意味がわかると怖い話解説。 【厳選版】「意味が分かると怖い話」至上最恐に怖い話まとめ(解説つき)

アマガエル

意味がわかると怖い話解説

バスの運命 ある家族が妻の実家に遊びに行くために田舎までのバスに乗っていた。 山のふもとあたりまできたときに、子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、しょうがなく途中のバス停で降りて近くの定食屋で食事をすることにした。 食事が終わり定食屋に設置されているテレビをふと見ると、さっきまで家族が乗っていたバスが落石事故で乗員全員死亡というニュースが流れていた。 そのニュースを見た妻は、「あのバスを降りなければよかった…」と呟いた。 それを聞いた夫は、「何を馬鹿なことを言っているんだ!」と怒鳴ったが、 すぐに「あぁ、なるほど。 確かに降りなければよかった…」と妻の意図に気づく。 解説 もしこの家族がバスを降りなかったらタイミングがずれて落石はバスにぶつからなかった。 耳に詰まったパチンコ玉 とてもやかましい店だったため、耳栓替りにパチンコ玉を左右の耳に詰めた。 ところが耳の奥に詰め込んだため抜けない。 耳掻きで取り出そうにも隙間がない。 知人が勤めるある企業の研究室を訪れた。 以前、実験用に超強力な電磁石があると聞いたから。 知人は呆れ返り「簡単に抜けるから、大丈夫」と言う。 装置の磁石の所に、右耳をつけた。 電磁石のスイッチを入れる。 言葉どおり、磁石は超強力で、瞬時に磁石に引き寄せられた。 その後、カキーンカキーンという衝突音が研究室に響き渡ったのである。 解説 左のパチンコ玉はどうなる? 本当の人数 昨日8人でかくれんぼ。 ものの5分で自分が見つかった。 その5分後3人見つかって最後の4人も5分後に見つかった。 驚異的な速さでだったよ!またかくれんぼしたいな。 「何も映らなかったねー。 」 「家帰ろっか。 うち来る?」 「そうするよ。 」 「え?いいの?」 「いいよー。 」 「じゃあ行くー。 」 2人の女は病院を後にした。 解説 「家帰ろっか。 うち来る?」に対して返事が「そうするよ。 」 「え?いいの?」 便座 初めて家にきた彼女。 彼女がトイレを出た後に俺がすぐ入った。 その直後彼女が「ダメ!見ないで!忘れ物したの!」とドアを激しく叩く。 トイレ内を見ても特に何もないので「どしたの?何も忘れてないよ」とそのまま俺は用を足し、便座を降ろしトイレをでた。 解説 女性は便座を上げてトイレを使用しない。 部屋のあかり 友達から怖い話を聞いた夜。 私は怖くなって、全部の部屋の電気を点けてお風呂に入っていた。 そろそろ出ようとバスタオルを手にしたとき、自室から物音がした。 恐る恐る電気をつけたが、何もいなかった。 …なあんだ、気のせいか。 解説 風呂に入る前に電気を就けたはず。 娘の警告 ある夫婦に5歳になる娘がいた。 娘「パパ、ママ、ウカヤヘテギン。 」夫婦「なにを言ってるんだ?」次の朝娘「エニソヌレチキエザン。 エニソヌレチキエザン。 」夫婦「おかしな子だなあ」その次の日、娘が急死した。 葬式後に夫婦は言葉の意味に気づき夫婦は急いで家から逃げ出した 解説 「パパ、ママ、ウカヤヘテギン。 パパ、ママ、ウカヤヘテギン。 」 のウカヤヘテギンの部分をローマ字表気にするとukayaheteginとなる。 これを逆にするとnigetehayaku、「逃げて早く」 「エニソヌレチキエザン。 エニソヌレチキエザン。 