行列の女神 2話 ネタバレ。 行列の女神〜らーめん才遊記〜最終話ネタバレ・あらすじ・感想【ドラマ】

「行列の女神 らーめん才遊記」3話動画配信を無料で見逃しフル視聴【ドラマBiz】

行列の女神 2話 ネタバレ

お品書きがわかりづらかったのだ。 わかりやすく書き換えれば・・・・人気店に! ゆとり(黒島結菜)は『麺房なかはら』のことを知らなかったからこそ提案できた。 しかし『麺房なかはら』の問題点はそれだけではないと芹澤(鈴木京香)は言う。 なかはらのラーメンは完成された味だが、ワクワクはしなかった。 その原因がわかれば、『麺房なかはら』はもっと人気店になる。 あるとき、まかないを河上部長(杉本哲太)が作ってくれた。 『麺房なかはら』の店主・中原昌英(石黒賢)や芹沢、河上は同じ店で修行した先輩後輩の仲だった。 河上の美味しい味に驚く面々。 しかしそのラーメンは芹澤社長にダメ出しされたラーメンだった。 芹沢が提案したのはわざと臭みを残したラーメン。 そのラーメンはワクワクする味だった! 『麺房なかはら』の客は横ばい。 ゆとりは中原のラーメンは少ないと気づく。 中原は事務所を訪ね、芹沢が問題点に最初から気づいていたのに教えてくれなかったことを責める。 ・ 一番の問題点は食事満足度の低さ あっさり上品ボリューム控え目。 ラーメンニューウェーブ時代から変わらぬ中原のラーメン。 本店はオフィス街にあり、〆のラーメンならこの了でもオッケー。 だけど・・・。 「店頭のアピール不足」 「食事満足度の低さ」 ゆとりはちゃんと指摘した。 中原の役に立った。 「彼女が気づいたんですから」 ムッとした中原は芹沢のライバルを名乗るなら気付ってことか? しかし中原は「ラーメン博物館から撤退する」と言い放す。 今更量を増やすなんて付け焼き刃なことしても意味はない。 今回のことは良い勉強になった。 それでも自分を貫くと。 そんな中原を見て、河上は軽蔑すると言う。 「あなたはなにもわかっていない」 芹沢と河上はどんな気持ちで中原を見てきたのか。 「敗北は歩みを止めること」 今まで挫折を味わっていなかった中原は無自覚だった。 そんな中原に夏川が作ったラーメンを食べて帰るように言う芹沢。 夏川のラーメンはフォンドヴォー。 そこに三つ葉をのせたことによりコッテリ感が和らぐ。 芹沢が合格を出した。 中原が名古屋コーチンの丸鶏ラーメンで成功していた頃。 芹沢はアユの煮干しを使った薄口醤油ラーメンを作っていた。 その勝負に勝つことができなかった芹沢。 スープが薄く、味のないラーメンと酷評された。 ある日、ヤケクソになってラードをぶちこんだら客は喜んだ。 アユの煮干しの繊細の風味は無くなった。 ラードからニンニクを揚げたヘットに変えた。 客はさらに喜び濃い口ラーメンは芹沢の代表作となった。 「理想と現実の間で戦っている そして今もそれは変わっていません かつて100点満点だった丸鶏ラーメンにしがみついているあなたは私のライバルではない。 ラーメン職人としてはここにいる夏川や汐見より劣っています。 」 「俺はもうそこの彼女のように若くない 3日だ。 3日後にうちの店に来い。 お前たちが驚くような上手いラーメンを食わせてやる」 三日後 スープと麺は今まで通り、具を変えた 咀嚼回数を増やした具はボリュームを変えなくても満足感を得られた。 芹沢は 「私、あなたのことが嫌いです。 ライバルとして。 」 中原が時代遅れになってそういう気持ちを薄れていたが・・・ 「今日、改めて嫌いになりそうです。 」 帰り道。 ゆとりは芹沢に 「個性がワクワクを産む魅力」 なのではないかと質問。 料理はバランスが大事だが、ラーメンはラーメンはアンバランスであることがワクワクの正体ではないか。 芹沢はそれは答えの一つだがそれだけではないので不合格だと言う。 ワクワクする感覚を言語かするのは難しい。 楽しいことであればあるほど難しい。 例えば「イヤイヤ」なら言語かできるような気がする。 ワクワク。 ドキドキ。 何が?どれが? なかなか言語かできない。 それに少しずつ気付きはじめるゆとりの成長。 そんなゆとりを羨ましく思う夏川メアリージュン。 天才ってうらやましいよねぇ。 辛いよねぇ、凡人が天才を見るのは。 凡人が凡人の戦い方をすれば天才を超えるかもしれない。 芹沢社長のようなボスならついて行きたいな~。 夏川に厳しいことを言ったのも彼女なら出来ると信じていたんだろうなぁ。 なんせ人間がえきている河上(杉本哲太)がずっと社長についていってんだもん。 また高畑淳子が!!! 芹沢社長は店を閉めると予告では言っておりました。 どうなるんでしょうか。 乞うご期待!.

