スーパー リーグ ライチュウ。 【ポケモンGO】ダーテングは使える?スーパーリーグとハイパーリーグでの使い道を考察【PVP】

[ポケモンGO]ブラッキー・スーパーリーグ用の技と対策ポケモン。大負けしない安定感が最大の魅力

スーパー リーグ ライチュウ

アローラライチュウが使ってくる技 GOバトルリーグ・トレーナーバトルで使ってくる技です。 数値はバトル用です。 通常技• でんき ボルトチェンジ(12)• でんき スパーク(4)• でんき でんきショック(3) アローラライチュウの通常技は、3つ全てでんき技。 でんき かみなりパンチ(55)ゲージ2• でんき ワイルドボルト(90)ゲージ2• 注意しましょう。 アローラライチュウの個体値を厳選するなら! アローラライチュウの 一番強い個体値は下記。 攻撃1/防御15/HP15の CP1496(Lv24. GOバトルリーグについては下記記事をご覧ください。 勝ちたいポケモン・勝てる技を持ってないポケモンがいたら持ってるトレーナーと交換して貰いましょう! ポケモン強化に必要な星の砂は、・・などで稼ぎましょう! 参照 以上、ポケモンGO GOバトルリーグで対戦する アローラライチュウについて、弱点や技、勝てるポケモンでした。

次の

【スーパーリーグ】アローラライチュウ強くない?

スーパー リーグ ライチュウ

GOバトルリーグシーズン1 スーパーリーグで対戦したポケモン一覧 — ポケモン 選出数 初手選出数 初手選出率 1 マリルリ 61 9 14. そのため、完璧な対策を立てることは正直難しいですが、 上記一覧での選出数10を超えるような採用率上位のポケモンは最低でも意識しておくことが勝率を上げるポイントかと思います。 そのポケモンのタイプやステータス(耐久型なのか攻撃型なのか)や覚えている技を頭に入れておき、自身のパーティーにおいての最適行動を追求していくことが勝率を上げる(=レートを上げる)ことにつながるでしょう。 裏にマリルリがいることは意識しておく 選出数トップのスーパーリーグの王者とも言うべきマリルリですが、実に3試合に1回は必ず相手をしている計算になりました。 しかし2位から5位のエアームド、レジスチル、チルタリス、ナマズンと比べると、 マリルリを初手で出してくる確率は極端に低いのは面白いところです。 多くのポケモンと互角以上に戦えるマリルリを控えに置いておくことで、初手で出し負けた際のクッション役として採用されるケースが多いと考えられます。 相手のパーティーでマリルリに対抗できるポケモンが実はマリルリしかいなく、こちらが出し負けたためマリルリに引いたら相手もマリルリを出してきた…なんて試合もよくありました。 そうした場合、対面を取るか、シールドアドバンテージを取るかの駆け引きでほぼイーブンに持っていくことができ、試合を捲る可能性も十分に生まれてきます。 他のポケモンの対処にマリルリを消耗してしまって、相手のマリルリに対処できないといったことが無いように、パーティー構築か立ち回りで対策をしていく必要があるでしょう。 今後の環境変化は? 今まで述べたデータ以外に、4月3日に実施された草タイプ技のアップデートや、マッギョやデンチュラの台頭などが環境にどのような変化をもたらすことになるでしょう。 システム面の調整が入ることで当初5月2日に予定されていたシーズン2の開催が5月12日まで延期され、それまでシーズン1が延長されるようです。 延長期間を活用して最後までレート上げに励むもよし、シーズン2に向けてのパーティー構築研究や環境調査に励むもよしです。 頑張っていきましょう。

次の

【ポケモンGO】スーパーリーグでアローラライチュウでなくデンチュラを採用する理由|Mr_noise|note

スーパー リーグ ライチュウ

耐久型のみずタイプポケモンとして優秀なシャワーズは、「 みずてっぽう&アクアテール」の技構成にすることで、素早くゲージ技が使用可能なトレーナーバトル向けポケモンとして活躍が可能。 捕獲時のCPが1,500を越えているためスーパーリーグでは使用できないものの、最近ほのおタイプが徐々に増えてきている ハイパーリーグでの活躍は十分に期待できます。 ハイパーリーグは4月11日の朝に終了してしまいますが、 5月から開催のGOバトルリーグシーズン2での戦力として今のうちに確保しておくのもアリ。 シャワーズを撃破するには最低でも2人は必要ですが、現在はレイドバトルに挑戦可能な距離が2倍に延長されているので、家や職場から届くジムにシャワーズが出現した際に家族や同僚などと一緒にプレイするというのもオススメです。 トゲチック ルンパッパは、GOバトルリーグのスーパーリーグやハイパーリーグでも活躍が可能。 通常技のはっぱカッターが非常に強力で、ステータスは平均的であるものの、弱点が 「どく」「ひこう」「むし」のみで、 「じめん」「はがね」と選出されやすい技やタイプに対して耐性を持っているので、実質的な耐久力はかなりのもの。 ゲージ技も 「ハイドロポンプ」「ソーラービーム」「れいとうビーム」と多彩なので、幅広い相手への抑止力としても強力。 通常だと作成難易度が高いポケモンなので、この機会にゲットしておくのがオススメですよ! 今回のレイドバトルラインナップは、スーパーリーグで強力に運用可能なポケモンが多いなという印象。 4月25日からは、GOバトルリーグの全リーグが解放される期間となるので、スーパーリーグをメインでプレイするつもりのトレーナーさんは、この機会に手持ちポケモンを充実させておくのがオススメ。 現在はレイドバトルに挑戦可能な距離が2倍に延長されているので、自宅や職場から家族や同僚と一緒に挑戦してみてくださいね! 【重要】イベントは開催されますが、人口密集地に行かない、をして手洗いうがいを徹底するなど、徹底した自衛を宜しくお願い致します。

次の