と ある 男 が 授業 し て みた 理科 中 1。 中1理科「水溶液と濃度」水溶液の性質と濃度計算

【とある男が授業をしてみた】葉一(はいち)って誰?本名/学歴/いじめ/どんなYouTuberなの?

と ある 男 が 授業 し て みた 理科 中 1

中学校1年生の理科の授業内容 中学校3年生の理科は、大きく4つの単元に分けられます。 それぞれどのような内容を学習するのか、チェックしましょう。 植物 植物関係では、植物の働きや顕微鏡の使い方などを学びます。 双子葉類と単子葉類の茎と葉の道管と師管• ふ入りの葉の「ふ」とは何か• 酸素の増減でBTB溶液の色は変化するのか• 光合成の実験で、なぜ熱湯を注ぐのか• 植物は二酸化炭素を吸うのか• 顕微鏡のしぼりの役目• 顕微鏡では、なぜ見たいものを反対方向に動かすのか• 顕微鏡は、なぜ接眼レンズから付けるのか• 維管束と葉脈の違い• 紅葉しても光合成は行われるか• 植物の器官に果実は入るか• オオカナダモを使った光合成の実験でのBTB溶液の色• 自分の花粉で受粉できるか 大地 地層や地震についても学びます。 地層の柱状図の読み取り• 溶岩・火成岩火山岩・深成岩の違い• 震度とマグニチュードの違い• プレートについて• 示準化石と示相化石の見分け方• 地層のでき方 物質 気体、液体の違いから実験用の道具の使い方まで、幅広い項目を学びます。 気体の性質• 溶液と溶質• 質量の「%」を求めるのに100をかけるのはなぜか• 密度の求め方• 水素の集め方• 液体のロウが固体になると中央部がへこむ理由• 再結晶と蒸留の違い• メスシリンダーの目盛りの読み方• 飽和と溶解度の違い• なぜ沸騰石を入れるのか• 中和と中性の違い 光・音・力 気圧や浮力など、身近なところで起こっているものごとを学ぶことができます。 圧力の計算• 音の速さの求め方• 光の反射の作図の方法• 圧力の計算での単位のそろえ方• 大気圧• 全身を鏡に映すときに必要な鏡の大きさ• 浮力の求め方• 実像が上下左右逆に見えるのは物体側からか• 全反射について• フックの法則• 周波数 参考リンク.

次の

とある男が授業をしてみた【中学数学・英語・理科・社会無料問題】

と ある 男 が 授業 し て みた 理科 中 1

中学校1年生の理科の授業内容 中学校3年生の理科は、大きく4つの単元に分けられます。 それぞれどのような内容を学習するのか、チェックしましょう。 植物 植物関係では、植物の働きや顕微鏡の使い方などを学びます。 双子葉類と単子葉類の茎と葉の道管と師管• ふ入りの葉の「ふ」とは何か• 酸素の増減でBTB溶液の色は変化するのか• 光合成の実験で、なぜ熱湯を注ぐのか• 植物は二酸化炭素を吸うのか• 顕微鏡のしぼりの役目• 顕微鏡では、なぜ見たいものを反対方向に動かすのか• 顕微鏡は、なぜ接眼レンズから付けるのか• 維管束と葉脈の違い• 紅葉しても光合成は行われるか• 植物の器官に果実は入るか• オオカナダモを使った光合成の実験でのBTB溶液の色• 自分の花粉で受粉できるか 大地 地層や地震についても学びます。 地層の柱状図の読み取り• 溶岩・火成岩火山岩・深成岩の違い• 震度とマグニチュードの違い• プレートについて• 示準化石と示相化石の見分け方• 地層のでき方 物質 気体、液体の違いから実験用の道具の使い方まで、幅広い項目を学びます。 気体の性質• 溶液と溶質• 質量の「%」を求めるのに100をかけるのはなぜか• 密度の求め方• 水素の集め方• 液体のロウが固体になると中央部がへこむ理由• 再結晶と蒸留の違い• メスシリンダーの目盛りの読み方• 飽和と溶解度の違い• なぜ沸騰石を入れるのか• 中和と中性の違い 光・音・力 気圧や浮力など、身近なところで起こっているものごとを学ぶことができます。 圧力の計算• 音の速さの求め方• 光の反射の作図の方法• 圧力の計算での単位のそろえ方• 大気圧• 全身を鏡に映すときに必要な鏡の大きさ• 浮力の求め方• 実像が上下左右逆に見えるのは物体側からか• 全反射について• フックの法則• 周波数 参考リンク.

