あべの マスク 届か ない。 アベノマスクは福岡にいつ届く?寄付したい場合や届かない時の対処法!

いまだに届かないアベノマスク!いつ届くの?貰い方や配布状況確認方法

あべの マスク 届か ない

ただ、マスク詐欺を行っている出品者より、マスクを購入すると発送済みという表示のまま進むことがありません。 もちろん、配達中になることもなく、最初に予定されていた到着予定日にもマスクは届きません。 そして、中国などで購入した場合は追跡番号もわかりません。 本当にマスクが発送済みであるのかさえも、 確認が出来ない状態です。 荷物が遅延していると表示される マスクの配達状況を確認できる場合でも、マスクが届かないことがあります。 到着予定日を過ぎた場合には 「お荷物が遅延しています」という配送状況が表示されます。 この情報は、本当に遅延している場合もありますし、発送さえできていない可能性さえあります。 国内の会社から購入し、マスクが届かない時はこの表示になることが多いです。 マスクの生産が追いついていないことで、発送分を準備できていないため「遅延している」という内容が表示されます。 頼んでいたマスクが別の商品に変わっている マスクが中々届かないと、もう一度商品を確認してみると、 商品が変わっていることもあります。 同じマスクではあるものの、色やサイズ、使われている素材などが変わっています。 また、値上がりをしていることもあり、明らかに怪しい販売者から購入したことがわかります。 購入後である場合は、追加で支払いをする必要などはありませんが、コードなどが変わっていないのに、商品が変わるのは怪しいです。 返金申請や連絡が取れない会社もある マスクが届かないことを不審に思い、返金申請をしたいと考えても連絡が取れない会社もあります。 配送状況やマスクの在庫を確認したいだけの場合でも、連絡が取れないこともあります。 Amazonでは返金申請の際に、販売者の承認が必要になっており、返信がないと返金が遅れてしまいます。 返金してもらえないということではありませんが、通常より時間がかかり、不安に感じる人も多いです。 中国の商品は輸出規制の可能性あり マスクを中国から購入している場合は 「輸出規制」によりマスクが届けられない可能性もあります。 これは詐欺をしているのではなく、中国側が日本へのマスクの供給を停止しているためです。 出品者が詐欺をしているわけではないので、しっかりと対応してくれる出品者の場合は、連絡が返ってきます。 中国政府はマスクの輸出規制を否定していますが、ANNnewsによると受け取るはずであったマスクが、中国から届かないという状況です。 政府は否定していますが、なにかしらの圧力などをかけて、日本への輸出をストップしている可能性は否めません。 怪しいお店の見分け方 青いマスクに要注意 Amazonで出品されているマスクで、一番詐欺報告が多いのは、画像の青いマスクです。 このマスクを販売している会社が全てマスク詐欺をしているというわけではありませんが、注意する必要があります。 ただ、この青いマスク以外にも、実際に届かないマスクは多くあります。 基本的にAmazonでマスクを購入する場合は、 詐欺かもしれないと疑いを持ったほうがいいかもしれません。 中国の会社は予定通りに届く確率は低い マスクを販売している会社がどこの国であるかでも、怪しい会社か判断できます。 全ての会社がというわけではありませんが、 中国の会社でマスクを購入しても届かない可能性は高いです。 輸出規制がかかっている可能性もありますし、出品者の元にマスクがないのかもしれません。 出品者の住んでいる国が中国で登録されている場合は、在庫があるという表示があったとしても、よく調べてから購入することをおすすめします。 マーケットプレイスの商品は気をつける マーケットプレイスは、Amazonが販売するのではなく、ユーザーが月額料金を払い、Amazonを通して出品を行うシステムです。 販売元がAmazonではなく、一般ユーザーなので、詐欺が行われやすくなっています。 マーケットプレイスでは、Amazonですでに出品している商品であれば、在庫数・価格等を設定するだけで自動で出品もできてしまいます。 最悪、手元に商品がない状態でも情報さえ入手しておけば、出品できてしまいます。 Amazonや大手メーカーが販売しているわけではないので、マーケットプレイスでマスクの購入する際には、注意が必要です。 レビュー欄を確認する Amazonでは、商品ごとにカスタマーレビューが記載されています。 購入者が出品者の情報や対応などをレビューとして、コメント付きで評価できるというシステムです。 しっかりとマスクを購入できる可能性は低いといえるでしょう。 販売している会社や出品者について調べる Amazonでは、商品ページに販売元や出品者の情報が記載されています。 「今すぐ買う・カートに入れる」の下に表示があるのが、販売元になります。 クリックやタップを行い、会社の情報を確認すれば、その会社がマスク詐欺などをする会社なのか調べることができます。 怪しい会社の場合は、住所が正しく記載されていなかったり、電話番号がないこともあります。 また、日本語がおかしく表示されている場合は、それだけ管理が甘い会社ということにもなります。 新規で登録されたばかりの会社も、警戒した方が良いかも知れません。 マスクを購入する際には、販売している会社や出品者の情報をしっかり調べてみましょう。 表示がない場合は、Amazonが販売しているサイトになるので、心配はいりません。 届かない時の対処法 追跡番号がある場合は調査する 日本郵政 マスクが届かない時に、まず行う事は追跡番号による調査です。 追跡番号は入力することで、商品がどこにあるのかわかるシステムです。 郵便局はもちろん、ヤマト運輸や佐川急便などの宅配会社にも、追跡番号を使うシステムがあります。 商品を購入し、発送されたと同時に追跡番号はメールでお知らせされます。 またAmazon内でも、発送状況を確認することはできます。 トップページより左上にある「三」をタップしてください。 「注文履歴」をタップします。 自身が購入した商品をタップしてください。 現在の商品の状況が表示されます。 未だ届いていないのに、配達済みになっている場合は、Amazonへ問い合わせを行いましょう。 Amazonから配達状況を確認することはできますが、少し遅れて反映されます。 最新の情報を知りたい場合は、追跡番号からの問い合わせがおすすめです。 販売元に問い合わせをする マスクがいつまでも届かない場合は、販売元に問い合わせをしてください。 トップページより左上にある「三」をタップしてください。 「注文履歴」をタップします。 自身が購入した商品をタップしてください。 「今すぐ買う・カートに入れる」の下にある販売元をタップします。 「質問する」をタップしてください。 マスクが届かないといった内容を入力し、問い合わせをしてください。 また、返金申請に関しても、上記の手順で行えます。 商品が到着していないのに、支払いが完了しているなどと内容を入力し、販売元に問い合わせしてみましょう。 Amazonに問い合わせをする 販売元に問い合わせても、連絡が一向に来ない時は、Amazonに問い合わせを行いましょう。 Amazonへの問い合わせはトップページより左上にある「三」より行えます。 「カスタマーサービス」をタップしてください。 「カスタマーサービスに連絡」をタップします。 チャット・電話などでAmazonに問い合わせすることができます。 任意の方法でAmazonに問い合わせを行い、マスクが届かないなどの情報を伝えてみましょう。

