クリニック 派遣。 個人病院【クリニック】や看護師派遣単発は穴場?

【簡単解説】看護師の派遣は違法じゃない!病院、クリニックも派遣で働けます!

クリニック 派遣

看護師さんの勤務先・転職先といえば、まず思い浮かぶのは、病院や介護施設等かと思いますが、それらと並んで一般的なのがクリニックです。 パートやアルバイトで勤務することも可能ですが、正職員としての募集も多く、看護師さんに大人気です。 このページでは、看護師さんがクリニックで働く際のメリット・デメリットについて詳しくご説明します。 クリニックへの転職を検討している看護師さんは、まずはクリニック勤務の特徴をしっかり把握しておきましょう。 クリニックで働く看護師のメリット それではさっそく、クリニックで勤務するメリットを見ていきましょう。 病院(病棟)や介護施設で働く場合との違いはなんでしょうか? 日勤のみの勤務(夜勤がない) 看護師さんが病院(病棟)や介護施設で働く場合、基本的には2交替勤務が多く、月3~5回程度は夜勤がありますが、クリニックでは基本的に夜勤はありません(一部有床を除く)。 また2交替と比べると、クリニックは拘束時間が短く、勤務も規則的なので、身体的な負担がかなり軽減されます。 看護師の仕事は激務ということもあり、日勤のみ(夜勤がない)というのは、クリニックならではのメリットです。 家事・育児との両立が可能 最近では男性看護師も増えてはいますが、依然として看護師は女性比率が高い職業なので、20代~30代といった働き盛りの時期に「結婚・出産」というライフイベントを迎え、このタイミングで一度仕事を離れる看護師さんは少なくありません。 前述したとおり、クリニックは日勤勤務で、かつ勤務時間も短く規則的なので、小さいお子さんがいても保育園に預けるなどして、家事・育児と両立しながら復職することが可能です。 年末年始やお盆にまとまった休みが取りやすい 看護師はシフト勤務で働くケースが多いため、毎月勤務表を作成して交替で休みを取ります。 病棟や介護施設(老人ホーム等)の看護業務は、基本的に年中無休なので、お盆やお正月でも、必ず誰かしらが勤務する必要があります。 その点クリニックなら、お盆期間や年末年始は基本的にお休みの職場も多く、まとまったお休みを取ることができるので、家族や友人と予定を合わせやすいのはメリットのひとつです。 毎週日曜日がお休み(固定休) 病棟や介護施設では、基本的にシフト勤務なので、毎週日曜に休みをもらうというのは現実的に不可能。 その点クリニックなら、日曜日が休診日という勤務先がほとんどなので、日曜日に休みたい看護師さんにお勧めです。 とくに家族(お子さんやご主人)がいる場合、学校や会社はたいてい日曜休みなので、家族との時間を大切にしたい看護師さんにとって、毎週日曜日がお休みのクリニック勤務は大きなメリットです。 精神的な負担が少ない クリニックでの勤務は、病棟や介護施設と違って基本的には外来業務なので、患者さんの急変の対応等はほとんどなく、病棟勤務のようなプレッシャーや緊張感も少ないので、看護師にかかる精神的な負荷は大幅に軽減されます。 