セルフ カット メンズ。 メンズセルフカットのやり方!前髪から襟足の切り方まで解説

セルフカットにおすすめのバリカン人気ランキング10選【自分でおしゃれに散髪!】

セルフ カット メンズ

皆さんは髪を切るのはどこで切られていますでしょうか。 ロングやミディアムの髪の女性であれば美容院で切られていることが多いと思います。 また、オシャレを意識したメンズの皆様も美容院で切られていることが多いと思いです。 ここでは、セルフカットについてご紹介していきます。 セルフカットとはいわゆる自分で髪を切るということです。 慣れればとても簡単です。 メンズで短髪の方やバリカンで頭を丸めているメンズの方は自分たちでセルフカットをしている方が多いです。 女性の方だと美容院に行き、セットしてもらってと何時間とかかってしまい、自分で髪を切るのはと思われがちですが、実はコツさえつかめばセルフカットも難しくなく簡単に出来ます。 以下でご紹介していきます。 初めて自分で髪をセルフカットするときに、ロングやミディアムの女性だと毛先だけの場合はそんなに緊張もなく切れると思いますが、ショートの方はやはり少し緊張すると思います。 どれだけ髪を切ったらいいのかが分からないです。 そんな場合でも、あせらず慎重に丁寧に切っていくことが大切になってきます。 どうしても最初はなれない手つきで時間もかかってしまうと思いますが、落ち着いてセルフカットすることで、大きな失敗もしないでセルフカットすることが出来ます。 常に鏡を見ながら、自分の髪が今どれだけ切られていて、あとどれくらい切らないといけないのかを把握しながら進めていきます。 自分のお気に入りの髪の長さになるように進めていきます。

