ミノタブ ed。 ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の効果・副作用のリスクとは!?

ミノタブ、フィンペシア、リアップの副作用 発毛剤の効果覿面もEDや抜け毛の恐怖

ミノタブ ed

ミノタブは2. 5mg、5mg、10mgどれがいい? 市販の育毛シャンプー、育毛剤ときてミノキシジル外用薬、フィナステリド、デュタステリドまで使ったが薄毛には効果がなかった…そういった人の最終手段として用いられるのがミノキシジルタブレット。 副作用リスクも無視できないミノキシジルタブレットながら、最強とも呼ばれるその効果は私たちハゲの救世主とも呼べるもの。 それだけにこれから使用を検討している人も多いと思います。 ただミノキシジルタブレットには主に2. 5mg、5mg、10mgの3種類が存在し、どれを使うべきか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか? タイプ別に加え、男女別に適した選び方を提示しますので、AGA治療の参考にしていただければ幸いです。 ミノタブの効果は含有量に比例する? ミノキシジルタブレットでポピュラーな商品といえば、ノキシジル、ロイド社製、米国製の3つがあります。 ちなみにすべて先発薬である「ロニテン」のジェネリック医薬品であり、本家ロニテンは現在手に入れることはできません。 5mgと10mgの設定しかないノキシジル、2. 5mg、5mg、10mgの3つをラインナップいるLloyd社製、2. 5mgと10mgの米国製など状況に応じて選ぶことが可能になっています。 常識的に考えればミノキシジルの含有量が多ければ多いほど発毛効果が高く、また副作用が強くなります。 しかし、これらを検証した臨床試験データは存在しないため、含有量によって具体的に効果や副作用にどの程度の差があるのか分かっていないというのが実情。 ミノキシジル外用薬の例では、1%配合のものと5%配合のもの効果を比較すると1平方センチメートルあたり1%で約16本増加、5%で22本増加となっています。 ミノキシジルの含有量的には5倍ながら、効果面では1. 4倍程度となのです。 プロペシアに代表されるフィナステリド内服薬も同様。 2mgと1mgでは含有量こそ5倍ながら効果の差は小さいということが臨床試験で明らかになっています。 これらを総合して考えると、ミノキシジルタブレット5mgが2. 5mgに対して2倍の効果、10mgはさらに2倍ということはまず考えられないのです。 考えられないが、だからといってミノタブのミノキシジル含有量を増やしても意味がないかといえば、決してそんなこともありません。 当然ながら薄毛改善には10mgが最も効果的となる。 だからといって2. 5mgが4分の1程度の効果がないかといえば、そんなこともない。 私が実際にミノキシジルタブレットを使ってみての体感的な印象は、 2. 5mgのものにくらべ10mgの効果は1. 5倍くらいでしょうか。 これは前述したリアップの1%と5%の効果の差にも近いため一定の説得力はあるかと。 ミノタブの効果は個人差が大きいため一概に「含有量の違いでこれだけ効果が違う!」とは言えないものの、平均的には「5mgは2. 5mgの約1. 2倍くらいの効果、10mgは5mgの1. 2倍くらいの効果」くらいの感覚でいいのではないでしょうか。 もともと効果が高いミノタブだけに含有量を増やすことによって期待は膨らみますが、他の発毛剤のデータや実際の口コミなどを見るに過剰な期待は禁物かな。 含有量が多いほど副作用は強くなる? 一方で副作用はどうなのか? ミノキシジルタブレットの使用によって懸念される副作用にはどういったものがあるのか簡単に触れておきましょう。 めまい• 血圧低下• むくみ• 多毛症 ミノキシジルは本来血管を広げて血圧を下げる「血管拡張剤」であるため、健康な人が使えば血圧が過度に下がってしまう恐れが。 それに起因しめまいや動悸、胸痛などが表面化する可能性があります。 また、ミノキシジルが発毛剤として使われるきっかけになった多毛症によって髪の毛のみならず全身の体毛が濃くなることも。 このあたり女性にとっては避けたいところではありますが… ミノキシジルタブレットの副作用発現率 前述したとおりミノキシジルタブレットは臨床試験を行っておらず、含有量別の具体的な副作用発現率がはっきりしません。 そのため他の発毛剤の副作用発現率を参考に考えてみたいと思います。 プロペシアに関しては0. 2mgと1mgで1年目の副作用発現率はそれぞれ1. 5%、5. 0%となっています。 つまり含有量5倍に対し3倍強の数の副作用が出ていることになるでしょうか。 ただ、フィナステリドを含まないプラセボ(偽薬)群でも2. 