ハイパー スペース 特攻。 三大スターウォーズEP8でやってはいけなかったこと

ハイパードライブ(スターウォーズ)とは (ハイパードライブとは) [単語記事]

ハイパー スペース 特攻

その1:マジで「何でもあり」に思える兵器とフォース 今作に登場する新兵器やらフォースの使い方は、これまでのスター・ウォーズの設定をある程度知ってる人から見ると、 「おい、これなんでもアリかよ?!」と言いたくなってしまうのです。 ファースト・オーダー側 ハイパースペーストラッキング これまでのSWの鉄則は、 「ハイパースペースに飛び込んだら勝ち」というルールがあります。 どこまで行くか分からないので、追うことができないのです。 ただし、EP5でベイダーさんが言うように 「ハイパージャンプの軌道から、行き先を予測する」という技術はありました。 今回は、ディカーから脱出したレジスタンスがハイパージャンプで脱出したものの、ファースト・オーダーは行き先を検知して 一瞬で追いついてしまったのです。 ついに掟が破られた。。 でも実はこれ、 『ローグ・ワン』に伏線張られてました。 ジン・アーソがスカリフの帝国データセンターに侵入し、デス・スターの設計図を探していた時、 「ハイパースペーストラッキング」という名前のデータも読み上げています。 帝国時代から研究はされていたようなので、これは「ちょいびっくり」くらいですかね。 対クローキングスキャン SWには、 クローキング装置 Cloaking device という「宇宙船を敵のスキャンに反応させなくする =隠す ことができる技術」があります。 この装置を持つ船を ステルスシップといいます。 今回、追い詰められたレジスタンスは、敵に感知されないクローキング装置付きの小型船で、クレイトの基地に降り立つ作戦を取ります。 実は、『クローン・ウォーズ』のエピソードでも、ステルスシップが登場しています。 この中で、敵のトレンチ提督はステルスシップとの対戦経験があり、船の 「磁気」をスキャンすることで、その居場所を発見しました。 うん、まあ前例はありますねえ。。 スーパーキャノン クレイトの戦いで厚い壁を破いたファースト・オーダーのキャノンです。 一撃で厚い壁に穴あけてます。 これは見たことありません。 スターキラーの小型版とか言ってたっけ?知らんけど。 レジスタンス側 レイアのフォース復活・ルークの分身召喚 あそこでのレイア復活は、ちょっとチュン・ソロ無理でした。。。 しかし、設定的に突拍子もないかといわれると、そうでもない。 レイアの宇宙遊泳「フォースフライト」と、ルークの分身召喚技「ドッペルゲンガー」については、以下のフォースを調べつくした記事での検証で、 設定に照らして「セーフ」と判定しました。 レジェンズ本も見た上で徹底的に調べています! ご覧あれ! でもさ、ハンのこの一言に尽きる。 by ハン・ソロ エピソード7 チュン・ソロ的に、特にレイアはストーリーから見ても復活しない方が良かった。 何のための復活だかよく分からない。 キャリー・フィッシャーは大好き もし、レイアが死んでいたら、唯一の光であった母を失うことによって、カイロ・レンが「完全に」闇落ちし、レイの誘いに乗らなかったことにも納得できるが。 コアな観客の頭に「?」を浮かばせてまで、復活させる意味が分からなかった。 ハイパースペース特攻 やっちゃった。 まあ捨て身の作戦なので「あり」なのかもしれませんが、艦隊全部真っ二つになる原理はよくわからん。 『ローグ・ワン』では、ハンマーヘッドがデストロイヤーに「押し出し」で勝ってますが笑。 つまるところ…. ? 多くの場合に前例はあり、今作はその後の時代を描いていることもあるので、 設定をぶち壊してるわけではありません。 ですが、丁寧な説明がないのでどうしても、 荒唐無稽に「 急造した技術使いまくってます!」