次の

メンズのセルフカット初心者を勇気付けたい「髪は自分で切れる!」

セルフ カット メンズ

メンズの人気のヘアスタイルは流行と共に移り変わるとはいえショートカットが一般的ですね。 そのため、最近ではバリカンとハサミでメンズセルフカットする人が増えています。 メンズセルフカットは節約にもなるし美容室まで足を運ぶ必要もありません。 ここでは、そんなメンズセルフカットをおすすめする理由をお伝えします! セルフカットのお得感とは?散髪代が5000円とすれば月に1度行くとして1年に換算すると60000円の散髪代がかかることになります。 今は1000円カットの店などもありますが、そこを利用しても1年で12000円がかかり、メンズもセルフカットすることにより12000円以上が節約できるということになります。 セルフカットできる男は魅力的 節約ができても自分は不器用だから無理!という人もいるでしょう。 しかし諦めるのはこの記事を最後まで読んでからにしてくださいね。 コツとポイントさえ覚えれば案外誰でもできるのがメンズセルフカット。 今では人気のショートのツーブロックもセルフカットでお手の物というセルフカット男子もいるほど浸透しています。 女性ってどう思うの?安心してください、セルフカットしてる男性は女性にも魅力的です。 今や節約できる男性は結婚しても安心して暮らせると評判です。 ここでは、セルフカットに便利な道具や動画を使って誰でも上手にセルフカットができるやり方をまとめてみました。 この機会にぜひあなたもセルフカットをしてみましょう! ショートのメンズセルフカットに必要な道具 ショートのメンズセルフカット定番の道具 バリカンは、ショートのツーブロックでサイドを刈るときには欠かせません。 また、襟足やもみあげの毛の処理がカミソリより簡単なので用意しておきたい道具です。 ほとんどのバリカンは、アタッチメント付きなので毛を刈りすぎることはありませんし、多様なスタイルに対応しているから初心者でも楽にセルフカットができます。 もしも、三面鏡がないときは鏡を2つ用意して合わせ鏡で確認しましょう。 ハサミは細かい部分のカットには必須、すきバサミは毛量の調整やパッツンカットの防止のためにも必要です。 不器用なら簡単にカットできるヘアカッターもあります。 髪用ケープは切った髪が体に付かない便利グッズ。 カット後の掃除が断然楽になります。 だからこそ失敗はしたくありませんよね。 前髪の失敗の多くは、前髪の分量の適切な取り方にあります。 前髪を下ろすヘアスタイルはその長さと分量に注意しましょう。 分量が多いと重くなってしまいますし少なくても横の髪がアンバランスになってしまいます。 また、髪の毛に癖がついているときは水で濡らすかヘアアイロンで真っすぐにしてからカットしましょう。 ただし、切るときに濡らした髪は乾くと若干浮いて短くなるため長さの見極めには注意が必要です。 コツとしては、失敗防止のためショートでも気持ち長めになるくらいの位置で切ると良いでしょう。 ショートメンズのセルフカット|前髪ブロッキングのやり方 カットする前にはブロッキングしましょう。 ブロッキングとは髪の毛を小分けして留めることです。 ブロッキングのやり方はカットする以外の場所を4分割、6分割、8分割などに分けてクリップで止めましょう。 前髪をブロッキングするコツは、眉尻を目安に三角形になるよう必要な分量を取り分けてください。 ただし、前髪の分量を取りすぎると横に広がったり横の毛が短くなりすぎたりするので注意しましょう。 濡らすときにはカットする部分だけにしましょう。 全体に濡らすとバランスがとりにくく失敗の元になります。 このとき、持ち上げることでレイヤーになるので持ち上げないままのカットはパッツン前髪になるので注意してください。 レイヤーを多くつけたい場合は、持ち上げを高めにしてください。 そのとき少なくとも2センチは上げるようにしましょう。 ハサミの入れ方は縦に入れると効果的です。 そのとき長さを確かめながら数回に分けてカットするのがコツです。 仕上がりが心配な人は、このときすきバサミをつかうと自然な仕上がりになるでしょう。 パッツン前髪カットをするときのブロッキングの仕方ですが、左右対称に見えるようにカットしなければなりません。 しかし意外に難しいので丁寧にブロッキングすることをおすすめします。 前髪部分を横に3分割して、中央は縦に2分割しましょう。 おろす前髪の毛量は好みですが仕上がりが重く感じるときには、すきバサミで軽くすると軽めに仕上がります。 このとき、すきバサミを入れる位置は、毛の長さの中間地点から毛先に向かってすくようにし、すく量は1割から2割程度が適量です。 アップバンクは山型の前髪が特徴で、ブロッキングは前髪として分けた部分を、左右、センターと縦に3分割します。 カットはセンター部分から始め、左右の順に切り続けます。 このとき前髪は頭皮から90度に上げてレイヤーを入れながら切りましょう。 センターを左右より短く切るため、仕上がりは左右が長くなります。 長さを調整したら上下にブロッキングしてすきバサミで毛量の調整をします。 下のブロックから毛をつまみ中央から毛先に向けてすき、上のブロックも同様にすいたら出来上がりです。 【サイド】ショートメンズのセルフカット|自分で髪を切る方法 ショートメンズのサイドのセルフカット|耳周りはスッキリと メンズの間で流行のショートのツーブロックスタイルは、内側の髪が刈り上げ状態で上にかぶる髪は長めとなります。 