一人暮らしベッド。 ベッドの位置はどこ? 一人暮らし

【2020年最新】一人暮らしにおすすめベッド&選び方ガイド | ベッドおすすめランキング2020

一人暮らしベッド

一人暮らしの女性に人気のベッドサイズ 一番売れているのはシングル 一般的に、女性が一人で寝るのにちょうどいいサイズです。 不動産コラムサイト「」によると、 一人暮らしをしている女性の約7割がシングルベットを利用しているという結果も出ているほど。 ただこれは、大学生のワンルームなども含まれています。 また、あまり考えずに「一人暮らしだからシングル」という感覚で選ぶ方もいるでしょう。 実はセミダブルがいいかなと思っても、引っ越しのことも心配ですよね。 引っ越し先によっては、入らないこともありますし、クレーンで吊り上げになると費用もかなりかかりますから。 また、シングルサイズは 店舗や通販でも品揃えが一番多いので、好きなデザインのものが買えるというメリットもあります。 シーツやベッドカバーなどの寝具類も種類が豊富なので、デザインも選びやすいでしょう。 寝心地や彼氏のお泊りを考えるならセミダブル(おすすめ!) 私は、 女性の一人暮らしで1Kのマンションなら、セミダブルをおすすめします!理由は以下の通り。 のびのびと寝れる• 彼氏や友達が泊まりにきても一緒に寝れる• 8畳、10畳の部屋なら何の問題もない セミダブルは、サイズ的にはシングルより20cmほど横幅が広くなるくらいです。 ですがその20cmの違いで、快適さはぐーんと違ってきます。 ゴロンと寝返りを打ったり、寝る前のストレッチをしたり、手足をゆったりと広げたり。。 一人暮らしの女性は、仕事でも何かとストレスがたまります。 せめてベッドではこのようにのびのびと寝たいと思いませんか? もちろん、彼氏が泊まりに来ても大丈夫なサイズです。 シングルだと、2人で寝るにはちょっと窮屈ですよ。 また、セミダブルは8畳くらいのお部屋だとそこまで圧迫感もありません。 ソファやテレビボード、センターテーブルなど、女性の一人暮らしに必要な家具も十分置くことができます。 6畳以下の狭い部屋にはセミシングルもアリ セミシングルは、シングルよりも17cmほど幅が狭い、横幅約80cmのベッドです。 サイズ感は、ちょうど病院のベッドを思い出していただくといいでしょう。 女性が一人で寝るには問題ないですが、寝返りを打つとベッドから身体がはみ出してしまうこともあります。 小柄で華奢な女性向きですね。 セミシングルは、お部屋が6畳以下の場合におすすめですが、ゆったりと寝られるという感じではありません。 セミダブルを配置したレイアウト事例 以上のように、一人暮らしの女性のベッドはシングルが最も多いですが、こだわり派の方には 「セミダブル」が人気です。 ここからは、実際にセミダブルを使っている人の、レイアウト事例を見ていきましょう。 (出典:) こちらは、8畳ないくらいのお部屋。 ベッドの他にもローソファ、センターテーブル、パソコンデスク、テレビボードが置かれています。 セミダブルのベッドでも、全然ゆったりしたイメージですよね。 全体を低い家具で統一しているのも、お部屋を広く見せるポイントです。 色も、落ち着いたカラーでまとめられていて、とってもリラックスできそう! (出典:) 北欧モダンなイメージのお部屋。 こちらは約10畳ということで、セミダブルを置いてもかなり広々としています。 10畳なら、ダブルでも問題なさそうですね。 白いラグを敷くことで、ありがちなブラウンのフローリングの部屋が見違えるようにオシャレになっています。 (出典:) こちらは8畳ないくらいの広さ。 ここでもソファとテレビボード、そしてテーブルも問題なく置けています。 余計なものを置かず、とてもシンプルなレイアウトですね。 (出典:) こちらは約9畳の広さ。 こちらではセミダブルの引き出し収納ベッドが置かれています。 ぬいぐるみなど女性らしい可愛いアイテムも多いですが、そこまで狭さは感じられませんよね。 ベッド自体は高さがありますが、白い色をチョイスしているので、そこまで圧迫感が感じられません。 ベッドのサイズを選ぶ時のポイント これから貴女が1Kのお部屋で一人暮らしをするに当たり、ベッドのサイズで考えておくべきポイントは以下の4つです。 