次の

【行列の女神】鈴木京香が前野朋哉に激怒【4話のネタバレ感想】

行列の女神 2話 ネタバレ

最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。 芹沢は、汐見に引き受ける許可を出した。 早速、依頼人のところに向ううと、依頼人の奥さんが別の会社のフードコンサルタントの難波を呼んでいた。 難波は汐見を呼び、消えろと言った。 夏川と芹沢が店で働いていると、汐見の母親の橋爪ようこがいきなり来店しラーメンを試食。 芹沢と面識のある橋爪はラーメンを酷評した。 汐見が会社に戻ると、そこには両親がいた。 驚く汐見。 母親の目的は自分の後継者にさせる事だった。 しかし、抵抗する汐見に母親は、自由に生きていいと話した。 汐見は依頼人に清流企画の方にお願いしたいと言われたが、難波が話に入ってきて、頼りないのにいいのかと依頼人に問いかけていて、そして、依頼に関しては、保留する事になった。 そして清流企画のオフィスでは橋爪が芹沢と言い争いになって、帰っていった。 芹沢は汐見の依頼人の話を聞いて、難波のも会社に、企画をお互い立てて、どちらがいいか勝負する事にした。 汐見は次の日、依頼人の店の新メニューを作っていた。 芹沢は、現地調査をする難波をと遭遇し、提案があると言った。 新メニューが出来上がったという汐見に河上は、美味しいものを作るのはいいが、汐見の仕事はフードコンサルタントという事を忘れないでと言った。 難波との勝負が始まった。 難波の企画はつけ麺をやめ、豚骨ラーメンにし、豚骨ラーメン店は近隣にないため、需要があると話した。 一方で汐見は、方向を変えず、つけ麺で勝負した。 新しいタイプのつけ麺にみんな美味しいと絶賛。 しかし、依頼人は難波を指名。 依頼人は、汐見の作ったつけ麺は作れないと話す。 しかし芹沢は、近くと豚骨ラーメン屋の主人を連れてきて、レシピ交換をすると話した。 汐見は納得いかないと話すが、美味しいものを作る事がすべてではないと話した。 汐見は会社のみんなでラーメンを食べるが、泣いてしまった。 行列の女神らーめん才遊記 3話 感想 あんなに、期待していた汐見を、芹沢は母親の橋爪がきたとたん、彼女はいらないみたいなことを言っていて、汐見、あんなに頑張っていたのに、かわいそうだなと思いました。 今回のレシピ交換、意外すぎる展開でしたが、フードコンサルタントの仕事を勉強できた気がしてとても深いなと思いました。 ワクワクを常に求めてる、汐見には酷な事かもしれませんが、ビジネス的にはいい提案だなと思いました。 芹沢、経験が豊富なのか、とても厳しいなと思いました。 でも、汐見は負けないで、立派なフードコンサルタントになってほしいなと思いました。 私は白坂さんがとても好きなのですが、今回あんまり出番がなくて、残念でしたが変わらずかっこよくてきゅんきゅんしました。 行列の女神らーめん才遊記 汐見の涙に感動 汐見が最後、会社のみんなでラーメンを食べている時に、こんなに美味しいのにと口にして泣いてしまうシーンです。 汐見って、天真爛漫で、天然で太陽みたいなイメージなのですが、今回のレシピ交換がよっぽど納得いかなかったのか泣いてしまっていて、私まで切なくなりました。 汐見も努力してつけ麺を作っていたので、同情してしまいました。 ビジネス的には、この芹沢が行ったレシピ交換はいい結果をもたらすかもしれませんが、あんまり夢のある提案ではないと思うので、汐見のワクワク感を大事にする精神は変えずに、今後も美味しいラーメン作りに励んでほしいなと心かから思いました。 汐見なら必ず出来るって言ってあげたくなるような、とても切ないシーンでした。 行列の女神らーめん才遊記 松井玲奈(難波倫子役)が気になる! 松井さん、元アイドルだからか、全くラーメンを食べてそうな感じがないと、とても華奢で可愛いのに、汐見と依頼先を取り合った瞬間、人が変わったように、口悪くなまっていて、松井さんのイメージがとても壊れてしまいそうな演技でしたが、それはそれでこなされていて楽しく見ることができました。 松井さんのインテリな雰囲気が汐見の強敵腹黒ライバルって感じで、とても良かったです。 汐見と話す時だけ口が悪くなるのでなんか面白かったです。 「行列の女神らーめん才遊記」3話動画配信を無料で見逃し視聴する方法まとめ 「行列の女神らーめん才遊記」の見逃し配信動画は、 TVerとParaviのみになります。 TVerは、最新話のみを放送後1週間無料で視聴できます。 Paraviは、フル視聴できます。 「行列の女神らーめん才遊記」をParaviでお得に視聴できる方法をご紹介します。 Praviは、TBS、テレビ東京、WOWOWの作品が豊富です。 あなたのお好きな過去の名作をイッキ見できます!.

