中華 料理 と 中国 料理 の 違い。 「中国料理」と「中華料理」の違いとは?

中国料理と中華料理の違いと中国四大料理(北京、上海、広東、四川)の違い

中華 料理 と 中国 料理 の 違い

Contents• 中国料理と中華料理の違いとは? 中国料理と中華料理の違いについては非常にシンプルです。 中国料理は文字通り、中国の料理であり、本場中国の製法で作られた本格派(そのもの)の料理になります。 それに対して、中華料理とは、中国料理を日本人の口に合うように日本で改良したものになります。 焼き餃子、エビチリ、天津飯などの料理は、実は中国ではなく、日本発祥として知られています。 そのため、日本人の私たちに馴染みが深いのは、中華料理の方であり、各地の食堂で扱われているわけです。 中国料理の四大料理とは? 中国料理は各地の事情、天候、山、川、海などの地理的な条件からそれぞれ違った調理方法で発展しました。 北京料理 中国四大料理の一つで、味噌や醤油を使った味が濃く塩辛いのが北京料理の特徴です。 寒い地域の為、生姜やニンニクを多く使い、北京ダックに使われる甜麺醤は、北京料理を代表する調味料です。 麦や雑穀が主食だった為、肉まんや麺類などの小麦料理が多いのも特徴です。 明王朝、清王朝の時代には、宮廷料理として発達してきた歴史があります。 山東料理と共に魯菜(ろさい)と呼ばれています。 代表的な料理 ・肉まん() ・餃子 日本では、餃子と言うと焼餃子をイメージしますが、中国では水餃子です。 スープに入っているものではなく、茹でたものがそのまま提供されます。 ・北京ダック アヒルを丸ごと焼いたものを、皮を削いで、ネギやキュウリの千切りと一緒にカオヤーピンと呼ばれる薄餅に包み、甜麺醤につけて食べます。 北京の場合は、肉まで提供するスタイルが一般的です。 () ・鴛鴦火鍋(イェンヤンフォグォ) ・涮羊肉 シォアヤンロウ ・刀削麺(トウショウメン) 広東料理 中国四大料理の一つで、海鮮や野菜などの旨みを活かしたあっさり、甘口なのが広東料理の特徴です。 四川料理のように辛口ではありません。 明王朝、清王朝時代の外交・経済の発達により、西洋料理の手法を取り入れています。 フカヒレ、燕の巣などの高級食材やフルーツなどが豊富に使われているのも特徴です。 粤菜 (えつさい)と呼ばれています。 代表的な料理 ・フカヒレ() ・燕の巣 上海料理 中国四大料理の一つで、甘酸っぱい、あっさりしたものが特徴です。 これは醤油の産地でもあることからであり、あんかけ料理も豊富に存在します。 