カラオケ dam ai。 カラオケの、精密採点DX

カラオケに業界初の音声認識機能を搭載した新機種が登場!その名はLIVE DAM Ai!

カラオケ dam ai

この記事の目次• 本体外観チェック LIVEDAM Ai 本体 本体中央にある液晶ディスプレイは13. 3インチと小型のノートPC程の大画面となっています。 周りのボタン類は押した感覚があるタイプになっています。 リモコン・デンモク こちらが10. 1インチディスプレイ搭載の「SmartDAM Ai TM30 」となります。 充電する際はドックにセットするようになっています。 意図的に壊してしまうと軽く10万円以上するので取扱いに注意しましょう。 トップ画面 画像はトップ画面の様子です。 リモコン画面 本体右下にある「リモコン」ボタンをタップした時の画面になります。 マイク 歌唱用マイクは紅白のやつが置かれていました。 精密採点Ai アイ の使用感について 実際に採点してみてのレビューです。 画面上部に音程バー DAMの精密採点では画面上部に音程バーが表示されて、正しく歌唱出来ているかどうかを目視で確認可能です。 正しい音程で歌えていると黄色く表示されて、音程がずれている時は赤く表示されます。 最低音・最高音の表示について 前機種の「LIVEDAM STADIUM」では最低音と最高音が見づらかったのですが、今回の「LIVEDAM Ai」では白抜きで表示されているので「LIVEDAM 無印版」のように見やすく改良されています。 採点結果画面について 採点結果・初期画面 歌い終わった後の採点結果画面となります。 総合点・グラフ・分析レポートが表示されています。 そして今作のボーナス点については「AI完成ボーナス」に統一されたようです。 ちなみにこの画面の状態でしばらく何も操作しないでいると、次の音程などの詳細画面が表示されずに終了してしまいます。 これはアップデートで改善してもらいたいですね。 採点詳細画面について デンモクの「DAM」ボタンをタップすると、この採点詳細画面に移ります。 音程・表現力・Ai感性 New・新機能 ・ロングトーン・安定性・リズム・ビブラート・声域が表示されます。 「DAM」ボタンをタップすると前の画面に戻り、「演奏中止」ボタンをタップするとこの画面が消えるようになっています。 カラオケ本体動作について 動作レスポンスの向上 この「LIVEDAM Ai」では全体的に動作がキビキビとしているように感じました。 選曲してからすぐに演奏が始まったり、採点画面を「演奏中止」ボタンをタップするとすぐに消えたりといった感じです。 曲の終了時 採点結果画面直前 曲の演奏が終了した時にはJOYSOUND ジョイサウンド のように「何年に登場した曲」「曲名」「歌手名」が画面左下に表示されるようになりました。 消費カロリーは画面右下でDAMではお馴染みとなっています。 最後に カラオケ「LIVEDAM Ai アイ 」の精密採点Aiについての使用感レビュー記事でした。 筐体・本体には13. 3インチ大画面ディスプレイ搭載• リモコン・デンモクは10. 1インチ画面• 紅白のマイク 店舗による• 画面上部に音程バーがある• 正しい音程なら黄色でずれている場合は赤色で表示• 最低音と最高音は白抜きで分かりやすい• 採点結果画面で放置すると詳細画面に移動しなくて消えてしまう 要改善• 本体動作レスポンスの向上で快適性がアップした• 曲の終了時に「何年・歌手名・曲名」と「消費カロリー」の表示 LIVEDAM Aiの精密採点Aiを使用する場合の参考になればと思います!•

