宮崎 あおい すっぴん。 宮崎あおい・整形は鼻と目なの?昔の顔と画像で比較!歯を矯正した?

宮崎あおいは性格悪くて評判最悪?波瑠が人間不信に?性格良い説の理由も!

宮崎 あおい すっぴん

受賞 優秀主演女優賞 『』 『』 『』 『』 優秀助演女優賞 『』 2016年『』 その他の賞 主演女優賞 『ツレがうつになりまして。 』『』『わが母の記』 助演女優賞 『怒り』『バースデーカード』 石原裕次郎賞 2016年『怒り』『バースデーカード』 新人女優賞 『』 放送賞(ドラマ部門) 『』 演劇新人賞 『星の王子さま』 最優秀新人女優賞 『』 主演女優賞 『害虫』 山路ふみ子女優賞 『怒り』 女優賞 『純情きらり』 個人賞 『』 備考 主演(放送開始時の年齢22歳1か月は、大河ドラマの主役としては当時歴代最年少) 宮﨑 あおい(みやざき あおい、 - )は、の。 本名は、 岡田 あおい(おかだ あおい、旧姓: 宮﨑)。 実兄は元俳優の。 夫はの。 略歴 4歳の時、母親の「思い出に残るように」という理由で デビュー。 CM(「緑水」、など)や雑誌を中心に活動した。 ドラマや映画にも出演していたが、名前の付かないような脇役が多かった。 役名をもらい、本格的に女優業を始めたのは - 頃から。 、映画初主演の『』で、第23回コンペティション部門主演女優賞を受賞(映画公開は)。 2002年には、『』で第16回最優秀新人女優賞を受賞した。 またこの年は、の『』で連続テレビドラマに初主演した。 、初舞台で主演をつとめたミュージカル『』(演出:)で、第41回演劇新人賞を受賞。 同年、アニメ『』で声優初挑戦。 その後も、アニメの映画やドラマ、ドキュメンタリーのナレーションなど、声に関わる仕事もしている。 、とダブル主演を務めた『』が、2005年度実写邦画観客動員数第2位、興行収入40億円の大ヒットとなりブレイクのきっかけとなった。 、の『』では・有森桜子役を演じ、同作で第44回ゴールデン・アロー賞放送賞(ドラマ部門)を受賞した。 、NHK『』で、主人公のを演じる。 放送開始時の年齢22歳1か月は、大河ドラマの主役としては当時歴代最年少(それまでは『』のの23歳9か月が最年少であった)であった。 、(制作)『』で10年ぶりに民放の連続ドラマに出演。 秋から春まで、『』以来の2度目の出演となるNHK連続テレビ小説『』で、主演のとのダブルヒロインとなる姉・はつ役を演じる。 2018年の第1子出産に伴う産休を経て、2019年10月公開の『』で洋画吹き替えに初挑戦 、2020年1月放送の『』にて女優業に復帰した。 私生活 2007年、知人の紹介で知り合い10代の頃から7年間交際していた俳優のと婚姻届を提出し電撃結婚 、にて7月25日に挙式し 、2008年3月に披露宴を開いたが 、約4年半の結婚生活を経てに離婚した。 映画『』、『』での共演を経て友人関係にあったのと2015年春より交際を開始し、約2年半の交際期間を経て2017年12月23日に婚姻届を提出し再婚した。 翌、のと結婚(再婚)したことを、2人の連名によるFAXで発表した。 挙式や披露宴や新婚旅行などの予定はないとのこと。 、岡田の所属するを通じて、第1子妊娠が公表された。 同年、第1子男児出産を発表した。 から2001年に放送された『』および『』で共演した、、、、と仲が良い。 4人共フォトエッセーに寄稿している。 リンゴの皮剥きが得意であり 、のCMの中でもその腕前を披露している。 趣味は写真。 特技は。 長らく「宮崎」として活動していたが、2005年1月から「宮 﨑」に名義を変更した。 自身は「どちらでも特にこだわっていません。 」とのこと。 女優のとは生年月日が全く同じである。 二人は2012年の映画「」で初共演した。 2017年の映画祭でも共演したことがある。 映画とNHKのテレビドラマへの出演が多く、のテレビドラマ出演が少ない理由について、「10代のころは若いだけでアイドル視される傾向があったので映画だけに出演したいというこだわりがあったが、今では(ドラマでも映画でも演技者として)伝えるものに変わりはないとわかって、そういうこだわりはなくなった。 」と語っている。 『あにいもうと』で大型トラック運転手を演じるにあたり、実際に大型自動車免許を取得している。 自身は、女優業に関しては演技が好きなわけではなく、嫌になったら辞めると発言したことがある。 (1999年) - 小林玉 役• (2000年) - 淀川富子 役• (2000年) - 水瀬双美 役• (2001年) - 田村梢(ヒロイン) 役• (2002年) - 北サチ子 役• (2002年) - 日野ひかる 役• (2002年) - 橋本登美恵 役• (2003年) - 川奈依里子 役• (2004年) - 小諸観幸 役• (2004年) - 佐伯このみ 役• (2004年) - 石田由香里 役• (2004年12月25日) - 女子高生 役• 「ねぇ、マリモ」(2005年) - 美香 役• (2005年) - 小松奈々 役• (2006年) - 路木麻里 役• (2006年) - ハナ 役• (2006年) - ユウ(17歳) 役• (2006年) - みすず 役• (2006年) - 里中静流 役• (2006年) - 楓 役• (2007年) - ナレーター• (2007年) - アイドルDJ 役• (2007年) - 佐々木七重 役• (2007年) - 田村梢 役• (2008年) - 安城杏 役• (2008年) - 音羽恵子 役• (2009年) - 栗田かんな 役• (2009年) - 日本語版のナレーション• (2009年) - 柴崎葉津よ 役• (2010年) - 井上芽衣子 役• (2010年) - 森井月子 役• (2011年) - 栗原榛名 役• (2011年) - 髙崎晴子 役• (2012年) - 伊上琴子 役• (2012年) - 村瀬えん 役• (2012年) - 安藤結花 役• (2013年) - 妻利愛子 役• (2013年) - 林香具矢 役• (2013年) - ジンコ 役• (2013年) - 学校の先生 役(兼ナレーター)• (2014年) - 栗原榛名 役• (2014年)- 笹谷トヨ子役• (2016年) - 僕の初恋の彼女 役• (2016年) - 槙愛子 役• (2016年) - 芳恵 役• (2017年) - 山形千鶴 役 テレビドラマ• 第10話・第12話(1997年、) - あゆみ(悪魔) 役• 第7作「恐山殺人事件」(1998年、) - 唐橋春美(子供時代) 役• 第38話(1999年9月26日) - 矢頭さよ 役• (2008年) - 役• (1999年、NHK) - キキョウ 役• 第25話(1999年 - 2000年、テレビ東京) - 魔女っ子カメちゃん 役• (2000年、) - 中願寺栞 役• (2000年、) - 南あずさ 役• 「天使の居場所」(2000年、日本テレビ)• (2000年 - 2001年、) - 高原零 役• (2001年、フジテレビ) - 高原零 役• 第5話・第6話(2001年、) - 野村ゆかり 役• (2001年、) - 結城杏子 役• (2001年、日本テレビ) - 内山楓 役• (2002年、TBS) - 笹本萌 役• (2002年 - 2003年、) - 銭形愛 役• 「ポートタウン」(2003年、) - 紺野奈美 役• 68FILMS 第2話「寄生木 YADORIGI」(2003年、BS-i、BSフジ) - 主演• (2004年、NHK) - 天城秋日子 役• (2004年、) - 石田由香里 役• (2004年、日本テレビ) - 朝井ほのか 役• (NHK)• (2006年) - 有森(松井)桜子 役• (2015年 - 2016年、NHK) - 今井はつ 役• (2011年、NHK) - 伊東蝶 役• (2012年、) - 下島菜穂 役• (2017年、NHK) - 役• (2018年、TBS) - 赤座桃子 役• 新春ドラマ特別企画「」(2020年1月、TBS)- 小野寺理紗 役 その他のテレビ番組• 「おとなりさん」(初回放送2006年9月7日 - 純情きらりの放送期間中) - 朗読• (フジテレビ) - ナレーション(不定期)• 「宮崎あおい愛しき津波の島へ」(2006年10月15日) - 出演• 「康子のバラ〜19歳、戦渦の日記〜」(2009年8月2日) - 出演(ナレーション・日記朗読)• MUFGスペシャル 未来の子どもたちへ 地球の危機を救うお金の使い方(2007年9月3日、TBS)• (2008年11月17日、)• 感動地球スペシャル 宮崎あおい、心にしみるアフリカ〜生命輝く大地・ルワンダ〜(2009年3月1日、)• 「武器を持つ? 持たない? 〜紛争解決人 」(2009年10月4日、NHK総合) - ナレーション• 「ふしぎがり〜まど・みちお 百歳の詩〜」(2010年1月30日、NHK総合) - ナレーション ラジオドラマ• 「翔べない豚さん」(2002年2月9日、) - 山瀬あずみ 役• 「経済学部上村教授」(2002年8月19日 - 22日、) - ゲスト出演・上村春子 役• (2004年5月4日、TOKYO FM) - 廣瀬亜紀 役 テレビアニメ• (2003年1月 - 3月、テレビ朝日) - 菊池ユメ 役• (フラニーズ・フィート)(2007年 - 2011年、) - フラニー 役 劇場アニメ• (2006年) - トゥーラ 役• (2010年) - 佐野唱子 役• (2012年) - 花 役• (2015年) - 九太(少年期) 役 吹き替え• (2019年) - リュミール() 役 舞台• ミュージカル (2003年8月初演、2005年8月再演) - 星の王子さま 役• (2009年2月) - 主演• ウーマンリブ VOL. 12「SAD SONG FOR UGLY DAUGHTER」(2011年6月) ミュージックビデオ• 「I Don't Know」 映画「害虫」の映像から• 「UNDER THE BLUE SKY」• 「」「」• 「」 映画「NANA」の映像から• 「」 映画「初恋」の映像から• 「」 映画「ただ、君を愛してる」の映像から• 「未来 〜風の強い午後に生まれたソネット〜映画ver. 