バーディー ゴルフ。 本格的なショートコースがこの料金で楽しめます。神奈川でショートコースをお探しなら田名バーディーゴルフへ。

ゴルフ用語 「バーディー」「イーグル」「アルバトロス」の由来は?

バーディー ゴルフ

理論に基づいた豊富な知識• 理論と知識を実践、確かな技術• 責任のあるアフターケア この三つの柱を基本に敷居の高くなりがちなチューンナップやカスタムクラブを一般的なものにするよう心掛けています。 これからゴルフを始められる方こそ、バランスの取れた良いクラブを使うべきだと思います。 カスタムクラブやチューンナップが決して 一部上級者の為だけの物でない事を広く知っていただきたいと思います。 クラブ交換 リシャフト• グリップ交換• シャフトカット・インチUP• ライ角・ロフト角調整• バランス調整• その他のクラブ調整全般• オリジナルアイアンの販売• ゴルフクラブの販売• ゴルフグッズの販売.

次の

上海バーディゴルフクラブ,ゴルフ場状況,JC

バーディー ゴルフ

バーディーとは ゴルフ場の各コースには、規定打数、いわゆるパーが設けてあり、その規定打数以内にボールをカップに入れることを目指すのですが、その規定数以内でカップにボールを入れられた場合、アンダーパーとなります。 この内、規定打数より1打少ない打数でそのホールを終えることをバーディーと呼びます。 パーの打数に関係なく、1打少ない打数でカップインできればいずれもバーディーと呼びます。 バーディー以外のカップインの名称は ゴルフコースでは、基本的にどのコースでも規定打数が決まっています。 プレーヤーが規定打数通りにカップインした場合はパーとなり、それより少ない打数でカップインすればアンダーパーとなります。 パーより1打少なければバーディー、2打少ない場合はイーグルとなります。 1打でカップインした場合は、ホールインワンといいます。 バーディーの語源 バーディーという言葉の語源は、英語でFlew like a birdという言葉から来ています。 1903年に、A・H・スミスというゴルファーが1打少ない打数でホールアウトをした時に叫んだ言葉がバーディーの語源となったと伝えられています。 ちなみに規定打数から2打少ないイーグルや、3打少ないアルバトロスは、いずれも鳥の名前です。 関東・甲信越• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 静岡県• 山梨県• 長野県• 新潟県 北海道・東北• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県 北陸• 富山県• 石川県• 福井県 中部• 岐阜県• 愛知県• 三重県 近畿• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県 中国• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県 四国• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県 九州・沖縄• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県.

次の

バーディー

バーディー ゴルフ

そのホールの規定打数より1打少なくホールアウトする事をバーディーと言います。 このバーディーという名前の由来は諸説あるようですが、一説によりますと、バーディという用語は、1903年、A・H・スミスというプレーヤーが1打少なくホールアウトしたときに、「flew like a bird(鳥のごとく飛んだショット)」と叫んだのが始まりで、第一次世界大戦と第二次世界大戦の間にアメリカで一般化したようです。 bird(バード)には,アメリカのスラングで「優れた」「素晴らしい」という意味があり、それが幼児語のbirdie(小鳥)に変化して普及していったとされています。 私たちも鳥のごとくかっ飛ばしてバーディーチャンスをメイクしたいですね! そのホールの規定打数より3打少なくホールアウトする事をアルバトロス(Albatross)と言います。 アルバトロスはアホウドリの英名で、大きな鳥と言う意味で付けられたと言われていますが、さまざまな説があるので、なぜ使われているかは不明とされています。 一説によると、アホウドリが翼と風を巧みに利用することで長距離を容易に飛ぶ鳥のひとつであることに由来しているそうです。 なお、アホウドリ自体も現在では絶滅危惧種に指定されているので、名実ともに滅多にお目にかかれません。 海外ではダブルイーグルと呼ばれるのが主流なんだそうです。 アルバトロスの出る確率は100万回〜200万回に1回ということで、米国では年間40,000回程度のパー3のホールインワンが出るにも拘わらず、アルバトロスは200回程度しか出ないそうなので、そのデータによればアルバトロスはパー3のホールインワンより200倍難しいことになります。 一般アマチュア・ゴルファーの場合、ほぼ90パーセントのゴルファーがパー5は距離的に2オンが難しいので、アルバトロスが出る確率はさらに低くなり600万回に1回程度になると言われております。 600万回パー5のホールを回っても出る気がしませんよね。 苦笑 こんな奇跡の様なアルバトロスですが、ゴルフ人生で1度でよいので味わってみたいですね。

次の