ポテンザ re71rs。 ポテンザRE

ブリヂストン POTENZA RE

ポテンザ re71rs

「ポテンザRE-71RS」(より) 「筑波サーキットでのラップタイムが0. 9秒、短縮しました」 ブリヂストンの開発リーダーは、そう言って興奮を隠しきれないでいた。 ブリヂストン最強のスポーツブランドである「 ポテンザ」の新製品である「ポテンザRE-71RS」のサーキット試乗会での出来事である。 「ポテンザRE-71RS」は、レース専用タイヤではない。 一般公道の走行が許された量産タイヤである。 晴れの日だけでなく雨の日も走るし、サーキットだけでなく市街地走行もしなければならない。 そんな一般市販タイヤであるにもかかわらず、開発担当者はサーキットでのコンマ数秒のゲインに喜んだのだ。 門外漢には不思議なことのように思われるだろう。 だが、クルマ好きのなかで、特にサーキットを攻めたてるような硬派な層には、サーキットでのコンマ1秒は重要なことなのである。 そんな世界があるのだ。 「ポテンザRE-71RS」は、いわゆる「スポーツタイヤ」と呼ばれ、「トヨタ86」や「インプレッサWRXSTi」といったスポーツ性能の尖ったモデルとの相性がいい。 タイヤの溝を限りなく減らすことでグリップ力を高めた。 溝を減らすことは、タイヤが路面に触れる面積が増えることと同義だ。 それまでよりも高い速度でカーブを旋回できるようになるわけだ。 しかも、「トレッドパターン」と呼ばれる接地面の溝は、左右非対称の模様を描く。 コーナリングする際に強く車重がのしかかる接地面外側に、特にグリップ力が稼げるようにという配慮である。 ゴムの材質も改められた。 アスファルトの凹凸に爪を立てるように食い込み、遠心力に打ち勝とうというわけである。 これらによって、これまでより格段に高いスポーツ性能を実現している。 実際のドライでは、開発リーダーが言うほどラップタイムは上がらなかったものの、コントロール幅は際立っていた。 コーナーに飛び込み、ハンドルを切り込む。 本格的に限界まで追い込み、タイヤが激しく悲鳴を上げそうになる瞬間になっても、タイヤがしっかりと路面に吸い付いていてくれる。 ハンドルを切り込んで、これ以上は曲がれないだろというタイミングで、さらにハンドルを切り足しても、グリップ力が衰えないことには驚かされた。 多少のドライビングミスにも寛容なのである。 それでいて、耐摩耗性も向上しているというから不思議である。 グリップ性能が上がれば摩耗は進む、それが一般的な相関関係である。 「速いタイヤは、すり減るのも早い」というのが常識なのだ。 だが、「ポテンザRE-71RS」は耐摩耗性にも進化があるという。 サーキット派にとってタイヤ摩耗は、経済的に気になるところである。 一日の走行で十数万円もするタイヤをツルツルにしてしまうほどで、大きな出費の原因になっているからだ。 熱心なサーキット派にとっては、ラップタイムの伸び代以上に喜ばしいことかもしれない。 この時代に、まだ「ポテンザRE-71RS」のような熱いタイヤが存在していることを、素直に喜びたい。

