古文 上達。 古文の読解上達法(藤原定家と本居宣長の教訓)

【岡本梨奈の古文POLARIS(ポラリス)】特徴・使い方・勉強法|難関私大専門塾 マナビズム

古文 上達

『古文上達の基礎』の特徴 『古文上達 基礎編 読解と演習45』は初めて入試に向けて国語古文を学習し始めた受験生にオススメです。 この参考書は 国語古文の問題に取り組むための基礎事項を学ぶことができます。 さらに問題を解きながら問題に必要なポイントをしっかりと解説を通して理解することが可能です。 また古文で出題されがちな和歌に関する問題も『古文上達 基礎編 読解と演習45』で取り組むことができます。 この参考書であれば日大〜センターレベルの入試をカバーすることができるでしょう。 収録問題数は45題という取り組みやすい問題数になっています。 この参考書に取り組み終わる頃にはどのようなポイントに着眼すれば正解に導くことができるのか理解することが可能となるのでオススメです。 参考書の使い方 主語や動詞に注目して取り組もう 国語古文の問題で主語が省略されるということがあります。 主語がないと誰がどのような行動をとったのか把握することができず曖昧な状態で回答をしなくてはいけません。 そのため問題に取り組むときには必ず主語と動詞の関係を意識して問題に取り組むようにしましょう。 『古文上達の基礎 読解と演習45』の解説にはしっかりと主語と動詞の係りあいを把握し、なぜその主語が出てくるのか理解することができます。 また収録問題数も50題近くあるのではじめは主語・動詞の関係を意識して問題に取り組むことができなくても、後半に近づくにつれて主語と動詞の関係を意識する余裕も生まれますのでしっかりと丁寧に取り組むようにしましょう。 難関大学を目指す人はレベルの高い参考書に取り組もう 『古文上達の基礎 読解と演習45』は 読解と演習を同時に行うことができるとても良い参考書なのですが、この参考書は国語古文の基礎学習を行うことしかできません。 そのためMARCHや東大など難易度の高い大学を志望する受験生にとって、『古文上達の基礎 読解と演習45』ではカバーすることができない知識を補う必要があります。 そのためこの参考書に取り組んだ後はさらに難しい問題に取り組む必要があります。 各大学ごとに取り組むべき参考書は異なりますが、全ての受験生に共通して言えることは志望大学の過去問に取り組む前にセンター試験の演習問題の参考書に取り組む必要があります。 演習問題の参考書に取り組むことでどのような情報が必要なのか、和歌が出題されたときにどのような問題の解き方をすれば良いのか理解することができるのでい様々な参考書に取り組みましょう。 『センター〜東大レベル』を狙う受験生に『古文上達の基礎 読解と演習45』がオススメの理由 『古文上達の基礎 読解と演習45』は古文を初めて学び始める人や古文に苦手意識を持っている受験生にオススメの参考書です。 基礎事項を学ぶことができる参考書なのでンター試験はもちろん、関関同立やMARCH、東大を志望する全ての受験生にオススメです。 どのようなレベルの大学を志望していても基礎をしっかりと学んでおかなければ難しい問題に取り組んだ時も基礎学習を生かし問題に取り組むことができません。 『古文上達の基礎 読解と演習45』はその点を補うように基礎学習を行いならが演習ができるので効率よく学習を行うことができます。 ぜひ取り組んでみてください。 参考書ルート一覧 大学別合格点突破レベルのルート では実際にこの『古文上達の基礎 読解と演習45』を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか紹介します。 各大学ごとに参考書ルートをまとめましたので参考にしてみてください。 自分の志望大学がない場合は志望大学の入試問題の傾向とレベルをしっかりと比較して参考にしてみてください。 MARCH・関関同立・産近甲龍・日大レベルのルート MARCH・関関同立・産近甲龍・日大レベルの大学を志望する受験生は『古文上達の基礎 読解と演習45』にしっかりと取り組み基礎学習を終了させましょう。 