喜び を 数え たら あなた で いっぱい。 「パプリカ/foorin(ver)」歌詞の意味を子供目線で解釈。米津玄師がフーリンを選んだ理由とは?

パプリカ(Foorin) / コード譜 / ギター

喜び を 数え たら あなた で いっぱい

東京オリンピックのNHK公式テーマソング『パプリカ』という歌があります。 幼稚園児のダンス音楽としてめちゃめちゃ流行っているので、どこかで聞いた方も多いのではないでしょうか? 実は僕、今日初めてパプリカをフルでちゃんと聴いたのですが、そしてその時に強烈な違和感を感じたのです。 その後、どうしてもその歌の意味を掘らなければいけないような気がして、4時間ほど歌詞と向き合っていました。 そしてわかりました。 もうとにかく自分でも止められなくなるほど掘れば掘るほど意味が出てくる奥深い曲だったんです。 今からここに書くのは完全に個人の解釈によるもので言ってみれば僕の妄想です。 なのでそういう読み方もできるよねと言う程度でお楽しみ下さい。 先に結論を書いておきます。 僕が見つけたこの曲の裏ストーリーは、「 少年が友達を亡くした悲しみと折り合いをつけ、未来へ向かって歩き出す歌」です。 なぜそうなるのか、順をおって説明させてください。 まずはパプリカの歌詞全文を引用させてもらいます。 ーーーー以下引用ーーーー 【Aメロ】 曲がりくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る 遊びまわり 日差しの街 誰かが呼んでいる 【Bメロ】 夏が来る 影が立つ あなたに会いたい 見つけたのはいちばん星 明日も晴れるかな 【サビ】 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 【Aメロ】 雨に燻り 月は陰り 木陰で泣いてたのは誰 一人一人 慰めるように 誰かが呼んでいる 【Bメロ】 喜びを数えたら あなたでいっぱい 帰り道を照らしたのは 思い出のかげぼうし 【サビ】 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 【Cメロ】 会いにいくよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら 【サビ】 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ かかと弾ませこの指とまれ へ ーーーー引用終わりーーーー 別タブで開くためのリンクも貼っておきます。 パプリカの歌詞解釈 ではAメロから順番に説明させていただきます。 まずAメロの歌詞全体を通して、誰もが共感できるようなノスタルジックな情景を描いていますが、よく見るとあちこちにヒントがあるように僕には見えました。 「目には青葉、山ホトトギス、初鰹」という有名な俳句がありますが、これは全て初夏の風物詩を並べています。 すなわち「青葉の森」とは「初夏の森」であり、それを人生に当てはめると「人生の春が終わり、夏に差し掛かった頃」言い換えれば「少年期が終わり、青年期に差し掛かった頃」と読み解くことができます。 つまり青年のコミュニティに入り始めている まとめると「曲がりくねったはしゃいだ道」である少年期が終わり、「青葉の森」や「日差しの街」である青年期に入り始めたことがわかります。 青年期は先ほどの説明の通り。 そしてここで注目したいのが「季節の夏」です。 日本の夏のイベントといえば何でしょう?そうお盆ですね。 あの世とこの世が重なる期間です。 つまりこの分の意味は「あの世が近くなる」となります。 ここでは、この世に対してのあの世を表します。 そして夏は太陽の光も生命の力も強まる季節です。 つまり影が立つとは「光が強くなったことによって、あの世の輪郭が強く浮かび上がってきた」という意味になります。 では次の「あなたに会いたい」ですが、これは誰に会いたいのでしょう? 「あの世が近くなる」季節に 「あの世の輪郭が強く浮かび上がる」季節に 「会いたくなる」人とは誰でしょう? 僕はここで「亡くなった友達」と結論づけました。 「亡くなった友達に会いたい」と歌った後に続くのは何か? 「見つけたのはいちばん星」です。 子供に亡くなった人のことを説明する時なんと言います? もうズバリですよね。 「お星様になる」っていいますよね。 つまり魂よ安らかなれという意味に取れます。 さあいよいよサビにいきましょう。 けれど僕は未来に向かって歩いていく。 なぜそうなるか説明します。 「種を蒔く」は未来へ向かって行動すること。 つまり「あなたの事は忘れないけれど、僕は未来へ歩き出す」と言っているのです。 日本的な宗教観では亡くなった人は神様にもなります。 つまりここでは「亡くなって神様になったあなたに感謝を伝えたい」を意味しています。 でもあなたの事は忘れない 「夢を描く」は未来へ心を向ける事。 自分の気持ちが未来を向き始めていることを表しています。 「心遊ばせあなたにとどけ」では「それでもそんな気持ちや描いた夢を、あなたに話したいんだよ」というという意味になります。 「未来に向かう事は決してあなたを忘れることではない」とすることで気持ちの折り合いをつけようとしているのです。 そんな時に木陰で泣いていたらもう死ぬほど心細いでしょう。 「こっちへおいで」と聞こえてしまったのでしょう。 しかし次のBメロで状況は変わります。 いい思い出を浮かべてみたら「あなた」との思い出ばかりだったのでしょう。 つまり「この世に帰ってくる道」 あなたを亡くしたショックで生きる気力を失い、声が聞こえるくらいあの世に近いところまで行ってしまったけれど、あなたの思い出が僕をこの世に引き戻してくれた。 という意味が読み取れます。 ここで見て欲しいのは、それでもその帰る道を照らしたのは「思い出のかげぼうし」であること。 かげぼうしとはつまり人の影。 Aメロの解釈でも出てきましたが「影」は死を表し、人の影は「亡くなった人」を表します。 つまり僕をこの世に引き戻してくれたのは「思い出の中にいる亡くなった人」なのです。 2番サビはAメロの繰り返しなので省略します。 続いて説明したいのがCメロの歌詞。 歌の流れとしてプロポーズはありえないでしょう。 そしてお墓まいりとは故人に挨拶や何かしらの報告がある時にいくもの。 ここでは「僕は未来に向かう」という報告をするという意味だと思っています。 そして最後、サビの繰り返し。 けれど僕は未来を生きる。 最後のサビで他と唯一違うのは「かかと弾ませこの指とまれ」の部分です。 それ以外の部分が「あなたへの感謝」と「未来へ歩き出す」を意味する事はもう書きましたが、この「かかと弾ませこの指とまれ」は未来への歩みをさらに進めて、そこで生きる決意を表明しています。 なぜなら「かかとを弾ませる」という事はやや駆け足気味に歩いているという事であり、「この指とまれ」は仲間を集めることを意味します。 つまり「未来へ向かって駆け足気味に歩き出し、その先で僕は仲間を見つける(君以外の友達をつくる)」という未来でいきていく事の決意表明と取れるのです。 よってこれまでの話をまとめると『パプリカ』は「少年が友達を亡くした悲しみと折り合いをつけ、未来へ向かって歩き出す歌」となるのです。 「パプリカ」というタイトルの意味 これまで読み解いてきた歌の意味を踏まえて「パプリカ」というタイトルをもう一度見てみると、ある仮説が浮かびます。 パプリカはピーマンと近しい植物です。 同じナス科トウガラシ属で、栽培方法なども似通っています。 そしてピーマンといえば、お盆にナス、きゅうりなどと共にご先祖様にお供えする野菜です。 ピーマンを「亡くなった人を想う野菜」と意味づけするならば、それと近しいけれど別のものであるパプリカにはどういった意味を見いだせるでしょうか。 「ピーマンに似ているけれど違う野菜」に「あなたを忘れはしないけれど、未来へ歩き出した僕」を見る事はできないでしょうか? そう思いながら歌を聞けば、違った意味合いを感じ取れると思います。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 この解釈があったからといって何がどうという訳ではありません。 ただどうしても、誰かに伝えずにはいられなかったのです。 この記事によって、あなたの日常の色が少しでも変われば、ぼくにとって最高の喜びです。