次の

【楽天市場】◎◎ブリヂストン ポテンザ RE

ポテンザ re71rs

このページの目次• ヨコハマ ネオバ AD08R ヨコハマタイヤのハイグリップラジアルの頂点に位置するのがAD08Rです。 タイヤパターンがいかにもハイグリップという感じです。 昔から横方向のグリップは強いが、タレやすいと言われていますが、AD08Rは一体どのような感じなのでしょう? 街乗りインプレ 街乗りでAD08R(以下08R)を使用した感じは、乗りやすかったです。 サイドウォールが程よく柔らかいので、ハイグリップタイヤにしては苦になりませんでした。 またロードノイズも気になるほどではなく、マフラーが変わっている車両なら分かりにくいと思います。 雨の日も運転しましたが、雨は少し弱い印象でした。 少し深い水たまりに乗るとハンドルが結構取られる感じです。 雨の日はどのタイヤでもゆっくり走りましょう! (笑 サーキットインプレ 08Rを履いて早速サーキットを走行してきました。 使用した車はMR-Sです。 しっかりとタイヤを温めてアタックしたところ、凄くマイルドなグリップです。 グリップが強力なのは当たり前ですが、滑り出しが唐突ではなく、じわじわと流れ出してくれるのでコントロールが非常にしやすいです。 個人的には結構好きな感じですね。 また連続周回(連続5週アタック)してもタイム差はほとんど変わりなく、安定したタイムになりました。 スポンサードリンク ポテンザRE-71Rとの比較 今まではRE-71R(以下71R)を使ったきましたが、08Rは71Rよりも縦のグリップが少ないと思いました。 ブレーキングや立ち上がりではアクセルやブレーキの踏み方に気をつけないといけません。 横グリップは08Rの方が粘る感じがあり、滑ったとしてもコントロールがしやすかったです。 71Rの方が全体的な横グリップは高いですが、滑り出しが唐突で、カウンターステアを素早く細かく当てないといけませんでした。 またタイヤの溶け方にも差があり、71Rは全体的にドロっとした感じで溶け、08Rはボロボロと小さなタイヤカスがたくさん出ました。 これが08Rになってからタレにくい(寿命が延びた)秘密なのかもしれません。 確かにタイヤ消費量は71Rよりもかなり穏やかでした。 熱の入り方はどちらも同じぐらいだと思います。 比較的どちらのタイヤも数周でタイヤがきちんと温まり、すぐにアタックできる状態になりました。 内圧の上昇も似た感じです。 ただ08Rの方が内圧を低くした方がフィーリングは良かったです。 (ここは個人差があると思いますが) 71Rのレビューはこちらから トレッドの厚みの違い 知ってる方もいるかもしれませんが、71Rは他のタイヤに比べると同サイズでもトレッドが少し狭くなっています。 タイヤを積み重ねると分かりやすいです。 4本重ねると、他のタイヤよりも10cm近くは高さが低くなります。 私の車は71Rを基準に車高等のセッティングをしてあるため、08Rの弊害が出ました。 08Rの方がトレッドの厚みがあるので、ハンドルを切りながらフルブレーキをすると、フレームに干渉してロックしてしまいました。 ほとんどの方はこの心配はいらないと思いますが、71Rを基準にセッティングしている方は気をつけたほうが良いかもしれません。 おそらく71R基準だと、他のタイヤでも同じ現象が出るかもしれません。 AD08Rのタイム 私のホームコースでのベストタイムは71Rを使用した時なのですが、今回はフレームに干渉しロックという事があり攻めきれませんでした。 なのでベストタイムの1秒落ちという結果に終わりましたが、これが無ければ71Rとほぼ同じタイムが出てたかもしれません。 それぐらいフィーリングは良かったです。 なによりもコントロールしやすいという点で、あまり恐怖感はありませんでした。 扱いやすい… これはかなり重要だと思います。 スポンサードリンク まとめ ハイグリップラジアルの頂点とも言えるAD08R。 そう言われるだけのグリップ性能とコントロール性能はありました。 71Rと同じ走り方をすると扱いにくいですが、しっかりと減速し、コーナリング中にでゆっくりとアクセルを開けてやる方が速かったです。 コントロールしやすいので、コーナリング中でアクセルオンしてリアが流れても対処が簡単でした。 値段も71Rとほぼ同じなので、コントロール性を求めた08R、絶対的なグリップの71R、といった感じで好みの方を選んで良いと思います。 余談ですが、インプレをするために参加した走行会はレースで優勝させていただきました(笑 それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

ポテンザRE

ポテンザ re71rs

RE-71Rから5年ぶりとなるフルモデルチェンジ! 最速タイムだけでなく平均ラップタイムも向上 ポテンザといえば、ストリートからサーキット走行だけでなく、モータースポーツの世界でもその実録が認められ、多くの愛用者を持つブリヂストンのスポーツタイヤブランドだ。 そしてその中でも、フラッグシップに位置するRE-71Rが、発売から5年を経てついにフルモデルチェンジ。 先代では左右対称だったトレッドプロファイルは、コーナリング時の設置面積を増しつつ接地圧が均一となるように最適化。 非対称のトレッドパターンが採用された。 また、周回方向に入れられた太い2本のグルーブを内側に配置することで高い排水性を確保しつつ、外側のブロック剛性を高めることができ、コーナリング時のグリップ性能が向上している。 外側のショルダー部分はブロック剛性が高まったことで、コーナリング時の限界走行性が高められた。 さらにカタログには載っていないものの、最適なパフォーマンスが発揮されるまでの時間も短縮されているそうなので、より早い段階からアタックすることのできるタイヤとなっていそうだ。 タイヤだけでなく装着車両も展示されていた。 デリバリーは2月中旬からスタートとなり、サイズによって順次追加されていくとのこと。 全く新しい見た目となったRE-71RSは、ブースでの注目度も非常に高かった。 その秘めたポテンシャルが今から楽しみなタイヤと言えるだろう。 【関連リンク】 ブリヂストン ポテンザ.

次の