この参考書は基礎学習と演習を同時に行うことがでいるので効率も良いです。 基礎学習をこの参考書で終えた後はレベルの高い問題に取り組み、問題数をこなす必要がありますので『マーク式基礎問題集 古文 』『センター試験過去問 本誌 』に取り組むようにしましょう。 この参考書でどのようなジャンル、どのような和歌が出題されるのかしっかりと学習をした後『日東駒専&産近甲龍の古文』で入試前の調整を行うことをお勧めします。 出版社 日栄社 対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍 ジャンル 古文問題集 目的 日東駒専・産近甲龍の古文対策 分量 105ページ 地方国公立レベルのルート 地方国公立レベルの大学を志望する受験生はこの『古文上達の基礎 読解と演習45』に取り組むことで基礎学習と短い文章の問題を45題解くことができるのでかなり古文の問題に慣れることができます。 しかし地方国公立の大学を目指すにはセンター試験でも良い得点を取らねければいけません。 そのために『マーク式基礎問題集 古文』『センター試験過去問 本誌 』に取り組み基礎〜標準レベルの問題を何度も解きましょう。 そしてどのような問題が出てくるのか、どのような知識が必要なのか確認をし学習の後は『日東駒専&産近甲龍の古文』『国公立標準問題集CanPass 古典』に取り組みましょう。 この2冊で一般入試の学習を行うことができるので過去問に取り組む前の最終調整を行いましょう。 出版社 駿台文庫 対象となる大学群 地方国公立 ジャンル 古文・漢文問題集 目的 国公立二次試験対策 分量 127ページ センターレベルのルート センター試験でのみ国語の古文が必要な受験生は『古文上達の基礎 読解と演習45 』で最低限の学習を行うことができますが、実際にセンター試験で出題される問題は文章量が多いので同じ文章量の問題に取り組んでおく必要があります。 そのためにお勧めな参考書は『マーク式基礎問題集 古文 』『センター試験過去問 本誌』『Z会センター試験 実践模試 国語』『実践模試 国語 河合塾 マーク式総合問題集』『国語 きめる!センター古文・漢文』です。 これらの参考書をしっかりと丁寧に取り組み、足りない知識をその都度補っていくことで入試に挑むことができる力を身につけることができます。 出版社 学研教育出版 ジャンル センター試験古文参考書 目的 センター古文問題演習 分量 319ページ 早稲田大学レベルのルート 早稲田レベルの大学を志望する受験生は『古文上達の基礎 読解と演習45』を取り組み基礎学習をできるだけ早く完了させましょう。 その後できるだけ多くセンター試験や選択式の入試に向けた演習を行うために『マーク式基礎問題集 古文』『センター試験過去問 本誌』に取り組み問題数をこなしましょう。 その後標準以上の問題に取り組むために『日東駒専&産近甲龍の古文』『「有名」私大 古文演習』『首都圏「難関」私大古文演習』に取り組みさらに必要な知識を補います。 そして過去問に取り組む前に『GMARCH&関関同立の古文』『早稲田の国語』に取り組み最終調整を行うようにしましょう。 出版社 教学社 対象となる大学群 早稲田大学 ジャンル 国語過去問題集 目的 早稲田大学の学部別対策 分量 384ページ 東大レベルのルート 東大レベルの大学を志望する受験生は『古文上達の基礎 読解と演習45 』に取り組みできるだけ早い段階で基礎学習を終了させましょう。 その後センター試験や選択問題に備えて『マーク式基礎問題集 古文』『センター試験過去問 本誌』に取り組むようにしましょう。 選択問題でよく出てくる問題にできるだけ触れておくことで問題に慣れることができます。 その後標準以上の問題に取り組むために『日東駒専&産近甲龍の古文』『国公立標準問題集CanPass 古典』『入試精選問題集 古文』『得点奪取 古文』『難関校過去問シリーズ』で過去問に向けた最終調整を行うことをお勧めします。