2%の副作用が出ているため、ノセボ効果などのバイアスを排除すれば、含有量が5倍になった際に増加する副作用発現率は2倍程度と見ることができます。 一方、2015年に認可されたデュタステリド(ザガーロ)の臨床試験では0. 5mg(16%)より0. 1mg(21%)のほうが副作用発現率が高いという謎の結果に。 こちらでもプラセボ群が15%という高い副作用発現率を示しているため、あんまりあてにならない。 プラセボ群 フィナステリド1mg群 ザガーロ0. 1mg群 ザガーロ0. 5mg群 評価症例数 181 179 188 184 副作用発現例数 発現率 27 15% 35 20% 39 21% 30 16% 副作用名 発現症例数(発現率) 生殖系および乳房障害 8 4% 18 10% 10 5% 14 8% 勃起不全 6 3% 10 6% 6 3% 10 5% 射精不能 2 1% 3 2% 2 1% 1 <1% 射精障害 1 <1% 2 1% 3 2% 2 1% 精神障害 5 3% 9 5% 14 7% 4 2% リビドー減退 2 1% 7 4% 9 5% 4 2% 胃腸障害 8 4% 3 2% 6 3% 4 2% 腹痛 2 1% 0 3 2% 0 臨床検査 5 3% 4 2% 6 3% 5 3% 精液量減少 0 0 3 2% 2 1% 感染症および寄生虫症 0 1 <1% 1 <1% 3 2% 鼻咽頭炎 0 1 <1% 0 3 2% 成分含有量が増えたからといって必ずしも副作用発現率が増えるわけではないとことを示した好例といえるかもしれません。 最後に、ミノキシジルタブレットの副作用を考える上で最も参考になるであろうリアップの臨床試験を見てみます。 出典: ここではミノキシジル1%の副作用発現率が5. 3%なのに対し、5%は8. 含有量5倍に対し副作用発現率はおよそ1. 6倍ということになるでしょうか。 フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル外用薬の副作用発現率を見るに、ミノキシジルタブレットの含有量が2倍になったからといって副作用の発現率も2倍になるということは考えにくい。 多くの発毛剤が5倍の含有量で1. 5~3倍程度副作用発現率という事実から、2. 5mgと10mgのミノキシジルタブレットの副作用発現率の差は1. 5~2倍程度と推測されます。 しかしこれは数字の上での話。 10mgを使う人の多くはすでに2. 5mgや5mgを使用しているケースが多くミノキシジルタブレットの副作用になれているため、10mgに増やしても副作用は変わらなかったと感じる人も。 実際私もこのパターンでした。 ミノキシジルの含有量に比例して効果・副作用発現率共に高くなるが、含有量に対してその差は小さいとみていいでしょう。 男性は基本的には2. 5mgから では、実際ミノキシジルタブレットはどの含有量を使用するべきなのか? 発毛剤の第一選択は一般的にプロペシア(フィナステリド)、もしくはリアップやカークランドなどのミノキシジル外用薬。 ゆえに多くの男性はこれらから使用を始めると思います。 それで満足いく効果が出なかった場合にはデュタステリド、もしくはミノキシジルタブレットを…という過程を辿るかと。 いきなりミノキシジルタブレットを試す人はそれほど多くないでしょう。 フィナステリドや塗りミノで効果が出なかった人がミノキシジルタブレットに行きつくわけですから、より高い効果を求めて5mgや10mgを使用したいと考えるかもしれません。 実際5mgから始める人が最も多いと推測されます。 しかしミノキシジル内服薬は副作用リスクもあるため、できることなら 2. 5mgから始めるべき。 時間と共にハゲが悪化するという焦りがあるのは理解できますが、まずは自分の体にミノキシジルが合うのかどうか試した方が無難。 5mgを購入して2分割するというのも手。 この方が2. 5mgを買うより安く済みますしね。 5mgで効果が出ない場合は少しずつ増やしていくようにしましょう。 10mgでも過度に恐れる必要はない? ミノキシジルタブレットの1日の限度量は10mgとなっています。 5mg、5mgと増やしていっても満足いく効果が得られなかった場合は最終的に10mgに行きつくことになるでしょう。 ただこの10mg、「限度量」という表現から「ものすごい大量」という印象を抱くかもしれませんが、それはあくまでも 髪の毛を生やす目的で使用するならという前提での話。 本来の使用方法である降圧剤としての限度量は1日50mg。 そう考えると発毛剤としての限度量10mgなど大したことがないように感じますよね。 ただ、前述したように薬というのは量が倍だからといって効果や副作用も倍になるわけではありません。 発毛剤としての限度量は降圧剤としてのそれに比べ5分の1だからといって副作用が5分の1にはならない。 もちろん効果も。 