次の

「行列の女神 らーめん才遊記」3話動画配信を無料で見逃しフル視聴【ドラマBiz】

行列の女神 2話 ネタバレ

もくじ• 日本一のラーメン店と言われる『らあめん清流房』の創業者であり、クールで毒舌なカリスマ職人。 仕事では周りにも自分にも超厳しいが、実は部下の成長を見守り、見えないところでフォローするなど人情にも厚い。 天然なゆとりにイラっとしつつも、そこにはカリスマならではの深いワケがある。 黒島結菜 役:汐見ゆとり 『清流企画』新入社員。 料理人を前に「美味しくない」と言い放つなど、天然で空気が読めない性格。 ラーメンに関しては全くの素人だが、ズバ抜けた料理センスを持ち、芹沢も驚く新作ラーメンを作り出す。 高橋メアリージュン 役:夏川彩 「清流企画」の社員。 竹を割ったような性格で、気の強い女性。 天然のゆとりがカンにさわるらしく、厳しく接する。 芹沢に憧れており、いつかは独立して芹沢のように成功したいと思っている。 小関裕太 役:白坂隼人 「清流企画」の社員。 端正なルックスのイケメンで、ゆとりの良き先輩。 だが、プレイボーイな一面があり、外回り中に人妻と不倫をしているという噂も・・・。 そのおかげか、やたらと主婦について詳しい。 前野朋哉 役:須田正史 「清流企画」の社員。 気弱だが筋金入りのラーメンオタク。 ありとあらゆるラーメンの知識を持ち、ラーメンを語りだすと止まらなくなる。 石塚英彦 役:有栖涼 ラーメン評論家。 芹沢と懇意にしており、「清流企画」にはよく顔を出す。 美味しいラーメンがあるところには、有栖の姿あり、と言われるほど神出鬼没のラーメン評論家。 味覚の確かさと知識の広さ、随一。 杉本哲太 役:河上堅吾 「清流企画」の部長。 芹沢の良き理解者であり、温厚な常識人。 冷徹な芹沢や天然のゆとりのフォローに回ることも多い。 ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」1話のあらすじ 今や世界に誇る大人気国民食ラーメン。 華やかだが過酷なラーメン業界をけん引するひとりのカリスマ職人が、苦境にあえぐラーメン店を救う、ラーメン・コンサルティングの物語。 連日大行列ができる人気店『らあめん清流房』店主・芹沢達美(鈴木京香)は、研鑽を積み、数々の伝説を打ち立てた日本一のラーメン職人。 いま彼女が挑んでいるのは、自ら始めたラーメン専門のフード・コンサルティング会社「清流企画」で、苦境にあえぐラーメン店を救い出し、この国のラーメン文化をさらに飛躍・発展させることだ。 そんな中、「清流企画」社員の夏川彩(高橋メアリージュン)は、店で月替わりのラーメン・特製肉だし清湯麺に手を付けない女性客(黒島結菜)を発見する。 理由を尋ねると、「フムフムって感じ」というわかりづらい返答が。 要は「味がイマイチ」らしく、芹沢の新作を否定する女性に、夏川は会社に戻って怒りを爆発させる。 部長の河上堅吾(杉本哲太)や、同僚の白坂隼人(小関裕太)、須田正史(前野朋哉)がなだめていると、ラーメン評論家の有栖涼(石塚英彦)と共に、ひとりの女性が会社を訪ねてくる。 就職の面接に来たというその女性は、なんとラーメンを否定した女性客・汐見ゆとりだった。 話によれば、半年前に初めてラーメンを食べて感動しこの会社を希望したという、いわばラーメンのド素人。 さらに清湯麺を考案した芹沢を前に、平然と 「このラーメンをおいしくすることならできる」 と言い放つ。 芹沢は、試しに調理をさせてみることにする。 だが、ゆとりは生麺を一本食べただけで加水率・茹で時間をズバリとあて、さらに用意されたスープが完全に処理し切れていないことまで気づく。 そうして出来上がったラーメンは、芹沢も納得するほどの素晴らしい出来栄えだった。 だが、会社には、芹沢の機嫌を損ねたのではという、ピリついた空気だけが残り、社員誰もがゆとりの不採用を確信する。 