ワンピース 考察 シャンクス。 シャンクスの出生の謎を考察!ロジャーと麦わら帽子の秘密とは?【ワンピース】

赤髪のシャンクスの左目の傷がつけられた時期を考察【ワンピース】

ワンピース 考察 シャンクス

未だに謎の多いシャンクスの本名について考察します。 シャンクスの本名を考察するにあたっていろいろな要素を検証していきたいと思います。 シャンクスについての数々の謎。 あんなに強いのになぜ簡単に海王類に腕をくいちぎられたのか?• マリンフォードにどうやってカイドウの戦いからすぐ現れたのか? 2018. 06追記。 少し変な考察ですが• 悪魔の実の能力者なのか? など、それらに関しては検討がついていません。 海王類の件に関しては、個人的には、尾田さんが序盤から設定をミスをしたとは 思いたくないので、 「悪魔の実の能力者なので、海につかって弱っていたが、覇気でなんとか耐えた」 という考察に一票投じたいです。 シャンクスの話をする前に、エースの話をしておきたいと思います。 今だに人気おとろえぬ、 エース こと ポートガス・D・エース。 Dの名を持ち、血縁はないがルフィーの兄貴、そしてゴールドロジャーの 子供であります。 そして、母親は ポートガス・D・ルージュなんですね。 母・ルージュについて考える 一巻でも登場していますが、ルージュの意味は 血や赤という意味になります。 そして気になるのがこのシーン 女の子なら 「アン」、 男の子なら 「エース」 アン!? 一部の考察ではジュエリー・ボニーがこのアン(アン・ボニーという実在したとされる海賊)にあたり、その 子ではないのか? という説があります。 エースも俄然大飯ぐらい。 合点がいきますね。 でも、自分はもっと、こちらのすっと印象が入りました。 ルージュ アン 赤い アン 赤毛のアン 赤毛のアンについて考える 赤毛のアンの特徴といえば「赤い髪にそばかす」です。 髪の毛は赤くはないですが、 エースの顔には意図的なそばかすが描かれています。 黒い髪の毛はロジャー譲り。 そばかすは母親のルージュ譲り。 そう思うとなんだか納得はいきます。 ちなみに「赤毛のアン」の出身地はプリンス・エドワード島です。 こちらもエースが敬愛する白ひげとの共通点となります。 そして、 ルージュの描写でも気になることがあります。 赤毛のアンと同様な髪飾りがるのです。 すなわち、ポートガス家には赤毛の特徴があるのではないかと考えます。 しかし、待てよ・・・ 赤毛・・・赤い髪と言えば 代表格がいましたね。 そうです、 シャンクスなんですね。 いろいろ設定できる中で彼に 「赤髪」という容易なキャッチコピーがつけられたのはここに繋げる 為ではないかと私は考えます。 すなわち、シャンクスはポートガス家の人間であり、ルージュとは兄妹関係。 名前は ポートガス・D・シャンクス だと考察します。 そして、さらにそれを裏付ける考察もしてみました。 シャンクスはもともとゴールドロジャーの船に乗っていました。 ルフィーの麦わら帽子はシャンクスからもらったものですが、ロジャーも昔麦わら帽子を被っていました。 しかし、ルフィーが帽子をもらったのはシャンクスからです。 よって、ロジャーからシャンクスに、そしてルフィーに 引き継いだと予想ができます。 自分が妊娠させたルージュと血縁関係があるシャンクスに麦わら帽子を 託すのはなんらおかしな話ではないですね。 書いていて思いましたが、じゃあエースに託せよ とも思いましたが・・・ シャンクスと白ひげの関係 シャンクスは一度白ひげに酒を持って「直談判」しにいくことがありました。 理由は、最近黒ひげの動向が活発で、手に負えなくなってきている。 黒ひげをターゲットにしている、白ひげ海賊団から命令を受けているエースは、黒ひげと対峙することになります。 そこで、シャンクスは白ひげに、黒ひげから手を引いて欲しいと直談判しにいったわけです。 なぜ! なぜでしょうか! なぜ、シャンクスはわざわざ白ひげのところにまでいってエースをかばうようなことをする必要があったのでしょうか?? それは、上記考察の通り、エースがシャンクスの従兄弟にあたるからではないでしょうか?? シャンクスとエース ちなみに、シャンクスとエースは一度回想シーンにて対面しています。 やりとりの描写はすくなかったですが、この場面では従兄弟を匂わすような描写は一切されていません。 もし従兄弟関係であったとするならば、シャンクスが黙っていたのでしょう。 もちろんエースは従兄弟であることは知らないと思います。 まだ、考察は続きます。 マリンフォードの決戦の時に戦いを納めたのは誰か? そう、それはシャンクスなんですね。 ここで疑問がでてきます。 何故彼は現れたのか? それは、エースはシャンクスの義理の弟にあたるから登場したのではないのでしょうか?? そして、あの時センゴクはシャンクスにこう言ってます。 「お前ならいい・・・赤髪・・・責任が私がとる」 と それは全ての事情を知ってる センゴクとシャンクスだけにわかる会話だったのではないでしょうか??.

