ねうしとら 覚え方。 2020年の干支は子(ね)。干支の順番の由来と覚え方

十二支の後半6支が覚えられません^^;

ねうしとら 覚え方

スポンサーリンク 由来と順番 干支というのは日本独自のものだと思われがちですが、元は方角や時間などを示すものとして、古来中国の殷の時代に考えられたものでした。 それが年を表すものとして12種類の動物を当てはめられ、日本に伝わり十二支と呼んで使われるようになったのです。 まず、十二支は子(ね・・ネズミ)から始まって、丑(うし)寅(とら)卯(う・・うさぎ)龍(たつ)巳(み・・へび)、午(うま)、未(ひつじ)申(さる)酉(とり)戌(いぬ)亥(い・・いのしし)となっています。 十二支の動物はほぼどこの国でも同じですが、亥だけは異なり、中国ではいのししではなく、ブタとなっています。 これは、当時日本ではブタになじみがなく、ブタに似た動物としてイノシシが取り入れられるようになったからです。 十二支の動物の種類と順番の由来に関しては、神様に新年の挨拶に訪れた動物とその順番だというユニークな話が伝えられています。 昔神様が新年の挨拶に来た順に、12種類の動物を年を守る神様、十二支にするということを動物たちに伝えました。 すると神様になりたいと願った動物たちが我先に神様のもとに訪れ、この順になったとされています。 しかし、一番小さいネズミが一番になれたのは、牛の背中に飛び乗って神様のところまできて、到着時に背中から飛び降りたからという面白いエピソードもあります。 更にネズミに関しては、神様に挨拶に行く日にちを猫に聞かれてライバルを少しでも減らしたいと考え、違う日にちを猫に教えたため、猫は十二支になれなかったという話もあります。 このことがきっかけで、猫はネズミを追い回すようになり、ネズミにとっても猫は天敵になったと言われています。 スポンサーリンク 覚え方 12つもあるとなかなか覚えられないという人もいますが、 音で歌のように口ずさむと意外と簡単に覚えられます。 「ね~うしとらう~、たつみ~、うまひつじさるとりいぬい~」という感じでリズムテンポよく繰り返し口にしてみましょう。 一度や二度ではさすがに覚えられないので、お風呂の中などで何度も口ずさんでいるうちに、自然に暗記できるようになります。 更に、「う~」までは何とか覚えられても、後が続かないという人もいるので 語呂合わせでの覚え方もおすすめです。 「たつみさんは馬と羊を飼い、猿鳥はいぬいさんが飼う」というようにまとめてみましょう。 少しこじつけみたいになってしまいますが、単語同士を関連付けると覚えやすいかもしれません。 2017年は? 干支は12年に一度回ってくるため、毎年変わります。 2016年は申(さる)だったので、2017年は次の酉(とり)になります。 酉は十二支では10番目にあたりますが、この順番にもエピソードがあります。 酉の前後は申(さる)と戌(いぬ)ですが、犬猿の仲といわれていることからも、猿と犬は仲が悪く喧嘩の鳥が仲裁に入ったため、申と戌の間の順番になったとされています。

次の

干支(えと)

