この app の 共有 は 取り消さ れ まし た。 「このAppの共有は取り消されました」解決方法

【解決策】「このAppの共有は取り消されました」と表示され使えない問題が発生中

この app の 共有 は 取り消さ れ まし た

LINEやTwitterなどのアプリを開こうとすると、「このAppの共有は取り消されました」と表示されて使えない問題が一部ユーザーに発生しています。 iOSのバグが原因と見られ、「Appを取り除く」操作をしてから再インストールすると解決できる模様です。 LINEやTwitterが開けない iPhoneで一部のアプリを開こうとすると「このAppの共有は取り消されました」とのメッセージが表示されて、アプリを使うことができない、という指摘がAppleユーザーコミュニティ、日本でもTwitterなどであがっています。 この問題は、と、その直前バージョンであるiOS13. 1の両方で確認されており、原因は不明です。 MacRumorsは、最近アプリをアップデートしたユーザーで発生しているようだ、とコメントしています。 「Appを取り除く」で解決可能 この問題は、アプリを一度「取り除く」操作をして、再度インストールすることで解決したとの報告が寄せられている、とMacRumorsが紹介しています。 「アプリを取り除く」には、「設定」アプリの「一般」>「iPhoneストレージ」で問題が発生しているアプリを探して 「Appを取り除く」をタップします。 「Appを削除」を選ぶと、アプリ内のデータも消えてしまうのでご注意ください。 Source:MacRumors, 酔いどれオヤジのブログwp hato.

次の

【iPhone】このAppの共有は取り消されました、アプリが起動できない不具合と対処法

この app の 共有 は 取り消さ れ まし た

「このAppの共有は取り消されました」エラーが起きている著名なアプリケーションはLINEとYouTubeです。 これらのアプリは利用者が多くSNS上でエラー発生の報告が多く見られます。 エラーが起きるとYouTubeは動画を見ることができず、LINEはメッセージの送受信ができなくなり非常に不便になります。 これらのエラーはLINEやYouTubeアプリを最新版にアップデートした後に頻発するようです。 最新版のアプリが原因 「このAppの共有は停止されました」エラーの原因は、アプリアップデート後に頻発していることから最新版のアプリとiOSの間で不具合が起きているようです。 特に2020年5月20日前後にリリースされたバージョンのアプリでエラーが確認されています。 エラーの 明確な原因が判明するまでは5月20日前後にリリースされたバージョンにアップデートしない方が良いでしょう。 「このAppの共有は停止されました」エラーの対処法 「このAppの共有は停止されました」エラーが起きた場合、以下に示す対処法を試してみてください。 不具合が解決する場合があります。 またLINEやYouTubeから不具合の解決の告知があれば、告知に従って対処すると良いでしょう。 遠からずこのエラーの問題が解決されたバージョンがリリースされます。 リリースされ次第アプリをそのバージョンにアップデートするようにしましょう。 アプリを再起動する 一般的な対処法としてアプリを一度タスクキルしてから再起動すると不具合が解消される場合があります。 タスクキルする場合、ホームボタンを2回押して表示されるアプリ一覧から対象のアプリを上にスワイプしましょう。 タスクキル後にもう一度アプリを起動してエラーが起きないか確かめてください。 変わらずエラーが起きる場合には次の項目の対処法を試してみてください。 設定からアプリを取り除く 「このAppの共有は停止されました」エラーの発生を受けてLINEが公式サイトで紹介している方法です。 設定からアプリを取り除いてAppstore から再度インストールすることで キャッシュクリアを行います。 ホーム画面から設定アプリを開きます。 設定一覧から 一般を選択してタップします。 一般の項目一覧から iPhoneストレージを選択してタップします。 ストレージのアプリ一覧から LINEを選択してタップします。 LINEの項目にある Appを取り除くを選択します。 確認画面が表示されます。 再度Appを取り除くを選択してタップします。 これでトーク履歴など残したままアプリデータを削除できます。 次にアプリを再インストールしましょう。 Appstore のLINEのページ、雲のマークを選択することで再びインストールすることができます。 この手順を行うことで「このAppの共有は取り消されました」エラーが起きなくなる場合があります。 アプリアップデートを控える このエラーはアプリアップデート後に起こることが確認されています。 アプリアップデートをしないことでエラーを回避することができます。 自動アップデートを切っておくと不具合のあるバージョンをインストールせずに済みます。 自動アップデートを切っておく 設定アプリを開きます。 設定一覧から iTunes StoreとApp Storeを選択してタップします。 Appのアップデートがオフになっているか確認してください。 右側のボタンが緑色でなく灰色になっていれば設定は無効になっています。 ボタンをタップすることで有効・無効を切り替えることができます。

次の

【このAppの共有は取り消されました】エラーの対処法と注意事項まとめ!|アストロ note

この app の 共有 は 取り消さ れ まし た

子供が「Classiが使えなくなった!」と言ってきました。 昨今の在宅授業で使われているClassiで、今日中に提出しなければならないものがあるとのこと。 見たところエラーは「このAppの共有は取り消されました」でした。 急に負荷が高まり評判が悪くなっているClassiですが、これはClassiのエラーではないな・・。 AppStoreで再インストールしようにも、「このAppの共有は取り消されました」が出るだけです。 検索したところ、AppStoreやからログアウト、ログインとなっていましたが、解決しません。 さらに検索したところ、LINEがLINEがこうなった場合の解決方法を動画にしているとのこと。 やってみたところ、アプリの一覧にClassi(アプリ名「生徒用」)は出ませんでした・・。 ふと「すべてを表示」をタップすると、表示されていなかったアプリが表示され、Classi(アプリ名「生徒用」)も表示され、取り除き、再インストールができました。 よかった! こうなった原因やきっかけは不明です。 t00-ushi.

次の