」 同様に、enisonuretikiezan、を逆にすると 「nazeikiterunosine」 少女の行方 友人と廃墟の病院で肝試しをした。 病院を出た後、友人は何事もなかったようにしていたが、俺には友人の背中にのった少女の霊が見えていた。 俺は恐ろしさのあまりそれを言えず、気付かないふりをしたまま帰路についた。 やはり、あの病院には双子の少女の霊がいるって噂は本当だったんだ… 解説 友人には少女が一人見えていたようだ。 「俺」の背中にも少女が乗ってた? 死の宣告 道端で大量の五百円玉の入った袋をを拾った。 しかしその五百円玉をよく見ると、製造年が来年になっている。 偽物なのかと思いながらも試しに銀行に持っていくと、問題なく入金された。 しかし通帳を見ると振込日は来年になっていた。 そして入金内容は「ゴコウデン」と印字されていた。 解説 あなたの香典? 見捨てられた国王 某国の国王が宇宙旅行の為に乗った宇宙船が宇宙に出たとたん事件は起きた。 搭乗員が地球外ウイルスに感染しているとを疑われ、地球への帰還が禁止されたのだ。 国王は薬を求めて船内中を調べた。 しかし帰りの燃料タンクも含めて、どこにも何も見つからなかった 解説 帰る必要はないと判断されていた。 男の行動 昨日は海へ足を運んだ 今日は山へ足を運んだ 次はどこに運ぼうか…… 頭を抱えて悩んだ 実は昨日から手を焼いている …案外骨が折れる 重い腰を持ち上げた 電話が鳴っている 友人に頼むむねを確認し明日までには終わらせようと腹をくくった 解説 体のパーツを運んでいる? 父親の計画 父は私に泳ぎを教えるため、電車で私を遠くの海に連れていきました。 父の指導は厳しく、泳ぎを知らない私を何度も海に放り込みました。 私は必死で手足を動かし、その結果僅か一日で泳げるようになりました。 でもあの日、なぜ父は私の分だけ帰りの切符を買い忘れていたのでしょうか? 解説 父は帰りは自分だけの予定だった。 つまり? 隣の男性 妻とレストランに出かけた。 隣の男性は二人分の料理が乗ったテーブルで一人で食事をしていた。 その肉料理があまりに美味しそうだったので、私は「あちらの方と同じ料理を…」とウエイターに囁いた。 ウエイターは一瞬顔をこわばらせたが、かしこまりましたと言うと、私の妻の首を絞めた… 解説 ウエイターは隣の男性と同じ料理を用意しようとした。 そのためには同じ素材を用意する必要があった。 そっくりな双子 双子の幼女が誘拐された。 双子はガムテープで目と口を塞がれた 犯罪者は 姉の耳元でヘリウム声になり囁いた 「抵抗したり逃げたら妹を殺すよ。 」 さらに犯罪者は 妹の耳元でヘリウム声になり囁いた 「抵抗したり逃げたら姉を殺すよ。 」 解説 犯人は双子の姉と妹を見分けられる人物。 最後の言葉 母からメールが来た。 「37、2で68おわった7ら、5までも22合わせあわせに」??どういう意味だろう。 送信先を見ると家族一斉送信になっている。 そして気付いた時には何もかも手遅れだった。 温泉地を抜け山道をしばらく行くとこの先立入禁止と書かれた看板を見付けた。 意味を知り男達はその場を逃げ出した。 解説 看板のウラにあった文字、「おゆにしたたたな」をアルファベットにすると 「O YU NI SI TA TA TA NA」 逆から読むと 「A NA TA TA TI SI NU YO」 犯人の居場所 息子に携帯電話を持たせることにした。 GPSで位置が分かるやつだ。 買い物帰りに息子の居場所を調べてみる。 きちんと自宅にいるようだ。 その時、携帯電話が鳴った。 「ママ、包丁を持ったおじちゃんに、携帯取られちゃったよ!」 