次の

ワンピースネタバレ シャンクスは2人?強さと謎。生きてる間に?弱い?

ワンピース 考察 シャンクス

シャンクスの謎 シャンクスがイーストブルーに来た理由 この物語は子供ルフィとシャンクスのイーストブルーでのやり取りからスタートします。 でも、 なぜシャンクスはイーストブルーにいたんでしょうか。 シャンクスの出身地はウエストブルーです。 一見謎なこのイーストブルーへの航海。 でもシャンクスは見習いの頃、世界を自分の目で見て回りたいと言っていたので単純にそれが理由なのかなと。 ただね、見習いの頃と意味合いは違うのかなと思います。 それは ロジャー海賊団に所属していた時にラフテルを確認したことでこの世界の真実を知った。 そこで自分の役割について理解したんです。 ロジャー海賊団はそれぞれ自分の役割を持った。 船長のロジャーは大海賊時代の幕を開けさせ、自分たちの意志を継ぐ海賊たちが出てくることに賭けた。 副船長のレイリーはロジャーの意志を受け継ぐ者が現れた時に協力しようとしていた。 船医のクロッカスはグランドラインの入り口で海賊たちを見定め、気に入った(ロジャーの意志を受け継いでいる可能性のある)者に道しるべとなる情報を与えていた。 ということは シャンクスがロジャーの意志を継いで世界をひっくり返していくのでしょうか。 多分それは違うんじゃないかな。 白ひげが頂上戦争の時に黒ひげに向けて 「お前じゃねぇんだ。 ロジャーが待っていたのは」と言っていました。 あれね、「 (Dの一族だが)お前じゃねぇんだ。 」ってことだと思うんです。 ロジャーはDの一族で自分の意志を受け継いでくれる者を待っているんです。 ということは、ロジャーはシャンクスに 「この帽子をお前に預ける。 俺の意志を受け継ぐDの一族が現れたらこの麦わら帽子を渡し、協力してやってくれ」 ってなことを伝えたんじゃないのかな? つまりシャンクスは世界を見て回る中でロジャーの意志を受け継ぐDの一族を探していたんだと私は考えます。 イーストブルーに来ていたのもロジャーの生まれ故郷ですので何かしら感じるものがあったのかもしれません。 でもここで1つ疑問が。 じゃあシャンクスはDの一族じゃないの?シャンクスが世界をひっくり返せばいいじゃないか!と思いませんか。 ぶっちゃけシャンクスがDの一族かどうかは分かりません。 Dの一族だとしたら意志を受け継ぐ者としてロジャーから麦わら帽子を託されたのかもしれません。 しかし、シャンクスは世界をひっくり返そうとはしていません。 その理由はこれです。 シャンクスは世界のバランサー ラフテルを確認し、世界のすべてを知ったのであれば、 若い自分がロジャーの意志を受け継いで世界をひっくり返す!と考え行動してもいいわけなんです。 ではなぜ動かないのか。 それはこれまでの彼の行動を見てみると浮かび上がってきます。 例を挙げると、シャンクスは 白ひげのところへエースが黒ひげから手を引くように指示するよう交渉に来ました。 しかし白ひげはこれを拒否。 結局エースと黒ひげは衝突し、エースがインペルダウンに収容され処刑される。 この事が引き鉄になり頂上戦争が巻き起こったわけです。 また、その後頂上戦争が起こった時も 終戦に導いたのはシャンクスでした。 あの時、 すごい違和感ありませんでしたか? 海軍の元帥であるセンゴクが戦争の後始末について「お前になら任せてもいい」とシャンクスに言ったんです。 海軍のトップが海賊に任せているわけです。 普通に考えたらありえないですよね。 なぜセンゴクはそのような事を言ったのか。 四皇だから? でもカイドウが言ったら絶対任せませんよねw そう、 シャンクスだから任せたんです。 以前五老星も言っていましたね、 暴れだしたら手を付けられないが自分から世界をどうこうする者でもあるまい、と。 そうなんです、 シャンクスは世界を壊そうと考えていない。 世界のバランスを保とうしているんです。 だから世界会議の時でさえ、五老星に会って話をすることができるような立場にいるんです。 シャンクスの行動は世界の均衡を保つためにされている。 だから話があるならば聞いてやる必要がある、と五老星も考えているんじゃないかな。 だから シャンクスはロジャーの世界をひっくり返す意志については受け継いでいないんです。 