手のひらが痒い 湿疹なし。 子供の湿疹には正しい理解を!顔やお腹に出る湿疹、熱やかゆみの症状や薬の選び方【小児科医監修】

子供の手の斑点についてです。写真添付しました。最初は6月ぐらいに幼稚園...

手のひらが痒い 湿疹なし

手のひらのかゆみ…考えられる病気とは!? 次に、手のひらに起こり得る かゆみの病気について考えてみましょう。 手湿疹 水作業が多い主婦や調理師、頻繁に化学薬品を使用する機会がある理・美容師に多い手湿疹。 水や薬品が刺激になり、皮膚の乾燥を引き起こします。 皮膚が乾燥すると、あかぎれの状態になり、 ひどいかゆみが出ます。 手のひらの汗疱 手のひら中央部に水膨れのようなブツブツができます。 ひどいかゆみがあり、かきむしると膿が出て、皮膚がめくれることもあります。 手のひらは汗をかきやすく、 汗の刺激による炎症だと考えられます。 肝臓病 肝炎や肝硬変などの肝臓に疾患がある場合、黄疸とともに、かゆみが出ることがあります。 詳しい原因はまだ不明ですが、とある実験で、皮膚に胆汁酸を注入したところ、かゆみが出現したそうです。 つまり、肝臓に疾患があると、血液中に 胆汁酸という物質が増加し、全身の特に手のひらがかゆくなると考えられています。 腎臓病 腎機能が低下すると、本来は尿に排出されるべき毒素が、体内に沈着し、皮膚トラブルとしてかゆみが出現します。 また、腎臓病は、皮膚が乾燥しやすくなるという特徴があります。 乾燥した皮膚はかゆみを感じるようになります。 手のひらのかゆみが続くとき 湿疹やブツブツがあるときは、皮膚科を受診したり、市販の抗ヒスタミン薬やステロイド剤などの かゆみ止めを使ってみましょう。 皮膚が乾燥しやすくなっているので、丁寧な保湿ケアも有効です。 どうしても水仕事を避けられない人は、こまめにハンドクリームを塗ることで改善することがあります。 しかし、長期間に渡ってかゆみが続く、または、薬を塗ってもなかなかよくならない場合は、 内臓疾患が原因のかゆみかもしれません。 鏡を見て、白目や皮膚の色が、 黄色味がかっているときは肝臓を検査してみましょう。 肝機能は血液検査で数値として表れるので、内科を受診しましょう。 肝臓は、沈黙の臓器と言われ、自覚症状が出る頃には、症状が悪化していることもあります。 腎臓に不安があるときは、泌尿器科の尿検査で判明します。 少しでも思い当る節があれば、早めに 専門医を受診するようにしましょう。 指にぶつぶつがある場合はこちらもご覧ください。

次の

手のひらのかゆみ、それ湿疹ある?湿疹なし?それぞれの原因について!

