木下騒動。 木下優樹菜「タピオカ騒動」 いったい何があった?インスタが原因? | 万物同サイズの法則

木下優樹菜、“タピオカ騒動”への心境を初告白! 離婚・復帰についても熱弁(週刊女性PRIME)

木下騒動

昨年、「第三次ブーム」を迎えたタピオカ。 「2019 ユーキャン新語・流行語大賞」ではタピオカを飲むことを意味する「タピる」というワードがトップ10入りするなど、2019年のトレンドの要であった。 タピオカドリンクは暑い夏には売上が上がる傾向にある。 東京商工リサーチの調べによれば、昨年のブーム真っ只中には、タピオカ関連企業がおよそ半年間で倍の60社に増えたという。 バラエティあふれる専門店の登場に、消費者はこぞって「飲み比べ」をしてはその評価をSNSに投稿。 こうした相乗効果で空前のタピオカブームが到来したが……。 「昨年秋、タレントの木下優樹菜が、実姉の勤務先であるタピオカ店とトラブルになり、オーナーに送ったとされる『事務所総出でやりますね』といった恫喝めいたダイレクトメッセージが公になったことで木下は芸能活動を自粛。 タピオカブームに水を差す騒動となってしましました。 しかし、その木下は『週刊女性』(6月23日発売号)で、直撃取材に対して『きちんと謝りたいですからね。 相手の方には謝罪する意思を見せ続けていますよ』と近況を語っています」(芸能記者) そんな騒動をよそに、数あるタピオカ専門店の中からついに頂点が決まった。 6月20日、日本タピオカ協会はタピオカの日本一決定戦「タピオカグランプリ2020」の結果を発表。 黒糖部門は「チャカショウ」、総合部門では「Gong cha(ゴンチャ)」が最高金賞を獲得した。 黒糖部門では、タピオカを甘く味付けした「黒糖タピオカ」に合う、定番のミルクティーもよりコクの深いものを扱っている店や、抹茶や黒ゴマなど和テイストを全面的に取り入れている専門店が上位を占めた。 総合部門ではスイーツ的要素のドリンクも扱いつつ、さっぱりとした「烏龍ミルクティー」「フルーツティー」「チャイ」などバラエティに富んだタピオカドリンクを扱う専門店が上位入賞する傾向が見られた。 総合部門優勝の「Gong cha」は今や世界1300店舗以上を展開する超有名店。 タピオカデビューの一杯目にはぜひおすすめしたい店だ。 しかし一方で、個人経営の小さなタピオカ専門店はいま試練の時期を迎えているという。 「昨年夏、ブームにあやかって専門店が続々出店されましたが、よほどの有名店でなければ行列ができるのは夏の間だけ。 寒い冬は売上が減少する業界なので、春から夏にかけての売上が勝負。 冬の間は細々と耐えしのぎながら経営し春のタピオカシーズン開始に向けて新商品の開発などに努め、春から勝負をかけるのです。 しかし、コロナウイルスの流行により春先のタピオカの売上は全く伸びず。 閉店を余儀なくされた店も少なくないです。 地域によっては半数以上の専門店が店を畳んだというデータもあり、新型コロナウイルスはタピオカブームを一気に下火にさせています」(経済誌ライター) 一度離れてしまった若者たちはコロナ終息後ふたたびタピオカを飲みに戻ってくるのだろうか。 今、タピオカ専門店の経営者たちの頭の中はそういった不安で持ちきりだという。

次の

木下優樹菜、“タピオカ騒動”への心境を初告白! 離婚・復帰についても熱弁(週刊女性PRIME)

木下騒動

タレントの木下優樹菜(31)が18日、所属事務所・プラチナムプロダクションを通じて活動自粛を発表した。 木下においては、実姉が勤務していたタピオカ店の経営者に対し、脅しまがいのダイレクトメッセージを送っていたことが判明し、ネットを中心に炎上。 10月9日にはインスタグラムを通じて謝罪していたが、この日、改めて「自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました」と報告した。 書面を通じて所属事務所は「一部報道にございます、弊社所属タレント・木下優樹菜の不適切な言動に関しまして、多大なるご迷惑をおかけしている全ての関係者の皆様に、所属事務所として深くお詫び申し上げます」と謝罪。 「木下優樹菜本人としましては、自身の軽率な言動により、相手の方、関係者の皆様、及びファンの皆様にご迷惑をおかけしたことを深く反省をしており、引き続き相手の方に対して、誠心誠意対応していく所存でございます」と伝え「また、弊社としましても、木下優樹菜の所属プロダクションとしての社会的責任を真摯に受け止め、木下優樹菜本人とも協議を重ねた結果、当面の間、木下優樹菜の芸能活動を自粛することといたしました」と報告した。 木下もコメントを発表し「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした」と詫び「自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました」と報告。 「改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います。 誠に申し訳ございませんでした」とした。 なお、同社は「タレントマネジメント会社としての責務を改めて見つめ直し、今後二度とこのような事態を起こさぬように全力で努めて参ります」と誓い「この時期に自粛を決定いたしました経緯については、本人含め、仕事関係の方々と様々な協議を重ねた結果、このタイミングに至った所存です」と説明。 最後は「改めまして、この度は、皆様にご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんでした。 謹んでお詫び申し上げます」と、重ねて謝罪した。 最終的に振り込みで支払う。 事務所総出で対応する。 謝るなら今のうち。 どうなっても知らないよ。