次の

パプリカ Foorin 歌詞情報

喜び を 数え たら あなた で いっぱい

歌詞 曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る 遊び回り 日差しの街 誰かが呼んでいる 夏が来る 影が立つ あなたに会いたい 見つけたのはいちばん星 明日も晴れるかな パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 雨に燻り 月は陰り 木陰で泣いていたのは誰 一人一人 慰めるように 誰かが読んでいる 喜びを数えたら あなたでいっぱい 帰り道を照らしたのは 思い出のかげぼうし パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 会いに行くよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら 会いに行くよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ かかと弾ませこの指とまれ 作詞作曲:米津玄師 パプリカの花言葉 パプリカの花言葉として代表的なのは• 哀れみ• 海の利益• 君を忘れない とありますが、本楽曲における意味合いとして最も適切なのはズバリ! 君を忘れない になります。 誰にでも大なり小なり夢があると思います。 「夢」なんて大それたことは言えない。 なんて思う人もいるかもしれませんが「これがしたい」などという小さな欲も、言い換えれば「夢」なのです。 「あなたにとどけ」 というフレーズこそ、応援歌である「パプリカ」の真骨頂なのではないでしょうか。 正の感情と負の感情 雨に燻り 月は陰り 木陰で泣いていたのは誰 一人一人 慰めるように 誰かが読んでいる 喜びを数えたら あなたでいっぱい 帰り道を照らしたのは 思い出のかげぼうし 作詞作曲:米津玄師 1番とは打って変わり、 雨 月 影 など、暗いイメージの情景。 影法師とは、 光が当たって物に映っている人の影。 光と闇が表裏一体であるように、 どんな人でも正と負の感情を合わせ持つ。 しかし、 負の感情があるからこそ正の感情が際立つ のです。 歌詞ではくよくよしている状態から、喜びの感情へと移行する。 輝いてばかりではなく、落ち込む瞬間があるからこそ、 「喜び」や 「喜びをくれる存在」の大切さに気付くのです。