まず刈り上げる範囲を決めて上の髪をブロックしておきましょう。 ブロックさえきちんとすればあとはバリカンで刈り上げるだけなので簡単です。 バリカンの使い方は、下から上へ頭の形に添わせながら最後は抜く感じでかけましょう。 そうすることで刈った境目が綺麗に仕上がります。 イマイチ不安な人は、下記のバリカンの刈り方についての動画を見て確認してみましょう。 もみあげ部分や耳周りが難しそうですが、コツを覚えてしまえば案外簡単ですので挑戦してみてくださいね。 まず、切る前に切ってはいけない前髪とトップはしっかりブロッキングしましょう。 切るときに寝ぐせがあるときは濡らしてストレートに戻します。 サイドをあまり短くしたくないときは、すきバサミですくだけでも軽さが出てスッキリします。 長さを整えたいときには、くしを使ってはみ出た髪だけを切るようにしましょう。 ただし、濡らして切る場合は乾いたときに長さが短くなることを想定して切ることを忘れずに。 詳しいハサミの使い方は下記の動画でどうぞ。 【トップ】ショートメンズのセルフカット|自分で髪を切る方法 ショートメンズのトップのセルフカット|ふわっとさせるか固めるか ショートのトップのカットは、ボリュームを持たせるかどうかで印象がとても変わります。 そこでおすすめするのがすきバサミです。 ツーブロックのようにトップとサイドの毛の長さに段差があると上手くなじむか心配ですね。 しかし、すきバサミで切ることで段差の仕上がりが自然のため初心者でも失敗が少ないのが魅力です。 メンズセルフカットで、トップに束感のあるボリュームを出すにはすきバサミがおすすめ。 すきバサミを入れるとき刃先は完全に閉めず20度くらいを目安に閉じるのがコツです。 ツーブロックのように、トップとサイドの毛の長さに違いがあってもすきバサミなら段差の仕上がりが自然になり初心者でも失敗が少ないです。 上の髪となじむところは、バリカンをふわっと浮かせて抜くようにすれば綺麗になじませられます。 最後に左右の襟足の長さを整えれば完成です。 そのため、カット後のスタイリングにも気を使いましょう。 やり方は、まず洗髪後しっかり髪をタオルドライします。 タオルドライとは、濡れた髪をタオルで半乾き状態にすることです。 タオルドライで髪の立ち上がりが変わるのでおろそかにしないようにしましょう。 お金を節約できる• 美容院に行く時間がはぶける• 髪癖に合わせてカットできる• 慣れれば上手くカットできる メンズセルフカットは便利ですが、やはりメリットとデメリットがあることも理解しておきましょう。 1番のメリットは、なんてったってお金の節約ができることでしょう。 0円でいつでもカットできるのはとても魅力的ですよね。 忙しい人には美容院に行く時間を節約できるのもメリットでしょう。 美容院カットは自分でセットできないという悩みを持つ人は案外多く、それは髪癖が原因のことも。 髪癖に合わせてカットできるのもセルフカットの良いところですね。 ショートメンズのセルフカットのデメリット ショートメンズセルフカットのデメリット• 流行の髪型にできない• 人に言ったらケチと思われそう• 失敗することもある• カット後の掃除が面倒 ショートメンズセルフカットのデメリットは髪型がいつも同じなってしまうことでしょう。 流行の髪型にしたい人は、流行の髪型をセルフカットすればいいのですが実際その都度セルフカットすることは難しい話です。 また、セルフカットは散髪代金をケチっていると思われるのでは?と他人の目を気にする人には向きません。 メンズセルフカットの失敗が1番のデメリットでしょう。 結局美容室に行って恥ずかしい思いをするとなれば思わず躊躇してしまいますね。 そして、セルフカットにつきもののカット後の髪の掃除が面倒という人もいます。 それらのデメリットとメリットを照らし合わせてやる価値があるかを考えることが必要です。 しかし、どんなハサミとバリカンを選んだらいいのかわからないという人もいるでしょう。 確かにハサミもバリカンもピンからキリまであるので迷ってしまいますよね。 値段や機能も大切ですがやはり1番注目すべき点は切れ味です。 どんなハサミもバリカンも、購入時は切れ足が良いはずです。 しかし、使う頻度が増えればどんなハサミもバリカンも切れ味が悪くなります。 切れ味が悪い物を使うと毛が引っ張られて頭皮が痛くなったり、髪の毛への摩擦も多くなり痛めてしまう恐れがあるので切れ味の良い物に交換しましょう。 初心者におすすめは小型ハサミ ハサミは、初心者には小さいハサミがおすすめです。 なぜかというと、ショートメンズが後ろをカットするときなどには無理な姿勢をするため、大きなハサミだと間違って皮膚に引っかかってしまうことがあるからです。 おすすめの長さは6~7センチで、ハンドルと呼ばれる指を通す穴の大きさも自分の指にあったものが最適です。 バリカンは水洗いタイプがおすすめ バリカンは電動のため、電池タイプと充電タイプがあり充電タイプのほうが経済的でおすすめです。 カット後に付いた細かい毛のお手入れは水洗いできるタイプがお手入れ簡単。 替え刃は意外と高いため、切れ味が悪くなったらバリカンごと買い替えたほうが安上がりでしょう。 メンズはショートのセルフカットで自分らしさを表現しよう.