海に面していることから、海産物、淡水魚を多く用いる煮込み料理が多いのが特徴になります。 蘇菜(そさい)と呼ばれています。 代表的な料理 ・上海ガニ() ・上海流四川風鍋(シャンハイリョウスーツワンフングォ) ・小籠包() 四川料理 中国四大料理のひとつで、しびれるような辛さが特徴です。 最近日本で話題になっている花椒の麻味、唐辛子の辣味が合わさった麻辣味も四川料理に多く使われています。 夏と冬で温度差が大きいため、香辛料や調味料をふんだんに使います。 川菜(せんさい)と呼ばれています。 代表的な料理 ・担々麺などの麺類 () ・麻婆豆腐 中国料理における八大料理 北京、広東、上海、四川の分類が日本では一般的ですが、中国では八大料理に分類するのが一般的です。 広東、四川に加えて、山東、江蘇、浙江、安徽、福建、湖南に分類されます。 山東料理 北京料理の原型です。 さらに分類する場合は、済南菜、膠東菜、孔府菜の3つに分かれます。 江蘇料理 上海料理の原型であり、さらに分類する場合は、金陵菜、淮揚菜、蘇錫菜、徐海菜に分類されます。 浙江料理 料理や盛り付けは鮮やかで、歯ごたえが柔らかく、塩味でさっぱりしているものが多いのが特徴で、淡水魚、東シナ海の魚介類や丘陵地の野草や野菜を豊富に使っています。 さらに分類する場合は、杭州菜、温州菜、紹興菜、寧波菜の4つに分類されます。 安徽料理 医食同源の薬膳に通じる、体に良いものを食べようとする気風があります。 すっぽん、カエルスープ、豚の内臓などを食べる文化があります。 さらに分類する場合は、徽州菜、沿江菜、沿淮菜ぼ4つに分類されます。 福建料理 福建省の料理の他に、台湾料理や海南料理を含めた類似する風味や特色を持った料理群の意味合いがあります。 全体的に、出汁には乾物を使われていることが多く、塩味を控えめで、淡白な味付けか、甘い味付けのものが多いことが特徴です。 湖南料理 四川料理と同じく唐辛子をたくさん使うため、辛い料理の代表格になります。 四川料理との違いは、辛味の他に酸味が効いていることが特徴になります。 まとめ 広大な土地で、それぞれの事情から独自の調理方法が発達し、そのおかげで現在の美味しい中国料理を楽しむことができます。 頤和園では、東京(京橋、虎ノ門、霞ヶ関、溜池山王)と福岡(博多、天神)にて、厳選した食材を最高の調理方法でご提供しております。 接待や宴会にも十分に対応できる広さのダイニングや個室もございますので、お気軽にご相談ください。

