ワニ くん。 漫画『100ワニ』完結でファン惜しむ声“ワニロス” フォロワー数3ヶ月で190万人増の反響

漫画『100ワニ』完結でファン惜しむ声“ワニロス” フォロワー数3ヶ月で190万人増の反響

ワニ くん

ついに100日め、最終回をむかえました。 どんな結末だったでしょうか。 友達と花見の約束をしていたワニくん。 ところが、約束の時間になっても、ワニくんはなかなか来ません。 友達が迎えに行こうとしています。 今回は、今までの99回の4コマ漫画の形式を作者はあえて崩しました。 100日めは、3つの4コマ漫画と、最後は一つの大きな絵で表されています(画面の大きさを自由に変えることができるのは、他のメディアにはない漫画メディアの特徴です)。 絵としてははっきり描かれてはいないのですが、どうやらワニくんは、ヒヨコを助けようとして事故にあったようです。 97日前の3日めの4コマ漫画では、ヒヨコを助ける様子が描かれていますが、100日めの今日は、上手くいかなかったようです。 でも、ヒヨコは無事に助かりました。 最後に描かれる大きな絵は、満開の桜と青空と、見事な桜吹雪です。 でもワニくんは必死に生きた 桜は、しばしば日本人の死生観の象徴として描かれます。 見事に咲き、見事に散る桜は、日本人の美意識にぴったりです。 桜は散るからこそ、美しいのでしょう。 ただ私は、潔く死ぬことが良いことだとは思いません。 潔さは美しいものですが、たとえば自殺は決して潔い死ではありません。 治療をあきらめて、死期を早めるようなことも、良しとはしません。 その意味で、潔く死ぬことが良いことだとは思えないのです。 最後に大きく桜を描いた「100日後に死ぬワニ」の作者きくちゆうきさんも、そういう悪い意味の潔さを表したかったのではないと思います。 100日めのワニくんは、ヒヨコを助けます。 部分的にしか絵には描かれないので想像ですが、車にひかれたワニくんは、傷つきよろよろしながらも、最期の力を振り絞り、ヒヨコを安全な場所に置きます。 きっと痛くて苦しかったの思いますが、命が失われるその直前まで、ワニくんはワニくんらしく必死に生きました。 私も、最後の最期まで、私らしく、生きたいと思います。 ロボコンは、大学や高専の学生たちが、ルールの範囲内でロボットを作り競い合います。 その年は、ロボットの障害物競走のような内容でした。 学生たちが制限内で作ったロボットです。 多くのロボットが、なかなか上手く動きません。 あるロボットは、対戦相手のロボットをリードしていたのですが、途中で故障します。 もう障害物を乗り越えることはできません。 ロボットは(ロボットを操る学生は)、その体をぴったりと1ミリの隙間もなく障害物に接触させます。 少しでも、ほんの少しでも前にいるためです。 あとは、対戦チームのロボットがどこまで近づいてくるか。 追い越されたら負けです。 もう十分に動くことはできなくなったのに、じりじりと這うように動きながら、一生懸命、少しでも障害物に近づこうとするそのロボットの姿に、なぜか心を打たれました。 自分も、こうして生きていこうと思いました。 いつか、退職し、歳をとり、仕事やお金や健康も失うかもしれないけれど、その時に自分ができる範囲で、1ミリでも前に進もうと思いました。 「100日後に死ぬワニ」のワニくんも、決して優秀でイケメンのワニではありません。 見ようによっては、最期までドジなやつだったのかもしれません。 でもワニくんは、最期ま一瞬まで、ワニくんらしく、命の炎を燃やし続けました。 桜の木の一つの花びらかもしれません。 死と命と人生を考えさせてくれる名作絵本に、「葉っぱのフレディ:いのちの旅」があります。 「葉っぱのフレディ:いのちの旅」(童話屋) 春、葉っぱとして生まれたフレディーは、葉っぱの仕事を全部やり、そして秋になって紅葉し、冬になり枯れて散ります。 