次の

あべのマスク(アベノマスク)がいらない・返品したい場合の使い道は?リメイクやアレンジでの作り方は?拒否や返品方法・返送先についても!

あべの マスク 届か ない

楽天のマスク詐欺について 楽天で発生しているマスク詐欺は「マスクを注文したのに届かない」「マスクの値段が高すぎる」というものです。 店舗によってはマスクの需要が高まりすぎて本当に在庫切れ等のトラブルが発生した可能性もありますが、中には金銭をだまし取るために販売するつもりのないマスクを掲載して、注文だけ受けて発送しない業者も存在するかもしれません。 一部の加盟店・個人店で詐欺が発生 楽天のマスク詐欺は、一部の加盟店・個人経営店舗で発生しています。 マスクを取り扱っている販売元の全てが詐欺というわけではなく、 あくまでも「評価の低い店舗や架空店舗」で詐欺が行われていると考えてください。 主な詐欺内容は 「商品を注文したのに発送してくれない」というもので、例えば楽天では発送済みと表示されているのに一向に商品が届かなかったり、注文したマスクとは違う商品「タオル等」が届く被害がありました。 どんなに遅くてもマスクが届けばある程度はコロナ対策になりますが、マスクが永久に届かない場合は料金だけだまし取られる形になります。 そのため、「商品が届かない」のは立派な詐欺行為であり、マスクの需要が高まっている今だからこそ発生する恐れがあると考えましょう。 マスクでなく他の商品が届く場合についてですが、 例えば「概要欄はいかにもマスクを販売している」「商品説明はマスクのもの」なのに、よくよく見ると「マスク」と記載されていなくて、マスク以外の商品が発送されるケースです。 「生地がサラサラしていて使いやすい」と説明があった場合、生地がサラサラしたマスクが届くのではなく、生地がサラサラしたタオルが届くようなイメージで構いません。 Amazonよりは詐欺が少ない 確かに、 楽天でもマスクが届かない等の詐欺が発生しているとはいえ、Amazonよりは詐欺の被害は少ないと考えられています。 Amazonの場合はニュースでも取り上げられるくらい被害者が多く、「マーケットプレイス」制度のせいで個人でも気軽にAmazonに出品できる仕様のため、企業を偽ることがある程度は可能です。 現状では楽天よりもAmazonの方が詐欺が横行しているとはいえ、楽天を使う場合も油断してはいけません。 コロナウイルスの影響で本当に遅延が発生しているかも 2020年3月26日に、楽天は「新型コロナウイルス対応に伴う影響について」というお知らせを掲載しています。 このお知らせの内容は 「コロナウイルスの影響で製造や仕入れに遅延が発生しているせいで商品が届かない可能性がある」とのことでした。 マスク以外にもなかなか発送されない商品も存在していて、商品が届かない全てのケースが詐欺ではないと考えることも可能です。 万が一本当に遅延が発生している場合はメーカーから「少し発送が遅れます」と連絡が来るはずですが、 この連絡が来ずに永久に商品が届かない場合は詐欺であると判断して構いません。 「輸出規制」による影響の可能性あり 海外に店舗を構えている楽天加盟店の中には 「輸出規制で商品を届けられない」ものもあります。 中国で輸出規制が行われている可能性が高く、実際に日本でマスクを注文しても中国から商品が発送されない場合もありました。 ただし、中国政府は輸出規制をしていないと断言しているので、あくまでも「可能性のひとつ」として考えておいて、必ずしも中国等の海外加盟店が詐欺を働いているわけではないと頭に入れておきましょう 送料が非常に高い場合もあり 楽天の場合は「送料無料」と商品欄等に記載されていますが、予定されていた送料よりも高くなっていることもあります。 マスク自体は届くのでコロナ対策を取ることはできますが、 予定よりも高い金額を払うことになるので、こちらも詐欺に遭ったと考えて構いません。 送料無料と記載されていたのに送料を取られたり、目に見えて送料が高くなっている場合があります。 マスクの値段を引き上げると通販で購入されないので、せめて送料を引き上げて販売して儲けようと考えているのでしょう。 どのくらい遅延された人がいるのか 楽天でマスクを購入しようとして遅延された・詐欺に遭ったと言っているのは、楽天でマスクを購入しようとした人のごく一部です。 