パン 簡単 アレンジ。 食パンアレンジ簡単レシピ8選|朝やランチに人気のトーストは?

ホットケーキミックスで簡単にパンが作れる!人気のレシピ&アレンジまとめ!

パン 簡単 アレンジ

フランスパンは、上をカットし中身をくり抜きます。 パンの内側にバター10gを塗り、中身は食べやすい大きさに手でちぎっておきます。 玉ねぎは薄切り、しめじは石づきを取って小房にわけます。 えびは殻をむき、大きめのひと口大にカットします。 フライパンにバター10gを中火で熱し、玉ねぎ、しめじを炒めます。 玉ねぎが透き通ってきたらえびを加えて炒め合わせ、塩こしょうで下味をつけます。 薄力粉を加えて全体を混ぜ、牛乳を少しずつ入れて混ぜ合わせながらホワイトソースにしていきます。 牛乳を全て加えてとろみがつくまで加熱したら、顆粒コンソメと塩こしょうを加えて味をととのえます。 フランスパンの中に4とパンの中身を交互に入れて、ピザ用チーズを上にのせます。 チーズがとけるまでトースターで焼き、仕上げに刻みパセリをちらしたら完成です。

次の

自分で作るともっと美味しい。ふっくら『手作りパン』の簡単レシピ32選

パン 簡単 アレンジ

livedoor. 角切りにしたベーコン1枚分をカリカリになるまで炒めます。 角切りにしたフランスパンを加えて短時間炒めます。 真ん中にくぼみを作って底にベーコンを敷き、卵を落とします。 チーズにこんがりと焼き目が付いたら出来上がり。 見た目の華やかさ、フライパンで簡単に出来る手軽さで朝にぴったりですね!ブロッコリーやトマトなどの野菜を一緒に炒めてからオーブンに入れてもいいかも。 簡単なのに手が込んでいるように見えるレシピ! グラタンアレンジに活躍!ホワイトソースの作り方! 市販でもホワイトソースは手に入りますが、好みの固さでホワイトソースを作ってしまいましょう!超簡単で失敗知らずの電子レンジを使ったホワイトソースのレシピを紹介します。 材料(3~4人分)・・・小麦粉 大さじ2. 牛乳を少しずつ加えながら混ぜます。 ラップはしないで電子レンジで3分加熱します。 取り出してよく混ぜます。 表面がボコボコと沸騰していたら取り出して、塩、コショウ、顆粒コンソメを加えて完成です! 出来立てのホワイトソースはさらさらしていますが、粗熱が取れたらドロッとしたソースになりますよ。 料理によっては基本のホワイトソースに塩を足したり、牛乳を多めにしたり、アレンジしてください。 com• ベーコンを炒め、チーズ以外の材料を混ぜ合わせておく。 フランスパンの上部と中身も混ぜます。 取り出してチーズを乗せ、焦げ目がつくまで焼いたら出来上がり。 炒めた玉ねぎを入れたり、ホワイトソースでもっと簡単にアレンジもできそうですね!フランスパンに材料がしみ込むので、贅沢な感じがします。 洗い物も少なく済みそう。 フランスパンを冷凍保存しよう。 おいしい食べ方の紹介! フランスパンを最もおいしく食べるには、買って来たその日に食べること!家で焼いた日でも同じです、焼いたその日に食べるのがフランスパンを一番美味しく食べることが出来ます。 フランスパンは材料に小麦粉、塩水、酵母、モルトしか使っていませんので、劣化しやすいんです。 フランスパンの劣化とは、固くなってしまうこと。 固くなる前に食べてしまいたいんですが、それができない場合のフランスパンの美味しい保存方法をお伝えします。 やってはいけない!フランスパンの保存方法 フランスパンを買って来たとき、ビニール袋に入っていませんか?あるいは紙袋に入っていませんか?そのままにしておくと…美味しくなくなってしましますよ! ビニール袋に入れたままのフランスパンは、外側のカリッとした部分がしっとりしてしまいます。 もったいないです!カリッとさせるには、再度トーストする食べ方しかなくなってしまいます。 フランスパンはビニールから取り出して保存しましょう。 では、紙袋で保存したフランスパンはどうでしょうか?こちらは固くなってしまいます…。 料理に使うなら構わないのですが、フランスパンのカリっ、ふわっの食感を楽しみたいなら、固くならないようにラップに包んで空気に触れさせないことです。 これで数日はカリっとした状態を保てるようです。 ラップに包むのは、フランスパンがある程度冷めてからにしましょう。 フランスパンは絶対に冷蔵保存してはいけません!劣化が進みやすいんです!フランスパンだけではなく、パン全体、ご飯も冷蔵保存はダメ、絶対!美味しい食べ方は出来なくなってしまいます。 フランスパンを美味しく食べる保存方法は? 焼き立て以外でもフランスパンの食感を味わいたいなら、食べ方にも工夫が必要です。 食べやすい大きさにカットして、霧吹きで軽く湿らせるか、濡れたふきんで包んでしばらくしたら布巾を取って軽くトーストするとフランスパンの焼き立ての食感が戻ってきます。 ただ…めんどくさくないですか…? フランスパンはその日のうちに食べきるのが一番です。 しかし、フランスパンを食べきれなかった場合は、冷凍保存が適しています。 太めに5㎝以上でカットすると外はカリカリ、中はフワフワな食感で食べることができます。 フランスパンを切り分けるときは専用の包丁でなくても、普段使っている包丁を火であぶってからパンを切ると、断面がキレイに切り分けられます。 切り分けたフランスパンを一つ一つラップにくるんで、フリーザーバッグに入れて空気を抜いてパン同士がくっつかないように。 金属トレイの上だと熱伝導率が手伝って、急速冷凍になりますのでおすすめです。 冷凍したとしても、美味しく食べたいなら1週間ほどしか賞味期限がないと思っていてください。 劣化が気にならないなら、冷凍保存で1か月はもつようです。 解凍するときは常温で30分程度。 ラップを取って、霧吹きでちょっと湿らせて、アルミホイルで包んでからトースターで焼くと、焼き立ての状態にかなり近づきます。 ちょっと手間はかかりますけど、焼き立てを再現出来るなら、この食べ方ですね! まとめ• フランスパンの簡単アレンジはグラタン!• ランスパンは焼き立てが美味しい!• フランスパンに適した保存方法は冷凍!• 冷凍したフランスパンの食べ方にはコツがあった! 材料がシンプルなフランスパンは、パン職人の技術が問われるといわれています。 やっぱりフランスパンの焼き立ては美味しいですもんね!フランスパンのグラタンアレンジレシピも役立ててくれたら嬉しいです。

