電話 番号 なし で ライン。 SIMカードなし・WiFiのみでLINEは登録可能?SIMなしスマホでLINEを使う方法

LINEを電話番号なしで登録・利用する方法と注意点

電話 番号 なし で ライン

携帯電話番号でアカウント登録をしていた場合には、特別な操作をしなくても、電話番号認証をすれば前に使っていたアカウント名やプロフィールのアイコンなどは引継ぐことができます。 トークはバックアップをしていなければ消えてしまうことがありますが、友達リストはそのまま引き継がれます。 新しく友達の連絡先を探す手間はありません。 しかし、電話番号なしのFacebook連携のみでアカウントを新規登録していた場合には、 "設定"の "アカウント引継ぎ設定"を "オン"にする必要があります。 ここを "オン"にしておくと、メールアドレスを知っている他のスマホにアカウントを乗っ取られる可能性があるので、通常は "オフ"になっています。 電話番号なしでLINEのアカウントを引き継ぎたい場合には、機種変更をする前に古い端末でこちらをオンにしておく必要があります。 もしもスマホが壊れて起動しなかったり、紛失して操作できない場合には、LINEのアカウントは新規登録から始めなくてはいけません。 Facebookのアカウントを作らない人の理由で多いものが、Facebookは実名登録をしなくてはいけないから、というものです。 確かに、Facebookは実名で交流するためのツールです。 しかし、LINEのアカウントを作るためだけに実名登録するのは危ないと感じる人も少なくありません。 実はFacebookのアカウントを登録するために、実名であることを証明する必要はありません。 アカウントを新規登録するときに免許証やマイナンバーカードなど、本人であることを証明するための書類の提示を求められることはありません。 スパムのような使い方を匿名で行った場合、アカウント削除される可能性はあります。 しかしLINEのアカウントを作るためだけにFacebookにアカウントを新規登録して、特にFacebookを利用しなければアカウント削除される心配も少ないでしょう。 LINEのアカウントを電話番号なしで作るために、Facebookの登録方法について詳しく見ていきましょう。 まずは "Facebook"と検索してトップページを出します。 ログインしていない状態であれば、トップページに"アカウント登録"のために記入する画面があるので、必要な内容を記入します。 本人確認するための必要事項として、 "携帯電話番号"か "メールアドレス"を記入する必要があります。 前もって、メールアドレスは用意しておきましょう。 メールアドレスを持っていない場合には、Yahoo! メールやGmailなど、匿名でも作れるメールサービスで新規作成しましょう。 名前を記入する欄がありますが、こちらは匿名でも大丈夫です。 記入出来たらアカウント登録のボタンを押します。 その後、登録したメールアドレスに"確認メール"が届きます。 この "確認メール"に記載されている "確認用URL"をクリックすればFacebookに登録完了です。

次の

タブレットもOK!!電話番号なしでもLINEを使う方法

電話 番号 なし で ライン

友だちや家族とのやり取りに欠かせないコミュニケーションアプリ『LINE』は、電話番号を登録しなくても利用できます。 格安SIMなどのデータ通信専用端末でも『LINE』が使えるので、プライベート用と使い分けるためにサブアカウントを作成することも。 電話番号を登録していないと友だち検索などの『LINE』機能の一部が制限されますが、友だちや家族とのメッセージのやり取りや無料通話は問題なくおこなえます。 また、ガラケーや固定電話の電話番号でも登録できるのもポイントです。 あわせて読みたい 電話番号なしの登録で利用できないこと 電話番号を登録しないで『LINE』を利用する場合、「」や「」など一部のLINE機能が使えません。 ただ、メッセージのやり取りや『LINE』同士の無料通話などの基本的な機能は利用できるので、それだけできれば十分という方なら、電話番号なしでも問題ないでしょう。 電話番号による友だち検索は利用できない をするには電話番号の登録および年齢認証が必要です。 そのため、電話番号なしで利用している場合は電話番号による友だち検索ができません。 友だちを追加する際は「QRコード」または「ふるふる機能」を使用します。 ちなみに「dアカウント」や「」などキャリア契約を通して年齢認証ができる場合は、LINE IDを使った友だち検索が可能です。 LINEスタンプは購入およびプレゼントができない 電話番号を登録していないと、「LINE STORE」や「スタンプショップ」でスタンプや着せかえを購入できません。 ただし、企業アカウントを友だち追加して手に入るスタンプなど、一部のスタンプは入手できる場合があります。 LINEポイント機能は利用できない 「LINEポイント」を貯めることができないので、「LINEポイント」を使った機能は全て利用できません。 LINE Out機能は利用できない スマホの携帯番号や固定の電話番号宛に、安い通話料金で電話を掛けられるサービス「LINE Out」が利用できません。 『LINE』の友だち同士で会話する無料通話機能は使用できるので、間違いのないように。 電話番号なしで登録する方法 電話番号なしで登録するには「Facebook」からログインする必要があります。 「Facebook」のアカウントさえあれば、格安SIMなどデータ通信専用の端末でも『LINE』が使えるのは嬉しいですね。 上述の機能は制限されますがメッセージの送受信、無料通話機能は使えるので、連絡用に使う分には電話番号なしでも十分と言えます。 「はじめる」をタップし、「Facebookログイン」を選択.