ところがしばらくして、ゆとりから「困っているラーメン屋さんを見つけた」との連絡が。 採用確実と思い込み、すっかり社員気取りで、勝手に仕事を請け負ったという。 河上らは仕方なくその潰れそうな『京来軒』へ出向き、店主夫妻の郷田正一(泉谷しげる)と秋江(川俣しのぶ)から話を聞くが、着手金が3万円しか払えない状況で、河上は話にならないと断ろうとする。 しかし芹沢が電話口で告げたのは、「引き受けてもいい」という意外な答え。 ただしコンサルティングの担当はゆとりで、1週間で結果を出せば採用という過酷な条件を提示する。 1話のゲスト 泉谷しげる 役:郷田正一 「京来軒」店主 川俣しのぶ 役:郷田秋江 正一の妻 ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」1話のネタバレ・感想 ゆとりは、『京来軒』のコンサルを任され、ズバズバと店主夫婦に指摘していきます。 そして、あっという間に美味しいラーメンを作るのですが、それだけじゃダメ。 店は汚いし、芹沢は、お金があったら店を潰して建て替えた方が早い・・・というレベル。 結局このコンサルに芹沢も加わり、ゆとりはひたすら店を綺麗にする・・・。 そして、『京来軒』を再び立て直すのですが、芹沢はこのコンサル料を無料にしました。 「3万円ぽっちのコンサル料もらっても仕方ない」 「それより、今度テレビの取材があるから、無料でやったというのが良いネタになる」 というような感じで、抜け目がない芹沢でした。 ゆとりも、無事にラーメン専門のフード・コンサルティング会社「清流企画」に入社できたのだった。 ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」2話のあらすじ 汐見ゆとり(黒島結菜)が入社して1週間。 雑用ばかりで退屈そうなゆとりに、芹沢達美(鈴木京香)は、夏川彩(高橋メアリージュン)のクライアント先に同行し、実地見学をするように指示。 ゆとりを快く思わない夏川は嫌悪感を露わにするが、芹沢は社長命令と一蹴する。 だがそこにはあるもくろみがあって・・・。 夏川のクライアントは、おしゃれな雰囲気漂う街にある『とんこつラーメンさかぐち』。 坂口琢磨(浅利陽介)と妻・恵(金澤美穂)が3カ月前にオープン。 味はハイレベルだがまったく客が入らず、「清流企画」に立て直しを依頼したのだ。 原因は土地柄と店が合っていないことにあると睨んだ夏川は、思い切って店舗をカフェ風に改装。 店名も『noodle Cafe TMY』と改めた。 すでに新メニュー開発も終え、あとは最終確認を残すのみだった。 ところが夏川考案のイタリアン風ラーメンを口にしたゆとりは、なぜか表情を曇らせる。 その頃、芹沢は、有栖涼(石塚英彦)が担当したグルメ雑誌の記事について、オフィスで本人にダメ出しをしていた。 雑誌のとあるページで、カメラマンをしているゆとりの父・汐見亮二(利重剛)の名を見つける。 と同時にあることに気づいた芹沢は、やがてゆとりの家族のある秘密にたどりつく。 2話のゲスト 浅利陽介 役:坂口琢磨 「noodle Cafe TMY」店主 金澤美穂 役:坂口 恵 琢磨の妻 ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」3話のあらすじ 汐見ゆとり(黒島結菜)は「清流企画」にきた新たな依頼を勝手に引き受けてしまう。 不安げな河上堅吾(杉本哲太)をよそに、芹沢達美(鈴木京香)は「そんなに行きたいなら行けば」と許可を出す。 担当者として早速、依頼人『つけ麺あんざい』店主・安西徳之(窪塚俊介)のもとへ。 安西の出すつけ麺はゆとりも納得のおいしさだが、客が全く入らず頭を抱えていた。 ところが時を同じくして、安西の妻・絵里(林田岬優)も「味惑コーポレーション」という別のコンサル会社に立て直しを依頼。 店にフードコンサルタントの難波倫子(松井玲奈)を連れてくる。 