って感じてしまう。 これまでのSWには、見られない演出がちょこちょこ、いや、めっちゃ出てきました。 沈黙シーン 冒頭のドレッドノート爆撃の瞬間や、レイとカイロ・レンのフォースコネクトのシーンなど。 無音シーンが異様に多かった。 こんな不自然なのなかった!! 回想シーン ルークのジェダイ・テンプルが焼け落ちるシーンは、何度も回想として登場しました。 これは、エピソード7からですが。 覚えてる中で、SWにこれまで 「映像」での回想シーンはなかったはず。 少なくとも本編の映画にはこれまで一度も登場してない。 スローシーン これまたドレッドノート爆撃シーンや、カイロ・レンとルークの戦闘シーンなどで使用。 (マジであのマトリックスなんなの。。 ) 唯一思い当たるのは、EP5の「ダゴバの洞窟」でのルークvsベイダーのシーンくらい。 でもあれは唯一で、フォースの強い場所での出来事だから特殊な場面ではある。 つまるところ…. ? 別に新しい演出方法にチャレンジするのはいいのですが、 こんな一気にやんなくても。。 が本音です。 急にこれまで取り入れられてこなかった演出を、盛りだくさんで入れたせいで、スター・ウォーズ感が一気になくなってる。。 チュン・ソロには、所々のシーンがとても 安っぽくみえました。。 ・愛のため闇に堕ち、冷徹で恐ろしい「皇帝の手先」でありながら、心に葛藤を残していたダース・ベイダー。 ・軍略に優れているだけでなく、民族の文化・習性までも研究し尽くして、敵を手のひらの上で転がすような戦いを見せるスローン提督。 (ディズニー、彼を素晴らしい形でよく復活させたな!) ・EP1だけの出演にもかかわらず、そのビジュアルと立ち振る舞いで、圧倒的な存在感を魅せたダース・モール。 (クローン・ウォーズでの描かれ方も素晴らしい) ・先の先まで読み通し、ついには「合法的」に銀河の支配権を手に入れるまでに至ったダース・シディアス。 死に様は同じくダサかったですが笑。 バックストーリーがないので、思い入れができない+訳の分からない行動ばかり起こす、そんなキャラの紹介をどうぞ。 ホルド提督 新キャラはもっと丁寧に扱いましょうよ。 ぽっと出てきて、英雄だぜって感じで死なれても困ります。 こりゃ嫌いになっちゃいますよ。 てか、ほんとに能なし。 なぜ作戦を伝えなかった、、? どんな時も冷静に対処すべきことは分かります。 でも、なぜ作戦を伝えない?? 大事なことなので2回言いました ポーが短気なことは分かっていたはずです。 何か策があることを伝えないと、ポーが怒り出すことは自明のことです。 いいですか? もしも、ホルドがポーに「昔、反乱軍が基地として使っていた惑星が近くにある。 小型船にステルス装置があるから、主艦を捨ててそこに向かう。 これは機密情報なので必ず漏らさないこと」と伝えたとします。 それなのに、 無駄にポーを煽る態度を取り続け、主艦を捨てることに気付かれたときには罪悪感があるように振舞いました。 「言わずとも、見て学びなさい」は、職人技でもない限り、 教えるのが面倒くさい老害のやり口です。 あの状況では、それ以外道がなかったのだからもっと堂々としろよ。。 ここまでされたら、強い正義感を持つポーが動き出さないわけないのは誰でも分かるはず。 そんでもって「あの子キライじゃないわ」みたいな謎の上から目線には割と本気で腹が立ってます。。 (めっちゃポーに感情移入してたから余計怒ってます。 笑) ということで、マジで英雄みたいな感じで死にましたが、 「人心掌握術に欠けている」としかいいようがなく、 レイアと古い仲だから権力持ってる「ふんぞり返ったおばさん」としか、私の目には映らなかった。 わざわざ無理に出さずに、アクバー提督に誇りある最期を遂げてほしかった。。 