また、業務範囲が限定されることが多いため、求められる手技や、覚えておくべき看護知識も少ないので、一般的には看護師の負担は軽くなります。 数が多いので自宅周辺で探しやすい 病院や介護施設と比べて、クリニックは数が多いので、自宅周辺で探したい場合でも比較的選択肢が豊富です。 またそれに関連して、勤務後も通勤時間が短くて済むのは、看護師にとっては大きなメリットです。 とくにお子さんを保育園などに預けて働く場合などは、自宅と勤務先が近いと送り迎えが楽になるので、子育てと仕事の両立する際の負担を軽くしてくれます。 クリニック勤務ならではの意外なデメリットも? 一方、看護師さんがクリニックで勤務する場合に考えられるデメリットについて詳しくご紹介していきます。 お給与が低い 勤務先にもよりますが、クリニックで働く看護師の給与は、病棟や施設で働く看護師と比較すると、かなり低くなります。 これは夜勤の有無が大きく関係しています。 2交替で働く病棟や施設での勤務は、勤務時間が長く、夜勤もあるので、必然的に給与が高くなりますが、クリニックは基本的に日勤のみ、かつ8時間勤務なので給与水準が下がります。 イレギュラーな休みがとりにくい クリニックは、病院や介護施設に比べると規模が小さく、必要最小限の人員で業務を切り盛りしているため、一人欠けることによって生じる業務への影響が決して小さくありません。 そのため、とくに看護師の体制がぎりぎりのクリニックだと、体調を崩してしまったときや、子供が急に熱を出してしまったなど、急な事情が発生した際に、休みが取りくいのはデメリットのひとつです。 看護業務以外の雑用が意外と多い 勤務するクリニックによっては、外来患者の受付、備品管理、書類作成、電話対応、掃除など、看護処置以外の仕事を頼まれることも多く、病院や介護施設での勤務とはまるで勝手が異なるため、最初のうちは、慣れない業務に戸惑うこともあるかもしれません。 もちろん看護処置がメインのクリニックもありますので、雑用的な仕事はしたくないという看護師さんは、事前にしっかり確認しましょう。 看護知識や手技の維持が難しい 前述した「意外と雑用業務が多い」と関連しますが、看護処置が少なく、雑用が多いクリニックだと、看護知識や看護技術(手技)を維持するのが困難です。 子供がある程度大きくなったら、将来的に病院に戻りたいという看護師さんの場合は、多少忙しい環境であっても、看護知識や手技を維持できるような、処置メインのクリニックでの勤務をお勧めします。 院長や同僚看護師との人間関係 クリニックは非常に小さなコミュニティーであるため、一緒に働く院長や同僚看護師との相性・人間関係が、ときに大きなデメリットになり得ます。 相性が悪かったり、何かのきっかけで関係がこじれてしまうと、仕事をする上で大きなストレスになるので、必要以上に気を遣わなければいけない場面、過剰な協調性が求められる場面も出てくるかもしれません。 また院長先生(または奥さん)の考え方・行動がワンマンだったり、方針がコロコロ変わったりすると、看護師がそれに振り回されることになるので何かと大変です。 クリニックで働くことを検討している看護師さんにとって、今回の記事の内容が少しでも参考になれば幸いです。