現在、携帯電話をもっているのは包丁をもったおじちゃん、そしてGPSが自宅をさしているのだ・・・つまり マイケルとルドルフは双子の兄弟であり、常に相手をライバル視していた。 二人の負けず嫌いは次第にエスカレートし、それは勉学からスポーツ、恋愛にまで及んだ。 ある日、ルドルフは失恋のショックでビルの5階から飛び降りてしまった。 翌日マイケルは迷うことなくビルの6階に上った… 解説 マイケルはルドルフに負けたくないので5階より上の6階に 占い 高校生のジュリーは、最近占いに凝っていた。 ある日、友人ととてもよく当たると評判のジプシー占いに行ったジュリーは、彼女の父親が、翌朝死ぬと予言されて、青くなって帰ってきた。 心配させないために、両親にはそのことは黙っていた。 その晩ジュリーは、不安で、まんじりともせずに朝を迎えた。 恐る恐る階下に降りて行ったジュリーは、食堂でいつもと変わらずに朝食を取っている父親を見つけて、ほっと胸を撫で下ろした。 「良かった、やっぱり予言は当たらなかったわ」 それから、牛乳を取り込むため台所の扉を開けたジュリーは、吃驚して息をのんだ。 そこに、長年彼女の家に出入りしていた牛乳配達が、倒れて死んでいるのを見つけたのだ。 解説 牛乳配達のおじさんが、ジュリーの本当の・・・。 一人暮らし 反対していた両親を押し切って、今日から一人暮らし。 一人で起き、朝食を食べ、ゴミを出して支度を整えた。 憧れの一人暮らしを実現できたことで私は満ち足りていた。 家に鍵をかけ、毎朝花に水をやっている近所のお婆さんに挨拶をして、私は学校に向かった 解説 「毎朝花に水をやっている近所のお婆さんに挨拶」 つまり自宅にいるのではないのだろうか。 そうなると両親はどこに? 屋上の少女 いつものように 俺はコンビニで買ったおにぎりを持って一人屋上へ向かった。 その日は珍しく一人先客がいた。 色の白い可愛い女の子だった。 その子と目が合った。 俺は初めて人がこいに落ちた音を聞いた。 解説 こい=恋ではない。 こい=故意(わざとすること。 ) 妻の肉料理 妻が作るハンバーグはおいしいのだが、 今日はいつもと味が違う気がする 「これ何の肉なんだ?」 「静岡産よ」 「へぇ~」 解説 静岡さん? 言葉の真意 夜中に電話がかかってきた 「首輪いりますか?」 動物なんてかってない俺は断った 「いりません」 電話を切ったあと目の前が回った 解説 首輪ではなく、首はいりますか? 何の肉 どっかで聞いた話なんだけど。 なんか友人から聞いたらしい話で、 宗教入ってる知人の家族と夕食とることになったんだと。 それが焼肉なんだけど肉は何なのか言ってくれない。 人の肉かも、と思って食べたら違ったって。 結局何の肉だったんだろ? 解説 なぜ人間の肉では無いと分かったのか。 食べたことがあるから? 看板の言葉 小学校に入る前の娘と遊園地に行った 入り口には看板が貼ってあって、楽しんでねと書かれていた まだ字が読めるようになったばかりの娘が、まじまじとその看板をみていて微笑ましかった ジェットコースター、観覧車、コーヒーカップ、と色んな乗り物に乗ったが、 しかしどうにも娘はそわそわして楽しんでいる様子がない 俺はせっかく遊園地に来たんだから入り口に書いてあるようにしないと駄目だぞ、と言うと やたら暗い顔になる まだ遊園地は早かったのかもしれない 仕方ないから帰ることにした そして娘はその日自殺した 俺は今でも自分を許せない 解説 漢字をまだ勉強していない子が「楽しんでね」という字を読むと?.