次の

【食パン簡単アレンジ】子どもに人気のおやつレシピ2選

パン 簡単 アレンジ

食パン 1枚 【クッキー生地】• バター 15g• 砂糖 大さじ1• 薄力粉 大さじ4 クッキー生地の量は、食パン1枚に端から端までたっぷり塗れる分量です。 カロリーが気になる方は、半分の量で薄く塗ってどうぞ。 薄く塗ると、メロンパン風の模様は控えめになります。 メロンパン風トーストの作り方 step 1クッキー生地を作る 小皿に、材料を混ぜ合わせていきます。 まずはバターを小皿に入れて、レンジで少しチンして柔らかくします。 砂糖、薄力粉を加えて、その都度ぐるぐるとスプーンやヘラで混ぜます。 あっという間にクッキー生地の完成です。 step 2食パンにクッキー生地を塗る 食パンに、クッキー生地を塗りひろげます。 バターナイフを使うと、綺麗に塗りやすいですよ。 step 3メロンパン風のスジをつける 包丁の背やナイフなどを使って、クッキー生地に格子状の線をつけていきます。 線が細すぎたり、浅すぎたりすると、トーストしているあいだに消えてしまうことも。 しっかり溝を作るのがポイントです。 はい、四角い食パンが、すっかりメロンパンのたたずまいになりました。 step 4お好みで砂糖をふる お好みで、グラニュー糖やザラメなどを表面にパラパラと乗せます。 今回は目の細かいザラメをふりました。 step 5アルミホイルで耳を覆う 食パンよりもひと回り大きく切ったアルミホイルに乗せ、食パンの耳を軽く覆うようにアルミホイルで包みます。 これは、トーストする際に、クッキー生地に火が通るよりも先に耳が焦げやすいためです。 アルミホイルで覆うことで、食パンが焦げずに、しっとり蒸されたようになります。 食パンの部分もザクザクが良い!という方は、アルミホイルなしでも作れますが、焦げすぎないように注意。 step 6いつもより長めにトーストする クッキー生地が淡く色づくくらいまでトーストします。 普段トーストをするのと同じように、ご家庭のトースターや、オーブンレンジのトースト機能などを使います。 焼く時間は、トースターの個体差やお好みがありますが、通常のトーストを作るときよりも少し長めに焼いてください。 焼き立てをお皿におきっぱなしだと、蒸気で食パンの裏側がベチャッとしてしまいます。 焼き上がったらアルミホイルを外して、トースターの扉を開けた状態で焼き網に乗せたまま2分ほど放置。 そして、食べる直前にお皿に移動させます。 メロンパントーストの裏がベチャッとすることなく、クッキー生地のサクサクも増しておいしくいただけます。 おいしそう!役に立ったよ!という方は、よろしければポチッと応援お願いします! 焼きたてのメロンパンって、本当に美味しいですよね。 普段のトーストも良いですが、定期的に甘いメロンパントーストが食べたくなります。 トースト1枚で元気が出るので、頑張っている自分や家族のお疲れさまトースト・ごほうびトーストとして作ってみてはいかがでしょうか。

次の