体型に合ったサイズのベッド• ベッドを置く部屋の広さ• 部屋の収納スペースの有無• ベッド周りの棚の有無 それぞれについて見ていきましょう。 体型に合ったサイズを選ぶ 一般的な体型の女性 一般的な体型の女性に合うのは、シングルサイズのベッドです。 ですが、上述したとおり、手足を広げたり、ゆったりと寝返りも打てるのはセミダブル。 基本的には、このどちらかを選ぶといいでしょう。 かなり細くて華奢な体型の女性 同じ身長でもかなり細い方や、身長160cm以下の小柄な女性なら、セミシングルサイズでもいいでしょう。 横幅は約85cmと、シングルサイズに比べると10cm以上狭くなりますが、そのぶんお部屋が広く使えます。 セミシングルサイズは、病院のベッドなどによく利用されるサイズです。 女性一人が、 ただ寝るためだけに使うのなら全く問題はありません。 また、小柄な女性なら長さが短いショート丈のベッドもおすすめです。 (参考) ぽっちゃりと太い女性 ぽっちゃりと太い女性なら、セミダブルサイズ絶対おすすめ!中にはダブルサイズを使われる方もいらっしゃいます。 ただ、ダブルになるとシーツやカバーの洗濯が大変です。 彼が泊まりに来る場合 彼がちょくちょく泊まりにくるような場合、シングルサイズでは2人で寝るのは結構窮屈です。 最初はずっとくっついて寝たいと思っていても、たまにはゆったり寝たいと思うようになるものです。 この場合は、セミダブル、ダブルサイズが絶対おすすめですよ。 ベッドを置く部屋の広さ 一般的な間取りで考えてみましょう。 6畳の部屋 シングスサイズが無難です。 それ以上になると、お部屋がかなり狭くなり、他の家具の配置が難しくなります。 ソファを置かないなら、セミダブルでも大丈夫です。 8畳の部屋 8畳以上の広さの部屋なら、セミダブルサイズがおすすめです。 広いベッドで、1日の疲れをしっかり取ってあげましょう。 部屋の収納スペースの有無 クローゼット収納が広い部屋 1Kの部屋には、たいていの場合クローゼット収納があります。 クローゼットに収まり切らないものは、タンスかベッド下を収納スペースとして使うかの2択になるでしょう。 洋服やバッグ、また趣味のアイテムが多い方は、両方の収納を利用しないといけませんね。 収納付きベッドの場合、サイズが大きくなると収納スペースも大きくなりますので、収納のことを考えてベッドのサイズを選ぶ必要も出てきます。 クローゼット収納が狭いorない部屋 デザイナーズマンションなどに見られる、クローゼット収納がない部屋。 おしゃれであってもかなり不便です。 それでも部屋をすっきりと見せたい場合は、大容量収納つきのベッドを選びましょう。 この場合は少々大き目のサイズでも、その分たっぷりと収納できるのでかえって部屋が広く使えます。 ベッド周りの棚の有無 女性は寝る前にお肌のお手入れをしたり、アロマの香りを楽しんだりすることが多いですよね。 美顔スチーマーを使っているのもよく見ます。 ベッド周りには、そんなアイテムを置いておけるスペースが必要です。 こちらの写真のような棚付きのベッドはとても便利なのですが、その分長さも必要で、棚が広ければ広いほど圧迫感も増すでしょう。 最近ではヘッドボードが1枚板のデザインのような、すっきりしたものが人気です。 何より長さがなくなるので、全体のサイズ感がかなり小さく感じられますよ。 サイドにお気に入りのテイストのナイトテーブルを置き、アロマやお気に入りテイストの小物でおしゃれを演出してみてはいかがですか? まとめ 一人暮らしの女性の部屋、主に1Kの部屋ですっきりと使えるベッドのサイズ選びのポイントをもう一度おさらいします。 自分の体型に合ったサイズを選ぶ(シングルかセミダブル)• 部屋の広さに合ったサイズを選ぶ• 部屋の収納スペースの有無によってはベッド下の収納のことまで考えてサイズを選ぶ• ナイトグッズを置く棚まで含めたサイズを考える 女性の一人暮らし、お部屋はおしゃれで居心地のいい場所にしておきたいですよね。 ベッドは家具の中でも一番大きく場所も取ります。 そのベッドのサイズ選びを間違えてしまって後悔する方も多いです。 こちらの記事を参考にしていただき、あなたにぴったりのサイズが見つかることを願っています!.