次の

子どものLINEをタブレットや古いスマホで。登録に必要な電話番号が無い場合はどうする?

電話 番号 なし で ライン

いつものLINEアカウントをタブレットで使う まずは、スマホで普段使っているLINEのアカウントをタブレットでも使う方法について見ていきましょう。 外出先ではスマホを使っているけれども、家では電話機能以外は、画面が大きなタブレットを利用するといった使い分けをする人が増えています。 スマホとタブレットの使い分けをしている人にとっては、同じアカウントのLINEを両方で使えた方が便利なのは言うまでもありません。 ということで、スマホのLINEアカウントをタブレットでも使う方法についてみていきましょう。 iPadでLINEを使う場合 メールアドレスとパスワードでログインする方法 まずは、iPadでLINEを使う方法を見ていきましょう。 iPhoneを使っている人はiPadも使っていることが多いかと思いますが、タブレットだけはiPad、という人も多いことでしょう。 iPadでLINEを使うためには、まずはAppストアからLINEのアプリをダウンロードします。 以前はiPadではLINEは使えませんでしたが、現在のiOS版のLINEアプリはiPadでも使えます。 LINEを使っているスマホを手元に用意したら、iPadのLINEアプリからスマホのLINEに登録してあるメールアドレスとパスワードを入力します。 すると、本人確認のための暗証番号が表示されます。 スマホでLINEを起動すると、暗証番号を入力する画面になるので、そちらに暗証番号を入力すればiPadで使えるようになります。 スマホ版と同じように、トーク履歴や友達リストなどが同期されてiPad版LINEにも表示されます。 なお、iPadではしばらく使っていないと自動的にログアウトしてしまうので、ログアウトしたら同じ手順が必要になります。 QRコードでログインする方法 iPadのLINEアプリから「QRコードログイン」をタップすると、QRコードが表示されます。 これをスマホ版LINEの友達追加のQRコードで読み取れば、iPadのログインが完了します。 この方法は、メールアドレスの入力が必要ない、簡単な方法です。 WindowOSのタブレットを使う場合 Windowsタブレットを使う場合には、Windows版のLINEか、ブラウザにGooglechromeを使っているのならchrome版LINEをインストールします。 Windowsタブレットの場合でも、基本的にメールアドレスとパスワードでのログインかQRコードでのログインになります。 iPadの時とほぼ同じ手順でログインできます。 メールアドレスとパスワードでのログインを選んだら、タブレットの方のアプリにメールアドレスとパスワードを入力すると暗証番号が表示されます。 そちらをスマホのLINEに入力すると、タブレットでログインできます。 QRコードでのログインを選んだら、QRコードがタブレットに表示されるのでそちらをスマホで読み取ればログインできます。 Androidタブレットとの同期は不可能 注意が必要なのが、Androidタブレットです。 スマホと同じOSが使われている点ではiPadと同じ条件のはずですが、なぜかAndroidはタブレットとスマホのLINEを同期することができません。 iPadの場合には、スマホはiPhoneでもAndroidでもどちらでも同期できますが、Androidタブレットははどちらのスマホでも同期できません。 AndroidのタブレットでもLINEを使いたい場合には、スマホとは別にアカウントを作る必要があります。 この理由はLINEの規約にあります。 ラインの規約では、スマホ端末1台ごとに1アカウントと決められています。 2台のスマホで1つのアカウントを使うことはできないのです。 パソコンとスマホならOKです。 Windowsタブレットの場合には、OSがスマホではなくパソコンと同じものなので、スマホと同じとはみなされず、無条件で同期することができます。 iPadの場合にはiOSはiPhoneと同じですが、OSの仕様が若干違うようで、最近になってようやく同期できるようになりました。 Androidの場合には、現在はOSの仕様がスマホもタブレットもどちらも全く同じです。 そのために、タブレットもスマホの端末の1種類とみなされているようで、現在のところ同期はできません。 iPadのように、今後の改善が待たれるところです。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! 