次の

【中華料理と中国料理】意外と知らない特徴や違い!

中華 料理 と 中国 料理 の 違い

中国と日本をよく知る著者による、日中食文化比較の新連載。 そのそれぞれにジャンル名をつけて区別していることに、著者は日本人に独特の気質を見出す。 日本で暮らし始めて、もうかれこれ10年以上が経った。 仕事やプライベートで日本の各地を訪ねる機会が多いのだが、そのたびに感じるのは日本のフードサービス業の発達だ。 大都市の繁華街に限らず、地方都市でも随所に各国の料理店が軒を連ねている。 食べる側としては、おいしい料理をさまざまに賞味できて喜ばしい。 そんな中でも目立つのは、やはり中国発祥の料理を提供する店の多さだ。 そこで私は気づいたことがある。 これは単なる文字の違いだけなのか、それとも、そこには何か特別な意味が込められているのだろうか。 「中華」と「中国」一文字の違いで全く別な料理店 デパートのレストラン街にある中国料理の看板 街角の中華料理店の看板 「中華料理店」のほうは、さまざまな立地にたくさんある。 これは、一般に個人経営の小さな店舗が多く、どの店でも必ずと言っていいほど、ラーメン、チャーハン、焼きギョーザが人気メニューになっている。 日本人はこれらのメニューをこよなく愛している。 周りの日本人と一緒に食事や飲み会に行くと、私はそのことをよく感じる。 日本人は、焼きギョーザとビール、麻婆豆腐とご飯をたべるときに、いつも「この世にこんなにおいしい食べ物があるのか」と、ずいぶん感動しているように見えるのだ。 これらの料理がいかに日本人の味覚にフィットするかが分かる。 ただ、日本を訪れた中国人からすると、いずれも、調理法も味も本場のものとはかなり違う。 それは、中国発祥の料理が日本に上陸して現在の定番メニューにまで成長する長年にわたるプロセスの中で、徐々に日本人の口に合うような味にアレンジされ、変貌してきたためだろう。 では、より本場中国の味に近い料理を食べたいときはどうすればいいか。 そこでは、俗に言う「中華料理」ではなく、少し値の張る、本格的な中国料理を楽しむことができる。 これは表で比較を示してみるとわかりやすい。 中国料理 中華料理 イメージ 高級レストラン 庶民の店 値段 高い 安い メニュー フカヒレ、北京ダック、飲茶…… ラーメン、チャーハン、回鍋肉…… シェフ 中国人が多い 日本人 規模 大きい、会社経営 小さい、個人経営 テーブル 丸い 四角 たとえば、食卓一つをとっても違いは明確だ。 「中華料理店」では、いわゆる大衆食堂でおなじみの長方形のテーブルが主流だが、「中国料理店」では、本場と同じ丸テーブルである。 また「中華料理店」は、日本全国、住宅地や商店街の片隅にでも見つけることができ、庶民がいつでも手軽に足を運ぶことができるが、「中国料理店」は、主に、デパートのレストラン街、都会の主要なビジネス街などにあり、時には予約しなければ入れないような高級料理店も多い。 「中国料理店」では腕のよい中国人シェフを雇っているところも多々あるが、「中華料理店」では、威勢のいい日本人のおじさんが中華鍋を片手に抜群の手さばきを披露していたりするものだ。 「中華料理店」で出された料理はもちろん本場と大きく変っていた。 中国では主食のひとつである水餃子は、日本では、「焼きギョーザ」へと改変され、おかずの一種になった。 また、具も日本人に合うものに限定されてきた。 麻婆豆腐もあまり辛くない。 出されるメニューの種類も、中国の家庭料理と比べ、かなり絞られている。 そうやって時間と手をかけ、日本人は自分たちの口に合う料理へと調整を重ね、本場とはかなり異なった「中華料理」なるものをこの国で根付かせてきたのだ。 こうして、ラーメン、チャーハン、ギョーザなどはどっぷりと市民権を得て、日本の国民から絶大な支持を得る定番メニューへと変身したのである。 「中国料理」への敬意と「中華料理」の地位 ともに中国発祥でありながら、なぜこのように2つのジャンルに分かれたのだろう。 とくに、「中国料理」とは違う「中華料理」はなぜ生まれたのだろう。 そこを考えて気づくのは、日本人の特徴だ。 料理に限らずさまざまな分野においても、日本の人々は、お客の好みに合うように世界中のさまざまなものを改造し、改良を重ねる。 本場のものとは異なる「中華料理」の発生は、その日本人の特徴的気質と関連すると考えている。 中国の料理は、日本以外の国・地域でもやはり多くがその国・地域の大衆に好まれる味へと改変されてきた。 しかしそれでも、日本での「中国料理」と「中華料理」のように、本格と現地化(ローカライズ)したものとを区別して呼ぶことは、まずない。 英語なら「Chinese food」一つだ。 私は、日本人のこの呼び分けをとても好意的に受け止めている。 そこには、本格は「中国料理」として敬意を払い、そして、自分たちで現地化したものは、「中華料理」としてそれなりの地位を守るための、繊細な配慮のようなものを感じる。 また、物事をきちんと分類するという日本人の真面目さや優しさも見られるかとも思う。