次の

古文読解力を上げる3つの勉強法と3つのコツ

古文 上達

Writer: 宮澤直輝(ざわ) Step. 1 古文常識 「古文常識」って言われると、ちょっといかついですよね。 難しそうですよね。 「うわー暗記しなきゃいけないのかー」 「どうせ難しい漢字ばっかの用語覚えるんだろうなー」 そう思われるかもしれませんね。 でも心配しないでください。 暗記不要。 難しい漢字もない。 マンガ1冊読めばOKです。 これです。 「源氏物語」を題材に、古文常識を紹介してくれるマンガ。 基本は恋バナ。 ドロドロの恋愛話(母親を好きになるとか、不倫しまくるとか)がマンガになっていて、ちょこちょこ昔の知識をはさんでくれるので、めっちゃイメージしやすくて分かりやすいです。 ちなみに絵も良いっすね。 光源氏イケメンだし、女性たちみんな可愛い。 こんな感じで、古文の勉強を始める前に、いったんマンガで「昔の人の生活や文化」を感覚的にイメージしてください。 そうすれば今後の古文の勉強が一気にやりやすくなりますよー。 Step2. 基礎固め(暗記) 古文常識のあとは、基礎事項の暗記です。 古文は外国語みたいなもんなので、どうしても最初に単語や文法を覚えなくてはならないんです。 でも大丈夫、安心してください。 「嬉しい」の2乗です。 これで無理だったら諦めてくださいw まずは古文単語。 「ゴロ合わせ」で覚えられる超有名な単語帳。 面白おかしく「ゴロ」で覚えられるので、古文嫌いにとってはめっちゃラクでありがたいです。 最初から全部覚える必要はないです。 次は「文法」の参考書。 タイトルの通り、文法を「はじめから」勉強する人向けに、めっちゃ「ていねいに」解説してくれています。 古文が苦手だと思っている人にとっては相性バッチリの参考書です。 最後は「文法・練習用」のテキスト。 正直にいうと、ぶっちゃけ問題集はどれでもいいです。 この段階はまだ「初心者」レベルなので、 難易度が低くカンタンなものを解きまくるのが大事。 お金使いたくないひとは、学校のワークとかで全然OK。 学校の教材が嫌いならこの問題を使いましょう。 難易度が低く、解答も見やすいので使いやすいです。 「はじめからていねいに」を読んで、理解できたところをこの問題集で練習してください。 Step3. 古文の読み方 基礎を身につけたら、いよいよ古文の文章を読むことになります。 ただ古文の文章って、「主語はなるべく書かない」とか「これが来たら主語が変わる」とか、よくわからん独特のルールがいっぱいあるんです。 これ全部叩き込めば、たぶん読む上で困ることはなくなります。 Step4. 演習 読めるようになったら、あとは問題を解くだけ。 いろんな問題集つかって練習しましょう。 難関レベルを目指すならこれ。 難関大受験の決定版です。 みんな使ってるかも。 とにかく内容がめっちゃ充実してます。 これ出来るようになれば読解めちゃめちゃ得意になります。 「基礎編」って書いてありますが、これ完璧にしたらMARCHはいけます。 次のシリーズが「古文上達」と普通verになるんですが、早慶レベル以上です。 MARCHまでなら「古文上達 基礎編」で十分でしょう。 ちなみにその次にいくと「最強の古文」になります。 最強になれるらしいです。