」 映画「初雪の恋 ヴァージン・スノー」の映像から• 「My Angel」• 「あおいMIX」 E-SYSTEMキャンペーンから• RIP SLYME「Tales」 「TOKYO HEART」のCMから• 「眠り姫」 広告 太字は現在契約中• (1990年)• 「ふきんクイックル」(1992年)• 「」(兄と共演)(1993年)• 「お子様セット(現ハッピーセット)」(1993年)• (1994年)• 「Frosch」(2012年3月 - )• (1995年)• 「MKレストラン」(1996年)• (1997年)• 「」(1998年)• 「」(1998年)• 「」(1998年)• 「」(1999年)「Drive earth」(2008年9月 - )• 「DIGITAL FACE」(2000年10月 - 2001年9月)• 「」(兄と共演)(2001年1月 - 2002年4月)• 「」(2001年4月 - 2002年3月)• (2001年4月 - 2002年9月)• 「CUPOP」(2001年4月 - 2004年3月)• BS放送キャンペーン(2001年12月 - 2002年3月)• (2001年12月 - ) - 澤田菜穂子 役• 「緑水」(2002年3月 - 2003年2月)• 「絹の贅沢」(2011年4月 - )• 「烏龍茶」(2012年4月 - )• 「カップスープ」(2002年9月 - 2005年8月)「ほんだし」(2008年9月 - )• 「ピコラ」、「ビッツサンド」(2003年4月 - 2005年3月)• 「」(2004年4月 - 2007年4月)• 「」(と共演)(2005年6月 - 2006年6月)• 「手作りチョコレート」(2005年11月 - 2006年5月)• 「『』」(声のみの出演 2006年10月 - )• (2006年10月 - )• 「カコナール2」(2006年10月 - )• (2006年10月 - 2006年11月)• 「『』」(2006年)• 「ウメッシュ」(2007年1月 - )• (2007年 - )• 「」(2009年7月 - )• 企業CM「私の写真は、私の今だ」篇(2014年9月 - )• アイス「Def(デフ)」(2007年3月 - )• 「朝食りんごヨーグルト」(2007年10月 - )• (2007年4月 - 2010年3月)• 「洗顔専科パーフェクトシリーズ」 パーフェクトホイップ、パーフェクトリキッド(2007年 - )• (2008年1月 - )• (2008年12月 - )• (2009年5月 - )• 「」(2010年3月 - )• 「」(2010年3月 - )• 「」(2010年9月 - )• 「」 FOG BARBER styling(2010年9月 - )• 「SUGAO」(2014年3月 - )• 「クリア」(2014年4月 - )• 「トマトジュースプレミアム」• 「トマト、澄みわたる。 」篇(2015年8月 - )• 「キリン 杏露酒 ひんやりあんず」(2016年)• 「」『LG21マーチ オフィス』篇・『LG21マーチ 社員食堂』篇(2019年5月 - ) - と共演 ポスター• 百万人のキャンドルナイト2004 (2004年)• カレンダー(2005年)• 「発見。 夏の100冊」、「発見。 角川文庫」(2005年6月 - 2006年5月号) 映像作品• 映画「ラブドガン」オフィシャルフォトブック LOVE GUN(2004年6月15日、リトルモア、)• フォトエッセイ集 祈り(2005年11月30日、ネコ・パブリッシング、)• 写真集 イクない? (2001年5月25日、、)• 写真集 少女日記(2001年12月25日、、)• 写真集 Happy Tail(2002年4月26日、ソニーマガジンズ、)• デジタル写真集 Nature(2003年6月9日)(インターネットダウンロード型)• 写真集 20TH ANNIVERSARY 光(2005年11月30日、ネコ・パブリッシング、) 雑誌連載• ()「春夏秋冬 はる なつ あき ふゆ」(2003年5・6月号 - 2006年5・6月号)• Cut()「宮崎あおい日々のあわ」(2005年11月号 - 2012年5月号)• ()「あおい歳時記」(2006年7月号 - 2007年7月号 )「なんてことない今日だけど」(2007年8月号 - 2009年5月号) 受賞歴• 2001年• 第16回 最優秀新人女優賞『』• 第11回 新人奨励賞『』• 2002年• 第23回 主演女優賞『』• 第15回 新人賞映画『』• 2006年• 第50回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞『』• 第44回 放送賞『純情きらり』• 第15回『純情きらり』• 第41回演劇新人賞受賞『』• 2008年• 第59回 主演女優賞『』• 第45回 個人賞『』• 2009年• 2009年 新人賞• 優秀主演女優賞『』• 2011年• 第24回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞『』『』• 優秀主演女優賞『ツレがうつになりまして。 