新規アカウントでタブレットでLINEをする方法 LINEを新規登録する場合には、基本的にスマホの電話番号を使った音声認証かSMS認証が必要です。 タブレットには基本的に電話番号が付いていないことから、新規登録はできないと思っている人もいるようです。 しかし、次の方法を使えばタブレットでも新規登録ができます。 電話番号なしならFacebook認証 Facebookを使っている人ならば、Facebook認証でLINEの新規登録ができます。 タブレットのOSはどれでもFacebookなら大丈夫です。 Facebook認証のやり方は、まずはタブレットでLINEアプリを起動します。 新規登録に進んだらFacebookでログインを選びます。 Facebookで使っているメールアドレスとパスワードを入力したら、ログインできます。 Facebookのアカウントを持っていない人は、ここで作ることもできます。 Facebookなら電話番号なしでメールアドレスだけでもアカウントが作れるので、電話番号認証が使えないときにはこちらの方がいいでしょう。 同じFacebookで2つ以上のLINEアカウントを作ることはできないので、LINEアカウントを作ったことがないFacebookアカウントを利用しましょう。 固定電話の番号でもLINEにログイン LINEの電話番号認証は固定電話でも行うことができます。 家に固定電話があれば、その電話番号を使って認証番号を入手することができます。 固定電話で新規登録する場合には、LINEのアプリで新規登録を選んでから、固定電話の電話番号を入力します。 すると、数分以内に固定電話に電話がかかってくるので、そちらを取ると自動音声で認証番号を教えてくれます。 それをメモしてタブレットの入力画面に入力すればアカウントを作ることができます。 安く電話番号を取得するならSMS Androidタブレットの中には音声通話はできないけれども、ショート・メッセージ・サービス SMS が使える端末もあります。 SMSというのは、携帯電話番号宛てに70文字程度の短いテキストメッセージを送ることができるサービスで、携帯電話番号を持っている端末ならどの端末でも使えます。 現在販売されているSIMカードの中には、音声通話はできないけれどもSMSでのやり取りなら使える、というものもあります。 タブレット端末でSMSを使えるのならば、SMS付きのデータSIMを格安SIMで購入して、SMS認証で新規登録するという方法もあります。 SMS付きの格安SIMなら、月額600円程度で利用することができます。 音声通話はできませんが、SMSを使える050から始まる電話番号が割り当てられます。 他の電話番号認証が必要なアプリもSMS認証で使えるようになるのと、WiFi環境がない所でもデータ通信ができるのでとても便利です。 なお、iPadやWindowsタブレットではSMSは使えません。 AndroidタブレットでもSMSが付いているかどうかは端末によって違うので、メーカーや販売店に確認してから購入しましょう。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! タブレットでLINEを使う注意点 タブレットでLINEを使う場合には、スマホで使うときとは違う注意点がいくつかあります。 固定電話での登録は自動の友達追加を外す LINEには、自分の電話番号を知っている人が自動で友達追加されていく機能があります。 スマホならプライベートの友人を登録してあることが多いので、いちいち友達を選んで登録しなくてもいいという便利な機能です。 しかし、固定電話は違います。 学校や会社の人への業務連絡で、電話番号を教えている場合もあります。 自動で追加したくない場合には、設定の友達から「友達自動追加」のチェックを必ず外しておきましょう。 同じ電話番号の認証で旧アカウントは消える LINEで認証できるのは、1つの電話番号で1つのアカウントだけです。 自分がスマホを買い替えた時に、新しいスマホで認証するのはいいのですが、固定電話を使ったときには注意必要です。 最後に認証されたアカウントが上書きされるので、家族が固定電話を使って自分よりも後に認証してしまうと、自分のアカウントが消えてしまいます。 電話番号認証がされた瞬間に、同じ番号で認証している端末のデータが消去されてしまうのです。 トークや連絡先もバックアップを取っておかない限り残すことは一切できません。 家族と一緒に暮らしている場合には、LINE認証を固定電話でしていると一言注意しておきましょう。 タブレット契約解除でLINEが使えない SMS付きのSIMを使ってLINEを新規登録していた場合、SIMカードの契約を解除してしまうとLINEも使えなくなってしまうので注意しましょう。 