次の

意味が分かると怖い話コピペ集【解説付き】

意味がわかると怖い話解説

ぼくは探検家のボブだ。 昨日ある恐怖体験をしてしまって、今は家で震えている。 その恐怖体験をみんなにきいてほしいと思う。 ぼくは一週間前、ある山に探検しに家を出た。 その山には、家から電車やバスを利用して6日かかる。 それから山頂まで登った。 昨日の晩にようやく山頂に着いた。 なぜここまでして山頂まで来たのか、そう、眠っているのだ、お宝が…。 しかし、山頂に着くと女の人がいた。 なぜここにいるのだろうと思い、声をかけてみた。 彼女はこちらを振り返った。 ぼくはびっくりした。 髪が長く、色白、目が赤くて、服は血まみれ… 幽霊だ…。 臆病なぼくは恐ろしくなり、お宝なんか忘れて、家まで逃げて来たんだ。 そして今日、ぼくは恐怖のあまり家に引きこもっているんだ。 本当に怖かったよ…。 New 新着コメント• このパターンの話はよくある気がする• ひどすぎwなにをやったら子供にそこまで言われるんだ• フィギュアならただのオタ話なんだけどこれがもし人形とかだったら一気にホラー話になる気がする。 人形に呪• 黒んぼみたいな焼死体使ってショーをしたかっただけなんだろうな 実験って意味がわかると怖い話だよな 漢• どうせ黒んぼは焼死体って駄洒落だろ 大笑って意味がわかると怖い話だよな 漢字の変換ミスみたいな駄洒落• 奈須きのこが爆発オチなんてサイテーとか言ってたのも爆笑を爆傷だと思ってる頭のおかしいAI上級国民だか.

次の

【厳選版】「意味が分かると怖い話」至上最恐に怖い話まとめ(解説つき)

