ヤロウ。 家事ヤロウ|ツナ缶そうめんの作り方レシピ

ヤロウの紹介。効能や育て方。使い方の参考も。

ヤロウ

Pick up• 【特集記事】紫陽花を飾る 素朴に美しく、インテリアにやさしく寄り添う。 紫陽花のドライフラワーの特集ページ。 【特集記事】富良野ラベンダー特集 富良野といえばラベンダー。 爽やかで優しい香りをお届け。 【New! 【New】ピオニー 幸せの花言葉*芍薬とアマランサスのリース• Category• About• Information• Link• ナチュラルなドライフラワーです。 リースやアレンジメントの差し色にぴったり。 もちろん壁につるしたり、フラワーベースやバスケットに活けたりインテリアやディスプレイ、 クラフトにもどうぞ。 多少、多かったり、少なかったりする事があります。

次の

自然と暮らす(ハーブ) ヤロウ

ヤロウ

原産地はヨーロッパで、ヨーロッパからアメリカまで世界中ほとんどの地域でみられる品種です。 ヤロウは比較的育てやすく、日当たりの良い場所で育ちます。 春から夏にかけて、白く小さな花をたくさん咲かせ、この時期に収穫された地上部がハーブとして利用されます。 ヤロウは、ギザギザしたノコギリのような葉をもつことから、「ミルフォイル(1000枚の葉)」とも呼ばれ、和名では「セイヨウノコギリソウ」と呼ばれています。 ヤロウのハーブは、さわやかさと甘さを合わせ持つ香りが特徴です。 ヨーロッパの国々では、若い葉がサラダなどに使われ、最近では、多くの花色の品種がみられ、ドライフラワーや切り花として親しまれています。 ヨーロッパでは、ヤロウの葉は悪霊を追い払う力があるとして、魔除けやお守りとしても利用されています。 ヤロウは、広い用途を持つことで有名で、消化不良やお腹の痛み、食欲不振、胃潰瘍など消化器の不調のときにはハーブティーとして使われています。 <豆知識>ヤロウの別名 フランス語でヤロウは、Herbe aux charpentiersといい、大工のハーブという意味を持ちます。 これは、ヤロウが傷口を固める効果があることから、指を多く怪我する大工が使用するハーブという意味を含んでいると考えられています。 またヤロウは「ノーズブリード」とも呼ばれますが、これは鼻血という意味があり、同様に止血薬として用いられていることから由来しています。 ヤロウの学名、Achilleaはギリシャ神話に由来しています。 ギリシャ神話によると、古代ギリシャの英雄、アキレスが賢明な人馬であるカイロンからヤロウの利点を教わり、トロイア戦争で兵士の手当てをしたという伝説から名づけられたとされています。 ヤロウは古くは薬用にし、明治の中頃日本に渡来して花壇の草花として植えられていた植物ですが、繁殖力が強いことから現在、一部が野生化しています。 スコットランドでは、伝統的な傷薬の軟膏がヤロウからつくられています。 モノテルペン炭化水素類やセスキテルペン炭化水素類には、炎症をしずめる作用があります。 酸化物類やモノテルペンアルコール類には、ウイルスの繁殖を抑制する作用があります。 また薬などとの相互作用や副作用は知られていませんが、ヤロウはキク科の植物であるため、キク科の植物に対してアレルギーがある人は注意して使用する必要があります。 主に浸出液や煎じ液、生の絞り汁の形で利用されています。 これには、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少が深く関わっています。 ヤロウは女性ホルモンに作用して月経を正常にし、更年期障害をやわらげる効果があります。 昔からヤロウは止血薬として使用されてきました。 洗浄した軽い傷にはヤロウをもんで包帯を巻いて用いられています。 ほかにも血液と関係する作用として、末梢血管を拡張し、血流をよくすることから血圧を下げる効果があるとされています。 この色は、抗ウイルス作用が強いカマズレンという成分を豊富に含んでいることによるものです。 そのため免疫力を高め、風邪の予防にも効果があります。 ヤロウは、発熱時や風邪のときによく使われ、、とブレンドして古くから使い続けられています。 発熱時にヤロウのハーブティーを熱いうちに飲むことで、汗をかいて熱を下げ、汗と一緒に体の毒素も出すことができます。 ヤロウの抗炎症作用は、肌荒れに効果的なので化粧品にもよく配合されています。 体の不要物が外に出やすくなるので、皮膚をきれいにしてくれます。 皮膚をきれいにするために、外からも内側からも使えるすぐれたハーブです。 ハーブティーとして中から取り入れると利尿作用と発汗作用があるため、膀胱炎にも効果があります。 【2】ヤロウの水抽出物、ヒドロキシエタノール抽出物、ジクリリメタン分画をラットに飲用させたところ、ラットの尿量が水抽出物以外の抽出物、分画で上昇し、ナトリウム・カリウムの排せつも上昇したことが分かりました。 このことから、ヤロウには老廃物の排出作用・利尿作用があることが分かりました。 【3】ヤロウのエッセンシャルオイルは、リポポリサッカライド(LPS)誘発マクロファージによる炎症を抑える働きがあることが分かりました。 そのメカニズムとしては、一酸化窒素(NO)を抑えるためであることも分かりました。 参考文献 ・アースプランツ リサーチ オーガニゼーション監修 HERB BIBLE 双葉社 ・佐々木薫監修 最新版 アロマテラピー図鑑 主婦の友社 ・トム・ストバート著 世界のスパイス百科 鎌倉書房.

次の

【楽天市場】ヤロウ ( ヤロー )/ 北海道産 ドライフラワー 花材 リース 手作り 国産 材料 素材 ナチュラル インテリア ディスプレイ 黄色 イエロー:ドライフラワー雑貨・花七曜

ヤロウ

ヤロウの学名Achilleaは英雄アキレスからで、彼がこの草で部下の兵士たちの傷を治したことから、切り傷に効く薬草とされ、多くの兵士たちの傷を癒しました。 ヤロウの主要成分はタンニンで、カモミールと同じカマズレンも含み、止血、解熱、殺菌、健胃作用などがあるとされます。 ヤロウはコンパニオンプランツとして知られ、根から出る分泌液は近くに生えている植物を病気や害虫から守ります。 【効能】 血液凝固作用があるといわれるほか、殺菌・抗ウイルス作用や利尿・発汗作用があるとい われ、抗炎症、消毒、止血、痔、浄化、血行促進、解熱、感冒、鎮痛などに効くといわれます。 また、強壮作用があ るほか、自律神経失調症、更年期障害、生理不順、冷え症、高血圧などの改善に良いと言われます。 ただし、多量に使用すると頭痛やめまいを起こすことがあり、また妊娠中の使用は避けてください。 しかし夏の暑さに弱いので夏は半日陰か風通しのよいところに移動させてください。 もしくは6月に切り戻しをしておくことで夏越ししやすくします。 水はけのよいものを好みます。 一般的な花と野菜の培養土で構いません。 自作する場合は赤玉土6腐葉土3川砂1を混ぜ、ここに緩効性肥料を少量入れます。 コツは水を控えること。 鉢植えにしていて土が濡れているうちは絶対に水をやらないでください。 春に植えて秋まで花を楽しみ、冬に地上部が枯れて、というサイクルを繰り返します。 ノコギリソウは株に寿命があり、3年ほどで老化して徐々に消えてしまいます。 3年目以降も楽しむには春(5月)に挿し木や株分けで、新しい株を作って(株の更新といいます)あげてください。 【利用方法】 料理、ティー、ドライフラワー、ポプリ、クラフトなど。 【納期】 2〜8日以内に発送します。

次の