泣 ローズ・ティコ 最初にひとこと言っておくと、 女優本人が罵倒されたのは、狂ったファンによるクソ所業です。 「現実」と 「娯楽作品」という壁を認識できないのは、本当に周りが見えない過激派さんなのでしょう。 分別はつけましょ。 でもさ、 ローズとフィンのキスシーンには、盛大なる寒気をいただきました。 それまでローズとフィンの恋愛感情を感じさせるシーンはなかったから、 違和感の塊だし。 レイを救いたいというフィンの想いはー? 確かに、フィンの特攻であの巨大キャノンを破壊できたわけじゃないから「救った」わけだけど、 レジスタンス頼みの綱の壁がブチ破られてるのを横目にキスはねえ。。 うーん。 ローズが、というかあの演出が全く好きになれないチュン・ソロです。 おまけ:個別で残念なシーン ここからはかなり個人的な価値観で、EP8の嫌いなシーンをつらつらと。 ほぼストレス解消用。 カントバイト ほんとこれ、ただのカジノ。 ラスベガスかと思った。。 ここ、スター・ウォーズの世界なんですけど??? まあ、カジノ惑星もあるんだろうけど、感覚的にスター・ウォーズの世界だと思えない。 やっぱ、モス・アイズリーだよ。。 あからさまだよ!! 「ほら見てごらん。 私は改変反対派。 だから『ハン・ソロ』のベケット先撃ちシーンは好き。 カントバイトの描き方、ちゃっちい。 オクトーの洞窟 あの鏡の演出はどゆこと?? たくさんのレイが指パッチンして何が面白いの?(たくさんのレイ、、ってことはレイはクローン説?!笑) このシーンに関しては、最初に映画館で観た時、 「何見せられてんだろ。。。 」って現実に引き戻されてしまった。 多分EP5で登場のダゴバにある「ダークサイドの強い洞窟」に対応したものですよね。 結局自分の姿を見るというオチまで同じで。 ムダ!!! ってか意味が分からん。 誰か解説してくれ! 特にあの無限指パッチン、、 プレトリアンガードのバトルシーン これです。 ええ、最初は普通に好きでした。 今もそんな嫌いじゃないです。 EP8唯一のかっこいいアクションシーン。 でもさ、問題の箇所があるんです。 それは、レイと二刀流のプレトリアンガードの戦いです。 戦闘シーンもう一度見てみてください。 もう一度言います。 敵は「 二刀流」です。 (彼は、左手に持っていた小刀でレイを切り裂くよりも、それを後ろに 捨てて、右腕だけで首絞めする方がいいと思ったようです。。 なんともエリートなことで) 確かに、場面として 真っ赤な壁と 真っ赤なアーマーは、映えていてかっこいいです。 でも、よく見ると全体的に動きに 「振り付け感」がにじみ出ています。 「ここで下がって、ここで叩いて1、2、3!」というような振り付けが見えてきてしまう。 周りで攻撃せずに突っ立てるプレトリアンガードが、「でくの坊」のよう。 要するに 戦いにリアルさがない。。 (EP3ムスタファでのアナキンとオビ=ワンを見習ってくれ。。 彼らスタント立てずに、俳優自身があの速さの打ち合いしてるんだよ!!すごくね?!曲もイケメン過ぎて大好き。 ) まとめ ふー、すっきりした。。 書いてるうちに、自分の意見がハッキリして、「なぜ違和感を感じるのか?」が明確になっていきました。 その一方、冷静に見たら感情的な言いがかりも多数あったことを自責。 それに、 「レイアやルークのEP6の後を描く物語」と捉えれば、素晴らしいと思っています。 それは 小説『ブラッドライン』を読んだ後に思いました。 シークエル嫌いな人もいると思うけど、この小説読んだら少しは見方が変わるはず! いずれにせよ、EP9でドンデン返ししてくれることを祈ってます。 全てが明かされて、「そーゆーことか!あの時のはこーゆー意味だったのか!よくできてるわこれ!」と納得したいってのが本音。。 だって、、 スター・ウォーズ好きなんだもん!!.