いや、正確には違うか。 シャンクスは ロジャーの意志を 受け継いでいないフリをしているんだと私は考えています。 来たるべき時のために ではなぜそんなフリをシャンクスは続けているのか。 それには2つの理由があると私は考えています。 世界をひっくり返すタイミングを見計らっている おそらくシャンクスは世界をひっくり返したい気持ちはあったのでしょう。 しかし、 今はタイミングじゃない。 そして 足りないものが色々とある。 世界をひっくり返す、レッドラインを破壊しても人々を救うためにはノアとポセイドンの力が必要、そして空白の100年の真実を受け入れられる手段等々が必要です。 そのような状況が整うまで待たなくてはいけません。 それまでは動かず、虎視眈々と。 そして世界政府・海軍からも信頼を得ることで世界の状況を掴んでおく必要がある。 その役割を担っているのがシャンクスなんです。 間違った海賊が世界を滅ぼさないように監視している シャンクスは先ほど書いた通り、世界のバランサーとして動いています。 そのバランスを保つ上で 一番脅威・危険因子と踏んでいるのが黒ひげです。 彼もDの一族。 もしかしたらラフテルにはDの一族しか扱えない兵器のようなものがあるのかもしれない。 もしそれを黒ひげのような者が手にしたら…世界は破滅し、黒ひげの支配下となってしまいます。 これでは自由も何もない。 天竜人が黒ひげに変わるだけの差別・暴力が蔓延する世界のままです。 シャンクスはこれを恐れています。 だからエースに黒ひげから手を引くよう話したり、付けられた顔の傷を気にしたり、 黒ひげの勢力が大きくならないよう、立ち回ってきた。 しかし最近になり黒ひげはどんどん力を付けていき、ついにはシャンクスと同じ四皇の一人にまで登り詰めた。 いよいよシャンクスの手に負えなくなってきたわけです。 そこで取った行動がアレですよ、アレ。 世界会議の時に五老星に「ある海賊について話が…」と相談に行ったわけです。 これ、 黒ひげの事についての相談だと私は考えています。 黒ひげは力を付け過ぎた。 もう俺の手に負える者ではない。 あんたたちの力を使って海賊王ゴールド・ロジャーを追い詰めた時のようにマーシャル・D・ティーチを追い詰めてくれ、と相談したんじゃないかな。 でもその後のイム様のくだりを見ているとそう簡単にはいきそうもないですよね、ズタズタに切り裂かれたルフィと黒ひげの手配書、さらに剣を突き立てられたしらほしの写真にビビの写真。 素直に黒ひげを抹殺するという話にはならなさそうですよね。 こんな後半でラスボス候補をドン!とチョイ出しして話を飛ばすとは尾田先生も人が悪いw イム様の正体については色んな考察が飛び交っていますが私なりのとんでも予想を。 こんなん情報少なすぎて考察できないんでおっさんのしょうもない妄想と思っておいてくださいw ずばり、 イム様はネフェルタリ家の初代女王であると私は考えています。 え?ネフェルタリ家は世界政府を作った20人の王たちの中で唯一聖地マリージョアに移り住まずむしろ世界政府を裏切ったような一族でしょ?と思われるかもしれません。 が、逆に変だと思いませんか?裏切り者であるならまず真っ先にネフェルタリ家は世界政府に潰されませんかね。 しかも虚の王座は20人の王たちが守り、誰も座ってはいけない平和の象徴とされているわけで、そこに座るイム様の事を知っているのは本当に極わずかの人のみ。 五老星以外の天竜人も知りません。 つまりここから考えられるのは、イム様の正体は普通の天竜人ですら知りえない人物。 裏切ったとカモフラージュすることで目につかない人物、そう、ネフェルタリ家が出てくるわけです。 そしてイム様、仏様ということで輪廻転生、魂を移すことができるんではないかと思います。 ですので、今使っている肉体はネフェルタリ・ティティ、そう、ビビの亡くなった母親の肉体。 そろそろ肉体が古くなってきたので新しいネフェルタリ家の肉体に変えなければならない…とイム様は考えている。 他の手配書はズタズタ、もしくは剣を突き立てていたのにビビの手配書は無傷だったのにはこういう意味もあるんではないかと。 はい、ぶっとび過ぎの妄想でしたw 元の話に戻しましょう。

