佐久間 line。 佐久間大介(SnowMan)とあきのLINEとは?2人の関係はどれだけ続いた?|トレンドロイド

佐久間大介(SnowMan)とあきのLINEとは?2人の関係はどれだけ続いた?|トレンドロイド

佐久間 line

SnowMan佐久間大介とLINE流出のあきって誰? 佐久間大介さんのLINEが流出したのは2016年。 彼女と思わしき女性とのやりとりが明るみになったのは、ジャニーズファンでは知らない人はいないでしょう。 このときの相手が「あき」という人物だったのですが、 誰なのかを結論から言うと、女優の上村明穂(うえむら あきほ)さんでした。 誰なのかわかったところで早速、佐久間大介さんとあきのLINE内容を見ていきましょう。 佐久間大介とあきの熱愛が発覚したLINE内容 佐久間大介さんは、あきこと上村明穂さんとのラブラブなLINEが流出しました。 現在も物議を醸していますが、その理由はLINEの内容にあります。 まずはジャブ程度のLINEから。 この辺りは彼氏・彼女のありふれたやりとりなのでサラッといきましょう。 会いたいと求められたら夜中でもタクシー乗るし終電なければホテルも取ってくれる優しい大介先輩。 あき 「大介先輩会いたいです」 佐久間 「行ってやろうか?」 あき 「え、電車あります?」 佐久間 「この時間ならタクシーだね」 あき 「タクシーとかリッチですね(笑)」 佐久間 「まぁ〇〇まではそんなにかからないからね」 あき 「何分くらいなんですか?」 佐久間 「20分位かな?」 あき 「来てほしいです~」 佐久間 「あきが求めるならいくよ」 あき 「もとめます」 まあ割とありがちな彼氏と彼女のLINEですよね…!強いて言えば、佐久間大介さんがややSっ気を出している印象でしょうか。 お前さん可愛すぎるな!とLINEを送ったり、自撮り画像を送ったりもしていたようですが、この辺りはさほどでもありません。 ただ、問題はここから。 佐久間大介さんが「カス」と言われてしまう事態に発展していきます。 あき!朝からごめん!謝らしてくれ! 昨日〇〇を誘い出すために 〇〇の彼女を襲うまがいのことをしてしまった! 本当にごめん! 俺は黙っておくのも違うかなと思い連絡しました! ごめんなさい! 〇〇と〇〇にもあきに言ってくれていいって言っといたごめん! でも、何もしてないから!それだけは信じて! 俺はあきが好きだから! 0時35分に「おやすみ」のLINEを送ってから、 佐久間大介さんはなんと「襲うまがいのこと」をしてしまっています。 (襲うまがい・・??) しかし同時に「何もしてない」ことを強調しており、つまり一線は越えていないということでしょうか・・? さらに今や佐久間大介さんの代名詞といっても過言ではないのが最後のフレーズ。 現在は彼女はいないとされているものの、一部では破局の説はガセで「まだ続いている」との噂も出ています。 ネットでの目撃情報 佐久間大介さんと上村明穂さんについて、破局はガセだと言われている理由はなぜなのか。 調べてみたところ、駅周辺であきさんを目撃したとの情報がありました。 佐久間くんを四谷三丁目駅で見かける• ファンが集まると困るから黙っていた• 朝出勤するときに、あきを目撃するようになった• 何度も遭遇するため人違いではない LINEの流出があれだけ噂になりながら、まだ堂々と二人で会ってるの?と怒り混じりの声ですね。 一度しっかりと触れるべきでは?との意見は多く見られるのが現状です。 ファンとしては自作自演もありえるとして、冷静な視点で見られていました。 SnowManとしてもこれ以上スキャンダルなどの騒動は出したくないところでしょうが、未だにファンがモヤモヤしていることを考えると、何かしらの対処は必要だと見るのが妥当な気もしますね…! 佐久間大介さんとあきの熱愛については、今後の動向からも目が離せません。

次の

佐久間大介の身長と大学は?LINEが流出したって本当か調査!