決して危険な薬ではないものの、発毛目的でミノキシジルタブレットを使う行為は本来の使い方から逸脱しているのも間違いないため、服用する量は可能な限り減らしておきたいもの。 女性のミノタブ使用は1. 25mgから 一方、女性の場合は少量でも十分な効果が得られるとされていますので、どんなに多くても2. 5mgに抑えたいところ。 初めて使用する場合は2. 5mgを2分割…つまり 1. 25mgから始めるべき。 これはめまいや動悸といった副作用を抑える目的に加え、男性以上に避けたいであろう 体毛が濃くなる副作用を懸念してのこと。 ミノキシジルで毛が生えるメカニズムは毛母細胞の活性化によるもの。 内服薬であるミノキシジルタブレットの場合その作用は全身に及ぶので、髪の毛と並行して体毛も濃くなる傾向にあります。 どの程度濃くなるかは個人差があるものの、発毛効果があればあるほど体毛も濃くなると見ていいでしょう。 とりあえず初期脱毛を乗り越え発毛を実感するであろう6ヶ月ほどは1. 25mgで様子を見て、効果や副作用の状況を踏まえ現状維持か2. 5mgに増やすかを判断するようにしてください。 実際にミノタブを使っている人の口コミ 副作用を考慮するならミノキシジルの含有量は少ないに越したことはありません。 とはいえミノタブを使用する目的はあくまでも髪の毛を生やすこと。 つまり副作用の有無にかかわらず生えなければ意味がない。 そうはいっても副作用が怖いのも確か。 ミノタブについて旺盛な書き込みが行われている2ちゃんねる(5ちゃんねる)から含有量や効果・副作用に言及している口コミをいくつか紹介しましょう。 ミノタブ5mgで満足な効果出ないやつは10飲め確実に5より増えるぞ。 全く効いてないやつは知らん 10mgを使用している猛者も多数いますが、やはり段階を経るべき。 5mgから10mgにしても副作用はほとんど変わらない、もしくは感じないという人もいれば、明らかに体調が悪くなったという人もいるので、こればかりは実際に試してみないと分からないというのが実情。 含有量によって価格はどの程度変わるか ここまで、ミノキシジルタブレットの含有量によってどの程度効果や副作用が変わるのかについて書いてきましたが、ここではお金の話もしておきましょう。 一部のAGAクリニックではミノキシジルタブレットを処方しているものの、クソ高いうえに価格もバラバラなので参考にならん。 というわけで、ここでは個人輸入での価格を掲載します。 商品名 含有量 内容量 価格 ノキシジルボトル5mg 5mg 100錠 2,435円 ノキシジルボトル10mg 10mg 100錠 3,270円 Lloyd社製2. 5mg 2. 5mg 100錠 3,400円 Lloyd社製5mg 5mg 100錠 3,700円 Lloyd社製10mg 10mg 100錠 4,000円 米国製2. 5mg 販売終了 2. 5mg 100錠 3,888円 米国製10mg 販売終了 10mg 100錠 5,886円 (2020年7月現在) 単純に安さを重視するならタイ製のノキシジルになりますが、会社の規模としてはフィリピンLloyd社の方が上。 とのセットであればかなり安くなるため、ノキシジルより信頼性が高いものを選びたい場合はこちらを。 最も信頼性が高いのは本場アメリカ製のものだが価格はお高めであるうえに2019年頃から取り扱いを終了する動きが広がっている。 選択肢を広げるという意味でアメリカ製は貴重な存在だったのですが… ミノキシジルの含有量による価格差は大きくない で、それぞれの含有量で価格を比較してみると、その差はそれほど大きくないことが見て取れると思います。 特に顕著なのがLloyd社製。 5mgが3,400円なのに対し、5mgがプラス300円、10mgがプラス600円とほとんど変わらん。 ゆえに面倒でなければ分割して使う方法もあり。 ただ、ピルカッターを用いたとしても完全に2等分するのは難しく毎日の服用量に多少のムラができてしまうため、使用の最初期に分割して2. 5mgや1. 25mgを試す場合を除き、1錠ずつ飲むのがベストなのは言うまでもありません。 ミノタブは何ミリがいいのか?のまとめ ミノキシジルタブレットの効果や副作用は個人差が大きいため、一概に「〇mgが良い」とは言い切ることはできません。 しかし、基準となる量というのであれば、 男性が5mg、 女性が2. 5mgであるのは間違いありません。 とはいえ5mgで思うような効果が出ない人も存在するので、そういった場合は副作用の状況を見ながら10mgを試してみてもいいでしょう。 2ちゃんねる(5ちゃんねる)のスレを見ていると1日20mgや30mgを使っているとのたまう人間がいますが、これは絶対におすすめしません。 そもそもネタである可能性も高いし。 ミノキシジルタブレットは2017年に策定された男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインにおいて、ほとんど検証されていない副作用への懸念から「行うべきではない」という評価を得るなど、必ずしも万人におすすめできる薬ではありません。 しかし、これで髪の毛が生えたという人は膨大な数に上り、海外製のミノキシジルタブレットを処方しているAGAクリニックも多数存在するのも事実。 安心感はあるが割高になる医師の処方、圧倒的な安さを誇る個人輸入どちらを選択するかは個々の価値観に委ねますが、発毛を急ぐあまり含有量の多いものを最初から使うようなことは避けてください。