次の

中国の食事マナーって?日本との違いや中華料理の基本マナーをご紹介

中華 料理 と 中国 料理 の 違い

こんにちは。 今回は長く中国料理専門店に勤務していた経験から、中国料理について書いてみたいと思います。 今回は地域別の料理分類と、代表的な中国料理のルーツについてお伝えしていくこととしました。 ラーメンやチャーハン、焼き餃子などが例として挙げられます。 中国料理店では、腕の良い本場中国のシェフを雇っているところが多く、中華料理に比べて値段の高いお店が多いのですが、本格的な中国料理を楽しむことができます。 私、だめたもりは北京、上海、 成都 セイト、 広州 コウシュウ、福州、泉州、 厦門 アモイ、 桂林 ケイリンにプラスして、香港やマカオを訪れていますので、実際に見て食べてきたことなども含めて筆を進めていきたいと思います。 中国料理の基本「中国四大料理」「中国八大料理」をおさえよう。 中国で「菜」とは料理(おかず)のことです。 中国料理の中で一般的に 山東 サントン料理、 四川 シセン料理、 広東 カントン料理、 江蘇 コウソ料理が 中国四大料理(四大地方菜)。 さらに上記にプラスして 浙江 セッコウ料理、 安徽 アンキ料理、 湖南 コナン料理、 福建 フッケン料理を加え、 中国八大料理(八大地方菜)と称されています。 香りや歯ごたえがよく、色鮮やかで繊細な料理でもあります。 北方に位置しており、海の幸・山の幸ともに恵まれた土地で発展しました。 代表的な料理としては、北京ダックや水餃子が有名。 また、明(1368〜1644年)から清(1616〜1912年)時代に発展した宮廷料理としても有名で、歴史の古い料理です。 四川 シセン料理 香辛料を使った 麻婆豆腐 マーボードウフや 乾焼蝦仁 ガンシャオシャーレン(エビチリ)、火鍋などの辛い料理が代表的ですが、実は辛い料理は全体の3分の1程度で、高級料理はそれほど辛くありません。 辛いという点では、湖南系の料理が一番と言われています。 広東 カントン料理 食は広州に在り、と言われるように、食材や調理法が豊富。 米が主食であることと、新鮮な魚介を使うため、日本人にもなじみやすい料理です。 また多彩な 飲茶 ヤムチャ(中国茶を飲みながら点心という軽食を食べる習慣)も有名。 代表的料理は 叉焼 チャーシューなどの焼き物や、牡蠣油(オイスターソース)を使った 蠔油牛肉 ハオユーニューロー(牛肉のカキ油炒め)など。 江蘇 コウソ料理 甘味が強いのが特徴で、食材的には羊、豚、魚介が多い。 八宝菜や 東坡肉 トンポーロー(宋代の文人、 蘇東坡 そとうばが考案した料理で、日本では豚の角煮が近い)などが有名。 上海料理もこの系統に分類されます。 代表的な料理は 龍井蝦仁 ロンジンシャーレン(海老の龍井茶炒め)、 叫花鶏 ジャアホワジー(鶏の蒸し焼き)など。 安徽 アンキ料理 山菜や野生動物、川魚を使った料理が多いのが特徴です。 また、商人が行き交う土地でもあったことから、生薬に対する知識が根付き、医食同源の薬膳に通じる体に良い物が多い。 そのため、桂皮や陳皮などといった漢方を使った薬膳料理や、スッポンなどの滋養強壮に効く料理も目立ちます。 湖南 コナン料理 唐辛子を使った料理が多く、中国一辛いと評されています。 辛い料理といえば、先ほど挙げた四川料理も思い浮かびますが、大きな違いは辛味の他に酸味も効いているという点。 日本でも、 酸辣湯 サンラータンなどが有名ですね。 湖南省出身の毛沢東も愛した料理と言われています。 福建 フッケン料理 海沿いの立地のため、魚介を使った料理が多く、淡泊または甘目の味付けが多いのが特徴。 代表的料理は 佛跳墻 ぶっちょうしょうという高級スープ。 良い香りに誘われ、仏も垣根を飛び越えてきたといわれる料理です。 参考:日本ホテルレストランサービス技能協会「中国料理の食卓作法」 中国料理の一つひとつにも、きちんとルーツがあります。 次は、みなさんの興味があろうかと思われる、有名な料理のルーツをいくつかご紹介してみたいと思います。 担担麺(四川系) 19世紀中頃、四川省成都にて材料と器具を天秤棒で担いで売り歩いていた屋台の麺が評判となり、担ぎ売りの麺=担担麺と呼ばれるように。 