電気ヒーター おすすめ。 【完全版】水槽用ヒーターのすべて!おすすめ商品、電気代、置き方も!

【完全版】水槽用ヒーターのすべて!おすすめ商品、電気代、置き方も!

電気ヒーター おすすめ

通常の暖炉は薪の準備や換気が大変ですが、暖炉型ヒーターなら、気軽に暖炉の癒し効果を得ることができますよね。 また、小さなお子さんやペットがいるご家庭では火に近づかないか心配ですが、電気式の暖炉型ヒーターなら安心して使用できるのも大きなメリットと言えるでしょう。 重厚感のあるヴィンテージ調のデザインが魅力の暖炉型ヒーター。 幅51. 5cmと少し大きめのサイズなので、リビングやダイニックルームなど広いお部屋にも適しています。 下からの温風で体の芯まで温まり、火を使わないので空気が汚れません。 温風を出さず疑似炎だけ灯すこともできるため、お部屋のインテリアとしても重宝するでしょう。 アンティーク調のデザインが魅力の暖炉型ヒーターは多数発売されていますが、その中でも 重厚感と高級感のあるおしゃれなデザインを探している方には特におすすめです。 疑似炎 - 炎演出のみの使用 可 タイプ 置き型 サイズ 幅51. アンティーク調のおしゃれなデザインが魅力! 長方形のシンプルなデザイン!1人暮らしのお部屋にもおすすめ 転倒オフスイッチ搭載。 倒れると自動で停止する スタイリッシュでモダンなデザイン。 小さなお部屋でも圧迫... 側面から炎を見ることもできる三面ガラス。 加湿機能付き 手元を温めるミニマルなデザイン。 卓上用におすすめ インテリアとしての使用も可能なレトロなデザイン リアルな炎の表現を楽しめる。 加湿機能も搭載 レトロな雰囲気が魅力。 炎のみの運転もOK 最安値 疑似炎 - ハロゲン電球 - - - - - - LED LED 炎演出のみの使用 可 可 - 可 可 可 - 可 可 可 タイプ 置き型 置き型 置き型 置き型 置き型 置き型 置き型 置き型 置き型 置き型 サイズ 幅51. 5cm 幅36. 2cm 幅101.

次の

電気ストーブのおすすめモデル22選。人気メーカーと機種を比較

電気ヒーター おすすめ

出典: セラミックファンヒーターの中には人感センサーが付いているものがあります。 人感センサーは、近くに人がいることを感知して自動的にスイッチを入れたり、人がいなくなったら自動で電源を切ったりする機能です。 省エネにも繋がりますし、切り忘れがあっても安心です。 室温センサー付き 室温センサーは、セラミックファンヒーターを置いている部屋の室温を感知して、自動で温度の調節をする機能です。 設定した温度まで部屋の温度が上がれば、自動的に風量を弱くしたりもできます。 強い風量でのつけっぱなしを防ぐので電気代の節約にもなります。 湿度センサー付き セラミックファンヒーターの中には、室内の湿度を感知するものもあります。 湿度が低くなると、必要に応じて加湿をしてくれる商品もあり、冬場の乾燥を防ぐことができます。 付属機能で選ぶ 出典: セラミックファンヒーターには、暖房機能以外に空気清浄機能や消臭機能がついている商品もあります。 一台で部屋の環境を整えたい方には多機能の製品がおすすめです。 セラミックファンヒーターの効率的な使い方 部屋の隙間を無くす セラミックファンヒーターは隙間から入ってくる冷たい風を少なくするだけでも、体感できる効果が上がりやすいです。 窓の周りに断熱材などを使って、隙間を無くすと部屋を暖かい空気で満たすことができます。 他の暖房器具と併用する エアコンやストーブなどと併用することで、セラミックファンヒーターをより効果的に使うことができます。 エアコンで部屋全体を少し暖めておけば、セラミックファンヒーターで暖かい空気を循環させることができます。 特に、広い部屋の場合はセラミックファンヒーターだけでは、暖まるのに時間がかかる場合があるので、組み合わせることで効率的に使用することができます。 セラミックファンヒーターの主なメーカー シャープ 家電全般を取り扱っている老舗家電メーカーです。 冷蔵庫などにも搭載されているプラズマクラスターという独自の空気清浄機能があります。 ヒーターにもプラズマクラスターを搭載し、空気の除菌や消臭も可能な商品が売り出されています。 パナソニック 生活家電全般を扱うパナソニックのセラミックファンヒーターは、コンパクトサイズなのにパワフルな温風が出るものや、縦、横どちらにもおけるタイプのもの、加湿器付きなどのタイプがあります。 山善 生活全般の家電やアイテムを扱うメーカーです。 セラミックファンヒーターには、加湿器付きのものや消臭効果のあるもの、人感センサーがついたものがあり、比較的安価な商品が多いです。 セラミックファンヒーターのおすすめ7選.