次の

一人暮らしにおすすめな布団7選|一人暮らしにベッドはいらない?

一人暮らしベッド

一人暮らしのベッドはいる、いらない? 畳の部屋があるならベッドではなく敷き布団を使うことが出来ますし、その方がおすすめです。 昼間は敷き布団を押し入れに収納すれば部屋を広く使うことが出来ますので部屋で趣味などを楽しむためにスペースを必要とする場合に使えます。 なので、部屋を広く使いたいのを重視したいかたはベッドはいらないですね。 畳に敷き布団のスタイルは本来の日本人の好むスタイルです。 ただ、敷き布団の上げ下げは毎日して万年床にはならないようにしたいものです。 洋室しかないワンルームなどはベッドはあった方が良いです。 床のフローリングやじゅうたんの上に直接敷き布団を敷くのは良くありません。 湿気の問題が出てくるからです。 寝ている間にほとんどの人が汗をかいていて、その湿気が敷き布団に染み込んで布団や床にカビを発生させてしまうかもしれません。 なので、 洋室しかない部屋はベッドの使用が理想です。 しかも、一人暮らしの人は忙しく帰って寝るだけやすぐに横になりたいというかたも多いようです。 ベッドのスペースよりもベッドのマットレスが苦手なので敷き布団で寝たいというかたもいます。 そんなかたは、敷き布団が使えるベッドがおすすめです。 また、洋室しかなくベッドを置くと生活がしにくいので敷き布団にしたいかたは、簡単に湿気対策が出来る「すのこ板」の使用がおすすめです。 畳の部屋でも使える桐四つ折れすのこ板 布団を干す台としても使えます。 一人暮らしのベッドサイズは? 一人暮らしのベッドのサイズは小柄な方ならシングルベッドで大丈夫です。 しかし、体格の良い方はシングルサイズでは小さいと感じることも多いです。 部屋に余裕があるならセミダブルサイズをおすすめします。 セミダブルベッドにテレビボード、デスクくらいなら置けそうです。 収納スペースがどれくらいあるかの確認も必要です。 収納スペースが少ないと物があふれ、部屋がどんどん狭くなってしまいます。 新たに収納家具を購入するとやはり部屋が狭くなってしまいます。 部屋のサイズを基本にベッドサイズ、他の家具のサイズや数を決めていくことは大切ですね。 ベッドを置くことで収納スペースが増える! 収納スペースがない場合、物が片付かないで乱雑な部屋になってしまいがちです。 そこへベッドを置くと、とんでもなく部屋が狭くなってしまいます。 そんな場合でもベッドを置くことで収納スペースが増える「収納ベッド」があります。 収納ベッドには「引き出し式収納ベッド」と「跳ね上げ式収納ベッド」があります。 部屋に収納スペースがない場合はベッド下がそのまま収納庫になる跳ね上げ式収納ベッドがおすすめです。 収納力は引き出し式収納ベッドの10倍 まるで押し入れが1つ増えたくらいの収納量です。 布団や季節家電、スーツケースなどが入るのが魅力 ベッドのヘッドボードはいらない? ベッドを置くと決めてもなるべく部屋は広く使いたいものです。 ベッドにはヘッドボード付きとないものがあります。 ヘッドボードがあった方が良い利点は目覚まし時計などの小物が置けることや照明付き、コンセント付きもある点です。 ヘッドボードがないベッドはヘッドボードのない分、コンパクトになります。 見た目もスッキリして部屋が広く見えます。 また、模様替えの時ベッドの向きを変えずに枕の向きを変えることもできます。 そして、ベッド自体の価格も少し安い傾向にあります。 なので部屋をスッキリ広く見せたい場合はヘッドボードなしのベッドをおすすめします。 一人暮らしのいるもの、いらないもの家具リスト 一人暮らしでも物が増えることがあっても減ることがないのが現実です。 始めから何もかもそろえるのではなく必要なものをそろえてから、必要に応じて買い足していくのが後々無駄な買い物をしたという失敗がなくて済みます。 一人暮らしのいるもの、いらないものの中で両方に入っている物もあります。 あなたのライフスタイルにより違ってくると思いますので、注意項目を参考にしてください。 今回はおおまかに家具類でいるもの、いらないものを実体験からお伝えします。 台所用品やトイレ用品などの細かいものは必要に応じてそろえてください。 いるもの 理由と注意項目 デスク (パソコン用や勉強用・食事用) 勉強机を置くと狭くなる場合は折りたたみでもOKかな 椅子(座椅子) 椅子なしで床に座るのも検討 ベッド 布団セット 部屋の広さとベッドのサイズのバランスを考える カーテン 生地は厚めで暑さ対策、寒さ対策。 レースのカーテンもある方が良い。 目覚まし時計 スマホを使う方はいらないと思いがちだが、スマホは枕元には置かない方が良い。 (脳が休まらないから) 冷蔵庫 必需品。 たとえ料理をしなくても入れておくものは何かと多いです。 電子レンジ 便利なもの。 料理をする人でも活躍の用途は広い。 掃除機 畳やじゅうたんの床ならあった方が良い。 小型の掃除機で十分。 テレビ あると楽しい。 パソコンやスマホで代用できる人はいらないかも。 洗濯機 コインランドリーの使用より洗濯機の方が安くつきます。 干すところがないという部屋はお風呂場に干して換気扇を回せば乾きますよ。 エアコン 特に夏は必要。 近年の命に関わる猛暑を乗り切らなければいけません。 いらないもの 理由と注意項目 掃除機 フローリングの場合はクイックルワイパーの方が手軽です。 電気ポット 昼間に外出することが多い人は以外に使わない。 電気ケトルならあってもよいかも。 ソファー 使い慣れてるならOK。 日本人は床に座る方が好きな傾向があるので座椅子のほうが良いかも。 ベッドをソファー代わりにするかたも多い。 洋服ダンズ 作り付けのクローゼットに入りきらない洋服はプラスチックの収納ケースの方がよい。 クローゼットの下に入るサイズだと便利。 テレビ パソコンがあるので、いらないという人も。 テレビを見ない人も多くなっている。 何と言っても大切な睡眠です。 リラックスできる寝室にはベッドがある。 忙しい人のためのリラックスアイテムです。 自分に合ったベッドを選べば、快適な暮らしをアップさせること間違いなしです。 是非、参考にしてください。