担いで売り歩いていたため、スープを大量に持ち歩くことができず、スープがほとんどない汁なしのスタイルが原型です。 だいぶ昔ですが、成都を訪れた際、天秤棒を担いだ量り売りの女性に出会ったことがあります。 餃子(山東系) 中国では餃子のことを「チャオズ」と呼ぶのですが、子供を授かるという意味の「交子 チャオズ 」と同じ音なので、子宝に恵まれる縁起の良い食べ物とされています。 または、「 子 ねの 刻 こくに交わる」という意味なので、新年と旧年の交わる大みそかの夜中に食べるものだとも言われています。 特に北方では、お正月に金貨を入れた餃子を作り、その当たりで一年の幸運を占うことから、おめでたい食べ物とされています。 日本では焼餃子が中心ですが、中国では水餃子が一般的です。 北京ダック(山東系) 塡鴨 ティエンヤーと呼ばれる強制飼育で十分に脂をのらせた、生後約3カ月のアヒルを用いる料理です。 パリッとするように焼き上げた皮を薄く 剥 はいで、 甜麺醤 テンメンジャンという甘みそを塗り、千切りにしたネギやキュウリを餅で巻いて食します。 中国南京で盛んだったアヒル料理の調理技術が、北京に 遷都 せんとされた際に伝わったと言われており、宮廷料理としての地位を高めた後、民間へと伝わっていきました。 中国語表記は「 北京烤鴨 ペキンカオヤー」。 陳麻婆豆腐(四川系) 四川省成都の陳さんという麻(あばた顔)の婆(おかみさん)が、来客用にあり合わせの食材で作った料理がルーツとされています。 麻(花椒=しびれ)と辣(唐辛子=辛い)のスパイスが特徴で、ひき肉と豆腐、豆板醤、醤油、砂糖、 豆鼓 トウチなどで煮込む料理です。 日本人向けにアレンジされた麻婆豆腐との区別をつけるために、本場の四川麻婆豆腐には「陳」がつく傾向にあります。 饅頭と包子(山東系) 両方とも小麦粉でできており、 饅頭 マントウは中身がなく蒸しパンのようなもの。 包子 パオズは具や 餡 あんが入ったもので、日本では「中華まん」と呼ばれています。 どちらも中国東北部を代表するもので、主食として位置づけられていますが、広東など他の地方では点心(菓子や間食、軽食)として分類されています。 饅頭の起源はあまりにも古すぎるため、正確な情報としては残っていませんが、11世紀の中国の文献「事物起源」には、このような逸話が残っています。 紹興酒・茅台酒 紹興酒 ショウコウシュは浙江省の紹興地方で、もち米を原料に醸造される黄酒のこと。 紹興酒には、「元紅酒」「加飯酒」「善醸酒」「香雪酒」の4種類があり、それぞれ製法に違いがあります。 なかでも日本では、原料である米と麹を1割ほど増量した「加飯酒」がよく飲まれています。 大きな 甕 かめに密封し、3年ほどかけて熟成させるのですが、熟成期間がさらに長くなると、「 花彫酒 ハナボリシュ」という別のお酒として扱われます。 また、日中国交回復時の式典で乾杯酒として使われたのが、白酒の代表である 茅台酒 マオタイシュ。 モロコシや、モロコシの一種であるコウリャンが主原料で、貴州という地方が産地です。 度数が高いのも特徴で、火をつけると燃えるため、料理にかけて香りを引き出すといった演出にも使われることも。 ヌーベルシノワ 香港の都市文化で磨かれた広東料理。 フランスや日本料理の影響を受け、広東料理の特色を残しながら、時代性を加味した魅力的な中国料理を作り上げました。 中国料理の特徴である大皿で供され、取り分けて食すというダイナミックなスタイルではなく、一人前ずつ提供することで、少人数でも料理をセットにして味わえるようにし、盛り付けも美しさにこだわっています。 まとめ中国料理は長い歴史、広大な大地、地理や生活環境、産物などを背景にさまざまな知恵を巡らせて育てられた料理です。 料理の一つひとつで物語ができるほどなので、今回はさわりだけになってしまいました。 世界を代表するほどの魅力ある料理を、これまでご説明したことをなんとなく踏まえて、ぜひさまざまなお店で味わっていただければと思います。 だめたもり こんな記事も読まれています この記事をご覧になられた方々に、こんな記事も読まれています。 まだお読みでない方は、是非お読みください。

次の