手のひらが痒い 湿疹なし

手のひらには汗腺が多く発達し、皮脂腺がありません。 このため、手のひらは湿りやすいものの皮脂が分泌されないため、物を滑らずに掴んだり持ち上げたりすることができます。 手のひらは日常の動作で常に使用される部位のため、摩擦や乾燥、外力などのダメージを受けてさまざまな症状が起こりやすく、を生じるケースも少なくありません。 特に原因がないのに手のひらに異常なが起こる• 皮膚が黄色っぽくなり、を伴う• 手のひらにを伴う皮疹ができた このような症状がみられた場合、原因としてどのようなものが考えられるでしょうか。 手のひらがかゆくなる病気 手のひらは、以下のような病気が原因でを引き起こすことがあります。 手のひらに生じる病気 手のひらにはさまざまな病気が生じる可能性がありますが、その中にはを引き起こすものもあります。 の原因となる手のひらの病気には、以下のようなものが挙げられます。 手湿疹 洗剤などの薬液やアレルゲンに長期間触れることで、手のひらや手の甲にが生じる病気です。 主婦や料理人、美容師など、水を使う機会の多い人が発症しやすいとされています。 はや 灼熱 しゃくねつ 感を伴います。 悪化すると、皮疹の破裂や皮膚にびらん(ただれ)を形成し、痛みや出血を生じることも少なくありません。 手 白癬 はくせん いわゆる、と呼ばれる病気が手のひらに生じるものです。 は強くありませんが、手のひらの皮膚が厚くなります。 また、広い範囲で角質層が剥がれかかった状態となり、カサカサとした粉をふきやすくなることが特徴です。 全身に生じる病気 手のひらのは、以下のような全身に生じる病気によって引き起こされることがあります。 肝硬変、肝がん、肝炎など 肝臓の機能が低下すると、古くなった血液を分解する際につくられるビリルビンの処理ができなくなり、体内に過剰なビリルビンが溜まった状態となります。 皮膚の黄染( 黄疸 おうだん )や倦怠感、発熱などの症状を引き起こし、手のひらや 脛 すね などに強いを生じることがあります。 受診の目安とポイント 手のひらは汗などが溜まりやすく、さまざまな刺激を受けることでが生じやすい部位です。 このため、多少のが生じたとしても気にする人は少ないでしょう。 しかし、中には思わぬ病気が潜んでいることもあるため注意が必要です。 特に、手のひらのとともに皮疹や表皮に変化などが見られる場合、発熱などの全身症状を伴う場合、皮膚が黄色っぽくなってが生じた場合などは、早めに病院を受診するようにしましょう。 受診する診療科は皮膚科がよいですが、肝機能障害やをはじめとする感染症が原因と考えられる場合には、内科や小児科などで診察してもらうことも可能です。 受診の際には、いつからが生じたのか、の程度、以外の症状や現在患っている病気の有無などを詳しく医師に説明しましょう。 日常生活上の原因と対処法 手のひらのの多くは生活習慣によって引き起こされていることがあります。 主な原因とそれぞれの対処法は次の通りです。 乾燥 手のひらは皮脂腺がないため、ほかの部位よりも乾燥しやすくなります。 特に、冬場など空気が乾燥する季節は乾燥がひどくなることが多く、の原因になることがあります。 手のひらの乾燥を防ぐには ハンドクリームなどのケア用品は保湿効果の高いものを選び、手の甲だけでなく、手のひらにも使用するようにしましょう。 また、外出時には手袋をすることでも効果が期待できます。 洗剤や薬液などによる刺激 手のひらは日常的な家事や仕事などで、洗剤や薬液の皮膚に刺激を与える物質が触れやすい部位です。 このため、炎症を起こしてを生じたり、を引き起したりすることがあります。 刺激物から手のひらを守るには 原因となる刺激物の使用を中止することがよいですが、難しい場合にはゴム手袋やビニール手袋を着用して刺激物に触れるようにしましょう。 また、水分で手のひらが濡れた場合は、そのままにせず、こまめに 拭 ふ き取るようにしましょう。 不衛生な手のひら 手のひらは汗や汚れが溜まりやすく、比較的不衛生になりやすい部位です。 手のひらが不衛生な状態が続くと、皮膚に刺激が生じてを引き起こすことがあります。 手のひらを清潔に保つには 手の衛生状態を維持するためだけでなく、感染症を防ぐためにも手はこまめに洗うように心がけましょう。 また、洗浄後はしっかり水分を拭き取ることが大切です。 よくならないときには 日常生活上の対処法を講じても症状がよくならない場合は、何らかの病気が潜んでいる可能性があります。 早期から治療を始めることが望ましい場合もあるため、軽く考えずに早めに病院を受診するようにしましょう。 その際は、どのような症状が現れているのか見極め、それぞれに適した診療科を受診するようにしましょう。

次の

手のひらに赤い斑点ができる3つの病気とは?