フレディーは、特別優秀な葉っぱというわけではない、平凡な葉っぱでしたが、その人生は、楽しく、やりがいもあり、他の葉っぱの仲間もいました。 それは、「100日後に死ぬワニ」のワニくんと一緒です。 ただワニくんと違っていたのは、自分がもうすぐ死ぬことを知っていたことです。 フレディは、不安を感じ、人生の意味を問います。 でも、フレディは静かな最期を迎えます。 散る時になって、フレディは初めて、木の全体の姿を見ることになります。 そしてフレディーは知らなかったのですが、枯れた葉っぱは地面で栄養となり、「命」は受け継がれていきます。 ワニくんの最後は、痛くて苦しかったかもしれません。 でも、ワニくんの顔は描かれてはいませんが、きっとヒヨコが助かったことを喜び、満足そうな笑顔だったのではないかと思います。 そしてワニくんの思い出は、みんなの心に残り、ワニくんの思い、ワニくんの「命」は、きっとみんなに受け継がれていくのでしょう。 現代人にとての死は身近なものではなく、今は死に対するリアリティが希薄な時代とも言えるでしょう。 そんな時代に、「100日後に死ぬワニ」は、私たちに死と命のメッセージを届けてくれました(:Y! ニュース個人有料)。 私も、あなたも、100日後に死ぬワニの一人として、その100日後がいつ来るかは分かりませんが、その時まで精一杯生きていきたいと思います。 ワニくん、ありがとう。 テレビドラマも、小説も、人の心を描いています。 舞台は江戸時代だったり、未来の宇宙だったりしますが、そこに登場するのは、愛し憎み攻撃し助け合う人々です。 作家は芸術的センスで人間の心を描き出しますが、心理学者は科学的な方法で人間の心の不思議に迫っていきます。 人は「どうするべきか」ではなく、「どうすることが効果的か」を探ります。 心は、人間の一番身近にあって、一番わからないものです。 相手の心もわからないし、何より自分自身の心がわからなくなるときもあります。 心理学を通して、自分を知り、人を知り、をよくして、幸せになりましょう。 心理学者やカウンセラーではなくても、経験や信念があります。 心はとても身近なので、人はみんな「心理学者」なのかもしれません。 それぞれの人が、それぞれの感情と考えを持っています。 世の中にはひどい人がいます。 腹を立てて当然です。 当然です。 こんなに傷つくことがあった、みんな私をわかってくれない、泣くのは当然です。 でも、ちょっと待って。 その考え、そのときのあなたの感情は、正しいのでしょうか。 その考えで、成功するのでしょうか。 その気持ちで、その行為で、仕事が上手くいき、人間関係が改善され、あなたは幸せになれるのでしょうか。 また、一人ひとりがつい陥ってしまう「自動思考」があります。 本当はそうではないのに、すぐにいつもの考えや感情が湧き出て、誤解が誤解を生み、努力も水の泡です。 これでは、とてももったいない! 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」と考えられるようになりましょう。 自分の心、人の行動。 ちょっと立ち止まって考えられると、冷静になれます。 やさしく強くなれます。 愛と勇気がよみがえります。 あなたは、もっと自由に、もっと楽しく生きられるのです。 女は話し合って問題解決しようとし、男は話題にしないことで解決しようとする。 そして互いに相手が解決を望んでいないと思い込む(男女のコミュニケーション)。 人は、問題が発覚したその瞬間に「このことは事前に予測できていたはずだ」と感じる(原因帰属)。 人間は、他者の行動を実際以上にその人の性格のせいにする。 自分自身の時には環境のせいにするのに(原因帰属の基本的錯誤)。 やる気が高すぎる人(結果を重んじすぎる人)は、子どもや部下のやる気を奪う(達成動機)。 うつ病は、もっとも周囲の理解が必要なのに、もっとも理解されにくい病気(精神医学・臨床心理学)。 