次の

古文上達 基礎編 読解と演習45

古文 上達

古文上達 基礎編 読解と演習45の難易度・レベルは 本書の難易度・レベルとしては 「基礎~応用」と言えます。 本書では古文初学者でも取り組めるように、 「歴史的仮名遣い」(古文の「あはれ」を「あわれ」と読む等)の解説から始まっています。 古文初学者 さきほども紹介したように本書は古文初学者でも取り組めるようになっており、解説もわかりやすいため非常に取り組みやすい参考書です。 しかしこの参考書をやる前に「マドンナ古文」に取り組むことをお勧めします。 なぜかというと、基本的に古文文法の勉強は非常に退屈なものです。 本書がいくら優れた参考書だからといってもそれは変わりません。 しかしマドンナ古文では楽しみながら古文文法の導入を学習することが出来ます。 そこで古文文法を学ぶ重要性や古文の楽しさを知ったあとに、本書に取り組むことで、退屈な古文文法の勉強にも取り組みやすくなるからです! 東大などの難関国公立やMARCHや関関同立・早稲田などの難関私立受験者 本書は古文初学者だけでなく、 難関国公立や私立を受験する人にもお勧めできる参考書です! 文法の内容が分かりやすく解説されていることはもちろんなのですが、なんといっても45題収録されている古文長文の解説が素晴らしいのです。 これは後でも説明しますが、 「古文長文の全訳+一文一文の文構造の説明(英語で言う英文解釈のようなもの)」がついているため、読解の教材としてもかなり有用なのです! そしてこの読解力は上記の大学の合格にとって欠かせないものです。 なぜなら 上記の大学では、文法と単語を知っているだけではダメできちんと文章を読解できないと点が取れないからです。 5つ星のうち5. 0 古文の中で一番良い問題集 投稿者愛知県在住塾講師2015年4月17日 Amazonで購入 本の内容 ・文法ごとの知識確認とそれに対応した長文読解の問題がセットになった本 良い点 ・各項目ごとに対応した問題が出てきて知識の確認ができる 例 助動詞「る」の単元なら「る」に関連した問題が出てくる ・解説が別冊であり、しかも全文訳+品詞分解(全てではないが)がされていて非常に使いやすい ・解説に「作品のあらすじ」があり短時間で本文の内容を把握できる、 ・読解のアプローチが秀逸:「ある人が上の句を読んだら、さっと下の句を返さなければならない」など、知っておくとためになる情報が満 載である 悪い点 ・全文訳が赤シートで隠すことができればよかった。 そうすることで文章の内容が理解できたかどうかをより把握しやすくなる。 まとめ ・古文単語や古典文法を覚えた後に使うべき1冊。 解いて終わりではなく、繰り返し音読(最低10回、理想は30回)をすることで力は確実についていく。 高3の夏休み辺りに一通り終えておくと良い。 古文上達 基礎編 読解と演習45の特徴 ここからは「古文上達 基礎編 読解と演習45」の良い点・悪い点といった特徴について紹介していきます。 概要としては以下のようになります。 ・基礎から始める万全の入試対策参考書 ・「まとめ」+「集中講義」という解説が分かりやすい構造 ・文法の練習問題が少ない ・45題の実践古文長文問題と解説が優れもの では早速、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。 基礎から始める万全の入試対策参考書 本書は著者の仲光雄氏が 「基礎から始める万全の入試対策」と題打った参考書であり、まさにその通りの参考書である。 この本は、読者が古文の文法を体系的に学び、それを実践で使えることを目標としている。 本書の構成としては以下の4つから構成されている。 基本事項確認の「まとめ」 それの詳しい説明である「集中講義」 そこで学んだ知識確認のための「練習問題」 古文長文の中で、先ほど学んだ文法事項の確認と読解力が身につく「実践問題」 そして「実践問題」は章が進むにつれて内容が難しくなっており、 この参考書を終えるころには万全の入試対策が出来上がっているのだ! 「まとめ」+「集中講義」という解説が分かりやすい構造 本書では初学者でもわかりやすいように、そして復習がしやすいように構成されている。 それが「まとめ」と「集中講義」の2構成から成る文法事項の解説だ。 「まとめ」では学校の板書のように、文法事項の要点だけを簡単にまとめている。 これは復習の際に要点だけ見ることが出来るので復習の時間短縮が可能だ。 次に 「集中講義」は、「まとめ」の内容をかみ砕いて説明したものであり、先生が黒板ではなく口頭で説明している内容だと思ってほしい。 