次の

『スター・ウォーズ9/スカイウォーカーの夜明け』感想。愛する者を死から救うということ

ハイパー スペース 特攻

とは、『』に登場する航法技術である。 概要 に置いて、間航行を可とする・は2万0年前から存在する非常に安全かつ洗練された技術であり、生活に深く根付いたものとなっている。 、の端から端まででをした場合、10万年以上という長い年が掛かる。 だが、とを1枚の布に例えて、そこに出来るシワを利用した時間のを使うことでの所要時間を大幅に善された。 船の大半には、・と航法ナビゲーション・が備わっているが、亜しか装備されてない船には、追加・と・座標をされたメク・ドが必要である。 への突入順序として、まずはリトとを使って、からの強なのから離れる。 標地点を設定して、航法が安全な航路を探しだし、が加速してに突入する。 は"マター"粒子を利用し、船の複素質量・の構成を変化させることなく、跳躍を可としている。 生成された・が船の周囲に照射されることで当該船はに留まることが出来るのだ。 航行が機不全に陥った際は、船はから 通常間 へと引き戻されるが、その場合は、・ベルトやの中心など、危険なに出る可性がある。 その為、全ての装置にック・ 自動切断装置 が組み込まれている。 船をに強制的に引き戻す手段としては、発生装置に始まり、・を塞ぐための巨大群に至るまで、長年に渡りあらゆる方法が駆使されてきた。 だが最新の安全装置をもってしても、でのは絶えることがない。 たった1四方大ののでも、一にして船と乗員を葬り去ることが出来る。 また、作動したモーのせいで、船が通常間に復帰出来ず、に閉じ込められてしまうという事もある。 クラス には" 等級 "分けがある。 数字が小さいほど、のが速くなる。 ほとんどの船は、3以上の較的遅いを使っている。 や外交、用船は2か1だが、的、あるいはのような"ならず者の"船には、さらに速いが搭載されている。 との一般的な船とべると4倍もの差がうまれている。 ハイパースペース とは、に行して存在する間であり、そこではをかにえて航行することが可である。 者達はこの間を理解出来ておらず、いくつもの説がある。 とは重なって存在しているため、両間上には対応するが正確に存在する。 つまり、にはにある物体の「」がされており、そのの近くを航行するのは非常に危険である。 そのため、航法やドに内蔵された宙図に緻密な航行を設定することで、これらのを回避しなければならない。 では物体が常に動いているので、座標もし続ける必要がある。 の開拓者達は新しいを開拓する場合、今も昔も「・ 短跳躍 」を行う。 未知のにすることは常に危険と隣合わせであった為、高収入が見込めるでもあった。 リアルスペース 通常間 または単に と呼ばれている。 数多くの体が存在し、多くの達が生活する間。 では、をえることが出来ず長期の移動に時間が掛かり過ぎる為、航行中に精をを来たす者が多かった。 しかし、を発見し、そこに侵入する技術をすることで問題を解決した。 関連動画 関連項目• に入ると船は実体から消えて外部からの干渉・観測が原則できなくなる」ってことだよね。 上記及び8作以前の描写てこの航法は加速による高速移動ではなく 間跳躍 であると言える。 というかの1. 5倍程度じゃの端から端まで数時間で行き来できない よって特攻は成り立たない。 個人的には「設定?作?よw」って8メンの的発想から生まれたものじゃないのかと思ってる。

次の

「『スター・ウォーズ』は死んだわ。万雷の拍手の中で。」

ハイパー スペース 特攻