次の

薄毛治療薬は危険!全身毛だらけ、寿命短縮、勃起不全、乳房肥大の副作用

ミノタブ ed

日本でもバイアグラは一時、大変な話題になりましたが過去には個人輸入代行業者を介してバイアグラを入手されていたケースが大変多くありました。 医療機関で併用禁忌や使用上の注意点などの説明を受けていないため服用量を守らず併用禁忌薬と併用してしまい重篤な副作用が発生する事例が急増しその中には心肺停止の事例もおきています。 バイアグラの有効成分は「シルデナフィル」ですがED薬以外にも国に難病指定されている肺動脈性肺高血圧症の治療薬の「レバチオ」にも含まれていますがレバチオもバイアグラと同等量のシルデナフィルを20mg含んでいます。 ミノキシジルタブレット(正式名 ロニテン)を服用されているようですがこの薬は育毛薬として認可されている国は1国もなく血圧降圧剤としてしか認可されていません。 それにミノキシジルタブレットについて日本の育毛専門病院で処方している医師や輸入代行業者はそのことも十分理解しておらず、この薬の使用上注意にも育毛薬としての記述は一切なく、それどころかロニテンを服用する際に必須とされている併用薬や服用前や服用開始後に必ず行うようにと推奨されている検査もおこなっていません。 製薬会社の注意書きに明記されて内容も熟知していない以上、併用禁忌薬も周知していないと思いますがミノキシジルタブレットとバイアグラは併用しないほうが良いと思います。 ミノキシジルタブレットは育毛薬として2年間の治験がおこなわれたましたが服用することに対しての効果が限定的であることや浮腫みや体毛増加ではなく胸水によって心臓機能の低下が問題となり、却下されました。 ロニテンを開発したファイザー製薬の医薬品各条(医薬品の説明書)には育毛薬や頭髪の成長という記述は一切されておらず、本来の血圧抑制剤として服用する場合において体毛の中でも顔の体毛の増加が見られると書かれています。 顔の産毛、特に眉と眉の間や眉からの生え際の間の毛(毛髪ではなく、体毛)が増加する事例がみられるともかかれています。 この副産物的、影響により、薄毛箇所に産毛が生えた可能性はありますがこれはあくまでも頭髪にように長く成長する訳ではなく、これ以外の腕や足の体毛も増加することが記載されています。 これらの症状は服用を中止すれば抜け落ちると書かれており、血圧降圧剤として長期服用された治験において得られたデータとして半年ほど経過した時点で服用開始後に増加した体毛が落ち着いてくるということは医療関係や薬剤師が目にする医薬品各条に記載されています。 体毛の増加は日本でも知られていますが一番の問題は浮腫みです。 排泄機能が低下することで水分が排泄できず、一般的には顔や瞼の浮腫みは知られていますが問題は肺や心臓に溜まる水で心臓機能の低下が生じる恐れがあるといわれています。 どこでミノキシジルタブレットを入手されたかわかりませんが服用前や服用中の血液検査や月に一度のエコー検査に必須とされる併用薬を必ず服用するよう書かれていますが質問者様が病院で処方を受けたとしても検査も行わず、併用薬の処方も受けていないと思います。 またロニテンを服用されているとのことですがプロペシアなどのフィナステリド製剤は服用されていませんか?もし服用されているようであればEDの原因はそこにある可能性が高いです。 プロペシアの副作用として精力減退やED,生殖器の萎縮、睾丸痛などが一般的ですがそれ以外にも集中力の散漫や記憶力の低下、倦怠感も報告されています。 プロペシアの副作用を訴える患者会も存在し、さらにポストフィナステリドシンドローム(フィナステリド症候群)財団が設立され、医療従事様や研究機関がメンバーとなっています。 日本の医療機関などを管轄する厚生労働省に当たる、米国食品医薬局(FDA)は2011年にプロペシアの副作用についての注意書きを追記するようプロペシアの主成分であるフィナステリドを原料として医薬品を製造する製薬会社に通知を出したほどです。 プロペシアには副作用がないと日本では考えられていたり、そのような説明をしている医師もいますが2014年3月にプロペシアを日本で製造する日本MSDの使用上注意にもプロペシアの服用を中止しても精力減退やED症状が続くという報告があると記載されました。 