2012年• 優秀助演女優賞『わが母の記』• 2013年• 優秀主演女優賞『舟を編む』• 2016年• 第40回 山路ふみ子女優賞『』• 第29回石原裕次郎賞・助演女優賞『怒り』『』• 優秀主演女優賞『怒り』• 優秀助演女優賞『』 脚注 [] 注釈• NHKニュース NHK. 2017年12月24日. の2017年12月24日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 小学館から刊行「たりないピース」より• 2015年4月24日. 2015年7月17日閲覧。 MANTANWEB. 2019年9月19日• 2019年12月25日. 2020年6月3日閲覧。 online. 2007年6月15日. の2008年2月24日時点におけるアーカイブ。 2020年6月3日閲覧。 2017年8月1日. 2020年6月3日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2018年3月4日. 2020年6月3日閲覧。 MSN産経ニュース. 2011年12月28日. の2011年12月28日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2011年12月29日. の2011年12月29日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2011年12月29日. 2020年6月3日閲覧。 2017年12月23日. 2020年6月3日閲覧。 online. 2017年12月25日. 2020年6月3日閲覧。 スポーツ報知. 2017年12月24日. 2017年12月24日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2017年12月25日. 2019年4月13日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2018年5月19日. 2018年5月19日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年10月16日. 2018年10月16日閲覧。 サイゾーウーマン 株式会社サイゾー. 2017年11月18日. 2019年4月13日閲覧。 2018年5月8日. 2018年6月29日閲覧。 wezzy 株式会社サイゾー. 2018年5月27日. 2019年4月13日閲覧。 シネマカフェ イード. 2014年9月16日. 2019年4月13日閲覧。 日刊スポーツ 2015年8月20日. 2015年8月20日閲覧。 映画ナタリー 2016年2月16日. 2016年2月16日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年7月18日. 2016年7月19日閲覧。 MANTAN. 2019年11月1日. 2019年11月1日閲覧。 「宮崎あおい 18 アニメヒロインのアフレコに挑戦」-『』紙、2005年6月28日号、22面。 メディア芸術データベース. 2016年11月29日閲覧。 Movie Walker 株式会社ムービーウォーカー. 2012年4月5日. 2019年4月13日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年4月13日. 2015年4月13日閲覧。 映画ナタリー. 2019年9月19日閲覧。 Sankei Biz. 2014年9月25日. 2014年9月26日閲覧。 マイライフニュース ヒューマン・データ・ラボラトリ株式会社. 2014年3月12日. 2019年4月13日閲覧。 2014年11月29日閲覧。 まんたんウェブ 2015年8月7日. 2015年8月7日閲覧。 MANTANWEB. 2016年4月11日. 2016年4月12日閲覧。 2007年9月19日閲覧。 公式サイト. 2014年1月18日閲覧。 スポーツ報知. 2016年10月17日. の2016年10月18日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク• - 公式サイト•