互いに相談なく話を進めたことで喧嘩を始める2人。 一方倫子は表情を一変させ、「消え失せろ」とゆとりを威迫。 あまりの凄みに圧倒されてしまう。 一方、開店時間を迎えた『らあめん清流房』でも波乱が起きようとしていた。 ゆとりの母・橋爪ようこ(高畑淳子)が突如来店。 就職先の様子を見に来たというようこだが、真の目的は跡継ぎ問題だと踏んだゆとりは、「跡継ぎにならない!」と語気を荒げ頑なに拒否するが・・・。 そんな中、ゆとりは依頼がまだ保留中になっていることを報告する。 ライバルの倫子は、この地域がつけ麺専門店の超激戦区なのが繁盛しない理由だと睨み、すでにプランニング済み。 実際、安西は激戦区と知りながら腕試しで出店していた。 一度は芹沢の会社に頼もうとしたものの、倫子の明確なプランを聞き、どちらに頼むか迷い始めた安西夫妻は、「よく話し合って決めたい」と言い出したという。 状況を把握した芹沢は、「売られた喧嘩を買いに行く」と「味惑コーポレーション」へ。 そこで2社によるコンペを提案する。 3話のゲスト 松井玲奈 役:難波倫子 「味惑コーポレーション」フードコンサルタント 夙川アトム 役:福花康男 「味惑コーポレーション」社長 窪塚俊介 役:安西徳之 「つけ麺あんざい」店主 林田岬優 役:安西絵里 安西の妻 ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」4話のあらすじ 汐見ゆとり(黒島結菜)は、前回の依頼でコンペに負けて落ち込んでいた。 そんなある日、上から目線の言動が災いし、クライアントから担当替えを要求された須田正史(前野朋哉)は、芹沢達美(鈴木京香)から長い説教をくらう。 ラーメンが大好きなラーメンオタクとして、知識や能力は長けているのに、こだわりが強すぎるのが須田の難点だ。 そんな中、須田はゆとりを誘い『とび屋』というアゴダシで有名なラーメン店へ。 こだわりの味を堪能していた2人だったが、突然店主の飛田(芹澤興人)と青年(堀井新太)の口論が店で始まり、騒動に巻き込まれてしまう。 青年は連日店に現れ、「作り方のコツを教えてくれ」と訴えているらしく、あまりのしつこさに飛田が「警察を呼ぶ」とまで言い出す騒ぎに。 どうやら青年は、ラーメン屋を開きたいという。 そんな中、ゆとりは須田の言うことも聞かず、青年の依頼を勝手に引き受けてしまう。 青年の名は相川鉄也。 だが開業資金はなんと50万円弱・・・さすがにこの資金で依頼を受けるのは無理かと思われたが、話を聞いた芹沢は苦笑しつつも依頼を許可。 ただしメインは須田が担当し、ゆとりはサポートするよう命じる。 腑に落ちないながらも、須田はゆとり、相川と不動産屋で物件を探し始めるが、どう見積もっても予算オーバー。 年齢や経歴から考えると融資も見込めずもはや八方ふさがりに・・・。 着手金を返金し依頼を断ろうとする須田だったが、芹沢のある意外な提案でラーメン店開業に希望が見え始める。 しかし、相川には大きな問題があった・・・。 実はラーメンの作り方を全く知らない完全な素人だったのだ。 芹沢は、須田とゆとりにラーメンの作り方をレクチャーするよう指示。 早速新たなメニュー作りに取り掛かるが、そこでも須田の悪い癖が出てしまう・・・。 4話のゲスト 堀井新太 役:相川鉄也 ラーメンドリームを目指す青年 大友康平 役:本多信和 『さかな居酒屋ほんだ』店主 ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」5話のあらすじ 「清流企画」に、板橋区の中華食堂『おおひら食堂』店主・大平茂幸(螢雪次朗)・芳江(茅島成美)夫妻から依頼が舞い込む。 事の発端は数日前。 ラーメン評論家の有栖涼(石塚英彦)が、20年間、月イチで通う『おおひら食堂』でタンメンを堪能していると、夫妻からまもなく店を畳むことを告げられる。 繁盛はしているが後継者がおらず、年齢を考えて引退したいと言うのだ。 