次の

医療事務・病院受付で派遣の求人や人材派遣会社を探すなら【リクナビ派遣】

クリニック 派遣

看護師の派遣は違法ではない! 結論からいうと、 看護師の派遣は違法ではありません! 世の中に看護師求人を取り扱っている派遣会社がありますから、当然ですよね。 しかし、違法ではありませんが、看護師の派遣先は労働者派遣法によって区分されているのである程度限られてきます! 労働者派遣法とは、労働者の権利を守るために、派遣会社や派遣先企業が遵守すべきルールを定めた法律になります。 私たち看護師も細かくルールが設けられており、以下のように記されています。 【病院・診療所等における医療関連業務の禁止】 医師、歯科医師、薬剤師の調剤、保健婦、助産婦、看護師・准看護師、栄養士等の業務 ただし、以下の場合は可能である。 (1)紹介予定派遣 (2)病院・診療所等(介護老人保健施設または医療を受ける者の居宅において行われるものを含む)以外の施設。 (社会福祉施設等)で行われる業務。 (3)産前産後休業・育児休業・介護休業中の労働者の代替業務。 (4)就業の場所がへき地・離島の病院等及び地域医療の確保のため都道府県(医療対策協議会)が 必要と認めた病院等における医師の業務。 …はい、読むのも疲れてしまいますよね。 簡単に解説していきますね。 まず、病院や、クリニック、老健、訪問看護など、医療行為を目的とする場所への派遣は原則禁止となっています。 といった働き方になります。 紹介予定派遣のメリットとしては、まずは派遣で就業することができますので、実際に働いてみないと分からない職場の雰囲気、人間関係、職場の設備などを確認して、社員になるのかならないのか判断することができます。 病院、クリニック側からすると、実際に働く看護師の人柄や、医療スキル、勤務態度を見てから採用するかしないか判断することができるので、ある程度のミスマッチを減らすことができます。 もちろん、紹介予定派遣で働いたら、必ず就職しないといけないという決まりはありません。 あくまで双方の合意があったうえでの就職になります。 ライフイベントの一つとして結婚、出産があります。 産休、育休で休む看護師が多くなると、病院、クリニック側は人を手配しないといけません。 しかし、一年経ったら産休している看護師が戻ってくるので、下手に新しい正社員を雇ってしまうと産休を取っている人の職場復帰が難しくなってしまいます。 なので、産休、育休、介護休休業を取っている方の代わりに、例外として派遣を受け入れることが認められているのです!! 病院・診療所等以外の施設とは? さて、先ほど病院やクリニックなど、医療行為を行うことを目的とする場所には 原則として派遣で働くことができないことを説明させて頂きました。 それでは、どのような場所だったら原則、例外関係なしに派遣を勤務することができ、看護師のニーズがあるのでしょうか? 答えは介護施設になります。 介護施設とひとくくりにしてもたくさんあるので、簡単にご紹介をさせて頂きます。 1、デイサービス 2、訪問(巡回)入浴 3、有料老人ホーム 4、特別養護老人ホーム 5、イベント などになります。 比較的、医療依存度が低く、派遣看護師としても受け入れやすいデイサービスや訪問入浴などがメインになるみたいです。 介護施設で経験ないけど働ける? 介護施設での仕事なんて経験ないので不安に思うかもしれませんが、 派遣先も経験ない方を受け入れるのに慣れていますし、丁寧に派遣スタッフ用にマニュアルを渡してくれるところもあります。 准看護師の学生看護師さんも受け入れいるくらいですから、特にスキル面でも心配する必要はないです。 処置が必要な場合は、案件に記載されているので、ブランクが空いててスキルに自信がない場合は処置がない案件を選ぶか、派遣元のエージェントに相談してみるいいでしょう。