以前は電話番号の契約を解除したスマホでも、LINEを使い続けることができていたこともありました。 しかし最近では、契約解除した電話番号は契約解除してからしばらくすると凍結されてしまいます。 凍結された後で他の人に割り当てられた場合、その人がLINEを登録することで、自分が使っていたデータは一瞬にして消え去ってしまいます。 それを防ぐ方法は、前の電話番号で使っている間にメールアドレスやFacebookアカウントを登録しておくことです。 そうすればトーク履歴は残せなくても、連絡先だけは復活させることができます。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! タブレットのLINEの引き継ぎ方法 タブレット端末を新しいものに買い替えた場合に、LINEのトーク履歴と連絡先はどのように引継いだらいいのでしょうか。 LINEには多くの思い出が詰まっているという人も多く、連絡先やトーク履歴は何としてでも残したいという気持ちはだれでも持っているものです。 また、お仕事関係で使っていれば、LINEの中のデータが消えてしまうことで取引ができなくなるという事態も考えられます。 こちらではタブレットでのLINEアカウントの引継ぎ方法についてみていきましょう。 LINEのアカウントでメールアドレスの登録 まずは古いタブレットでメールアドレスとパスワードを登録しておきましょう。 新しい端末でログインするときに、そのメールアドレスとパスワードでログインして、設定から「アカウント引継ぎ設定」を選択すると友達やグループの情報、スタンプ購入履歴は引継ぐことができます。 トーク履歴を引き継ぐことはできないので次の方法で保存します。 トーク履歴は別のメディアに保存 友人との会話の記録を残したいという人は多いものです。 会話の履歴もiPhone同士、Android同士と同じ種類のOSの間での引継ぎなら可能です。 買い替える端末のOSをチェンジする場合、iPadからAndroid、AndroidからiPadという引き継ぎはできません。 トーク履歴を残したい場合には、SDカードかクラウドへデータを保存します。 AndroidならGoogleドライブへ保存するのが便利です。 トーク履歴を保存する方法は、LINEの設定からトークを開き、トークのバックアップを選びます。 今すぐバックアップをタップして保存する場所を指定すると保存することができます。 引き継ぎ失敗したら相手から履歴をもらう トーク履歴のバックアップに失敗してしまい、どう頑張ってもデータを復元できないときもあります。 仕事関係のやり取りが消えてしまうと困るなど、どうしても復元したい相手からテキストデータだけを送ってもらう、という方法もあります。 この方法は、相手の端末の自分とのトークからトーク設定を開いて、トーク履歴を送信してもらいます。 スタンプや写真のやり取りは復元できませんが、テキストデータだけはこれで復元できます。 タブレットを使いこなすならWiFi環境を 出典: ネットサーフィンや動画視聴等、タブレットを使いこなすならWiFi環境を整えることが必須です。 自宅でインターネット環境を整えれば、タブレットをネットにつないで思う存分使いたおすことができます。 家にいる間スマホを自宅WiFiにつないでおけば、データ使用量が減ってスマホ代の節約にもなります。 自宅で使えるWiFiサービスなら、が断然おすすめです。 ソフトバンクエアーは、 ルーターをコンセントにさすだけでネットが使えるようになる便利なWiFiサービスです。 面倒な回線工事や設定がなく、すぐにネットを使える点が魅力となっています。 ので、手軽にインターネットを使いたい人にもぴったりです。 タブレットの購入を機に、ソフトバンクエアーで快適なネット環境を整えてみてはいかがでしょうか。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! スマホに縛られずタブレットでもLINE タブレットでLINEを使う方法について見てきました。 AndroidのタブレットではスマホとLINEのアカウントを共有できないのは不便ですが、スマホとタブレットで交友関係を変えてみる、という楽しみもあります。 スマホの小さな画面は持ち運ぶのには便利なので、外出中にLINEで連絡するのには便利ですが、家で使うのなら大画面のタブレットの方が使いやすいです。 スマホでのLINEは学校や仕事関係で、タブレットでのLINEは趣味関係で、といった使い分けも楽しいです。 ぜひタブレットを使っている人は、スマホだけではなくタブレットでもLINEを楽しんでみてください。

次の