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2016年7月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2016年7月) 超光速航法(ちょうこうそくこうほう)は、などに見られるのであり、がを超える速さで航行するための。 によると、の相対論的はが上がるにしたがって増加し、光速においてとなる。 このため、単純にを続けるだけでは光速に達することも、光速を超えることもできない。 を縦横無尽に駆け回る(とくに)のではこのままだと都合が悪いので、さまざまな架空にもとづく超光速航法が考えられている。 では、最先端のの仮説を利用して相対論の枠内でを利用することにより、超光速を使わずに空間移動する方法や超空間での移動を用いる。 また、SFの設定では、超光速航法の関連技術を使っても行われているとすることがある。 そうでない場合、よりも超光速宇宙船で移動するほうが先に届くため、「通信宇宙船」を設定することがある。 逆に相対性理論を厳密に適用し、宇宙船の速度が光速を越えないSFも多く存在する。 超光速航法の定義 [ ] 超光速航法というと光より速いスピードとシンプルに考えるかもしれないが、話はそう単純ではない。 例えば宇宙にを作るタイプの超光速航法では、光より遅い進行スピードで光より早く目的地に到着する。 これは到着が早いのであって、が速いのではない。 また、速度を計るの進みも相対性理論では場所によって異なり、ほぼ光速でしている宇宙船内やブラックホールの付近では上の我々から見るとはほとんど止まっている。 すなわち、このような時間の遅れた系にいる者が『』する移動は、その観測者から見て光速は常に光速であるにも関わらず、超光速航法と全く同じ結果になることがある。 つまりここで言う超光速航法とは、地球上のような弱い中や何もない宇宙空間を光速よりも十分遅いスピードでしている観測者の持つ時計で測って、出発点と目的地の間の距離を中の光速度で割るよりも短い時間で目的地へ到着する航法全般、ということになる。 超光速航法を超光速と付ける重要なファクターは、多くの場合地球の時計なのである。 これに対し、空間の2地点を「くっつけて」移動する、あるいは何らかの方法で瞬間移動するものをという。 いずれにしろ超科学的であることは間違いなく、厳密に区別できるものでもない。 さまざまな超光速航法 [ ] 初期のSFやスペースオペラでは、相対性理論に言及せず、加速を続けることによって光速を越えている例が多い。 の『』シリーズでは、相対性理論に触れたうえで観測事実として加速継続による超光速が実現されたとしており、理論は現実によって修正されるという、ある意味科学的な手法であると言える。 また、同じ作者の『』シリーズでは、「バーゲンホルム機関」という装置で宇宙船の質量を無効化し、超光速を達成している。 SFテレビシリーズの『』では、ワープ・エンジンにより宇宙船を包み込むようにを発生させ、亜空間フィールドの膜に包まれた内部は、以内に通常の空間に対して光速で進み出し、を行うという設定になっている。 作品中ではワープ用の亜空間フィールドのことを「ワープ・フィールド」ということもある。 亜空間フィールドの膜の中は通常の空間であり、宇宙船自体は通常の空間に対して静止している。 亜空間フィールドの外から見ると、宇宙船は亜空間フィールドの膜に包まれ光速で移動しているように見えるが、宇宙船自体は亜空間フィールドの膜の中にある通常の空間に対して静止している。 『スタートレック』シリーズでは、亜空間という架空の空間により、光速以上の速さで移動できないというとの矛盾を回避している。 これと似た方法では、『』シリーズにおいては、「超推進エンジン」が船の周辺に「超推進フィールド」を張り巡らせ、この中の物体は光速を超えることができる。 超推進中の船からが飛び出した場合は光速以下に減速するため、強力な慣性力がポッドにかかる。 しかし、ポッド船体や搭乗員にダメージが及ぶほどではない描写がある。 それと同様、冷凍睡眠の延長上と思われる「超睡眠カプセル」も用いられる。 