ポストフィナステリドシンドロームの最大の問題は薬の服用中だけ上記のような症状が出るだけではなく、服用を中止しても上記症状が継続する恐れがあり、副作用ではなく、後遺症として症状が残る可能性があることです。 プロペシアは日本の医師は髪が生え戻る薬のような説明をしていますが正確には臨床試験によっても髪が生え戻るほどの改善を遂げられたのは132人中、0. 8%程度で大半の86%以上の方は軽度の改善または不変(変化なし)という結果でした。 そのため、この薬が開発され、日本よりも7年前に処方が開始したアメリカを含めた海外では正確には「抜け毛予防」または「髪のハリの改善」をさせる薬という説明を医師がしています。 実際プロペシアでは髪が生え戻るというまでの効果を得られるのは100人中、一人以下です。 そこにミノキシジルタブレットを追加いただいても劇的な改善を得られません。 それにも関わらず、服用へのリスクがあることが周知されていません。 似たようなご質問が過去に回答をしたのですが、その中でよりをミノキシジルタブレットやプロペシアの具体的な内容について書いた知恵ノートを掲載していますのでよかったら参考にしてください。 最近、育毛医療機関で推奨しているHARG療法や育毛メソセラピーのような針をつかった育毛剤の導入法は医学的に育毛を医療レベルで研究や開発をしている海外の毛髪学の研究者の間では効果や安全性が十分検証されていないので育毛剤の導入法として安易に使用するべきではないと発表しています。 塗るよりも飲む。 飲むよりも打つという方法が有効かとお考えかもしれませんがエレクトロポレーションという電界導入法があり、これは針を使わずに育毛剤を頭皮に導入できる方法です。 育毛剤を単体塗布するよりも70倍の浸透能力があることが証明されており、日本では育毛剤導入装置として認可を受けて機器があります。 家庭用タイプも販売されているのですがこれをご自宅でお使いいただくのも改善法の一つです。 成長因子の研究の中で特定のグロースファクターは発毛成長因子であるということが海外では実証されています。 この中でも一定の成分量が配合されている育毛剤を併用いただくと回復効果が期待できます。 育毛病院や輸入代行会社で出回っているミノキシジルタブレットやプロペシアなどのジェネリック薬の危険性を今回の週刊文春でも取り上げていましたがミノキシジルタブレットやプロペシアの副作用のリスク。 HARG療法の問題点やご自宅でもご利用いただける育毛用エレクトロポレーションとグロースファクターの説明をしている知恵ノートですが生え際をご自分でケアされ、ミノキシジルタブレットやプロペシアを使用せずの回復例もご紹介しています。 ミノキシジルタブレットやプロペシアなどのジェネリック薬の医薬品としてのリスクの報道 服用薬の育毛薬や針をつかった育毛法が日本の主軸の育毛法として紹介されていますが30年の毛髪学という専門分野の研究が進んでいる海外であるからこそ世界的に育毛効果が承認されたミノキシジルやプロペシアが開発されたり、日本ではまだ周知されていない低出力レーザーも新たな育毛法として治験を経て低出力レーザーは一般的な医薬品でも行われるテストとして二重盲検試験(ダブルブラインドテスト)によりAGA型脱毛への育毛効果が確認され、ミノキシジルやプロペシアについで初めて認可され、現在では96カ国以上で認可されています。 日本では低出力レーザーの育毛効果があまり知られていませんが2010年に認可されてからもそれを裏付ける研究発表がいくつもされていますがプロペシアではDHTの影響を抑制するとされていますが低出力レーザーはATPの増加も確認されており、抜け毛の抑制や髪のハリの改善だけではなく、髪が生えだすという効果まで確認されています 年6回発行されるAmerican Journal of Clinical Dermatology (米臨床皮膚医学ジャーナル)の2014年の最新号にも低出力レーザーの育毛効果や臨床データが紹介されています。 世界でも権威のある臨床皮膚医学ジャーナルです FDAに認可された低出力レーザー器はプロペシアの代替案としても推奨させるようになりました。 ハーバードメディカルスクールの可視光線医療専門のウェルマンセンターマサチューセッツ病院が低出力レーザーのAGA型脱毛や円形脱毛症に対しての育毛効果についての学術発表が行われ、髪の生成が活発化されると結論を出しています。 全米皮膚科学会や国際毛髪臨床学会(ISHRS)は世界中の育毛に携わる専門医が所属している学会でその中でも低出力レーザーについては育毛効果を学会HPに掲載しています。 添付した画像は低出力レーザーをご自身でケアをした回復例の一つです。 より具体的な育毛法にご興味があれば以下のプロフィールより具体的な内容を紹介しているブログをご覧いただけるのでご興味があればそちらをご覧ください。

