ユッキーナ 裁判。 木下優樹菜とフジモンがディズニーで恫喝!マナーが悪態・恐喝レベル!

木下優樹菜とフジモンがディズニーで恫喝!マナーが悪態・恐喝レベル!

ユッキーナ 裁判

姉の勤務先に恫喝ダイレクトメール(DM)を送り、騒動になっている「ユッキーナ」ことママさんタレントの木下優樹菜(31)が18日(2019年11月)、芸能活動を休止することを発表した。 姉が勤務していたタピオカ店のオーナーと姉との間に給与の支払いをめぐるトラブルが起きていたことを知った優樹菜は10月7日(2019年)、オーナーのSNSに「弁護士立てて法的処理、いくらでもできるから。 これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」「週刊誌に姉がこうなったって言えるからさ」「覚悟決めて認めなちゃい。 おばたん」「いい年こいたばばあが」などとDMを投稿。 その内容がSNSで拡散され、「これは恫喝ではないか」などと批判の声が上がり、大炎上する事態になってしまった。 オーナーは「裁判で訴える準備を進めている」と激怒 優樹菜は2日後の10月9日、自身のインスタグラムに謝罪文を投稿。 しかしその後もイベントが出演中止になるなどし、影響が出ていた。 オーナーの妻は「スッキリ」の取材に応じ、優樹菜からオーナー宛てに送られてきた新たなDMの存在を明かした。 10日(10月)に届いたもので、内容は「一時非常に感情的になってしまい、突発的にメッセージをお送りしてしまいました。 今回の件については、お店のことも含め『お互いに、誹謗中傷をしない』『お互いに第3者に話をしない』ということで解決させていただけないでしょうか(一部抜粋)」などというものだ。 一連の謝罪に対し、オーナーは「弁護士を通しているため何も回答できない。 今後裁判で訴える準備を進めている」と述べている。 司会の加藤浩次「僕は優樹菜さんとは若いころから何度も仕事をしていますが、全く裏表のない本当に素直な子という印象がずっとあります。 『身内がそんな思いしているんだったら納得いかない』っていう怒りの部分があったのかと。 年齢的に『事務所総出で』とかそういう言葉を使ってしまったのは問題あるんだけど、感情的になってしまったのかなという印象です」 高橋真麻(フリーアナウンサー)「木下さんは日本で4番目にフォロワーが多い人ですから、ポジティブな話題もネガティブな話題もこれだけ影響力があるということを自覚すべきでした」 前田裕二(実業家)「ダイレクトメールをもはやダイレクトメールと思わない方がいいというのが一番の教訓です。 『ダイレクトで、クローズドで、共有されない』という前提で全然知らない人とコミュニケーションすることはリスクのあることです」.

次の

ユッキーナついに法廷へ 昨年10月タピオカ店恫喝騒動で被害者側が訴訟手続き開始

ユッキーナ 裁判

個人的なファンタジーの話を一つ。 とあるプライベートでスキャンダルをおかした女性人気タレントを抱える事務所が、ありましたとさ。 引退しても即行復帰できる芸能界、裁判での示談金ダウンの為and自社イメージを守る為にそのタレントを一旦解雇しました。 日本の裁判は、裁判中もずっとこの程度の事案は裁判所から示談の裏指示が出るらしい。 裁判せずに示談か?、裁判中の示談か?が得か!!。 だって事案は既にほぼ白日の元にさらされている、新しい話は無いのでは?で裁判?。 そこで起死回生の裏ワザで一旦解雇引退をとって、社会的制裁を受けて事務所資金バックも無いことを裁判所に相手に認識して貰えれば。 示談は逆に裁判中の方が下がる結果に?、切ったね引退カード。 相手は、予想外でしょうね。 まさか、こんな事案で切ると夢夢思わないもの。 稼いでいた額を考えれば、裁判を早くやめたいので色々な所からお金引っ張って吊り上げれると思ったでしょうね表に裏の示談金は!!。 言っときますよ、最初に言った様にファンタジーですから。 どこかの個別の事案の話は一切していません。 空想バカヤローの想像話だと読み飛ばして下さいよ、受けるかなこの小説?。

次の

ユッキーナついに法廷へ タピオカ店恫喝騒動→一回すっきりさせたほうがいいよね。

ユッキーナ 裁判

姉の勤務先に恫喝ダイレクトメール(DM)を送り、騒動になっている「ユッキーナ」ことママさんタレントの木下優樹菜(31)が18日(2019年11月)、芸能活動を休止することを発表した。 姉が勤務していたタピオカ店のオーナーと姉との間に給与の支払いをめぐるトラブルが起きていたことを知った優樹菜は10月7日(2019年)、オーナーのSNSに「弁護士立てて法的処理、いくらでもできるから。 これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」「週刊誌に姉がこうなったって言えるからさ」「覚悟決めて認めなちゃい。 おばたん」「いい年こいたばばあが」などとDMを投稿。 その内容がSNSで拡散され、「これは恫喝ではないか」などと批判の声が上がり、大炎上する事態になってしまった。 オーナーは「裁判で訴える準備を進めている」と激怒 優樹菜は2日後の10月9日、自身のインスタグラムに謝罪文を投稿。 しかしその後もイベントが出演中止になるなどし、影響が出ていた。 オーナーの妻は「スッキリ」の取材に応じ、優樹菜からオーナー宛てに送られてきた新たなDMの存在を明かした。 10日(10月)に届いたもので、内容は「一時非常に感情的になってしまい、突発的にメッセージをお送りしてしまいました。 今回の件については、お店のことも含め『お互いに、誹謗中傷をしない』『お互いに第3者に話をしない』ということで解決させていただけないでしょうか(一部抜粋)」などというものだ。 一連の謝罪に対し、オーナーは「弁護士を通しているため何も回答できない。 今後裁判で訴える準備を進めている」と述べている。 司会の加藤浩次「僕は優樹菜さんとは若いころから何度も仕事をしていますが、全く裏表のない本当に素直な子という印象がずっとあります。 『身内がそんな思いしているんだったら納得いかない』っていう怒りの部分があったのかと。 年齢的に『事務所総出で』とかそういう言葉を使ってしまったのは問題あるんだけど、感情的になってしまったのかなという印象です」 高橋真麻(フリーアナウンサー)「木下さんは日本で4番目にフォロワーが多い人ですから、ポジティブな話題もネガティブな話題もこれだけ影響力があるということを自覚すべきでした」 前田裕二(実業家)「ダイレクトメールをもはやダイレクトメールと思わない方がいいというのが一番の教訓です。 『ダイレクトで、クローズドで、共有されない』という前提で全然知らない人とコミュニケーションすることはリスクのあることです」.

次の