日本のテレビアニメ『』でも同じワープ航法という名称の超光速航法が登場するが、こちらは、出発点と到着点の間の空間を折りたたみ、通常の時空間から飛び出して目的地まで近道をする というものである。 は晩年の作品『』において、『』シリーズなどに登場する超光速航法「ハイパースペース・トラベル」の開発史を描いている。 それによると、ハイパースペース(超空間)通過時においても宇宙船は通常空間の恒星などの大質量点によるの影響を受けるが、超光速においてはそれが逆にとして作用するため、通常空間復帰時に誤って恒星やブラックホール等に突っ込んでしまう恐れは無い、と説明されている。 本職の工学者であるは、自らのSF小説『ホワイトホール惑星』に登場させた「白黒穴帆型推進システム」において、の公式と(と他の幾つかのやや強引な仮定)を元にして、「的に」超光速運動の原理を証明して見せた。 また、石原藤夫の別の作品、太陽系を中心とした直径100光年の球殻宇宙「光世紀世界」を舞台にしたハードSF「光世紀パトロール」シリーズには「光速伸張航法」が登場する。 の小説『』では、極めて小さな時間単位(未満)のうちでは物理法則が無効になるので、その時間単位内で膨大なエネルギーをつぎ込んで超光速で移動するという「跳躍航法(ジャンプ・ドライブ)」が使われている。 山本の作品では、パロディも含めこの種の超光速航法が多数登場する。 また、山本の別のSF小説『ギャラクシートリッパー美葉』シリーズでは、を応用した「観測しない」方式も挙げられる。 この方式の根底には「光速を超えた航行は相対性理論によって否定される」という事実がある。 換言すれば、航行者が光速を超えた航行を観測しないことによって超光速飛行状態を攪乱しないとき、かつそのときに限り超光速飛行状態が維持されるのである。 つまり平たく言ってしまえば、宇宙船の乗員や外部からの観察者が「現在、宇宙船が超光速で移動している」という事実を、絶対に「見ない」「知覚しない」ことで、超光速状態を維持するのである。 それぞれ細かいカラクリは異なるが、方法としては目的空間に先行情報を送り込み、その場所における存在確率を上げてから実体を送り込んで辻褄を合わせをする点で共通している。 海外のSFで似た方式を取る物として、の『創世記機械』に登場する「フィリップス駆動」がある。 これは物質を高次空間の波動が4次元空間に投射された物とみなし、出発地で一旦分解したパターンを目的地で再構成する事で移動を行う。 また、観測問題的トリックを用いたものの亜種あるいはパロディに、の『』に登場する、「内での数の非絶対性」を用いた「レストラン数論ドライブ」がある。 それ以外の超光速航法には、高次元空間や亜空間、二次元空間などの相対性理論が適用されない空間を通過する方法などがある。 宇宙船の装置による超光速航法以外に、宇宙の特定の場所の間には(虫食い穴)という抜け道があって、そこを通ることによって超光速を達成するというものもある。 ワームホールは宇宙が出来た時から自然に存在していた場合や、超文明を持った宇宙の先住種族の技術によって作られた場合、人類の技術によって作成した場合などがある。 前者の「宇宙ができたときから自然に存在していた」という設定ではの『』シリーズが、「超文明を持った宇宙の先住種族の技術」としてはの『』に登場するスターゲートがある。 なお、後者の人類によって作製されたワームホールゲートを利用したものとして、『』にて地球-デロイア間の移動に用いられているものがある。 これは後述の通りそのままの名称を用いている。 ニュアンスは違ってくるかも知れないが、アメリカのSFドラマ、『』シリーズに登場するの「スターゲイトシステム」や藤子F不二雄の『』の秘密道具「」もワームホールの一種であるといえる。 なお、相対性理論との関係で、超光速航法とは結びつけて考えられることも多い。 