数はそこまで多くなく、大抵の人は購入した加盟店からマスクが届けられています。 遅延された・詐欺に遭った人の累計を計算することはできませんが、 割合で言うとAmazonで詐欺に遭った人の10分の1程度だと推測しています。 そのため、Amazonと比べると楽天のマスク詐欺は話題になってはいませんが、Twitter等で検索してみると、楽天でマスクを購入しようとして購入できなかったとツイートしている人は一定数いました。 詐欺に遭わないために知っておきたいこと 楽天でマスク詐欺に遭わないために知っておきたいことは 「全ての店舗が詐欺ではないこと」と「レビューが低い店舗やTwitterで晒されている店舗には気を付けること」です。 楽天が実際に「新型コロナウイルスの影響で発送遅延が発生している」と弁明しているので、商品を発送しない店舗の中には「しないのではなくできない」店舗もあると考えることができます。 レビューや評価が低い加盟店では詐欺が発生する可能性が高くなっているので、詐欺が発生しやすいトレンド商品のマスク販売でもユーザーの不利益になる行為を行っている可能性も考えられます。 仮に代金が戻ってこない場合でも、新たな被害者を増やさないためにも楽天運営に報告しておくことは大切で、販売業者を抑制することが可能です。 あまりにも連絡が遅い(発送メールが届いてから音沙汰がない場合等)には、メーカーに直接連絡することも視野に入れましょう。 メーカーに問い合わせる 楽天のホーム画面からメーカーへの問い合わせを行うことが可能です。 ショップで購入した場合は購入履歴が残っているので、 ホーム画面右上の「購入履歴」からマスクを購入した際の履歴をチェックしてください。 履歴から「いつ購入したか」「注文詳細」等を確認することができます。 一番下の 「ショップへの問い合わせ」を選択してください。 楽天でメーカーに問い合わせを行いたい場合は、LINEのトークのようなチャット画面が開かれます。 あらかじめいくつか項目が用意されていますが 「配送状況を確認したい」「その他(フォームでお問い合わせ)」等から、メーカーに直接問い合わせを行うことが可能となっています。 商品が届かない理由を知りたい場合は配送状況を確認するだけでは事足りないので、その他(フォームでお問い合わせ)を選択して、商品が届かない旨の記載と理由開示を求めてください。 楽天に調査してもらう 楽天に直接問い合わせを行うのもひとつの対処法です。 最初は「ショップに直接問い合わせを行ってください」と突っぱねられてしまうかもしれませんが、 「何日も待って商品が届かずショップへの連絡もない」と説明して、対応してもらうようにしてください。 楽天ホーム画面の一番下に上記画像のような項目がありますが、この中から「ヘルプ」を選択してください。 ヘルプを下へスクロールすると「お問い合わせ」の項目が出てきます。 楽天市場に直接問い合わせたい場合は、「楽天市場へ問い合わせする」を選択してください。 上記のヘルプセンターチャット画面が直接開かれます。 ちなみに、楽天では「ヘルプセンターチャット」と「問い合わせメール」と「電話」でサポート対応してもらえますが、楽天はヘルプセンターチャットを推奨していて、理由は「すぐに繋がるから」です。 メールの場合は返答に3日かかる可能性があり、電話もつながるまで30分かかる可能性があると楽天が説明しているので、すぐにでも対応してもらいたい場合は、 上記のヘルプセンターチャットを利用して、詐欺に遭ったかもしれないと伝えてください。 「配送情報確認」を利用する もしかしたらショップの発送ミスではなく、佐川やクロネコヤマト等の手違いが原因で商品が届いていない可能性も考えられます。 念のため、 配送情報を確認して注文した商品が今どのへんにあるのか等を確認しましょう。 楽天ホーム画面から、届かない商品の購入履歴をチェックしてください。 商品詳細の中にある「配送状況を確認」を選択してください。 上記は配達完了を示す画像ですが、万が一「出荷準備中」「出荷」「配達店」にチェックが付いている場合、商品の発送が遅れている証拠となります。 配達完了にチェックが付いているのに商品が届けられていない場合は、詐欺の可能性があります。 念のため郵便局からの不在届を確認して、 それでも商品が届けられていないと分かった段階で、楽天市場もしくは販売元のショップに直接問い合わせを行ってください。

