe とほぼ同じ意味で Be safe や Keep safe という言い方もあります。 微妙なニュアンスの違いを知るのって難しいですよね。 こればかりは使いながら感覚をつかんでいくしかないなぁと思います。 本を読んだり、ネイティブのやり取りを注意深く聞いたり。 英語のアンテナをいっぱい張っておきましょうね。 ・包丁で野菜を切る時 — Be careful. ・風邪を引いた人に「お大事に」と言う時 — Take care. ・友達の住む地域に台風が来る時 — Stay safe. ・並々注がれた熱いスープをテーブルまで運ぶ時 — Be careful. ・しばらく会わない人との別れ際のあいさつ — Take care. こんな感じです。 なんとなくでも分かってもらえたらOKです! 迷ったらTake care はいしかしここでなんとなんとのどんでん返し!! 私の英語の師匠Steveさんに、確認のため使い分けの質問をしてみたところ「上記の使い分けはばっちりですよ!」とお墨付きをもらったのですが、 Take care は全ての状況の「気を付けてね」に使えるそうです!!! は~便利!こりゃ便利!迷ったら全部 Take care! Stay safe. だけじゃなく、きちんとした文を知りたくて検索されていると思いますので、私なりの英語ですが参考にしてください。 Stay safe. 今天気予報を観ました。 あなたの町に台風が近づいてるんですね。 気を付けてください。 ~地震の場合~ Did you have a big earthquake? Are you okay? Keep safe! 「何かあったら遠慮なく言ってね!」という英語は、 Let me know when you need my help! 私の助けが必要な時は知らせて! 被災した状況やその後を知らせてほしい時はこちらのトピックをどうぞ! わわわ!! ハワイお好きなんですね。 うれし~~い。 実はお願いがあります。 ナビちゃおハワイはハワイに関する有意義な内容のブログやハワイの最新情報をみなさんにご紹介しているサイトです。 現在新企画を考えており、そこの掲載させていただくブログを探しておりました。 旅行でも英語を使う機会が多いですから、ちょっとした英文を知っていると便利かなって思っていました。 そんな英語をわかりやすく説明してくださっているShikiさんのブログは私の希望にぴったりでした。 ナビちゃおハワイにつきましてはサイトをご覧になってくださいね。 掲載につきましてご質問がございましたら、記載の私のアドレス、またはナビちゃおハワイの問い合わせにご連絡いただいてもかまいません。 お返事はこのコメント欄、メルアド、またはナビちゃおハワイの問い合わせのどれでも結構です。 急なお誘いでビックリなさっていると思いますが、ぜひ良いお返事をお待ちいたしております。

次の

違和感のある「お体に気をつけて」意味・使い方を解説!

十分 に 気 を つけ て ください

お気をつけて / お見舞い状や季節の挨拶状などでよく使われる。 相手の健康などを気遣うひとこと。 類語に、「ご注意ください」「ご自愛ください」などがある。 くれぐれもお体にご留意ください• 時節柄寒さ厳しい折、どうぞお体にお気をつけてくださいませ• くれぐれもご無理をなさらぬように、お体を大切にお過ごしください。 季節の変わり目ですので、十分お気をつけてくださいますよう。 時節柄、日に日に寒さが加わって参りますので、くれぐれもご身体にお気をつけください。 時節柄、お体をご自愛ください。 ご健康にはくれぐれもお気をつけください。 今後このような事態がないよう、ご注意申し上げます。 くれぐれもお体にご注意くださるよう。 炎暑の折から、ご自愛のほどお祈りいたします。 お気をつけてお越しください。 お待ちしております。 気候不順の折から、くれぐれもお体を大切にしてください。

次の