本当はうつ病ではない自称うつ病の人が周囲を傷つけている(精神医学・臨床心理学)。 自分を信じることは大切だが、自分の意志力を過信する人は失敗する(認知行動療法)。 子どもを愛しているのに、愛が空回りしている親がたくさんいる(子育て・発達心理学)。 人は、自分の意見にあった情報を選び、自分の意見にあったように解釈する(認知的不協和)。 いったん否定的なセルフイメージを持つと、それが性格になってしまう(セルフ・スキーマ)• ネット・コミュニケーションは、愛も憎しみも燃え上がりやすい(社会心理学)。 凶悪事件の犯人は、孤独と絶望感に押しつぶされた人(犯罪心理学)。 心の隙間を埋めるような恋は、破滅へと向かう(恋愛心理学)。 問題があることが悪いことではありません。 悩みのない人はいません。 でも、問題がないふりをしたり、問題は解決不可能だと思い込んだりすることで、事態は悪化していきます。 たとえば…• 「ありがとう」が言える人は幸せになれる(ポジティブ心理学)。 希望は、心を開き、一歩を踏み出したときに生まれる(希望学)。 期待されている子は伸びる(ピグマリオン効果)• 大きな悲しみも、乗り越えられる方法がある(レジリエンス)。 心が張り裂ける出来事を通して、成長することもできる(PTG:外傷後成長)。 あなたは、なりたい自分になれる(新しいパーソナリティー理論)• 愛されるコツは愛すること(好意の返報性)。 「やればできる」の土台は「自分にもできる」(セルフ・エスティーム)。 心に痛みを感じている働くお母さんは大丈夫(社会心理学・役割間葛藤)• お金も腕力もなくても、あなたも人の助けになれる(カウンセリングマインド)• やる気のない部下も生徒も、上司や先生との人間関係でやる気を出せる(内発的動機づけ)• 親や先生に愛されると、やる気がわく(癒しの場と活躍の場・内発的動機づけ)。 人のために行動できる人は。 幸福になれる(ポジティブ心理学)。 ただの気休めや、きれい事ではありません。 近年の心理学は、人間の明るい側面にも目を向け始め、成果を上げています。 でも、あなたの心も癒されます。 過去の事実は変わらなくても、過去の出来事が今のあなたに与えている影響は変えることができます。 家庭や仕事や学校で、悩んでいる人もいるでしょう。 どうしようもないこともあるでしょう。 でも心理学の研究によると、お金や体の健康や容姿や周囲の状況など、環境が幸福に与える影響力は、10パーセントに過ぎません。 私なんか「どうせこんなもの」「しかたがない」と感じているのは、誤解です。 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」「ちょっと待って」と考えられれば、あなたの感情が変わります。 心理学のテクニックを活用すれば、効果的な行動が取れます。 あなたの心は変わり、結果的に現実も変化し始めるでしょう。 ゴールを決めるのは、あなた自身です。 心理学が、そのアシストをいたします。 心理学の基本的な理論とテクニック、ぜひお伝えしたい最新心理学の情報、そして心理学者からの心のメッセージをお送りしていきます。 実は、「メッセージ」は、不特定多数の人には届けにくいものもあります。 このコンテンツを選んでくださったあなたにだからこそ、お送りできるメッセージがあります。 現代社会の「今」を取り上げ、毎日のあなたのニーズに応えます。 心理学の研究によれば、泣くこと苦しむことにも意味があります。 でも、悲しみに押しつぶされ、失敗で無気力になり、時にはやる気が空回りするのが人間です。 希望と成果につながる効果的な方法を、これからお伝えしていきます。 心の傷が癒され、能力が発揮され、もっと優しく、もっと強く、良い親、良い上司、良い友人、良いパートナーになれるように。 あなたが、あなたらしくなるために。 ~~~~~~~~~~~~~~~~•