次の

【米津玄師/パプリカ】歌詞の意味を徹底解釈!米津玄師が語る誕生秘話をもとに考察。

喜び を 数え たら あなた で いっぱい

そもそもユニット名「Foorin」は、パプリカを歌い踊っている5人の姿を「風鈴」に例えて、米津玄師が命名したもの。 これが、MVの風鈴の音に涼む様子と絡んでくるのが面白い。 そんな「和」を彷彿させるようなMVで構成されている「パプリカ」ですが、誕生の裏にはどんな背景や想いが込められているのでしょうか。 ここを知らずして楽曲考察はできませんよね。 米津玄師本人が語る誕生秘話を調査しましたので、以下にまとめていきます。 米津玄師が語る「パプリカ」の秘話 パプリカが生まれたきっかけ そもそも「パプリカ」は「<NHK>2020応援ソング」のプロジェクトを米津玄師が受けたことが誕生のきっかけです。 この依頼を受けたとき米津が感じたのは 果たして自分に作れるのか という悩みだったそうです。 なぜなら、米津玄師の他楽曲を聴いて分かるように「分かりやすい応援ソング」は未だかつて制作したことがなかったからです。 企画として求められる方向性と、これまで米津玄師が表現してきたものは、必ずしも重なり合っていたわけではないのです。 誰が歌うかで音楽の書き方が変わる 皆さん周知の通り、「パプリカ」という楽曲は小学生ユニット「Foorin」が歌っています。 しかし、プロジェクトの話を受けたときは、 誰が歌うかなんて決まっていなかったそうです。 「人に歌ってもらう曲というのは、その人ありきで書いていた」 とインタビューで述べており、今まで菅田将暉やDAOKOに提供した楽曲は そのパーソナリティを知った上だからこそ作ることが出来ていたとのこと。 だから結果として、 150人くらいの中からオーディションを行う。 という方法で歌うメンバーを選抜し、• もえの• ひゅうが• たけるくん• りりこ• ちせ の5人が選抜されたのです。 この5人 Foorin について米津玄師は 「パプリカ」はこの5人がいたからできた曲で、もし仮にこの5人でなかったら、全然違う曲になってただろうと思います。 とコメントを残しています。 Foorinを通して メンバーの決定後、楽曲制作に取り掛かった米津玄師ですが、制作秘話をインタビューで明かしています。 自分が5人と同じくらいの年頃のころを思い浮かべて自己投影をしていった とのことです。 投影された内容は、5人くらいの年の頃に、徳島にある爺ちゃん婆ちゃんの家、その山の中で遊び回ったり、川で泳いだりしていた記憶だそう。 ストーリーがありますね~ 歌詞に描かれているものは? これはズバリ 小さな物語、小さな世界 と米津玄師は語っています。 え?応援歌だよね? と感じてしまうかも知れませんが、ここにも米津玄師の人生経験からなる考えがあるのです。 私自身もかなり共感できたのですが 大きな応援ソングへの嫌悪感。 というのを米津は主張していました。 日本の音楽の中で「応援歌」というのはありふれていますよね。 物凄く背中を押してくれる音楽だったり「頑張ればいつかは報われる」といったような、いわゆる「分かりやすい応援ソング」です、 これに米津は不信感を抱いていたとのこと。 綺麗すぎる言葉は信じられない。 といったところでしょうかね。 だからこそ米津は自分が子供の頃に感じた 「小さな物語・世界」に5人を入れて、最終的に、童謡とか、日本の風土感とか、ある種のノスタルジーを含め、「応援ソング」として制作していったとのこと。 NHKという大きなものの中で、結果としてそれが大きくなっていけばいい。 自分が作れる応援ソングというのは、そういうところにしかないんだろうなって感じですね。 とコメントを残しています。 スポンサーリンク 楽曲名「パプリカ」とは 本来 「パプリカ」とは ナス科の多年草であるトウガラシの栽培品種。 を指す言葉です。 まさに上の画像。 本楽曲のタイトル「パプリカ」もこれを指しています。 敢えて「パプリカ」にした理由を米津さん本人が語っていました。 内容は以下。 音の響き• パプリカという物自体のポップな感じ• かわいい感じ まずはこれが当てはまるようです。 私が1年前に行った解釈は 花言葉に注目して パプリカの花言葉=君を忘れない なんて唱えていましたが、花言葉は意図としてなかったようです 笑 米津さんは 「なんでパプリカなのか? 」 と訊かれたときには 「わかりやすい意味はないです」 という一言で説明できると言っていました。 大切なのは、 第一印象。 イメージ。 なのです。 実は、ここでまた米津さんは深い言葉を語っています。 「わかりやすい意味はないです」と「何も考えていない」の違い、その危惧がかなり共感できましたので、ピックアップさせて頂きますね。 大人になればなるほど、今まで見てきたもの、理論的な思考回路に縛られてしまう感じが、すごくあると思うんですよね。 「普通そんなこと起こらない」って言ってしまう。 本当は何でもやってもいいものに「それだとリアリティがない」とか「意味が通らない」って言ってしまう。 