佐久間 line

写真左:LINE・佐久間祐司さん、中央:鹿内学さん、写真右:メルカリ・友部博教さん データ分析で人事が抱える苦悩 鹿内学さん(以下、鹿内): 佐久間さんと友部さんは経歴的にいうと、人事部門にいるキャラクターとしては珍しい方たちだな、という印象があります。 メルカリ友部博教さん(以下、友部): これまであまり存在しなかったタイプなのかもしれませんね。 佐久間さんが所属するLINEや私がいるメルカリみたいに、もともとデータドリブンな社風の組織であれば、決して珍しくないとは思いますが。 鹿内: 人事関連の業務にデータ分析、ピープルアナリティクスみたいな知見を加味していくのって、まだまだこれからの領域ですからね。 そして、そういう科学的な視点から人事を考えていくのは、とても興味深い取り組みだし、何より楽しい……みたいな話を、今日はできればと思っています。 LINE佐久間祐司さん(以下、佐久間): わかりました(笑)。 鹿内: そもそも僕は、研究者として、アナリストとしてデータサイエンスの地平からピープルアナリティクスに関わっているわけですが、実はこれまで、組織で人事部門にいたことがないんですよね。 それで、 僕が「こんなふうにデータを活用して人事施策をまわしていきましょう」と提言しても、説得力に欠ける場面がきっとある だろうと。 「いや鹿内さん、そうは言うけど、現場ではなかなか実践できないよ」「それができたら理想的だけど、あなたはウチがどんなカルチャーの組織なのか知らないでしょ」みたいに思っている人もいるのではないかと。 佐久間: 私は逆で、 客観的なデータの説得力はやはり強力だと日々感じています。 私は人事畑で働いてきた人間ですが、最近は「人事をやりたい!」というより「ピープルアナリティクスをやりたい!」という感覚のほうが強いんですよね。 従来の人事でよく見られた、直感や希望的観測で打ち手を決めてしまうことの「弱さ」を克服したい、というか。 鹿内: 実際、データを示すことで打ち手が変わってきたのですか? 佐久間: ええ。 例えば採用の場面で、求める人材の要件を出してもらうと条件がどんどん膨れて「スキルもやる気もカルチャーフィットも完璧な人だけ応募してください」というような職務定義書ができあがってしまうことがわりとよくあります。 こちらは経験上「まず採用できないだろう」とわかっているのですけど。 鹿内: 当該部署としては、希望する人材以外は欲しくないと。 佐久間: はい。 「そんな人材を採るのは難しいと思う」と話しても、現場サイドからは「いやいや、こういう人材でなければ活躍できない」と言われてしまう、というのはおそらく採用を担当したことがある人は、一度は経験があることだと思うんです。 そこで最近、私のチームにゲーム事業部からデータアナリストが社内異動で入ってくれたんですが。 ポジションごとの応募数をヨコ軸に、内定者数をタテ軸にした散布図つくってくれたんですね。 弊社では常時200以上のポジションで募集をかけているのですが、応募数がゼロのポジションや、応募数は多いけど内定が全然でないポジションが一目瞭然になりました。 シンプルだけどとてもインパクトがあるグラフだったんです。 鹿内: それを示して現場サイドと話をしたのですか。

次の

佐久間大介の身長と大学は?LINEが流出したって本当か調査!