ねうしとら 覚え方

定番があまりない干支の覚え方 子 ね 、丑 うし ・寅 とら ・卯 う 辰 たつ ・巳 み ・午 うま ・未 ひつじ 申 さる ・酉 とり ・戌 いぬ ・亥 い 全部で12の動物で表される干支。 しかし有名なわりに、 定番の覚え方があまりないようです。 よく紹介されてるものとしては、 リズムに乗せて何度も復唱するとか、 「たつみ」さん「いぬい」さんといった一部を覚えるなど。 どれも覚えるのに、 少し頑張る必要がありそうです。 でも、できれば全部がゴロ合わせで、 意味があると覚えやすいですよね。 たとえば、化学で周期表を覚えるときの定番、 「水兵 リーベ 僕の船・・・」 水素 H 、ヘリウム He 、リチウム Li 、ベリリウム Be ・・・ みたいのですね。 そんな思いがあったので、 オリジナルの干支ゴロ合わせを 今回作ってみました! 干支の新しいゴロ合わせ覚え方! 干支が覚えにくい大きな理由は、 後半の「うま、ひつじ、さる」 のところにあるようです。 文字数が多い動物が連続するからなのか、 唱えるときに引っかかりがちです。 ・・・ならばその部分の文字を短くしたら? と思いつき、 引っかかる部分を 下のように1文字にしてみました。 寝 ね 牛 うし 捕 とらう 絶 たつ 身 み、 ( ね うし とら う たつ み) 麻痺 まひ 悟 さとり、 射 いぬ 意 い。 ( ま ひ さ とり、 いぬ い) なんだか古文みたいですが。 (苦笑) ストーリーとしては、 寝ていた暴れ牛を、 捨て身で捕らえようといどむものの、 途中反撃を受け、体が麻痺してしまった! しかし弓を射てなんとか仕留めるぞ! といった感じですね。 今まで、ウマヒツジサルトリイヌイ・・・ と唱えてた呪文より、 なんとなくスッキリした感じがしませんか? ご自身の使いやすいゴロと組みあわせて、 使ってみてくださいね。 干支の物語 さて干支の話題でよく出てくるのが、 元旦の朝に動物たちが、 神様や皇帝のところに行くレースをしたという物語です。 レースで早く着いた順に、 12匹を年ごとのリーダーにする、 と神様や皇帝が動物たちに約束したんですね。 それを聞いた動物たちは、 我さきにと競い合い、 その結果が今の干支の順になったというわけです。 バージョンによって色々違いがありますが、 一部を紹介すると以下のような感じです。 神様版 ネズミは1位になりそうなウシの背に乗せてもらい、 ゴール直前そこから飛び降り、 ウシより先に1位獲得。 イヌとサルは途中犬猿の仲になったので、 それを取りもとうとニワトリが真ん中に入り、 サル・ニワトリ・イヌの順番にゴール。 イノシシは足が速かったのが逆にわざわいし、 勢いあまってゴールを通り過ぎ、 戻ったもののすでに遅く12位で到着。 ネズミはネコに「レースは明日だよ」とウソをつき、 だまされたネコはレースに出られず、 その後ネズミにうらみを持ち続けた、なんてのもあります。 皇帝版 皇帝版では、 川を渡って宮廷に来るようにと、 ジェイド皇帝が動物たちに言い渡します。 泳ぎが苦手だけど賢いネズミとネコは、 ウシに頼んで背中に乗せてもらう。 ネズミはネコを途中で川に蹴落とし、 しかもゴール直前にはジャンプし、 ウシより先に着地して1位に。 サルとニワトリとイヌは、 お互い協力して一つのいかだに乗り、 いっしょに川を渡ってゴール。 ブタ(日本でいうイノシシ)は、 途中おなかが空いてたくさん食べ、 そのまま寝てしまったため最後に到着。 などなど。 もちろんこれらは干支の順番を覚えるのに、 あとづけで作られた物語ですが、 読みものや雑学としても面白いですね。 スポンサーリンク 干支と十二支は同じではない?? ここまで、 干支の覚え方や物語について書いてきました。 でもじつは、 「干支」イコール12の動物 ではないんですね。 もう少し正確に書くと、• 甲・乙・丙 きのえ・きのと・ひのえ で始まる 「 十干(じっかん 」• 子・丑・寅(ね・うし・とら)の 「 十二支(じゅうにし)」 この2つを組み合わせたものが、 ほんらいの「 干 支」なんです。 また、 「 十二支」はもともと動物の名ではなく、 ただの漢字にすぎませんでした。 何の漢字かというと、 日付や年月、時刻、方位を表す 記号としての漢字だったんすね。 たとえば時代劇などで出てくる、 「巽(辰巳・たつみ)」の方位や、 「丑 うし みつどき」などの表現がそれです。 しかし、ただの漢字の羅列では覚えにくいので、 覚えやすいよう十二支それぞれの漢字に 動物をあてはめたわけなんです。 だからもともと、 「丑(うし)」に牛の意味はなく、 「寅(とら)」に虎の意味はなかったわけです。 となると、 「亥 い 年の人は猪突猛進!」 みたいな干支の性格診断はこじつけっぽい気もしますね。 ロシアでも干支が使われてる! 干支というと、 中国や日本だけのもののようなイメージがありますが、 じつは世界のいろいろな国で使われてます。 特にアジアでは、 干支を使っている国が多くあります。 たとえば一番近い国では韓国があり、 相手の年齢を遠回しに尋ねるとき、 「干支は何ですか?」と聞くこともあります。 また意外かもしれませんが ロシアでも干支が使われてます。 日本と同じように親しまれていて、 毎年干支のカレンダーがいろいろ出ています。 ロシアは西洋的なイメージがありますが、 文化的にもけっこう東洋の影響を受けてるんですね。 ちなみに、 日本で「亥」はイノシシを表わしますが、 日本以外の国では「亥」がブタを表します。 また「未」がヒツジでなくヤギで表されるなど、 国によって動物の種類が、 少し異なる場合もあります。 まとめ ということで、 干支のオリジナル語呂合わせや物語、 干支の本当の意味などについて書きました。 日本で言う干支が、 本来の「干支」ではなかったなど、 意外と知らないことがたくさんあるものですね。