次の

薄毛治療薬は危険!全身毛だらけ、寿命短縮、勃起不全、乳房肥大の副作用

ミノタブ ed

ミノタブはどんな医薬品? 男性の薄毛治療や育毛治療に効果があるミノキシジルという成分を錠剤にしたものがいわゆるミノタブです。 ここでは、ミノタブが治療方法としてどの程度有効であるのかをご説明します。 ミノタブの有効成分と作用 ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)は、発毛効果が認められている医薬品です。 有効成分はミノキシジルですが、これはもともとミノキシジルは高血圧症の治療薬として利用されていました。 ミノキシジルを服用していた高血圧症の患者に多毛症が見られたため、その後育毛剤として開発が進みました。 ミノキシジルは、外用薬として頭皮に塗るタイプのものが知られていますが、頭皮からの吸収率は優れているとは言えません。 ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は内服薬として、直接体内に効率よく吸収することができるのがその特徴です。 育毛成分のミノキシジルの作用は、他の育毛剤と比較しても圧倒的に高いと言われています。 髪の毛には発毛サイクルがあります。 髪の毛の一生は長く、生まれてから成長が止まるまでは2~6年ほどと言われています。 そのあと髪の成長の勢いは弱まり、数か月休止期を挟んで新しい毛に生え変わるというサイクルがあります。 男性にありがちな脱毛や薄毛は、髪の成長期に至らず、そのまま退行し休止してしまうことが原因ですが、ミノキシジルは髪を成長期に移行する作用を促します。 ジェネリック育毛剤はある? どんな薬でもお安く手に入れたいものです。 そんなとき、耳にするのがジェネリック医薬品です。 医薬品の中でも製薬メーカーが開発した正規品だと高額になりがちですが、特許が切れた後、他の製薬メーカーが開発した同成分の薬であれば、同じ作用で価格だけ安くてにいれることができます。 これがいわゆる、ジェネリックです。 ミノタブは、ミノキシジル内服薬である「ロニテン」が先発医薬品です。 しかし、この特許はすでに切れていますので、いろいろな製薬会社が同成分のミノキシジルを含有した内服薬を発売しています。 ですから、現在手に入るミノキシジルタブレットのうち「ロニテン」以外はすべてジェネリック医薬品だということですね。 ミノタブは1箱に100錠入りで1錠あたり5mg~10mgのミノキシジル含有で、価格は3000~6000円のものが一般的です。 スポンサーリンク ミノタブの治療効果 ミノタブは医薬品として優れた治療効果を発揮します。 一方で服用方法を間違えると危険な副作用も存在します。 ここでは、ミノタブの薄毛治療・脱毛予防の効果と、副作用について解説します。 髪の毛に対しての作用 ミノタブは、血管を拡張して血流を増やすことで、髪の細胞分裂(毛母細胞の分裂)を促し、その成長を早めることができます。 弱っていた髪の毛は太くなり、生えてこれなかった髪の毛を速やかに成長させることができます。 AGA治療、壮年性脱毛症の治療や、発毛、育毛、脱毛の予防効果が期待できます。 頭皮に塗布する外用剤と比べれば、即効性があります。 使用開始から数週間ほどで、抜け毛が減ったり、産毛が生えてくるのを実感できるのが大きなメリットです。 どんな症状に治療効果がある? 効果があるとされるのは薄毛の症状のひとつ男性型脱毛症(AGA です。 ミノタブはこの男性ホルモンに直接働きかけるわけではないのですが、血管の拡張によって毛母細胞が活性化するので、結果的にAGAを改善する効果が見込めます。 また、他の内服薬と違って、ミノタブは女性が服用することもできる数少ない薬です。 スポンサーリンク 効果の期待できる部位と副作用 男性型脱毛全般に効果があるので、部位を問わず効果があるのですが、とりわけつむじ、頭頂部の効果は強く実感できます。 頭頂部の薄毛は知らない間に進行しやすいため、人に指摘されて初めて気づく方も多いかもしれません。 いわゆる頭頂部ハゲを改善したい方は、このミノタブのメリットを実感できるでしょう。 また、M字ハゲ(生え際や、額からゆっくりと進行していく薄毛)への効果も見込めます。 頭皮に塗布するタイプのミノキシジル外用薬であれば、生え際への効果はあまり期待できないのですが、ミノタブであれば生え際でも効果はあります。 ただ、生え際の薄毛については遺伝の要素が強く出る部位であり、男性ホルモンの影響が濃く表れる場所です。 生え際についてとりわけ薄毛対策を考えられているのであれば、フィナステリドなどの併用や、クリニック治療をお勧めします。 副作用はあるの? 即効性や強力な発毛作用がミノタブですが、副作用はどうなっているのでしょうか。 