佐久間 line

何か良い情報 ないかな? 企業リリース情報を見る• 便利ツール• 記事の内容カテゴリから探す• 記事の種別カテゴリから探す• 記事のタイプから探す• サービス情報をDBから検索• セミナー・ プレゼント• Web担に ついて• 記事を投稿してみる (メンバー登録が必要です)• メンバー• シナジーマーケティング株式会社 事業本部 東日本事業部 東日本営業G リーダー 佐久間章弘氏 LINEを用いたコミュニケーションの現状 佐久間氏は、まず、コミュニケーションチャネルとしてのLINEの現況を述べた。 LINEの月間アクティブユーザー数(MAU)は7600万人以上で、これは、日本の人口の59. 9%が利用している数字だ。 LINEの強みは、メッセージのリーチ力(到達力)やアクティブ率の高さにあり、「この点がコミュニケーションツールとして注目される理由だ」と佐久間氏は述べる。 一方、コミュニケーションツールとしては課題もある。 確かにリーチ力の高さは、企業のメッセージを届けやすい点でメリットだが、ユーザーの生活様式や価値観は多様化しており、デバイスも多様化している。 ユーザーは、より自分に合ったタイミングで、自分にあった内容のコミュニケーションを望んでいるのだ。 大企業向けのマスリーチに適した「公式アカウント」• 中小企業や小売店向けの「LINE 」 公式アカウント、LINE 双方にはAPIを利用したメッセージ送信が可能なAPI型アカウントが用意されている。 この機能を利用すればパーソナライズされたメッセージ配信が可能だが、費用が高いのがデメリットだ。 そこで、現実的には、LINE でスモールスタートするのが良いと思うが、この場合は一人ひとりにパーソナライズされたメッセージ送信は難しいという課題が残る(佐久間氏) LINE公式アカウントの比較 さらに、LINE を活用した一斉配信を安価に始める際に留意しなければならないポイントがある。 それは、LINE社が発表した「LINE公式アカウントの統合」だ。 これからは、月額料金が安くなる代わりにメッセージ送信通数に応じた従量課金に変更される。 シナジーマーケティングが手がけるクラウドベースの国産CRMシステム「」は、集客、顧客情報の統合・一元化、クロスチャネル・メッセージング、分析まで、CRMのあらゆる活動を支えるシステムだ。 Synergy! を使えば、LINE でパーソナライズされたコミュニケーションが行える。 たとえば、LINE 、LINE公式アカウントともに、API型アカウントを通じて連携が可能で、Synergy! のプラットフォームを通じてLINEにメッセージ配信が可能だ(佐久間氏) クリックの有無などのデータ取得が容易に可能になるため、購買データやメールの開封履歴に応じて、LINEを通じてユーザーにタイムリーにプッシュ通知を送ることが可能だ。 また、Webサイトのフォームなどを通じ、自社内に登録された年齢や性別などの属性情報や、購買履歴、メールの開封・クリック、Webサイトの閲覧といった顧客行動をもとにセグメントを設定し、メッセージを送り分けることもできる。 データを活用しLINEでのコミュニケーションを強化する 複数店舗のアカウント管理も可能に 複数店舗のアカウント管理という点でも、Synergy! は強みを発揮する。 たとえば、これまでは複数店舗ごとにメッセージを送り分けたいときは、それぞれの店舗ごとにアカウントを登録、管理する必要があった。 コスト、運用ともに煩雑で、運用を店舗に依存するため、一貫したメッセージングが行えないことが課題になっていた(佐久間氏) Synergy! であれば、1アカウントで管理が可能だ。 友だち登録の際にユーザーのメールアドレスとLINE IDを関連づけることで、たとえば、店舗Aに友だち登録しているユーザーに、店舗Aの先行セールのお知らせを配信することができる。 「 Synergy! とLINEを連携すれば一人ひとりに適したコミュニケーションが行える」と佐久間氏は説明する。 複数店舗のアカウントを統合管理することも可能だ CRMマーケティングにおける「チャネル分断」の課題 続いて佐久間氏は、LINEは有効なツールであることは間違いないが、コミュニケーションの現状を考えるとそれだけでは不十分だと述べ、CRMを活用したマーケティングの課題について説明した。 