次の

古時刻と古方位ってなんだっけ?とっさの時に使える昔の日本の感覚

ねうしとら 覚え方

小学校の理科とは異なり、中学生で習う理科は計算や暗記事項が増えてきて一気に難しくなりますね。 特に目に見えない電気の分野などはなかなか理解しにくいのではないでしょうか。 「オームの法則」は電気の分野でも特に重要です。 オームの法則を一度マスターしてしまえば、電流、電圧、抵抗わからないものをどれでも求めることができるのです。 この記事ではその覚え方、使い方を紹介し、練習問題とその解説を加えています。 また、あなたがこの先いつオームの法則を使うことになるかも説明します。 この記事を読んでオームの法則を理解でき使いこなせるようになれば、定期テストや入試でもしっかりと得点できるようになりますよ! 「オームの法則」とは? 「オームの法則」とは? という公式で表される法則を オームの法則 と呼びます。 【オームの法則の覚え方】 「ブイ イコール アイ アール」 と100回唱えることが最も早く覚えられる覚え方です。 声に出して100回唱えてください。 それぞれの文字が何を表すか、また「オームの法則」の使い方は後でとても詳しく説明しますので、まずはこの式を完全に覚えてください。 また、ゴロで覚えると忘れにくいので自分で考えてみるのも面白いですよ! なんてゴロはどうでしょうか。 センスの塊のようなゴロですね! 物理の勉強法は、まず公式を覚えるところから始まります。 物理で扱う公式は昔の大偉人が発見したものばかりなので、いきなり原理をイメージして使うのはとても難しいことです。 まずは覚えてしまいましょう。 オームの法則の3つの文字 「ブイ イコール アイ アール」を100回唱え終えたあなたなら、もう「オームの法則」の公式を忘れることはありません。 ここからはもっと具体的に「オームの法則」を理解していきましょう。 【オームの法則の名前の由来】 約200年前にドイツの物理学者オームさんが発見したために「オームの法則」と呼ばれます。 実はオームさんが発見する45年前に別の人が見つけていたのですが、その時に世間に発表していませんでした。 先に発表したオームさんの手柄となったわけです。 悲しいお話です。 【オームの法則に使われている文字】 オームの法則にはV,I,Rという3つの文字が使われています。 それぞれ、 を表しています。 といっても、具体的にはわかりにくいですよね… この次の節で電圧、電流、抵抗、電池をすぐに理解できるたとえを紹介します! まずは「電圧」「電流」「抵抗」という言葉だけを覚えてください。 電気回路のイメージ 電池、電圧、電流、抵抗を理解するための方法として、 水流をイメージする方法があります。 「電池」が水を上まで押し上げるポンプの役割をするとしましょう。 すると「電圧V」は水の落差です。 ポンプがどこまで水を上げるかを表しています。 つまり、「電圧V」は電池や電源 コンセント が与えるものなんですね。 また、水の落差(電圧)が大きいほど流れ落ちる水の勢いが増し、水車が勢い良く回りますね。 ここでの水の勢いを「電流I」と捉えます。 「抵抗R」とは、水を流れにくくする水車の役割をします。 その代わり、水車を動かすエネルギーを生み出します。 これによって「電圧V」をエネルギーに変換することができます。 オームの法則の使い方! 「オームの法則」を知っていても、使い方を知っていないと意味がありません。 ここで簡単な例題を解いて使い方の基礎を身に着けましょう。 しかし電圧、電流、抵抗を求めるときのそれぞれのオームの法則を暗記しても意味がありません。 公式の元の形【V=IR】を暗記してしまったら、あとは式変形するだけで電流や抵抗を求めることができます。 