ニトリ n クリック ボックス。 ニトリのNクリックの口コミ・評判!特徴と子供のいる家庭におススメの理由

ニトリのNクリックは解体や分解が出来ない?組み立て後は不可?

ニトリ n クリック ボックス

私はまったく知りませんでした! こんなやつです。 さらにここから棚板やキャスター、引出しを付けることもでき、テーブルやキッチンボードなど、 用途によってカスタマイズできるのが特徴です。 我が家で購入したものがワイド幅・3段・ホワイトウォッシュなのですが、 横置きして棚板を設置しています。 写真を撮るのでぱっと見キレイに映るようにしましたが、 いつもはよき物置きとして棚の上を活用しております。 そしてもっとぐちゃぐちゃに入っています… 棚を選ぶときにポイントとしたことが、• たくさん入る• 引出しがある• 絵本を立てて入れられる• 圧迫感がない• そこまで高額でない ということだったのですが、このNクリックはばっちり要件を満たしてくれたのでした。 Nクリックにしてよかったこと 組み立てが簡単! 工具もネジパーツも要らないんです! 板と板をはめ合わせるだけなので、とっても簡単に、しかも丈夫に仕上げることができます。 今回は横置きで低めに設置して、かつ壁と同じホワイトを選ぶことで とても部屋になじんで圧迫感もなく快適です。 家具といったら茶色だろ~と思っていたのですが、今回はホワイトで正解でした。 思ったより高級感もあるし、これはかなりコスパ良いな~と感じました! まとめ また物が増えて棚を足そうと思ったら、同じシリーズを購入したいです。 買い足ししやすいというのもメリットですよね。 一点気を付けていただきたいのが、角部分がぶつけるとかなり痛そうなので、 お子様がいるご家庭はすぐに角対策が必要です。 我が家もセリアで角用のクッション買ったんですが、すぐ落ちる…しっかり対策せねばと作戦を考えています。 大きな家具を買うときはいろいろと慎重になりますが、 これは買ってよかったな~と素直に思えたので、 キッズスペースの収納などお考えの方にはぜひ選択肢の一つに入れていただきたいと思います!.

次の

ニトリのカラーボックスで驚きのコスパ最強、収納アレンジ術が話題!

ニトリ n クリック ボックス

MEMO我が家も棚板を注文しましたが、入荷待ちとのことでまだ追加できていません。 追加したらまた写真をアップします! ちなみに、棚板はしっかり取り付けできるので、縦に設置してもずれることがありません。 ここが残念 重い 3段タイプは、組み立てると 13kgになります。 一度設置すると、移動するのが少々大変! 背板が薄い 背板は折れた状態で梱包されています。 テープで貼り合わせてあるだけだったので驚きました。 テープはツヤツヤしていて、少し目立ちます。 間仕切りとして使用するときには気になるかもしれません。 化粧シールを貼ると、凸が目立つ メリットとして、見た目がキレイと書きました。 が、板パーツに差し込むボタンパーツは、ほんの少し出っ張ります。 そのため 、化粧シールも凸が目立つと感じました。 あえて貼らなくても良いかもしれません。 組み立てにある程度の力は必要 パーツをはめるのにある程度の力は必要だと感じました。 必死になってやるほどではないのですが、 ラクラクできると思ってやるとけっこう固いです。 パーツが全然ハマらなかったという口コミもありますが、私が組み立てたものはきっちりハマりました。 どうしてもはまらない場合は、一度ニトリに問い合わせてみても良いかもしれませんね。

次の

ニトリのカラーボックスは棚板の高さが変えられる!デスクまわりのA4サイズの書類やファイルをすっきり収納

ニトリ n クリック ボックス

近隣に店舗が多いため、ちょっとした収納BOX等はニトリで買い求めることが多いのですが、とにかくお買い得なアイテムが山ほどありますし、もっと大きな棚も同店で揃えようかと考えていた矢先、面白いアイテムが目に留まりました。 最近はかなりの頻度でCMも見掛ける 「Nクリック」という家具がスゴイんですよ! 簡単に組み立てることができて見た目も優れているとは、非常に興味をひかれませんか? イメージ的には状況に応じてササっと解体し、一旦しまったり、移動させることも容易であると見受けられるのですが、「解体や分解は不可」との話も耳にしました。 何にせよ製品の詳細を知りたいと考え、リサーチを進めましたよ^^ Nクリックの概要を紹介! 組み立て収納・Nクリック最大の特徴は、何といってもネジパーツを使用していない点にあるでしょう! 従来品とは違い板と板を「はめ合わせるだけ」で組み立ていくので、工具やパーツが不要ですし、力いらずで簡単に仕上げることができます。 もう少し具体的にいえば、板に備え付けられたスライド式の「突起」が引っ込んだり噛んだりすることによって、2つの板がガッチリとホールドされ、頑丈な棚ができるそうなんですよ。 要は接続部分が点ではなく「面」になっているので、より頑丈なつくりが実現するわけです。 かつネジ穴がないため見た目がスッキリとしており、2018年度の「GOOD DESIGN AWARD」にも輝いた逸品なんですよ! スポンサーリンク? 完成後の変形は不可能!? ただやはり、それぞれの板を「噛ませる」ことで強固な接続になっているわけですから、一度完成してしまえば解体・分解の類は一切不可能ということですね; これはもう、致し方ないと感じます。 実際に購入した方から寄せられた口コミを見ると、付属の説明書にもその旨が明記されているとの報告がありました。 しかしながら、CMの「カチッ」という小気味よい音を立てながらいとも簡単に棚ができていく演出を受けて、「簡単に棚の形になるし、バラすのも一瞬」と勘違いしている方は相当多い模様です; 重大な問題にはつながらないとは思うのですが、例えば「シーズンごとに表に置きたい物の量が変わるから、必要に応じてNボックス自体を出したり片づけたりしよう」なんていう使い方は無理ですので、注意が必要ですね。 またワイド幅でも62cm程度ではあるものの、「部屋に入って板のパーツから組み立てたは良いが、引っ越しの際など、完成品を外に持ち出すことができない」という事態は絶対に避けたいものです。 お値段は2千円台から4千円台と非常にお手頃ではありますが、商品の特性を事前にしっかり理解した上で、購入することが肝要でしょうね。 個人的にはとても魅力的な家具だと思いますが^^ スポンサーリンク?

次の