次の

【炎上理由】100日後に死ぬワニは電通案件ステマビジネスに批判?

ワニ くん

漫画家・イラストレーターのさんが手掛ける漫画『100日後に死ぬワニ』が、完結間近となっています。 「100日後に死ぬワニ」 98日目 — きくちゆうき yuukikikuchi 本日公開されたのは、98日目の漫画です。 ワニくんが死んでしまうまで、あと2日となってしまいました……。 そんな『100日後に死ぬワニ』がもうすぐ100日目を迎えるということで、今回は本作に登場するワニくんの友だちであるネズミくんに感動した話を紹介します。 まだ『100日後に死ぬワニ』を見たことがない方は、1日目からぜひご覧ください。 「100日後に死ぬワニ」? きくちゆうき yuukikikuchi 『100日目語に死ぬワニ』のネズミくんがいいやつ過ぎる! 13日目 前日にバイト先の先輩に、クリスマスの予定を聞くも残念ながら予定があると言われてしまったワニくん。 「100日後に死ぬワニ」 12日目 — きくちゆうき yuukikikuchi ケガをして入院しているネズミくんのお見舞いに行きますが、元気がありません。 ネズミくんは、ワニくんがどこか元気がないのを察して、ココアを振る舞います。 ココアを飲んで少し元気になったワニくんを見て、「もう一杯いく?」とさらに元気づけようとするネズミくん、マジいいやつ! 「100日後に死ぬワニ」 13日目 — きくちゆうき yuukikikuchi 42日目 バイト先の先輩に幾度もアプローチするも、なかなかうまくいかないワニくん。 さらに衝撃的な現場()も見てしまい、またまた元気がありません。 ネズミくんは、何かあったのかを聞きますが、ワニくんは何もないと言います。 そんなワニくんを見かねて、バイクでワニくんを外へと連れ出してくれました。 いやー、とってもいい友だち! 理由を聞かずに気分転換させてくれるなんて……。 最高の友だちですね! ワニくんが死んだらネズミくん悲しむだろうな……。 「100日後に死ぬワニ」 42日目 — きくちゆうき yuukikikuchi 88日目 先輩からゲームのコントローラーをもらったと嬉しそうに報告するワニくん。 いいなと言うネズミくんに、「死んだらあげるよ」と何気なく言います。 それを言われたネズミくんは、「冗談でもそれは言うなよ」と真顔で返します。 ネズミくんが、ワニくんのことを本当に大切に思っているんだなと思った瞬間でした。 これは泣ける……。 「100日後に死ぬワニ」 88日目 — きくちゆうき yuukikikuchi 以上、ネズミくんに感動した話をご紹介しました。 皆さんはどの話が感動しましたか? また、『100日後に死ぬワニ』のも出ています。 もうすぐ会えなくなるワニくんのスタンプもぜひ。 LINEスタンプ?? 「100日後に死ぬワニ」 のLINEスタンプが出ました!? きくちゆうき yuukikikuchi.