手のひらが痒い 湿疹なし

手のひらは 皮膚 が厚く、物を掴むのに適した構造になっています。 また、皮脂腺がなく、汗腺が多く分布することも特徴のひとつです。 手のひらは常に外界に 晒 さら されており、さまざまな刺激を受けやすいため、トラブルが生じやすい部位でもあります。 手のひらにレース状の模様のような赤い 斑点 が現れた• 手のひらに汗をかきやすく、常に赤くなっている• や痛みを伴う発赤やが手のひらに生じる これらのような手のひらの赤みがみられた場合、原因としてどのようなものが考えられるでしょうか。 手のひらの赤みを引き起こす病気 手のひらはさまざまな刺激で皮膚に炎症が生じて赤くなることがありますが、以下のような病気が原因になることもあるため注意が必要です。 手のひらの皮膚に生じる病気 手のひらの赤みは、手のひらの皮膚に生じる病気によって引き起こされることがあります。 原因となる主な病気には以下のようなものが挙げられます。 接触性皮膚炎 薬剤や動植物、化学繊維など特定の物質が肌に触れることで、痛みやを伴う発赤やびらん(ただれ)、 水疱 すいほう (みずぶくれ)などの症状を引き起こす病気です。 手のひらはさまざまな物質に触れる機会が多いため接触性を発症しやすく、重症な場合には皮膚症状が全身に広まることもあります。 手湿疹 水や洗剤などの慢性的な炎症が手のひらに加わることで、びらんや紅斑、 たいせん 、水疱などさまざまなを引き起こす病気です。 主婦や美容師、調理師など手のひらへの刺激が多くなりがちな職業の方に起きやすく、悪化すると皮膚が厚くなってひび割れや出血などのトラブルを起こしやすくなります。 汗疱 かんぽう 汗や洗剤、特定のアレルゲンなどの刺激によって、手のひらや足の裏に小さな水疱が散在して形成される病気です。 水疱は非常に強いを伴うことが特徴です。 水疱の 痕 あと が赤くなり、再発を繰り返すと手のひら全体が赤みを帯びることもあります。 また、水疱が破れた部位に細菌感染が生じると ほうかしきえん などの非常に重い合併症を引き起こすことがあります。 手掌多汗症 しゅしょうたかんしょう 手のひらに過剰な汗をかく病気であり、慢性的な汗の刺激が手のひらに加わることで手のひらの発赤やなどを引き起こすことがあります。 特に、緊張したときなどに汗が出やすく、人前に出られないなど日常生活に支障をきたすケースも少なくありません。 乾癬 かんせん 慢性的な刺激が原因で皮膚が厚くなり、表面が銀白色の 鱗屑 りんせつ (角質のカス)で覆われた皮疹を生じる病気です。 多くは肘や膝関節など、物理的な刺激が加わりやすい部位にできるですが、 膿疱 のうほう を形成するや全身に皮疹が広がって皮膚が赤くなる性を起こすことがあります。 これらは、手のひらにも病変(病気の変化がみられる箇所)が形成されることがあり、赤みやの原因となります。 また、手のひらに鱗屑を伴うの皮膚症状そのものが生じることもあります。 手のひらが赤くなる全身の病気 手のひらの赤みは、手のひら以外に生じる病気の症状のひとつとして引き起こされることがあります。 手掌紅斑 しゅしょうこうはん や、など、肝臓の機能が低下する病気によって静脈の圧が高まり、手のひらの毛細血管が拡張して赤みを引き起こす病気です。 手のひら以外にも、背中や胸部にクモの足のように広がるクモ状が生じたり、全身の皮膚が黄色くなる 黄疸 おうだん や全身のむくみがみられたりすることもあります。 膠原病 こうげんびょう などのでは、顔面の頬などに皮疹を生じますが、手のひらに病変の赤みが生じることがあります。 梅毒 であるには、手のひらに紅斑が発生する時期があります。 更年期障害 前後5年間のことを更年期と呼び、女性ホルモンの減少によって全身に引き起こされるさまざまな症状のことをと総称します。 の症状のひとつとして、自律神経バランスの乱れによる突然の発汗・のぼせなどが生じるホットフラッシュがあり、手のひらに多くの汗をかいて赤みを帯びやすくなることがあります。 受診の目安とポイント 手のひらの赤みは、痛みやなどの症状がない場合、見過ごされがちな症状です。 しかし、なかには思いもよらない非常に重い病気が潜んでいるケースもあります。 また、治療が遅れることで症状が悪化し、完治までに時間を要することもあるため早めの受診が大切です。 特に、やびらんなどの 皮膚 症状を伴う場合や強いや痛みを伴う場合、黄疸やむくみなど全身症状を伴う場合などは、なるべく早めに病院を受診しましょう。 受診に適した診療科は皮膚科ですが、 黄疸 や月経不順など内科・婦人科的な症状がある場合は、それぞれの診療科で診察してもらうこともできます。 受診の際には、いつから手のひらの赤みが目立つようになったのか、痛みやなどの随伴症状、赤みの誘因、現在 罹患 りかん している病気などを詳しく医師に説明するようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 手のひらの赤みは、日常生活上の習慣が原因で引き起こされることがあります。 原因となる主な習慣とそれぞれの対処法は以下の通りです。 ストレス 手のひらは汗をかきやすく、特に過度なストレスや緊張がかかることで汗の分泌量が増加し、手のひらが赤くなることがあります。 ストレスを溜めないためには ストレスや緊張を日常生活から完全に取り除くことはできませんが、適度なストレス解消法を身につけたり、十分な睡眠・休息を確保したりすることなどでストレスを溜めない生活を心がけましょう。 手の洗いすぎ 手のひらにはさまざまな病原体や汚れが付着するため、風邪の予防などのためにも、こまめな手洗いや消毒が必要とされています。 しかし、過度な手洗いや消毒を繰り返すことで手のひらの皮膚に炎症を引き起こして赤みを生じることがあります。 手のひらに優しい手洗いをするには 風邪の予防などのためにも、外出後や用便後などはこまめな手洗いが必要ですが、手がピリピリと痛む、皮が 剥 けるなどの症状がある場合はアルコール消毒などを避け、手洗い後はタオルで水分を 拭 き取るようにしましょう。 また、手洗い後にハンドクリームなどを使用することも効果が期待できます。 肌質に合わない洗剤の使用 手のひらには、洗濯・掃除用洗剤やシャンプーなどが付着する機会が多く、肌質に合わない刺激の強いものの使用を続けると 皮膚 が荒れて赤みの原因となることがあります。 肌質にあった洗剤を使用するには 肌に付着して刺激を感じるような洗剤の使用は避け、使用後はよく洗い流すようにしましょう。 また、洗濯・掃除用洗剤などに触れるときはゴム手袋を使用するなど、直接手のひらに触れないようにすることも大切です。 よくならないときには 日常生活上の対処法を講じても症状がよくならない場合は、思いもしない病気が潜んでいることもあります。 治療が遅れると悪化するケースも多々あるため、軽く考えずにそれぞれの症状に適した診療科を早めに受診するようにしましょう。

次の