次の

一人暮らしでセミダブルベッドを置くと狭い?家具配置例やレイアウト実例を紹介!

一人暮らしベッド

・お部屋を広く使える ・コストが低い ・引っ越し時に荷物が少ない ・干したり洗ったりできるので清潔に保てる ・好きなところに移動させられる 布団を片付ければその分スペースが空くので、狭いお部屋でも広く使えます。 また、ベッド購入費と引っ越し時や買い替え時の処分費用も掛からないので、コストがかなり抑えられます。 湿気を取り除くために干したり洗ったりするので、年中布団を敷きっぱなしのベッドよりも清潔に保てます。 ベッドがない分、お部屋の好きなところに布団を敷けるのもメリットです。 気分によって寝る場所を変えてみてください。 布団の4つのデメリット メリットが多いように見えますが布団にすると、以下の4つのデメリットもあります。 最適な時間は、夏であれば午前10時から午後2時頃、冬であれば午前11時から13時頃の間です。 夕方になると外の気温が下がって湿気が増えるため、逆にカビが増えやすくなるので注意してください。 ちなみに、布団の種類によってどのくらいの期間で干せば良いかが変わります。 以下にまとめたので参考にしてください。 特徴 干し方 木綿 湿気を溜めこみやすい 3日に1回 ポリエステル 湿気をあまり吸わない 1~2週間に1回 ウール 吸い込んだ湿気を外へ排出する 1ヶ月に1~2回ほど風にあてる 羽毛 湿気を吸いにくい 1ヶ月に1回。 紫外線に弱いので、日陰干し 頻繁に干すのが面倒な人は、ウールや羽毛がおすすめです。 折り畳み式のすのこはコンパクトに片づけられるので、とても便利です。 値段は安いもので5,000円前後でに購入できます。 コストを限界まで抑えたい人は、100円均一ですのこを複数枚購入し、針金などで連携させれば1,000円ほどに収まります。 日中はクッションとして活用 市販で売っている専用の収納袋を購入すれば、日中はクッションやソファー代わりに使えます。 使い方は簡単で、敷布団や掛布団を畳んで収納袋にしまうだけです。 インテリアにもなるので、布団の収納スペースがない人に特におすすめです。 ちなみに、Amazonや楽天などで安いものを探すと2,000円ほどで手に入ります。 布団派の人達のレイアウト実例 一人暮らしをしている人で、実際に布団を使っている人達のレイアウト例を紹介します。 roomclip. もともと最低限の荷物しかないお部屋ですが、布団を畳むことでさらに空間が広くなっています。 ミニマリストを目指している人にも合うレイアウトです。 roomclip. また、布団の高さに合うように、お部屋全体の家具を背の低いものでまとめているため、立った時にかなりお部屋が広く感じます。 roomclip. 狭いお部屋でも、二人掛け用のゆったりめのソファーが置けます。 昼間は布団を片付けてリビング風に、夜は布団を敷いて寝室にできるので、メリハリのある生活ができます。 roomclip. そのため、友人を呼んでこたつで鍋パーティーもできます。 冷え性だからこたつが欲しい、冬はエアコンよりこたつ派の人は、ベッドを置くよりも布団が良いかもしれません。 わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか? わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです! おすすめ関連記事.

次の