お気に入りの店を失いたくない有栖は、夫妻に後継者探しを「清流企画」に依頼するよう説得したのだ。 芹沢達美(鈴木京香)が考えたのは社員全員によるコンペの実施。 夏川彩(高橋メアリージュン)、白坂隼人(小関裕太)、須田正史(前野朋哉)、そして新人の汐見ゆとり(黒島結菜)が、己の人脈で後継者にふさわしい人を探し出し、能力を見て1人を選ぶという。 とはいえさすがにゆとりには不利ということで、芹沢は人材探しも兼ねて、『らあめん清流房』のアルバイト面接を任せることに。 意気揚々と面接に臨むゆとりだったが、面接の時間にやって来たのは覇気のない若者ばかり。 そんなゆとりに、芹沢は人材探しの難しさを説くのだった。 結局ゆとりだけ候補者を見つけられないままコンペ初日を迎える。 後継者選びの方法は『おおひら食堂』の看板メニュー・タンメン等のレシピを1日で習得し、各人3日間ずつ店で店主として働くという模擬営業。 大がかりな内容だが、理想の候補者を見つけた夏川、白坂、須田は自信に満ち溢れている。 「この店は私たち夫婦の生きた証。 出来るだけ今まで通りの味を残していきたい」 そんな茂幸の熱き言葉と共に、運命のコンペが始まった。 不戦敗にはさせまいと、ゆとりはやむを得ず橋爪ようこ(高畑淳子)のクッキングスクール近くでスカウトを試みるが、ようこの部下に捕まってしまう。 ところがコンペもまもなく終わろうとしていたある日、『おおひら食堂』で鷹野研次郎(音尾琢真)と名乗る酔っ払い客に突然「候補になってやる」と話しかけられる。 ゆとりは無視しようとするが、鷹野が勝手に話を進めてしまい・・・。 5話のゲスト 音尾琢真 役:鷹野研次郎 謎の男 鳥居みゆき 役:野崎の母 コージ・トクダ 役:塩崎 アルバイト候補者 薄幸 役:山下 アルバイト候補者 土佐有輝 役:島岡 アルバイト候補者 竹内一希 役:野崎 アルバイト候補者 佳久創 役:畑中 アルバイト候補者 ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」6話のあらすじ 汐見ゆとり(黒島結菜)は初めて『らあめん清流房』の手伝いに入れることになり、かなり浮かれている。 一方、白坂隼人(小関裕太)は、担当する店の新メニュー開発でトラブルが発生。 流行に乗ろうとする白坂の提案にクライアントが納得いっておらず、対応に追われていた。 そんな中、ラーメン業界最大手のチェーン店を経営する「楽麺フーズ」社長の蒲生博昭(マギー)が来店する。 実はまもなくオープンする新店舗で、看板にする店舗限定メニューの開発を芹沢達美(鈴木京香)に依頼するため、『らあめん清流房』にやって来たのだ。 ただし2社で争うコンペ形式。 しかも相手は、以前期せずして戦うことになった、あの「味惑コーポレーション」の難波倫子(松井玲奈)だという。 そこで芹沢はゆとりを担当に、白坂をサポートにつけ、蒲生の依頼を受けることに。 だが「無難な味で見た目がインスタ映えするぐらいがちょうどいい」という白坂に対し、ゆとりは「メニュー開発を依頼された意味がない」と反論。 ふたりの意見は真っ向から食い違ってしまう。 そこで白坂は開発の参考にするべく、初めて担当した『油そば専門店・まきはら』へゆとりを連れて行こうとするが、久々に訪れた店は『油そば専門店・きよた』に・・・。 なんと数年前に店を「味惑コーポレーション」が買い取ったという。 報告を受けた芹沢は「問題ない」、河上堅吾(杉本哲太)も「終わった案件だ」と一蹴するが、何の連絡もなく売り払われてしまったことに、白坂はショックを隠しきれない。 するとなぜかゆとりは「牧原は殺されている」と思い込み、「このまま放置はできない」と憤激。 「味惑コーポレーション」に乗り込んで倫子に話をつけようとするが・・・。 一体白坂と牧原の間に何があったのか? ふたりは倫子に勝てる新メニューを完成させることができるのか? 