次の

四皇シャンクスは覇気で空間を斬る能力がある!?【ワンピース考察】

ワンピース 考察 シャンクス

四皇・シャンクスの能力とは? 前回は、黒ひげについての考察を書きましたが、今回は四皇・シャンクスの能力あるいは覇気についての考察を書いていきます。 このシャンクスは、ワンピースでは第一話から登場している重要人物ではありますが、出番が極端に少なくファンの間でもその能力や実力が議論されています。 四皇の実力 シャンクスの前に、まず現在把握している四皇たちの実力をまとめてみます。 四皇とはグランドラインの後半の海の4人の支配者です。 彼らは海賊ではありますが、その強さや影響力の高さから数多くの傘下や領地を抱えており、実質「皇帝」に近い権力を持っています。 四皇は海賊王に最も近い人達でもあります。 作品を読んでいけば分かりますが、海賊王になるには、これら四皇たちを倒す必要が出てくるので、海賊王だったゴールド・ロジャーは化物じみた強さを持っていたのだろうと思われます。 四皇の強さはまさに「チート」という名にふさわしいものです。 天地をひっくり返すレベルの強さです。 戦争で死にましたが、彼はグラグラの実の「地震人間」です。 その能力で津波や地震を引き起こします。 海そのものを自由に動かしている描写もありました。 ゴールド・ロジャーとほぼ同格の強さであり、海賊王に最も近い男と言われていました。 ヤミヤミの実の「闇人間」です。 あらゆるモノを自分の体内に吸い込むことができます。 また、あらゆる悪魔の実を無効にもできます。 黒ひげ自身が特殊な体質を持つため、複数の悪魔の実を食べることができるので、現在は数多くの能力を所持していると言われています。 趣味が自殺なのですが、どんな自殺をしようともなかなか死ぬことができない。 他の四皇や海軍にも何回も捕まったことがあり、死刑を決行されても、誰も彼を殺せなかったと言われています。 自然そのものを自分の部下にもできるので、太陽や雲が彼女の部下となり、天気を操ることも可能です。 四皇の強さの特徴としては、• 自然系の悪魔の実(ロギア)を遥かに凌駕する能力を持っている• 天地をひっくり返す能力を持っている だと思いますね。 四皇・シャンクスはどうなのか? では、シャンクスに戻りましょう。 シャンクスもこれら四皇と 対等な存在です。 実際、彼はカイドウと対峙をし、追い払ったこともあります。 ワンピースの四皇のそれぞれの能力設定はよく練られているので、シャンクスの設定もあらかじめ決まっていると僕は考えています。 では、シャンクスは天地をひっくり返すような能力を持っているのでしょうか。 そんな描写は果たしてあったのでしょうか? 実はあります。 それは、シャンクスが白ひげと面会したときです。 シャンクスは空間を斬れる!? シャンクスが白ひげに面会したとき、覇王色の覇気を出し、白ひげのクルーたちを気絶させました。 これ自体はそこまですごいことではありません。 