次の

電気ストーブのおすすめモデル22選。人気メーカーと機種を比較

電気ヒーター おすすめ

暖房選びは、ここがポイント。 暖房器具にはたくさんの種類がありますが、どれか1つだけで済ますのは現実的ではありません。 ワンルームで一人暮らしならともかく、戸建て住宅やファミリー向けマンションだと複数の暖房器具を組み合わせるのが現実的。 そのために、家全体の暖房計画を考えましょう。 エアコンには、必ず「何畳用」といった表示があります。 ファンヒーターも木造〇畳、コンクリート〇畳といった目安があります。 これを守らないと、十分に温まらないだけでなく、余計な電気代がかかったり、器具の寿命を縮めることもあります。 北海道と九州では冷え方がまったく違います。 この記事は、関東や関西の住宅地を目安に書いています。 寒冷地では、それぞれの地域にあった器具を使ってください。 また、新築マンションと築50年の木造アパート、ツーバイフォー住宅と古民家では、気密性や断熱性が大きく異なります。 当然、必要とされる機能や能力が違ってきます。 それぞれの器具で代表的な製品を1台ずつ紹介していますが、上記のように最適な機種は人それぞれ。 「どうせ買うなら良いものを」という人には、便利機能が満載の上位モデルがありますし、「コスパ重視」という人にはシンプルでお求めやすい製品もあります。 家電量販店で、じっくり比較してみてください。 エアコンのおすすめ 今の住宅に最も合った暖房器具の主役 エアコンというと冷房機器というイメージがありますが、今は暖房器具としても主役です。 築20~30年以内の住宅なら、戸建てでもマンションでも十分な断熱性があるし、最初からエアコンを設置することを想定して設計されているはず。 まず、エアコンで部屋全体を暖めて、必要に応じて補助的な暖房器具を追加するといいでしょう。 電気ストーブのおすすめ 手軽で便利、補助的な暖房器具に最適。 縦または横に1~3本のヒーター管がある器具を電気ストーブといいます。 セラミックファンヒーターとは別モノです。 基本的には、ヒーター管の中にニクロム線が入っていて、それが電気で発熱します。 また、発熱に伴って遠赤外線が出て、この遠赤外線を受けることで体の中から暖かさを感じます。 今は、よりたくさんの遠赤外線が出るようにヒーター管を工夫した製品が増えています。 これらは、カーボンヒーター、グラファイトヒーター、シーズヒーターなどと呼ばれていますが、すべて電気ストーブの仲間です。 電気ストーブは、部屋を暖める力は弱いので、足元などに置く補助的な器具と考えるほうがいいでしょう。 詳しくは、こちらの記事()を参照してください。 その他のおすすめ まだまだあるある、電気を使う暖房器具。 机の足もとに置いたり、洗面所やトイレなど一時的に使う場所を暖めるといった用途に使われます。 本体(フィン)の中にオイル(油)が入っていて、そのオイルを電気で温めます。 そして、オイルの熱がじんわりと室内の空気を暖めてくれます。 安全性が高く、換気がいらないのがメリット。 一方、ゆっくり暖める器具なので即暖性はありません。 また、一般的な電気契約だと電気代がかかります。 詳しくは、こちらの記事()を参照してください。 もちろん、今は電気こたつです。 発熱体の部分だけ交換することもできます。 床暖房を導入するのは大変ですが、これなら手軽です。 一般的には2~3畳相当の製品がよく売れていますが、キッチンや机の下に置くマット状の小型タイプもあります。 また、膝掛けとして使える製品もあります。 中に伝導線が入っているので、折り曲げて使えるか注意してください。 使用目的に合った製品を選びましょう。 消費電力が少ないので、エアコン等で寝室全体を暖めるより効率的だと思います。 まとめ 最初にも書いたように、1つの器具で家全体を暖めるのは現実的ではありません。 また、1つの部屋の中でも、複数の暖房器具を組み合わせる方が快適で省エネにもなると思います。 具体的には、 エアコンで部屋全体を暖めて、足元が寒いといった場合は電気ストーブを補助的に使うのがベストだと思います。 私(高山)も、こうしています。 電気ストーブの代わりに、小型のセラミックファンヒーターやマット型のホットカーペットを使うのもいいでしょう。 ただ、間取りによってはエアコンを付けられない部屋もあるし、古い家だとエアコンの効きが悪いこともあります。 そんなとき検討されるのが、石油ファンヒーターやガスファンヒーターです。 ところが、この2つは暖房効果は高いのですが使用条件のハードルが高い。 そこで、電気で暖める器具を買いに来るお客様が多いのですが、残念ながら石油やガスほど暖かくないし、電気代もかかります。 半面、電気で温める器具は安全性が高いし換気も少なくてすみます。 とはいえ、電気ストーブでも火災は起きますし、人が暮らしていれば換気は必要です。 結局、完ぺきな製品はありません。 暖房器具を買いに行く前に、家全体を見渡して、どこにどんな器具があると心地いいか考えておくといいでしょう。 高山とほ(プロダクトライター) 約5年に渡って家電量販店の店頭に立ち、いろいろなお客様に対応した経験から「それぞれのお客様にとって最適な製品を選ぶポイントを的確に伝える」ことをモットーにしているモノ派のライター。 学生時代に工業デザインを学び、日本製家電の黄金期に郷愁を感じる世代。 アウトドアを好み、道具にはこだわるほう。

次の