これがあるから初学者でも本書の内容が理解できるのだ。 古文文法で有名な参考書として「ステップアップノート30 古典文法基礎ドリル」があるが、こちらは「まとめ」しか載っていない。 なのでステップアップノートを使って古文文法に挫折した受験生も多いであろう。 その代わりに「実践問題」が豊富に収録されているが、やはり「練習問題」の量は十分とは言えない。 そこで先ほど紹介した「ステップアップノート30 古典文法基礎ドリル」を使ってほしい。 これは先ほども言ったように文法の解説自体は「まとめ」程度しか載っていないが、練習問題の量が多いので、問題集としてはかなり有用だからである。 使い方としては本書を読んで文法事項を理解したら、「ステップアップノート30 古典文法基礎ドリル」の練習問題を解くという流れになる。 そもそも45題も古文長文を収録している参考書は少ないのだが、この参考書はそれだけにとどまらずその解説が優れているのだ。 具体的には 「長文の全訳」+「一文一文の品詞分解」が解説されているということだ。 とくにこの 品詞分解は英語で言う英文解釈(SVOCの振り分け)のようなものであり、これをしっかりと理解しながら文章を読まなければ、読解することは出来ない。 そして古文が苦手な人にとっては、解説無しで自力で品詞分解をするのは困難を極める。 しかし、これは次の「本書の効果的な使い方」のセクションでも説明するが、 英語長文と同様に古文長文も音読が一番読解力を上げるのに効果的であり、特にその際に品詞分解を意識しながら読むことが効果的なのである。 そして本書ではその品詞分解が一文一文解説されているため、これを参考にしながら音読を行うことが可能なのだ! まさに読解力を磨くために最高の参考書といえるだろう。 古文上達 基礎編 読解と演習45の使い方・勉強法 ここからは「古文上達 基礎編 読解と演習45の効果的な使い方・勉強法」について紹介していきます。 最低「7周」繰り返すことを心得よ まずは参考書を使う大前提として1周するだけでは、その内容の2割ほどしか身につかないということです。 1周しただけで10割すべて身につく人はよっぽどの天才です。 実際に、東大をはじめとする難関大学合格者は一冊の参考書を何度も何度も繰り返して学習しています。 これは難関大学に合格する彼らであっても、参考書を1周するだけではその内容の全てを身に着けることが出来ないからです。 では何周すればいいかというと、私の指導経験から言うと 「古文上達 基礎編 読解と演習45は最低7周」やれば、ほぼ完ぺきに内容を身に着けることが出来ます。 ですので必ず「7周」やるということを念頭に置いて、勉強のスケジュールを立てましょう。 まず最初に「まとめ」を読んで、 「ふーんこんなことを学ぶんだー」というのをざっと確認した後に、 まとめの内容をかみ砕いて説明した「集中講義」を読んで、 「なるほど」となった後に、 また「まとめ」を読んで、 「ふむふむ大事なポイントはここだな」という確認をします。 この際に本書の練習問題だけだと数が少ないのでできれば 「ステップアップノート30」を併用して、解く練習問題の数を増やすことをお勧めします。 古文文章の読み方が分からないという人も、頑張ってチャレンジしてください! はじめの章のうちはそんなに難しくないので、 今まで学んだ文法事項をひとつひとつ着実に確認しながら読めば読めます。 (単語に関しては長文の下に訳がついていますよ) また実践問題の解説をしっかりと理解していれば、徐々に読解力も身についていくので、章を進めるにつれて徐々に難しくなる実践問題にも対処できるようになります! ですので実践問題を解いた後はその解説をしっかりと読みましょう。 また実践問題を解き終わった後は、英語長文と同様に古文長文を音読するようにしてください。 これを7周もするのか、、、」 と。 でも安心してください! 2周目は1周目の約3分の2の時間で読み終わることが出来ますし、周を重ねるごとにどんどん短い時間で読み終えることが出来るようになります。 なぜなら1周目はどうしても書かれている理解するのに時間がかかりますが、2周目以降は1度理解したものを読むので、1周目よりも早く読むことが出来るからです! 古文上達 基礎編 読解と演習45の次に使う参考書は 次に使う参考書としては以下の三つがおすすめです。 スタディフォー , 2020 All Rights Reserved Powered by. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon.

次の