次の

メンズセルフカットのやり方!これで美容カット代を年間で10,500円は節約できます。

セルフ カット メンズ

細かいテクニックは使いたくない(面倒くさい方法はヤダ)• 短時間で切りたい• 後片付けも簡単に というのが前提になっています。 使っているバリカンについてはまた後程… そのため、『 メンズ』で『 短髪』な方が主な対象になります。 とはいえ、先日、本人に頼まれて 嫁の髪を少し切ってみました。 しかも バリカンで…。 その件は後ほど少しだけ…。 ほぼバリカンのみでのカットですが、一応、セルフカットを始めた当初に、それなりのハサミを買いました。 自分のように毛の量が多い人は、すきバサミはあった方が良いでしょうが、ハサミに気合いとお金をかける必要はないでしょう。 では、なぜ自分がセルフカットに目覚めたのか、まずはそのいきさつから。 救世主の誕生!? 口と鼻の穴が全開になるほどに… そんな時に現れたのが、QBハウスなどの、いわゆる1,000円カット。 短時間で終わるのに、しかも安いってどういうこと?って自分は神のように思ったくらい(髪だけに…)。 自宅の近くにQBハウスが出来た時に(と言ってもバスで15分くらいかかるけど…)、初めて散髪しに行ったら、40分くらいかけてすごく丁寧に切ってもらった時は、色々な意味で「大丈夫かな?ココ」と思ったけど、しばらくはわざわざバスに乗って散髪しに行っていました。 QBハウスまで、バス通い。 人の髪を流れ作業のように切り刻むサマに共感を覚えたわけです。 ただ、徐々に値上げもあったり、なんといっても待ち時間が長かったりで、少しずつ気持ちも萎えてきて…。 それと、美容院や散髪屋では必須の、なんて言うのでしょうか、クビに巻くアレ。 調べてみるとケープとかマントとかいうみたいですけど。 散髪するには必須のケープですけど… 首に何かを巻いたりするのが苦手で…。 小さな頃に被る帽子に付いていたゴムも苦手でした。 タートルネックの服も超苦手。 タートルネックの服を着て、明るい未来を見すえる女性。 というわけで行きついたのがセルフカット。 セルフカットのメリットは、なんと言っても『 フリー』だということ。 お金はもちろん、時間が空けば何時だろうと切ることが出来る。 お金と時間からの自由。 そんなの説明するまでもなく当たり前。 いい笑顔です。 ただ、それでも後片付けが面倒臭いことにかわりありません。 そこで、自分が辿り着いたのが(というか最初からそうしてましたが…)、 お風呂場で全裸で切る!ということ。 切り終えたら、 切った髪をシャワーで排水溝に集め、準備していたゴミ袋に入れて終わり。 実に簡単。 ただし、これにもデメリットが2つ。 冬場は当然寒いです。 風呂場は特に寒い場所の一つなので、切る前にお湯を張って、少しでも洗い場を温かくするようにはしています。 でも、そうすると鏡が曇りやすくなるんですけどね…。 もう一つのデメリットが、 ちょっと変態チックな感じになること。 この記事のために、三脚を風呂場に立ててスマホで撮影しましたが、ますます変態度が加速しそうな見た目になりました。 でもやっていることは髪を切っているだけですからね。 大した問題ではないでしょう。 最初は左手に鏡、右手にバリカンを持ってやっていた記憶もありますが、やりにくいし面倒なのですぐにやめてしまいました。 ただ 最初は、カットしたいそれぞれのエリアを目視で確認しながらやった方が良いでしょう。 慣れてきたら、バリカンが頭皮に触れる間隔で、それぞれのエリアがなんとなく分かってきます。 後は 音ですね。 髪をカットする音がしなくなったら、切り残している髪がなくなったってこと。 一番の問題は、アタッチメントよりも長い箇所のエリアです。 一番長いアタッチメントが約3センチ。 これよりも長いアタッチメントに対応しているバリカンはあまりないようです。 パナソニック製にはありそうですし、評価も高いので、今度買い替える時は考えたいですね。 お値段も他より高めですが…。 で、アタッチメントよりも長くしたい部分を地肌に付けながらカットしてしまうと、 当然アタッチメントの長さにカットされてしまいます。 それでも、面倒なテクニックなどは使いません! ではどうするのか? 自分の場合は、 ちびまる子ちゃんの永沢君をイメージします。 知っている人も多いとは思いますが、永沢くんは以下のような感じです。 下手なりに描いてみました。 玉ねぎのような頭の永沢君 通常の永沢くんは、玉ねぎのような、あるいはとんがった山のような頭ですが、イメージするのは 山脈バージョンの永沢くんです。 山脈バージョンの永沢くん 自分の頭がこんな形だとイメージして、これに沿ってバリカンを動かします。 これで 万事OKです! OKじゃねーよ。 オマエの頭の中の方が心配だわ… すべてのエリアをそれぞれのアタッチメントでカットし終わったら、一番下の部分(襟足っていうんですかね?)を 4-6mmのアタッチメントに付け替えて、下から3センチ程度を刈り上げます。 襟足を刈り上げる全裸のおじさん。 これでほぼ終了ですが、自分は毛量が多いので、 上の部分をすきバサミでカット。 なんとなく手で触って、『 なんかココ毛が多いよな』って部分を半分の長さくらいをザクっとカット。 この辺は適当。 これで終了。 髪の毛を洗い流し(あらゆる所に付いてます。 全裸なので… ねぇ…)、頭頂部に少し整髪剤を付けて髪の毛を立たせると、平常運転バージョンになります。 後ろから。 怒った表情にするとこんな感じ。 怒った顔Ver. アンニュイな雰囲気にするとこんな感じ(アンニュイって正確にはどんな感じだろ…) アンニュイな感じVer. バナナを持つとこんな感じ。 バナナ持ちVer. というわけで自分自身のセルフカットのやり方は以上で終わりです。 今後、他のバリカンに買い替えたりしたら、それも追記したいと思います。 ちなみに最近では息子の髪も切ってあげてます。 前述した通り、 嫁の髪も少しだけカットしました。 バリカンで。 髪型によりけりなんでしょうが、バリカンだと毛先を直線にカットしやすいそうです。 もちろん、プロではないのでよく分かりませんが、以下のような髪型の人でしょうかね。 ショートボブとか言うらしい…。 追記出来ることがあれば、また書いていきます。 一応最後に、セルフカットのキモについて2点書かせてもらって終わりにします。

次の