そういうのって、危ういと思うんです。 子供向けの絵本を見ても、どこか荒唐無稽な感じがあって。 イマジネーションの世界なんですよね。 幼稚園にクマが転校してきたっていいし、子供たちみんなでクジラと綱引きしてもいい。 だから、わかりやすい意味を説明するのも大事なことだと思うんですけど、そのなかで全部完結させてしまっては、あまりにあっけないというか。 本来そういうところでは説明できないブラックボックス的なところがあるから音楽のエモーションが生まれてきているわけで。 大人になるほど、理論的になる。 の共感性が高すぎませんか? しかも、言葉だけではなく子供向けの絵本のくだりなど、具体例があるぶん説得力が増していますよね。 スポンサーリンク 歌詞 曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る 遊び回り 日差しの町 誰かが呼んでいる 夏が来る 影が立つ あなたに会いたい 見つけたのは一番星 明日も晴れるかな パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種をまこう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせ あなたにとどけ 雨に燻り 月は陰り 木陰で泣いていたのは誰 一人一人 慰めるように 誰かが呼んでいる 喜びを数えたら あなたでいっぱい 帰り道を照らしたのは 思い出のかげぼうし パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種をまこう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 会いに行くよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら 会いに行くよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたに届け かかと弾ませこの指止まれ 作詞作曲:米津玄師 歌詞の意味・解釈 1番 曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る 遊び回り 日差しの町 誰かが呼んでいる 作詞作曲:米津玄師 インタビューでも述べていたように 「森の中で遊び回るシーン」、つまりは米津さんがいう 「小さな世界」が分かりやすく描かれています。 子供の頃の自分と重ね合わせることで、誰しもがノスタルジーを感じるのではないでしょうか? 夏が来る 影が立つ あなたに会いたい 見つけたのは一番星 明日も晴れるかな 作詞作曲:米津玄師 ここで登場してくる「あなた」に注目。 あなたをどう捉えるかで、楽曲の見方がどのようにも変化してきます。 会いたい など、ラブソングのような語法で描かれていますが、ここで騙されてはいけません。 「パプリカ」は単なる恋愛歌ではないのです。 あくまでも「応援歌」です。 これを踏まえてサビを見ていきましょう。 サビ1 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種をまこう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせ あなたにとどけ 作詞作曲:米津玄師 またも登場する「あなた」 ここで「あなた」について徹底的に解釈していきましょう。 結論から申し上げますと 大人になった自分 という解釈に落ち着きました。 こうして、子供が泣いている情景を絵が描いているのにも秘話があります。 米津さんは、歌詞を書いているときに あれ?子供は応援される立場じゃないのか? 子供に応援ソングを歌わせるって、 どういうことだろう? という疑問にぶつかったそうです。 だから、ここの歌詞では 泣いている子供を慰める。 という、子供から発信される応援歌としては歪な内容になっているのです。 <サビ1と同じである為、サビ2の解釈は割愛します> 3番~ラストサビ 会いに行くよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたに届け かかと弾ませこの指止まれ 作詞作曲:米津玄師 ここまでの解釈の末、 大人になった自分が、 子供のときの自分に応援されるという 「応援ソング」 と歌詞全体を捉えて、ラスト部分に向き合うと、かなり力を貰える内容であることが分かる。 「手にいっぱいの花」「パプリカの花」などキラキラしつつもノスタルジックな情景から 「希望」が生まれ、「会いに行くよ」「あなたに届け」などの文が存在することで、 「その希望を届けてくれる」というストーリーが出来るわけです。 感想 大きな応援ソングへの嫌悪感 と言っていた米津さんでしたが、結果的に 「大きな応援ソング」になっていますね。 いやこれはある意味、目論見通りなのでしょう。 改めて関心させられます。 私も何十年後とかに「パプリカ」を聴いて、今の自分と照らし合わせて応援されたいものです。

次の