次の

100日後に死ぬワニが炎上した理由は結果が扇動マーケティングになってしまったから

ワニ くん

100日後に死ぬワニとは、きくちによる作品である。 概要 のきくちのにてより日刊でが始まった。 されたのがで、不穏なと裏に何も知らずにんとを過ごしているように見受けられる。 先の出来事を知らされている事で手側としては何気ない出来事や会話にまで感情を刺される一方、的な期待感さえ抱いてしまう何とも言えない読了感がを集めた。 日刊でのと言う形態で連載が行われ、にはに最期を迎える事が推測出来る状態での連載だった。 関係ながら同日が「」の発売日である事から代わりにするなど関連付けたも多く見られた。 1年後に届く商品を注文したり長期連載作の最後を気にするを見ている自身、実の所はの最期を見届けられるかは分からないと言う考えさせられる作品、なのかもしれない。 には友人をで失ったが記載されており、人が亡くなると言う経験が作品にも反映されていると思われる。 登場人物 だらだらしたりをしたり遊んだりとを過ごす。 優しい性格をしているがやや弱さも持つ。 センに好意を寄せている。 やでをしていたがをし始める。 の友人。 で入院していたが事退院した。 とは何かと支え合う仲。 信号視をしてしまう不注意な。 に巣を作って貰った。 セン の先ののの。 のあやし方がと同じ。 の友人。 な事も言うがに働き先としてに招くなど面倒見も悪くない。 で働いている。 と良い仲に。 ここから先の項は、日後の成分を多く含んでいます。 今更もへったくれもいと思うけどここから下はで突っ走ってください。 100日後 最初のからが続き、に事にを迎える。 と寸分違わぬ最後を飾り、同日ののトドは全て関連でとなった。 また、では日のをみんなで見届けるが放送された。 の後には、化、販売、など各社による商業展開が同時多発的に開始された。 ちなみに以前にもの発売は行われていた。 なお、の前日に書籍化が判明していたが、こちらの発表も後。 これはのに本書のが先行して作成されていたのをかが発見し、それがされたことによって広まったことで、意図したでの判明ではないと思われる。 のから間を置かない当の発表とその内容に対し喜ぶ人がいる一方で戸惑いのも上がり、以下のような多様な理由でしてしまった。 以下に( 根拠なものも含めて)理由を列挙する。 なお、100日後に死ぬワニの作品としての内容自体は、した理由として挙げられることは少ない。 なお、のも、本作のであった事を明かしているが、時代は楽しみで読めていたとしつつも、本作の展開については 、「書籍化も決定だし、もすごくて」と苦言を呈しており「なんかちょっと萎えましたね。 結構萎えたなぁ。 (前々から)決まってたね、これ。 やりすぎだね。 」と番組で摘し、類については「買わないです」と断言して切り捨てている。 のも暫く続くかに思われたが、後の約1週間後にの死去やさらにの発などの重要な事件が起こり、はそちらに移った形となり、意図せずは一旦収束期を迎えていると共に、単行本の発売すらに上らなくなり、後述のの記録的不入もあり、本作のは上形となっている。 直後にいきなりマ発表するのは、で終わった作品の余韻が失われる• 忘れ去られるのがいである事から、商品展開が急がれる事は不思議ではない。 しかし、いくら何でも告知に映るのがすぎる為、感動をぶち壊されたとのも多い。 物販の名称が「」とかなり軽い。 を使った作品は数多く存在するが、あまりの軽さにという意見が。 や等が展開されたが、 が低い。 にもかかわらず、価格の為値段は高め。 は僅か3日で役を終えた。 なお、はにはのとしているが、実質的に予約者が(取材に来たなど、純な客とは言えない者ばかり)であった為に大でのを疑うも存在している。 日と較的短時間にしては商品展開等の準備がすぎるのはである。 連載開始前から商業展開が予定されていたのでは?• 元はの作品だったのに、それを商業利用するのは気にくわない。 ましてはが絡んでたというころで、 手の 上で踊らされていたと感じた。 関わっていたが、よりにもよって悪名高いであること。 単行本の描き下ろしの密度が帯の文句と違って非常に薄い。 この低でこれだけ流行したのはおかしい、だ! 「商業化への」という理由だけではなく、上記のように様々な理由で 千差万別な理由で してしまった。 なお、「 案件」については が飛び交っており、以下のように否定されているものも多い。 疑惑・デマの流布 堰を切ったようなャングに対し「連載開始時よりもさらに前から準備していなければ間に合わないでは」「このは等によって作られたものだった」との疑惑が浮上した。 なお、にが携わっている事(こちらは)、がに打ち合わせに訪れたとのをしたの近隣に研究所がある事が根拠として「案件」と騒がれたが、のと電品製造にかかわる研究所は関係のである。 やでは所謂「案件」の件について明確に否定されており、元は一人で描き始めた作品である事、が参加したのは途中からである事、歌や販売は作品への熱量で間に合わせた事等がられている。 しかし、この放送でのきくちは大泣きしながら前述のような実を訴えたが、それが通り「の」を意味しているのではいか? という厳しい摘も存在している(の言い回しで、は獲物を食いながらを流すという逸話から「の泣き」のことをのと呼ぶことがある)。 また、複数の関連の同時から、「案件」としてをする者もいた。 しかし、とは別のへの誘導的のであると否定されている。 詳しくは「」の記事へ。 関連動画 関連生放送 関連商品 関連項目• - 作品 関連リンク•

次の