しかし、白ひげとの会話が終わった後、シャンクスと白ひげはそれぞれの武器をぶつけ合い、互いの覇気を出しました。 そのとき、「 天が割れた」のです。 この描写は、互いの覇気の強さを表す演出だと僕は思っていましたが、今思うとこれが シャンクスの能力の伏線だった可能性があります。 まず、白ひげは覇気で攻撃をすることはできますが、「天を割る」レベルの破壊力は戦争編ではまったくありませんでした。 また、白ひげ海賊団の部下たちも、天が割れたシーンに素直に驚いていました。 つまり、これは白ひげの攻撃ではなく、シャンクスの攻撃の可能性が高いのです。 シャンクスの武装色の覇気は、おそらく空間そのものを触れることが可能なのかもしれません。 だから、天を割ることも可能なのです。 となると、シャンクスがカイドウを追い返したのも納得できてくるわけです。 いくらカイドウが強くても、シャンクスに空間ごと攻撃をされてしまえば、抵抗する術がないわけですから。 そして、この能力はまさに四皇にふさわしい天地を揺るがすチート能力と言えるでしょう。 アニメ版のシャンクス 僕の考察は原作をベースにしていますが、実はアニメ版で、シャンクスと白ひげが面会したときのシーンを見ると、別の面白い発見ができます。 シャンクスと白ひげの交渉が決裂したとき、白ひげはシャンクスに向かって酒器を投げつけます。 その酒器は明らかにシャンクスめがけて投げていました。 しかし、なぜか一瞬にしてその酒器はシャンクスの横にそれて、地面へと転がります。 シャンクスは空間を操作したのでしょうか。 アニメスタッフは事前にシャンクスの能力を把握しており、アニメにこっそりシャンクスの能力の一端を入れたのではないかと思っています。 このアニメのシーンが気になる人は、「シャンクス 白ひげ」あるいは「shanks whitebeard」などで検索してみましょう。 いや、せっかくなので、動画を貼ってみました。 あなたの目で確かめてみてください。 終わり シャンクスが能力者なのか非能力者なのかはまだ分かりませんが、シャンクスは空間を触れる力を持っている可能性があると僕は考えています。 もちろん、これは考察の1つにすぎません。 ワンピース本編で、四皇シャンクスの実力をひと目見たいものですね。 兵庫県のとある田舎出身の男性です。 法政大学を卒業しています。 TOEIC875点。 自分のセンスに任せてなるべく面白い記事を書いていきたいと思います。 僕は、基本まじめだけど面白いことも考えることが好きで、ブログもそういう方向でいきたいです。 このブログはアクセスはあるのですが、なぜかブックマークは少ないので、管理人はブログ記事の最期にブックマークの宣伝をしております。 最近は、ただの雑記ブログになりつつあります。 このブログは、1日に1000アクセスあります。 目標は5000アクセスです。 2017年2月1日:2000アクセス突破! 2017年4月8日:3000アクセス突破! 2017年8月5日:4000アクセス突破! ブログ更新をツイッターでお知らせします。

次の