なるべく覚えることを減らして、楽しちゃいましょう! 数学で方程式を解く時には 「求めたい文字を左側に、それ以外を右側に集める」 というコツがあります。 数学だけでなく物理でも使えるコツです。 オームの法則でもガンガン使っていきましょう! 電圧を求める場合 電圧を求めたいときには、電圧Vを左側に、電流Iと抵抗Rを左側に持っていくことがコツです。 元々の形ですね 笑 【注意事項】 理科の問題を解くときには、必ず答えに単位を付けてください。 例題を見てみましょう。 この時の電池の電圧 v を求めなさい。 【解説】 「電圧」「電流」「抵抗」を求める問題が出たら。 まずは「オームの法則」で解くことができないか、公式に代入してみましょう。 公式に当てはめるだけで求めることができましたね。 電流を求める場合 電流Iを求める場合は、電流を表すIを左側に、電圧Vと抵抗Rを右側に持ってきましょう。 最初に紹介した「オームの法則」の式の両辺をRで割っただけですね。 これで電流を求めることができます。 いちいち電流を求めるための「オームの法則」を覚えるのではなく、どうすれば求めたい文字だけを左側に残せるかを考えてみてください。 さて、例題で使い方を見てみましょう。 流れる電流 A を求めなさい。 【解説】 抵抗、電流、電圧についての問題文なので、まずは「オームの法則」で解けないかを考えます。 公式を式変形して、数値を代入することで求めることができました。 抵抗を求める場合 抵抗を求める場合でも、電流を求める場合と同じことをするだけです。 求めたい抵抗Rを左側に、それ以外の電圧Vと電流Iを右側に持って行きます。 例題を見てみましょう。 【例題】 6vの電池に抵抗を繋げて回路を作ったところ、3Aの電流が流れた。 電圧、電流、抵抗に関する問題文なので、まずは「オームの法則」で解けないか見てみましょう。 これも簡単な式で解くことができました。 【まとめ】 ・求めたいものによって を式変形させる。 ・式変形は「求めたいものを左側、それ以外を右側に集める」というコツを用いて行う。 ・公式を覚えていれば簡単な計算で求められる。 オームの法則で電圧・電流・抵抗の大きさの関係を見る! 「オームの法則」では、「電圧」「電流」「抵抗」がそれぞれ変化した時に、他の値にどのような影響を与えるかを調べる事ができます。 抵抗が同じで、電流の大きさが異なる場合の電圧について 「オームの法則」の公式を見ながら2つの場合を考えていきましょう。 という結果になります。 電流が2倍になると、電圧も2倍になっていますね。 このことから、電圧は電流に比例することがわかりました。 電流が大きくなると電圧も大きくなり、電流が小さくなると電圧も小さくなります。 電圧が同じで、抵抗の大きさが異なる場合の電流について 「オームの法則」の公式を見ながら2つの場合を考えていきましょう。 という結果になります。 このことから、電流は抵抗に反比例することがわかりました。 抵抗が電流を流れにくくする役割があると考えると、電流が2倍流れにくくなったと考えることができるので納得できると思います。 電流が同じで、電圧の大きさが異なる場合の抵抗について 「オームの法則」の公式を見ながら2つの場合を考えていきましょう。 電流はどちらも同じなので、具体的に1Aとしてみましょう。 という結果になります。 電圧が2倍になると、抵抗は2倍になっていますね。 このことから、抵抗は電圧に比例することがわかりました。 【まとめ】 ここでは、 ・電圧は電流に比例する ・電圧は抵抗に比例する ・電流は抵抗に反比例する ことを確認しました! オームの法則の公式を日本語で説明すると、 「電圧は電流に比例する」 となるのですが、実際に数値を入れてみると理解しやすくなったのではないでしょうか。

次の