意味がわかると怖い話解説

ドライブ ある日、仲の良い男女4人でドライブに出かけたんだ。 夏だったし、「心霊スポットでも行こうよ!」なんていう話になって、 俺たちは少し地元から離れた場所にある、心霊スポットと言われてる廃トンネルに向かった。 トンネルに向かう道は、かなり真っ暗で予想以上におぞましい雰囲気でいっぱいだった。 俺たちは、気軽に来てしまったことを後悔したし、 4人とも正直かなりビビっていた。 もうすぐトンネルに入る、という時、 「ぎゃぁああ!」 とA子が叫んだ。 びっくりして前を見ると、トンネルの中に ワンピースを着た小さな女の子が見えた。 しかもこっちに走ってきたんだ。 俺たち4人は真っ青な顔を見合わせて、 「もう無理だ!逃げよう!」と言って車をUターンし飛ばした。 やっぱり、心霊スポットなんか行くもんじゃないよ。 初めて霊を見てしまった俺らはショックで、 帰りの車も重い雰囲気に包まれてたんだけど、最後にはいつものたわいない話をして別れた。 良かった。 誰も取り憑かれたりはしていないみたいだ。 ほっと一息ついて、いつもの生活に戻った。 次の日の夜のニュース番組を見るまでは 2. ユキオ 俺が小学生の頃、クラスにユキオって男の子が転校してきた。 小柄で細身な、体が弱そうな奴だった気がする。 ユキオには両親がいなくて、じいちゃんとばあちゃんと暮らしていた。 俺たちは、その事情も最初は知らなかったし、転校生で気が弱そうってだけで なんとなくイジメの対象にしてしまっていた。 けれど、ユキオはイジメられても全然泣いたり怒ったりしないし 先生に告げ口することもなかった。 だから全然面白くなくて俺たちは、だんだんとユキオをイジメるのに飽きてやめていった。 ユキオは学校をよく休んでいた。 見た目通り病弱だったのだろうか? うちの学校では、休んだ奴の家に給食のパンと手紙を届けるっていうのがあって 仲の良い奴か一番家の近い奴がその役割だったんだけど、俺がユキオの家に届ける役目だった。 ユキオの家は木造の一軒家で、いかにも古くてじいちゃんばあちゃんが住んでそうな家だった。 中には入ったことなかったけど、暗い雰囲気がなんとなく怖くて いつも玄関でパンをじいちゃんかばあちゃんに渡してそそくさと帰っていたんだ。 でも、ある日パンを届けにいくと珍しくユキオ本人が出てきた。 風邪ひいてるからなのかいつもよりも顔色が悪かった。 ユキオは俺に、家にあがっていけと促した。 「〇〇があるから一緒に遊ぼう」って。 〇〇は俺が欲しかった玩具だった。 なんとなく嫌だったけど、断れないし玩具が気になって家に入ったんだけど ユキオの部屋に入るなり、俺は嫌な汗をかいた。 部屋の至るところにシールやらステッカーが貼ってあって、 その中に紛れてお札のようなものも貼ってあった。 「なんだ、これ?」 「ああ、おじいちゃんとおばあちゃんがお札を貼るんだけど、 それだけだとなんとなく怖いし、シールも貼ってるんだ。 」 その日は、1時間位ユキオの部屋で玩具で遊んで帰った。 次の日もユキオは学校を休んでいた。 先生がユキオの様子を、俺に訪ねた。 「ユキオから休むっていう連絡もないんだけど、どんな様子だった?」 「…具合悪そうだったよ。 」 「そうか、電話も出ないんだよなぁ。 今日行ったら、連絡はちゃんとしろって伝えてくれ。 」 その日もユキオの家で遊んだ。 ユキオは玩具をたくさん持っていた。 羨ましく思って聞くと「お父さんとお母さんが買ってくれた。 」と言った。 「お父さんとお母さんどこにいるの?」知らないふりをして聞いた。 「死んだ。 」 「…なんで?」 「交通事故。 」 なんだか重い雰囲気になったので話題を変えた。 「明日は学校行く?」 「わかんない。 」 「…お前、大丈夫か?休む時は連絡しろって先生言ってたぞ。 おじいちゃんとおばあちゃんは?」 「奥の部屋にいるよ。 」 「じゃあそう伝えてな。 」 「…眠れないんだ。 」 「ん?」 「お父さんとお母さんが夢に出てきて、僕のことを呼ぶんだよ。 」 「…。 」 「ユキオユキオって何度も何度も、それが怖くて眠れない。 」 「…。 」 沈黙が続いた。 なんだか怖くなってきて、俺は「そろそろ帰るよ」と言って家を出た。 次の日もユキオは学校を休んだ。 先生は一緒にいくと言って、帰りに俺を車に乗せユキオの家へ行った。 玄関から呼んでも返事はなかった。 先生は何か察したように家に入っていった。 ユキオの部屋にも居間にも誰もいない。 ユキオの部屋の奥に部屋があった。 こないだユキオが言っていた「奥の部屋」だろう。 先生がそこの襖を開けた。 その瞬間、先生は青い顔をして襖を閉めた。 一瞬だったけど、俺からも部屋の中が少し見えた。 ユキオの血塗れの顔が見えた。 それから、先生が警察を呼んだと思う。 記憶があまりない。 ただ、その部屋で死んでいたのはユキオだけでなくじいちゃんばあちゃんも一緒だったと聞いた。 何日か経った時、先生にユキオが見ていた夢の話をした。 すると先生が教えてくれたんだ。 ユキオの親の死因は自殺だったこと、一家心中を図っていたこと。 ユキオは運良くか生き延びて、じいちゃんばあちゃんに引き取られたこと。 俺はその話を聞いても、驚かなかった。 警察の取り調べでも、ユキオの夢の話をした。 「本当にその日、君はあの家でユキオ君からその話を聞いたのかい?」 「うん。 」 警察は不可解な顔をした。 その後先生が警察と話して、俺にもその内容を教えてくれた。 俺たちがあの部屋でユキオが死んでいるのを発見した時、 間違いなくユキオ達は死んで3日は経っていたことを。 一家惨殺事件 ある一家惨殺事件が起こった。 その家に住む両親とその息子が殺害されたようだ 妹は、事件の時間ちょうど出かけていて、被害には遭わなかったらしい。 警察が遺体を調べると、父親がダイイングメッセージを残している。 「3」と「564」。 警察は首をひねった。 そして後日、その家族の親戚も全員殺された。 一気に身寄りのなくなった妹。 警察が事態が落ち着くまで世話をするということになった。 しばらくして近所の無職 34 の男が逮捕された。 その男は最後まで「男は何もしらない、俺は俺の家から一歩も出ていない」と供述していたらしい。 妹は怖がっていた。 警察官は妹を勇気づけようと、そっとささやくように話しかけた。 「心配しないで、奈々ちゃん。 このいやな事件もすぐ終わるから。 お父さんとお母さん、お兄ちゃんのかたきは必ずとるからね。 」 警察官はそう女の子に告げ、部屋を出て行った。 女の子は嬉しいのかずっと笑っていた。

次の