次の

中学校1年生の理科の授業内容は?チェックしたいポイントまとめ

と ある 男 が 授業 し て みた 理科 中 1

酸素の性質• 水に溶けにくい。 空気よりわずかに重い。 (=密度がやや大きい)• 空気中に約20%含まれる。 集め方は、水上置換法• 色は、無色・透明• においはしない• 他の物質が、燃えるのを助けるはたらき(助燃性という)• 酸素を集気びんのなかにたくさん集めて、火のついた線香を入れると炎をあげて、激しく燃える。 二酸化酸素(CO 2)の発生の仕方• 発生方法は、石灰石(貝殻や卵のからでも可)にうすい塩酸(酢でも可)を加える。 炭酸水素ナトリウム(ベーキングパウダー<ふくらし粉>)を加熱すると発生する!• 炭酸水素ナトリウムに塩酸を加えても発生する。 植物や動物の呼吸によっても発生。 二酸化炭素の性質• 燃えない。 水に少し溶ける。 空気より重い。 (=空気より密度が大きい)• 集め方は水上置換法と下方置換法• 二酸化炭素が水に溶けた水溶液を炭酸水といい、酸性を示す。 色は無色・透明。 においは、しない。 石灰水に通すと白くにごる。 温室効果で、地球の温暖化の原因にも。 アンモニアの発生の仕方• アンモニアの発生の仕方は、塩化アンモニウムに水酸化カルシウム(水酸化バリウム)を加える アンモニアの性質• 水容液は、アルカリ性(赤色リトマス紙を青色へ)• 刺激臭• 空気より軽い(密度が小さい)• 色はない• 水に非常に溶けやすい 参考 水素(H 2)の発生の仕方• 発生方法は、亜鉛、鉄、アルミニウムなどに塩酸や硫酸を加える。 水素の性質• 水に溶けにくい。 空気より軽い。 物質の中で、もっとも密度が小さい(最も軽い)。 集め方は、主な集め方として、水上置換法と覚えておきましょう。 色は、無色・透明• 火のついたマッチを近づけるとポンと音を立てて爆発し、水ができる• 水ができたかどうかは、塩化コバルト紙で調べるとわかり、青色から赤色に変化する。 参考 塩素(Cl 2)• 水によく溶ける• 空気より重い。 集め方は下方置換法。 色は黄緑色• においは特有の刺激臭でプールや水道水の消毒のにおい• 有毒なので発生させるときは、換気に気をつける。 殺菌作用がり水道水やプールの消毒に用いられる。 脱色作用や漂白作用があり、赤インキがついたハンカチを近づけると、色が抜けて白くなる。 塩化水素(HCl)• 水によく溶ける。 水溶液は強い酸性を示す。 (水溶液を塩酸といい、胃液にも含まれ、食物の消化に役立つ。 空気より重い。 (=空気より密度が大きい)• 集め方は下方置換法• 色はない。 刺激臭である。 気体についての練習問題 次の(ア)~(オ)は、水溶液A~Eについての実験とその結果を示したものです。 次の問いに答えなさい。 (ア)水溶液Aは、赤色リトマス試験紙を青色に変え、加熱すると鼻をさすような刺激臭である気体Fを発生した。 (イ)水溶液Bは、青色リトマス試験紙を赤色に変え、マグネシウムと反応して気体Gを発生した。 (ウ)水溶液Cは、二酸化マンガンを加えると気体Hを発生した。 (エ)水溶液Dは、少量の白色固体を見ずに溶かしたものである。 その個体を加熱すると、気体Iを発生した。 また、この白色固体は、ふくらし粉の中にも含まれている。 (オ)水溶液Eを再結晶させて、ルーペでのぞくと立方体の結晶が観察された。 気体Fは水酸化ナトリウムと塩化アンモニウムを混ぜて加熱しても得られます。 気体Fは何か。 気体を物質名で答えなさい。 水溶液Eは塩酸と水酸化ナトリウム水溶液とを反応させても生じます。 この水溶液Eは何か。 物質名で答えなさい。 気体Gは何か。 気体を物質名を答えなさい。 気体Hは、物質の燃焼を助けるはたらきがあり、この気体中ではスチールウールが激しく燃えます。 Hは何色の気体か。 気体Iは、貝殻に酢をかけても発生します。 気体Iが固体となったものは何と呼ばれるか。 アンモニア• 塩化ナトリウム• ドライアイス.

次の