次の

宮崎あおい風メイクで押さえておくポイントはここ!

宮崎 あおい すっぴん

(C)まいじつ いつも輝いて見える芸能人と言えど、プライベートの姿はまるで別人であったりするようだ。 『週刊FLASH 2019年11月5日号』が、と『V6』岡田准一夫婦の姿をスクープしたところ、宮崎の姿に衝撃の声が上がっている。 10月上旬のある日、岡田が18年に生まれた長男のおもちゃを持ち、その後ろを、長男を抱えた宮崎が歩いている姿が、同誌に写真付きで掲載された。 岡田はいつも荷物持ちを担当しているようで、そのまま家族は岡田の運転する車でどこかへ出かけたという。 何気ない日常のワンシーンなのだが、ネット上では宮崎の姿が話題になった。 宮崎は化粧っけがほとんどなく、大きな眼鏡をかけているだけで、ほぼすっぴんに見える。 服装も、カーディガンに少し緩めのズボンと、動きやすさを重視した感じで、〝女優・宮崎あおい〟というより、〝母親・宮崎あおい〟といった感じだ。 また、そんな宮崎に対して、 《宮崎あおいが窪田正孝に見える!》 《この宮崎あおい、窪田正孝に見える》 《お子さんは窪田正孝に似てるのかな》 など、俳優の窪田正孝そっくりだという声も上がっていた。 「宮崎は2014年に、メークブランドのCM発表会で、『プライベートでメークすることはそんなにないですね』と語っていました。 そのため、母親になって子育てに追われる今では、余計にメークする機会が減っているのでしょう」(芸能記者) 芸能界トップクラスの美男美女夫婦も、私生活では意外と目立たないかもしれない。