コミュニケーションの基本は、「届けたい人へ、最適なコンテンツを、最適なタイミングに、最適なチャネルで」送ることだ。 たとえば、コミュニケーションチャネルとして、メールは重要な役割を担っている。 メール配信は安価に行えるメリットがあり、企業も顧客のメールアドレスを数多く保持している。 しかし、全体の母数に対するメールのパーミッション(受信許諾)は約3割といわれ、実際の開封率はそのうちの10%程度だといわれる。 「10万人の母数があったとして、実際にメッセージが届いているのは3000人程度というのが現状だ」と佐久間氏は説明する。 そこで大事になってくる視点が「 ユーザーにあったチャネルでコミュニケーションすること」で、一つのチャネルだけでなく、メール、デジタル広告、LINE、モバイルアプリなど、複数のコミュニケーションチャネルをかけ合わせてユーザーとコミュニケーションすることだ。 そのためには、それぞれの運用を相互に補完し、 統合された最適なコミュニケーションを設計する必要性がある。 しかし、企業のマーケティングでは、チャネル間で担当者が分断されていて運用が統合されていなかったり、一人で、一部門で複数のチャネルを運用しなければならず、負荷が高いといった課題がある。 こうした課題にもSynergy! は応えることができる。 標準で連携可能な「広告連携機能」を使えば、Synergy! に格納されている顧客データ(メールアドレス)をもとに広告配信リストを作成し、FacebookやGoogle、Twitter、Yahoo! DMPなど運用型広告と自動で連携することができる。 企業が保有するメールアドレスと、各媒体にユーザーが登録したメールアドレスをマッチングすることで、 媒体とマッチしたユーザーを絞り込み、ターゲティングすることも可能となる(佐久間氏) 媒体とマッチしたユーザーに広告配信することができる Synergy! を使った4つのマルチチャネル事例 佐久間氏は、実際にSynergy! の「広告連携機能」を用い、メールと組み合わせたマルチチャネルでのコミュニケーションにより顧客育成、離反防止、休眠顧客復活などを促進した事例を紹介した。 同社では、季節商品の購買拡大に課題を抱えていた。 競合も多い中、季節商材をいかに短期間で購入してもらうか、リスティングやリターゲティングなどの他に、商戦期の売上拡大につながる新しい施策を探していたという。 そこで、過去の購買履歴をもとに、既存顧客へのリピート購買を促進すると同時に、購買経験のある顧客と似たユーザーに広告を配信することで見込顧客を拡大する施策を行った。 その結果、バレンタインデーと母の日で合計679件のコンバージョンを獲得した。 同社では、年商の9割以上が冬季に集中し、競争が激化した結果、繁忙期のリスティング広告の費用が高騰し、広告の費用対効果が悪化するという課題があった。 そこで、競合サイトとリスティングやリターゲティングで競争するのではなく、過去の購買履歴をもとに、休眠顧客へのアプローチを強化する戦略にシフトした。 その結果、 顧客の平均獲得率3. 4%、その獲得単価1394円と、目標としていた獲得単価1500円をクリアすることができ、休眠顧客層の掘り起こしに成功した。 同社は、従来はカタログ中心のビジネスを行っていたが、近年はWebでのビジネス拡大を狙っていた。 そこで、顧客の購買動機を高める施策として、ECでのカゴ落ち客に対し、メールとLINEを使ったコミュニケーション施策を重点的に行った。 また、デジタル広告で顧客接点を拡大した結果、Webでの売上拡大を実現したという。 さらに出願者データを活用した類似顧客拡張の広告配信を行い、出願率の向上に貢献した。 この記事の筆者 【執筆】 阿部欽一(キットフック) 【ライター/ディレクター】 「キットフック」の屋号で活動するフリーランスのライター/ディレクターです。 社内報の編集、編集プロダクション等を経て2008年より現職。 「難しいことをカンタンに」伝えることを信条に、「ITソリューション」「情報セキュリティ」「コンプライアンス」などをテーマにした解説記事やインタビュー記事等の執筆のほか、動画やクイズ形式の学習コンテンツのシナリオ制作や、イラストレーターやFlash技術者と協業し、マンガやアニメーションを使ったユーザー参加型の集客キャンペーンなどを企画から制作までワンストップで多数プロデュースしています。 Twitter: Facebook:.

次の