例えば、事故によって意図せぬ時間の跳躍を起こしてしまう、などといったストーリーはSFで良く登場するものである。 もう少し突っ込めば、超光速航法自体も相対性理論的にはタイムトラベルの一種である。 超光速航法が可能であれば、同時にタイムトラベルも可能になってしまうのである。 『』はこれを転用し、通常では天文学的時間が掛かる超超距離間の移動と攻撃にを及ぼさないようにする為の工夫がなされている。 劇中では、理論の詳細よりも「宇宙船が単独で、普通の水上船のようにそれなりの時間をかければ超光速航行が可能」、「普通の航行ではなく、任意の場所に瞬間移動できる」、「宇宙船自体に超光速航行能力はないが、特定の外部施設(ワープゲート、位相差空間ゲートなど)を通過することで超光速航行が可能」、「宇宙船が単独で超光速航行が可能だが、いつでもどこでもではなく、悪条件下では航行不能に陥る」などの制約条件の方が、ストーリー上では重視される。 なお、特異な利用例として、『』における超光速航法の一種であるESドライブは、その原理を応用して「瞬間移動」的な攻撃方法に転用した「ESミサイル」という派生系を持つ。 超光速機関・超光速航法の一覧 [ ]• Cプラス推進(『』シリーズ/)• DSドライブ(『』)• ESドライブ(『』シリーズ)• I3・エクシード航法(『』/)• N波航法(『銀河の荒鷲シーフォート』/)• (Unus Mundus Network)(『』/)• 亜空間飛翔航法(光速ドライブ)(『』)• 亜空間ワープ(『』/)• 非対称航行(アシンメトリー・フライト)(『神獣聖戦』シリーズ/)• ( ()による理論上のアイデア)• リンデ=アルクビエレ交互膨張航法(『シンギュラリティ・スカイ』/)• 位相差空間航法(『』)• 異層次元航法推進システム(『』シリーズ/)• 異次元ワープシステム(『』シリーズ/)• インフレーション・ホール(『』シリーズ)• エンカナッハ・ドライブ(『反逆者の月』/)• オーヴァードライヴ(『最初の接触』/)• 超絶駆動(オーバードライブ)(『カエアンの聖衣』/)• オルダースン航法(『宇宙の傭兵たち』ほか/、『神の目の小さな塵』ほか/&ジェリー・パーネル)• カルナック航法(『緑の太陽』/)• 慣性系同調航法(『』/)• 奇跡論航行(『』)• の利用(『チオチモリン、星へ行く』/)• キララドライブ(『』)• クロノドライブ(『』/)• ゲイトシステム(『』。 同シリーズには ハイパードライブも登場している)• 門(『』/)• 光子駆動(『光の塔』/)• 光速伸張航法(『光世紀パトロール』シリーズ/)• 極長距離恒星間航法ドライヴ(『』)• コラプサー・ジャンプ(『』/)• サーフィング(『』/)• サブイーサドライブ/サブイーサ航法(『』/)• シートン・クレイン効果の利用(『』/)• 時空切断航法(『』/)• 次元トンネル(『』)• 次元波動超弦励起縮退半径跳躍重力波超光速航法(バニシング・ドライブ)(『』/)• ジャーネル裂開駆動(『魔王子』シリーズ/)• ジャンプエンジン(『大航宙時代 星海への旅立ち』/)• 跳躍(ジャンプ)推進航法(『シンギュラリティ・スカイ』/チャールズ・ストロス)• ジャンプドア(『ジャンプドア』シリーズ/。 同シリーズには FTL(超光速)宇宙船も登場する)• ジャンプドライブ(『』シリーズ/、『』シリーズ/)• 跳躍航法(ジャンプ・ドライブ)(『』/)• 重力ワープ(『』/トライエース)• 重力推進(『ガニメアン』シリーズ/)• ショウ機関(『スカーレット・ウィザード』/茅田砂胡)• (スリップスペース・ドライブ)(/&)• ショックポイント・ドライブ(『』シリーズ/)• ショートカット・アンカーの利用(『』/。 