もともとミノキシジルは高血圧の患者に対して降圧剤・血管拡張剤の薬として開発された経緯から、血管拡張作用があります。 循環器系への働きが強いため、それが副作用となって現れる可能性があります。 頻脈、動悸、息切れなどが主なものになります。 また、使用してからしばらくして、顔もむくみ、顔や首のかゆみが現れる場合もあります。 それ以外にも、全身の多毛症、体重の増加、肝機能の障害、狭心症などの症状が現れる場合があります。 初期脱毛 また、副作用ではありませんが初期脱毛という症状があります。 ミノタブを使用し始めてから10日から一か月で髪の毛が多く抜けてしまう現象です。 これは成長、退行、休止という生えては抜ける発毛サイクルの過程で、抜ける手間の休止中の髪が、新しく生えてきた髪の毛によって押し出されて抜けていく現象です。 初期脱毛自体は、ミノタブの効果を実感できる過程なので、前向きに捉えてよいでしょう。 副作用には個人差がありますので、ミノタブを服用するときには少量から試して体がどのように反応するかを見ていくほうが良いでしょう。 危険性がどの程度のものか判断がつかない場合や不安な場合はAGA専門クリニックの医師に服用の相談をするほうが安心です。 ちなみに日本を含めて先進諸外国において、ミノタブは未認可の医薬品です。 これは副作用が懸念されるためです。 同じミノキシジルを使った外用薬であれば、認可されて薬局などでも販売されていて、日本であれば「リアップ」や「ロゲイン」が有名でしょう。 ただ、注意なのですが、未認可というのは厚生労働省が指定する「保険診療」の中で認可されていないという意味で、それ自体を使用してはいけない、という意味ではもちろんありません。 診療には、いわゆる保険が適用される「保険診療」と保険のきかない「自由診療」があります。 ミノタブを病院で入手したい場合は、後者の自由診療のクリニックで主に処方してもらうことができます。 スポンサーリンク ミノタブの使用方法 ミノタブを育毛クリニックや発毛専門クリニックなどで処方してもらう際には服用方法を医師から聞くことができると思いますが、個人輸入などで手に入れる場合はその服用方法を確認しなければなりません。 ここでは、一般的なミノタブの服用方法を見ていきたいと思います。 一般的な使用方法 ミノタブの服用は1日に、朝と夜の2回が一般的です。 1回あたりの量は2mgから10mgまで、その錠剤によって変わってきますが、最初は少ない量から試すのが良いようです。 目安として5mg以下から始めるのがよいでしょう。 錠剤を半分に切るためのピルカッターがあれば、10mgのミノタブでも半量から始めることができます。 なお、ミノタブを服用するときは必ず水・ぬるま湯での服用を行ってください。 飲み始めてから1か月ほどで変化を感じられるようですが、初期脱毛などの経過を経た場合、たしかな効果を実感できる服用期間は半年とも言われています。 飲んですぐ生えたからすぐやめる、というものではなく、ある程度の期間、長く付き合っていくつもりでミノタブを服用したほうが良いでしょう。 使用上の注意 服用には禁忌があります。 1つはアルコールです。 ミノタブは降圧剤であり血管を拡張させる作用があります。 アルコールとの同時摂取で、急激な低血圧を引き起こす可能性がありますので避けましょう。 同様に、ED治療のバイアグラもまた、併用することで急激な血圧低下を招くので同時服用は厳禁です。 また、風邪薬などに含まれている解熱鎮痛作用のある「ブルフェン」「イブプロフェン」も重大な副作用を起こす可能性があります。 ミノタブを服用しているのであれば風邪薬の服用は絶対に避けましょう。 もし、ミノタブ服用中に別の理由で病院に行く場合には、ミノタブを服用していることを医師に告げておいたほうがよいでしょう。 スポンサーリンク 他の育毛治療薬との比較 AGA治療において、ミノキシジルのみが唯一の有効成分というわけではありません。 同時併用ができる他の育毛内服薬もありますので、こちらも確認してみましょう。 毛を強くするプロペシア プロペシアは、脱毛を防ぎ、毛を強くする効果があります。 もともとはプロスカーという商品で前立腺の治療薬として利用されてきましたが、今ではAGA治療薬として販売されています。 主成分はフィナステリドです。 AGA(男性型脱毛症)の原因は、男性ホルモンですが、テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン)がつくられる、その過程を阻害する薬です。 発毛サイクルでは成長、退行、休止というプロセスを経るのですが、プロペシアはAGAで短縮されがちな髪の成長期間を正常の長さに戻す働きをします。 この点では、成長期への移行を促すミノタブとは作用機序が異なります。 したがって、プロペシアとミノタブを両方とも利用して育毛・発毛を促せばより大きな効果が期待できると言えます。 