次の

木下優樹菜のディズニー恫喝マナー違反疑惑が活動休止で再燃

木下騒動

離婚後もフジモンとは同じマンションで暮らして ママタレとして絶大な人気を誇っていた木下が、表舞台から姿を消したのはトラブルが原因だった。 「昨年10月に実の姉が勤務していたタピオカ店でもめごとになっているところに介入し、オーナーの女性宛にツイッターで宣戦布告のように《事務所総出でやりますね》など、恫喝めいたメッセージを送ったことが発覚。 11月には、所属事務所が当面の間、彼女の芸能活動を自粛させることを発表しました」(スポーツ紙記者) タピオカ騒動に加えて、もうひとつ物議を醸したことが。 「サッカー日本代表の乾貴士選手との不倫疑惑です。 乾選手が彼女のファンを公言していたことから疑惑を持たれてしまったんです」(同・スポーツ紙記者) 日に日に木下への風当たりが強まる中、年末にはFUJIWARAの藤本敏史との離婚を発表した。 「'10年に結婚して'12年に長女、'15年に次女が生まれ、おしどり夫婦として有名でした。 離婚の原因は、騒動とは関係なく、芸能活動をする中で生じたすれ違いだったそうです。 親権は木下さんが持つことに。 「藤本さんに対して未練はありませんよ。 ただ、コロナ禍で以前のように気軽に友達と会えなくなったので、子どもに関する相談をできるのが彼ぐらいしかいなかったのでは」(木下の知人) すべての発端となったタピオカ店とのトラブルは、まだ解決していない。 「一部のメディアで、オーナー側が木下さんを訴える方向で話を進めていると報じられています。 早ければ、6月中に訴状を提出する可能性もあるそうです。 昨年末から弁護士を立てていましたが、コロナの影響で話が前に進まなかったようです。 しかし、緊急事態宣言が解除されたことで、本格的に訴訟に向けて準備を進めているのでしょう」(ワイドショー関係者) 都内にあるタピオカ店のオーナーに話を聞いた。 「すいません、何もお話しすることはありません」 明言を避けたが、訴訟を進めていることについて否定はしなかった。 裁判になった場合、木下はどんな罪に問われるのだろうか。 『弁護士法人・響』の坂口香澄弁護士に話を聞いた。 「500万人近いフォロワーがいるインスタグラムで《もうこのお店には行かなくていい》と投稿したことは、お店への名誉毀損罪や威力業務妨害罪にあたる可能性があります。 ツイッターのダイレクトメッセージで送った《事務所総出でやる》《認めるとこ認めて筋くらい通しなよ》などは脅迫罪や強要罪にあたる可能性が。 ただ、告訴には期間制限があり、犯人を知った日から6か月がたつと告訴できなくなります」 騒動から半年以上たったいま、刑事事件として告訴されることはないということだ。 ただ、民事の場合はこんな可能性が。 「オーナー側が精神的苦痛をこうむったことに対する慰謝料請求が考えられます。 また、この件でお店の営業に支障が出て、店側の収入が減っていれば、金銭的な賠償を求めることもできます」(坂口弁護士) その場合、慰謝料はどれくらいの額になるのだろう。 「投稿の内容のほか、木下さんが悪意を持っていたのか、事実誤認だったのか、事実誤認であればその不注意の程度によって慰謝料の金額は変わります。 また、事後的に訂正や謝罪をしたかという事情も加味されます。 彼女の場合、インスタグラムで撤回と謝罪のコメントを出しました。 多くのファンに向けて、芸能人が一般人を名指ししたのですから少なくとも100万円程度は認められるのではないかと思いますが、裁判所が彼女の撤回と謝罪を重視すれば、あまり大きな金額になるのは難しいのでは」(坂口弁護士).

次の