ハイパードライブとの併用)• ショートカット・ネットワークの利用(『スタープレックス』/)• 振動ドライブ(『』シリーズ/)• 白黒穴帆型推進システム(『ホワイトホール惑星』/石原藤夫)• スキップドライヴ(『老人と宇宙』シリーズ/)• 静止空間(ステイシス)ジャンプ(『バベル - 17』/)• スピンディジー航法(『』シリーズ/)• スピンドル(アンドリーセン・エンジン)(『渦状星系の深淵』/ ())• スペースジャンプ(『』/)• スペーストンネルの利用(『プロバビリティ』シリーズ/)• 星間トンネル航法(『』/)• 星系ジャンプ航法(『彷徨える艦隊』/)• ゼロドライブ航法(『』/)• 相転移航法(『』/)• (『』/)• 超光速輸送(タクトラン)(『JEM』/)• チェダイト放射機(『銀河遊撃隊』/)• チェレンコフ推進(『』/、『』シリーズ)• (『』)• 超空間航法(『』/)• 超空間ジャンプ(『』/)• 超空間ドライブ(『』/)• 超光速シャフト(超光速空間流)の利用(『』/)• 超光速第二次飛行法(『』/&)• 超空間チューブ(『』/• 超光速跳躍(『』/笹本祐一)• 超時間航法(『銀河鉄道の彼方に』/)• 超次元航法(『』/)• 超推進エンジン(『』シリーズ)• 跳躍転位航法(『』/)• 定位リバース・コンバート(『』)• (『』/)• バーゲンホルム機関(『』/エドワード・E・スミス)• ハイゲートの利用(『地球連邦の興亡』/)• バイアス・ドライブ(『』)• 超高速推進器(バイアスドライブ)(『』/)• ハイパークロックアップ(『』)• ハイパースペース・トラベル(『』他/アイザック・アシモフ)• ハイパードライブ(『』、『』/、『』、他多数)• 超空間駆動機関(ハイパードライブ)(『』シリーズ/ラリー・ニーヴン)• ハイパーネット(『彷徨える艦隊』/ジャック・キャンベル)• ハイパー=リニア航法(『』)• (『』シリーズ)• (『』)• ゲシュ=タム機関(『宇宙戦艦ヤマト2199』)• 消去機関(バニシング・エンジン)とタイム・エーテル推進の併用(『銀河乞食軍団』/)• パルスワープ(『』/)• フィリップス駆動(『創世記機械』/ジェイムズ・P・ホーガン)• フィロト(『』シリーズ/)• フォールド航法(『』)• ブラックホールの跳躍(『』)• プロテロン機関(『ビッグ・ウォーズ』/荒巻義雄)• 平面宇宙航法(『』シリーズ/)• 平面航法(『人類補完機構』シリーズ/)• 膨張推進(『宇宙兵ブルース』/ハリイ・ハリスン)• ボソンジャンプ(『』、『』/)• ポニー・システム(『孤児たちの軍隊』/ ())• マンシェン駆動系(『』/)• ミュー駆動(『』/)• 無限不可能性ドライブ (『』/)• リープ航法(『』他)• 量子スリップストリーム航法(『』)• 量子生成=消滅型位相波不連続超光速ドライブ(『ギャラクシートリッパー美葉』/山本弘)• 量子テレポート(『』)• 量子トンネル航法(『ポスリーン・ウォー』シリーズ/ ())• レイライン航法(『ポスリーン・ウォー』シリーズ/ジョン・リンゴー)• レストラン数論ドライブ (『銀河ヒッチハイク・ガイド』/ダグラス・アダムズ)• (『』、『』、『』シリーズ/、『』/、他多数)• 空間歪曲機関(ワープ・ドライブ)(『』作品群/)• 跳躍推進(ワープドライブ)(『』/)• ワームホール航法(『』) 脚注 [ ]• 実際にはアインシュタインの「閉じた宇宙論」の「時空の波動」の波間を跳ぶだけである。 ただしこの理論での時空波動はさながら腸内蠕毛の如く小さな波が更に大きな波の形を形作るので、この波の大小で跳躍距離を区分する。 地球側での呼称。 ドライブ」という表記ゆれもある。 同じ航法を側は「亜空間飛行」と呼んでいる。 他の有名な超光速航法とは少しばかり毛色が違うもので、本作の肝でもある時間跳躍も可能としている。 原理は前述の通り、超空間航行が実質的時間跳躍と等しくなる理論である。 関連項目 [ ]•

次の