なお、プロペシアに特別な禁忌はありませんが、女性に対しては使用できませんので注意が必要です。 なお、フィンペシアという製品もあります。 こちらはインドで製造されている同じ成分の医薬品です。 プロペシアの特許が切れていないため、フィンペシアをジェネリック医薬品と分類することはできませんが、プロペアシアより価格が安いため、選ばれることもあります。 抜け毛を防ぐザガーロ ザガーロは抜け毛を防いでくれる薬です。 主成分はデュタステリドで2016年にAGA治療薬として日本で認可されたばかりの薬です。 この薬の製造元はイギリスのグラクソ・スミスクライン社、世界的に有名な製薬会社ですね。 これはプロペシアと同じ働きですが、その働きがプロペシアより強力だと言われています。 男性ホルモンの関与が大きい生え際や頭頂部の抜け毛に対して効果があると言われています。 ミノタブは血管拡張作用によって髪の毛の成長期への移行を促すのがその効果でしたが、ザガーロはプロペシアと同様、抜ける原因そのものに作用します。 ザガーロの副作用 そのような性質のザガーロにも副作用があります。 主なものとして、男性機能への低下、ED(勃起不全)、倦怠感が挙げられます。 男性機能のうち、勃起不全、性欲減退、射精障害などが見られ、この副作用のリスクはプロペシアと比べてやや高くなっている、という指摘と、これについては測定誤差の範囲であり実質的なリスクの差はないとする指摘があり、はっきりしていませんが、ザガーロの副作用が強い、というわけではないようです。 ちなみに、同じ製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社が発売しているアボダートという薬品があります。 これはアガーロと同成分なのですが、こちらについては日本で認可されていません。 また、同成分でアボルブという薬品もありますが、それは前立腺肥大の薬品として承認された際の名前です。 中身が同じでも、役割によって名前が変わるのでややこしいですが、日本ではザガーロがAGA治療薬として承認されているので、こちらを選んでおけば安心でしょう。 なお、プロペシアと同様、ザガーロもミノタブとの併用が可能です。 併用すれば、それぞれの効果を補いながらより強力に発毛や育毛を促してくれます。 スポンサーリンク ミノタブを手に入れる方法 すでに何度か触れましたがミノタブは個人で手に入れることができます。 個人輸入する方法と、クリニックで処方してもらう方法がありますので、見ていきましょう。 ミノタブを個人輸入代行する AGA専門クリニック等で受診する時間がない方や、通うのが面倒な場合は、手っ取り早くインターネットを通じて海外から個人輸入することができます。 個人輸入代行業者に注文する手続き自体は、普通の通販サイトで商品を購入する手続きと変わりませんので、手軽に取り寄せることができます。 また、クリニック等で診療費がかかることを考えれば、こちらのほうが安く手に入れられるので、費用を抑えたい方にはオススメです。 ミノタブをクリニックで処方してもらう 個人輸入の場合だと、偽物をつかまされる可能性もないとは言えません。 その点、クリニックで処方してもらえれば正規品のミノタブを手に入れることができるでしょう。 また、ミノタブを自己判断で服用するよりも、他のAGA治療薬などと併用したり、ケアや診療を受けて、適切な治療方法を判断してくれるのが、クリニックのメリットです。 費用が高くつく場合もありますが、治療効果と安全性を優先する場合はクリニックで診断してもらい、ミノタブを処方してもらうほうが安心ではないでしょうか。 スポンサーリンク まとめ さて、いかがでしたでしょうか。 今回は、脱毛予防、育毛、発毛に効果のある医薬品、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)について解説しました。 ミノタブは薬品としてたしかな薄毛治療・育毛治療効果が期待できる反面、薬局で気軽に買えるものではなく、個人輸入を通して手に入れるか、AGA専門クリニック等で処方してもらう必要がありました。 頭に直接塗布する外用薬は同じミノキシジルを含んでいても、その効果が必ずしも期待できない場合がありますので、手っ取り早く効果を感じたい場合はやはり内服薬がよいでしょう。 ミノタブは現在、副作用の関係で内服薬としてはまだ認可されませんが、いずれデメリットが解決されて気軽に手に入れられればありがたいですよね。 それまでは、ミノタブ以外にも今回ご紹介したプロペシアやザガーロなど、薄毛や抜け毛に効果のある薬は他にもありますので、併用したり切り替えたりしながら薄毛対策をばっちりしていきましょう! 関連記事としてこちらの記事も読んで参考にしてみてください。 ・ ・ ・.

次の