次の

宮崎あおいの“すっぴん風”姿に驚き「窪田正孝に見える」「私と同じ…」(2019年10月29日)|ウーマンエキサイト(1/2)

宮崎 あおい すっぴん

見た目にナチュラルな雰囲気がたまらない、ほんわか系女子の代表と言えば・・・ 宮崎あおいさん! にじみでる自然体な演技と、役によってコロコロと色んな女性を演じ分ける、実力派女優さんの中の一人ですよね。 厚化粧をしない!?透き通る素肌がかわいい 宮崎あおいのナチュラルメイク 宮崎あおいの美しさといえば、その透き通るような素肌が魅力。 いつもテレビや映画、ドラマに出演する時は、透明感のあるナチュラルな雰囲気を漂わせている彼女。 あんなにきれいな肌になるには何か秘訣があるにちがいない!もしかして整形なの? と疑いたくなるほど。 彼女の雰囲気そのものが「クール」というより、 「かわいい」「天然」 な持ち味を生かしたテイストで、そこにまたグッとくるんですよね。 ナチュラリスト 宮崎あおいのメイクポイントは? いつもどんな役を演じる時も、自然な空気を漂わせて、決して頑張りすぎないメイクと 衣装がおもわず「真似したい!!」と思わせる宮崎あおいちゃん。 彼女の化粧の特徴としては、すべてにおいてイジリすぎないこと。 これがポイントです。 それでも女優さんだったらしっかりメイクで自然に見せてるんじゃない? スポンサーリンク そう思いたくなるところですが、彼女に限ってはその元の美しさを隠すのがもったいないほど、すっぴんがキレイ。 だから必要以上にメイクをする必要がないんです。 わたしもナチュラルメイクをしたい! 宮崎あおい風ほんわかメイキャップの基本は眉! 宮崎あおいちゃんは、盛らない自然なメイクがステキ。 でも、ポイントはしっかりとおさえているんですよ。 あれほど自然なのに手抜きに見えないのは、整えすぎず、でもきつくなりすぎない 柔らかめのラインを描く眉。 これががポイントです。 眉はあくまでもきっちりし過ぎないように、 アイブロウペンシルでぼかすように少し長いかな?と思う位に描きます。 眉頭をちゃんと作ることで、全体がぼやけずに、「きちんと感」がでますよ。 スポンサーリンク そして、くりんとしたかわいい目を際立たせるように、アイシャドウは ベージュ系がベース。 素肌の色に近い オレンジ系やブラウン系をほんの少し、アクセントに二重の際に乗せています。 大切なのは、目だった差し色を使わずに、あくまでも肌になじみのいい色合いをチョイスすることです。 宮崎あおい、脱「かわいい」宣言 頬メイクにチークをほんの少し。 はつらつ元気な宮崎あおいちゃんの雰囲気になれます! ナチュラルにみせたい時は、ほんのり血色のいい薄めのメイクが好印象。 目の下のクマやくすみは ベースファンデーションでしっかりと整えるのが大切です。 そして、宮崎あおいちゃんに近づけるポイントを挙げるなら、頬に ピンクのチークをうっすらとのせて 、健康的にみせるという事ですね。 リップも ピンクベージュ系のグロスがぴったり。 発色を抑えてあくまでも自然な色味を使いましょう。 化粧をする時、一番に気を付けている所はどこですか? お出かけするときに、「しっかり身だしなみを整えていると思われたい」 「手抜きしてるって思われたくない!」と、ついつい頑張って盛り気味のメイクになってしまいがちではないですか? それでも、自然体のナチュラルなテイストを好む森ガール女子にとって、彼女のメイクはとってもお手本になると思います。

次の