次の

「なぜ2枚?いつ頃届く?」 布マスク配布のQ&Aを厚労省が公開中

あべの マスク 届か ない

Contents• 不要なアベノマスク正しい寄付の仕方 まずは正しい寄付の仕方送り方から。 アベノマスクが届いた瞬間が一番大切なので、先にご紹介いたします。 アベノマスクは開封しない 到着した姿のまま保存しておき、未使用のマスクを寄付することを厳守しましょう! 回収箱に入れる場合も同じです。 開封してしまうと受け取り拒否となってしまいますので、ご注意ください。 自分が使う時、人が使ったマスクや触ったマスクは使いたくないですよね。 「未開封」は最も大切なポイントです。 【寄付先へ送付の場合】封筒と送料を準備 封筒と送料を準備しましょう。 寄付先に送る場合、送料や封筒は寄付側の負担となります。 【寄付先へ送付の場合】確認連絡は控える さらに、寄付を受け付けている団体さんは大忙し。 「届きましたか??」のような確認連絡は控えましょう。 日本の郵便屋さんは大変優秀です!!住所の記入だけ間違えなければ、必ず届きますので、到着確認連絡は控えましょう。 では、もう一度アベノマスクを寄付するときの注意点をまとめます! スポンサーリンク アベノマスク回収箱【一部地区】 ではまず、5月中旬頃から話題になっている、「アベノマスク回収箱」についてご紹介します。 全国一斉というわけではなく、一部地域で取り組みが始まっている状況ですので、お住まいの地域に回収箱があるかどうか確認してくださいね。 三鷹市すごい~! 【みたか都市観光協会HPより引用させて頂いております】 まず、さんが主宰する 「ハートマスクプロジェクト」ご紹介します。 mitaka.

次の