6話のゲスト 金井勇太 役:牧原弘貴 白坂の大学の先輩で元クライアント マギー 役:蒲生博昭 「楽麺フーズ」社長 ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」7話のあらすじ まもなく開催される世界的な日本食文化発信イベント「ジャパンフードサミット2020」のラーメン部門責任者に、芹沢達美(鈴木京香)が抜擢される。 日々準備に追われる芹沢に代わり、しわ寄せを食らう河上堅吾(杉本哲太)は疲労困憊状態。 一方、夏川彩(高橋メアリージュン)は、芹沢から月替わりラーメンを開発するチャンスを与えられるが、思うようなものが出来ず思い悩んでいた。 そんな中、名店『麺房なかはら』の店主・中原昌英(石黒賢)が「清流企画」にやって来る。 90年代にラーメンの価値を一気に上げたラーメン界の大スターだ。 ところが「ラーメン博物館」に出店した新店舗の客入りが悪く、原因がわからないため相談に来たという。 本店と寸分違わぬ味でやっているのになぜ客が来ないのか? 話を聞いた芹沢は、この依頼を汐見ゆとり(黒島結菜)に担当させる。 プライドが高い中原をゆとりに任せることに、周囲は不安を抱くが、芹沢にはある思惑があって・・・。 早速、ゆとりと夏川は問題の店舗を訪れるが、芹沢が担当すると思っていた中原は激怒。 「芹沢の嫌がらせだ」「依頼は取り消し」と、ゆとりらを追い返そうとする。 実は芹沢、河上とは同じ店で修業をした間柄。 厳しい先輩だった自分を2人は今も恨んでいると、中原は思い込んでいたのだ。 追い出されながらも、せっかくだからと中原のラーメンを食べたゆとりは、その味を絶賛。 だが店に入ろうとしない客の反応を見て、ゆとりはあることに気づく。 本家より150円も安いこともあって、あっという間に客を奪われ売り上げが激減してしまう。 『たかじ』は、千葉・茨城を中心に展開する「麺獄」グループが運営している。 一体なぜ「麺獄」グループは『清流房』を狙い撃ちするようなやり方で進出してきたのか? さらに不幸は続く。 「ジャパンフードサミット2020」から、芹沢達美(鈴木京香)が統括するラーメン部門の参加を中止するというメールが届いたのだ。 橋爪ようこ(高畑淳子)からの横やりであることは明白。 ところが卑劣なやり方を批判するゆとりに、ようこは 「私をワクワクさせるラーメンを用意できるならラーメン部門の中止は撤回する」 と言い始める。 ただし期日は10日後。 もしワクワクさせられなかったら、「清流企画」を辞めて自分の元で働くという条件付きで・・・。 そんな中、『清流房』に「麺獄」グループ代表・安本高治(岡本健一)が来店。 芹沢とは10年ぶりの再会だという。 実は「清流企画」の元社員だった安本は、一連の動きがすべて芹沢を潰すための策略だと語り、「あの時の恨みは晴らさせてもらう」と宣戦布告する。 安本に勝つため、ようこをワクワクさせるため、社員と共に新たなラーメン開発に挑む芹沢は、ある大胆な戦略に打って出ることを決意。 唯一無二のラーメンで大きな壁に真っ向から立ち向かう! ラーメン業界を牽引する1人の女性と、その傍らで目覚ましい成長を遂げた新入社員・・・ラーメンの持つワクワクに魅了された師弟2人がたどり着いた未来とは? 8話のゲスト 岡本健一 役:安本高治 「麺獄」グループ代表 福田悠太 役:下平 安本の部下 「行列の女神~らーめん才遊記~」の動画配信・電子書籍は? ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」の動画配信はパラビで行われます。 もちろん、見逃し配信はTVerでもされます。 TVerだと最新話しか見れないので、全話観れるパラビはおすすめですね。 また、電子書籍はU-NEXTで取り扱いがあるようですので、電子書籍はU-NEXTで楽しみましょう! それではドラマも漫画も、「行列の女神~らーめん才遊記~」を楽しんでいきましょう! 【関連記事】.

次の