次の

クリニックで働く看護師のメリット・デメリット|看護師転職コラム|看護師の求人・転職・派遣情報はスーパーナース

クリニック 派遣

看護師さんの勤務先・転職先といえば、まず思い浮かぶのは、病院や介護施設等かと思いますが、それらと並んで一般的なのがクリニックです。 パートやアルバイトで勤務することも可能ですが、正職員としての募集も多く、看護師さんに大人気です。 このページでは、看護師さんがクリニックで働く際のメリット・デメリットについて詳しくご説明します。 クリニックへの転職を検討している看護師さんは、まずはクリニック勤務の特徴をしっかり把握しておきましょう。 クリニックで働く看護師のメリット それではさっそく、クリニックで勤務するメリットを見ていきましょう。 病院(病棟)や介護施設で働く場合との違いはなんでしょうか? 日勤のみの勤務(夜勤がない) 看護師さんが病院(病棟)や介護施設で働く場合、基本的には2交替勤務が多く、月3~5回程度は夜勤がありますが、クリニックでは基本的に夜勤はありません(一部有床を除く)。 また2交替と比べると、クリニックは拘束時間が短く、勤務も規則的なので、身体的な負担がかなり軽減されます。 看護師の仕事は激務ということもあり、日勤のみ(夜勤がない)というのは、クリニックならではのメリットです。 家事・育児との両立が可能 最近では男性看護師も増えてはいますが、依然として看護師は女性比率が高い職業なので、20代~30代といった働き盛りの時期に「結婚・出産」というライフイベントを迎え、このタイミングで一度仕事を離れる看護師さんは少なくありません。 前述したとおり、クリニックは日勤勤務で、かつ勤務時間も短く規則的なので、小さいお子さんがいても保育園に預けるなどして、家事・育児と両立しながら復職することが可能です。 年末年始やお盆にまとまった休みが取りやすい 看護師はシフト勤務で働くケースが多いため、毎月勤務表を作成して交替で休みを取ります。 病棟や介護施設(老人ホーム等)の看護業務は、基本的に年中無休なので、お盆やお正月でも、必ず誰かしらが勤務する必要があります。 その点クリニックなら、お盆期間や年末年始は基本的にお休みの職場も多く、まとまったお休みを取ることができるので、家族や友人と予定を合わせやすいのはメリットのひとつです。 毎週日曜日がお休み(固定休) 病棟や介護施設では、基本的にシフト勤務なので、毎週日曜に休みをもらうというのは現実的に不可能。 その点クリニックなら、日曜日が休診日という勤務先がほとんどなので、日曜日に休みたい看護師さんにお勧めです。 とくに家族(お子さんやご主人)がいる場合、学校や会社はたいてい日曜休みなので、家族との時間を大切にしたい看護師さんにとって、毎週日曜日がお休みのクリニック勤務は大きなメリットです。 精神的な負担が少ない クリニックでの勤務は、病棟や介護施設と違って基本的には外来業務なので、患者さんの急変の対応等はほとんどなく、病棟勤務のようなプレッシャーや緊張感も少ないので、看護師にかかる精神的な負荷は大幅に軽減されます。 また、業務範囲が限定されることが多いため、求められる手技や、覚えておくべき看護知識も少ないので、一般的には看護師の負担は軽くなります。 数が多いので自宅周辺で探しやすい 病院や介護施設と比べて、クリニックは数が多いので、自宅周辺で探したい場合でも比較的選択肢が豊富です。 またそれに関連して、勤務後も通勤時間が短くて済むのは、看護師にとっては大きなメリットです。 とくにお子さんを保育園などに預けて働く場合などは、自宅と勤務先が近いと送り迎えが楽になるので、子育てと仕事の両立する際の負担を軽くしてくれます。 クリニック勤務ならではの意外なデメリットも? 一方、看護師さんがクリニックで勤務する場合に考えられるデメリットについて詳しくご紹介していきます。 お給与が低い 勤務先にもよりますが、クリニックで働く看護師の給与は、病棟や施設で働く看護師と比較すると、かなり低くなります。 これは夜勤の有無が大きく関係しています。 2交替で働く病棟や施設での勤務は、勤務時間が長く、夜勤もあるので、必然的に給与が高くなりますが、クリニックは基本的に日勤のみ、かつ8時間勤務なので給与水準が下がります。 イレギュラーな休みがとりにくい クリニックは、病院や介護施設に比べると規模が小さく、必要最小限の人員で業務を切り盛りしているため、一人欠けることによって生じる業務への影響が決して小さくありません。 そのため、とくに看護師の体制がぎりぎりのクリニックだと、体調を崩してしまったときや、子供が急に熱を出してしまったなど、急な事情が発生した際に、休みが取りくいのはデメリットのひとつです。 看護業務以外の雑用が意外と多い 勤務するクリニックによっては、外来患者の受付、備品管理、書類作成、電話対応、掃除など、看護処置以外の仕事を頼まれることも多く、病院や介護施設での勤務とはまるで勝手が異なるため、最初のうちは、慣れない業務に戸惑うこともあるかもしれません。 もちろん看護処置がメインのクリニックもありますので、雑用的な仕事はしたくないという看護師さんは、事前にしっかり確認しましょう。 看護知識や手技の維持が難しい 前述した「意外と雑用業務が多い」と関連しますが、看護処置が少なく、雑用が多いクリニックだと、看護知識や看護技術(手技)を維持するのが困難です。 子供がある程度大きくなったら、将来的に病院に戻りたいという看護師さんの場合は、多少忙しい環境であっても、看護知識や手技を維持できるような、処置メインのクリニックでの勤務をお勧めします。 院長や同僚看護師との人間関係 クリニックは非常に小さなコミュニティーであるため、一緒に働く院長や同僚看護師との相性・人間関係が、ときに大きなデメリットになり得ます。 相性が悪かったり、何かのきっかけで関係がこじれてしまうと、仕事をする上で大きなストレスになるので、必要以上に気を遣わなければいけない場面、過剰な協調性が求められる場面も出てくるかもしれません。 また院長先生(または奥さん)の考え方・行動がワンマンだったり、方針がコロコロ変わったりすると、看護師がそれに振り回されることになるので何かと大変です。 クリニックで働くことを検討している看護師さんにとって、今回の記事の内容が少しでも参考になれば幸いです。

次の