次の

最新機種!LIVE DAM Aiの気になる4つの点!│カラオケステップアップ講座

カラオケ dam ai

LIVE DAM Ai DAM-XG8000 LIVE DAM Ai ライブダムアイ は、業界初の音声認識機能を搭載したほか、AIの深層学習モデルを採用。 Intel製CPUとリニューアルしたヤマハの新音源ボードを搭載。 強化した業界最多の本人映像も特徴としている。 「Aiアシスタント」により、マイクに呼びかけると、楽曲予約、キーコントロール、演奏中止などの基本操作が可能。 例えば「OK、DAM! ~」、「キー上げて、DAM! 」などと呼びかけると、声優・冨永みーな、梶裕貴、美容家兼タレント・IKKOの声で応答。 ランキングや楽曲発売当時の出来事などを紹介する。 NTTドコモと協力して開発した、AIが楽曲名や歌手名をおすすめするレコメンド技術も搭載。 カラオケの歌い手にあわせて、それまでの歌唱履歴から次に歌う楽曲名や歌手名を推測してレコメンドする。 第一興商が持つ膨大なユーザーの歌唱履歴や配信された楽曲情報、音源データ、歌詞を解析。 ドコモの映像視聴デバイス「ドコモテレビターミナル」で提供している映像配信サービスのレコメンド機能の技術をもとに開発したAIを掛け合わせて開発された。 膨大な歌唱履歴から多種多様なグループの歌唱パターンをAIが学習し、歌唱順や周期性からグループ特徴をリアルタイムに推測。 歌い手が一人でも、複数人のグループでも適切なレコメンドが行なえるという。 DAMオリジナルの「ライブドーム」、「ライブホール」のほか、業界初の「東京ドーム」と「ナゴヤドーム」をリアルに再現した音響も新たに搭載。 アーティスト本人になったような気分でコンサート会場の臨場感が体感できるという。 有名会場の音響は今後も増える予定。 歌唱力を評価する「精密採点Ai エーアイ 」も採用。 DAMの膨大な歌唱データを機械学習することで生まれた「Ai感性」により、人の感情を揺さぶる歌唱を検出して得点化するという。 人気アニメとコラボレーションした「DRAGONBALL カラオケ天下一歌唱会」も用意。 歌唱力で孫悟空を勝利に導く新しいバトルゲームで、一定時間ごとの採点結果に応じて攻撃や必殺技を発動。 戦いを3回勝ち抜いて優勝すると、このコンテンツ限定の悟空によるヒーローインタビューが楽しめる。 また、キャラクターが歌唱に合わせて一緒に歌う採点ゲーム「シンプル採点3D」も利用可能。 歌唱力や技法、声量によって、さまざまなリアクションを行なう。 「DRAGONBALL カラオケ天下一歌唱会」などのコンテンツを楽しめる 業界最多となる約22,000曲の楽曲が本人映像に対応。 歌唱ランキング上位曲を中心に、J-POPのミュージックビデオ、演歌、アニメ、アーティストのライブ映像などを用意する。 総勢100人の声優が、自身が選曲したアニソンを歌うコンテンツ「あにそんボーカル」では、声優の歌声と本人出演の撮り下ろし映像が初登場する。 そのほか、演歌歌手・水森かおりとデュエットできる「水森かおりプレミアムデュエット」や、男女モデルとデュエットしているような気分が味わえる「バーチャルカラオケ」、鈴木英人、永井博、わたせせいぞうのイラスト作品を背景に歌う「プレミアムアートカラオケ」、YouTubeチャンネル「ポケモン Kids TV」の楽曲が映像と音源そのままにカラオケで楽しめるキッズ向けコンテンツ「ポケモン Kids TV」などが利用できる。 教育芸術社の学校教材に使用されている合唱曲70曲もCD音源で初登場。 外国語楽曲も拡充され、定番の洋楽、中国、韓国楽曲のほか、ブラジル、インドネシア、ベトナム楽曲など2,000曲以上を追加。 今後も増曲予定としている。 本体デザインも一新、業界最大という13. 3インチのフロントパネルと、ライティングで演出する「インフィニティーミラー」を搭載する。 「LIVE DAM Ai」の発売に合わせ、高精度のレコメンド機能を実現するAI技術を搭載したカラオケリクエストコマンダーのデンモクシリーズ「SmartDAM Ai TM30 」など周辺機器も一新している。

次の

【DAM】カラオケ機種を分かりやすく説明します!!現行の機種一覧!

カラオケ dam ai

そもそもAi感性とは? Ai感性は精密採点Aiから当たらに導入された項目で、総合得点には「Ai感性ボーナス」という項目で影響を与えます。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 採点結果画面 上の画像では5. 388点が「Ai感性ボーナス」として総合得点に加算されています。 この「Ai感性ボーナス」とその前の点数を足した点数が総合得点(上の画像では91. 573点 となります。 精密採点DX-Gを知っている人ならば「ボーナス点」が「Ai感性ボーナス」に変わったという認識で問題ありません。 これまで精密採点DX-Gでは「音程ボーナス」「表現力ボーナス」「ビブラートボーナス」の3つがありましたが、「Ai感性ボーナス」については1つしかありません。 Ai感性はどのようにして採点している? Ai感性は歌唱中に音程と同じく1画面1画面で採点しているようです。 採点をONにすると音程バーの右下にAi感性の部分が出てきます。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 歌唱中画面 このAi感性は中央から右にピンクの光が、左に青の光が歌唱後に伸びていきます。 伸びるタイミングは画面で8割程度歌いきったときです。 ピンクの光は加点、青の光は減点を表しています。 なので最初の段階では0点からのスタートで、曲の中で加点も減点もしているということですね。 事実採点結果画面でもAi感性において加算、減算がされていることが分かります。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 採点結果画面 表現力 Ai感性 上の画像では加点がかなり多く、Ai感性は91点の高得点を出しています。 ですが青の光のマイナスの方がピンクのプラスよりも大きく、もしも青が多いとAi感性の点数はガクッと下がってしまいます。 歌唱中はなるべくピンクのプラスを多くして、青のマイナスは極力出さないようにするのがこの項目を攻略するポイントですね。 またこのAi感性は以下の8つの項目を見ているようです。 これらの技術を使用すると高確率でピンクのプラス方向に光が伸びていきます。 回数の多い少ないは曲や歌う人によって変わるとは思いますが、「しゃくり」「こぶし」を多く入れることでAi感性が高得点になることは覚えておきましょう。 Ai感性ボーナスの仕組みに注意! 上の画像ではAi感性には5. 388点という高い数値が出ていました。 これだけ点数の高いボーナスだと、高得点が狙いやすそうに思われるかもしれません。 確かにAi感性ボーナスが5点もらえるなら満点の100点を取るには95点を取れば良いという計算ですからね。 精密採点DX-Gで98点台を取ればボーナス点と合わせて100点になる原理と同じです。 むしろそれよりも簡単といえるでしょう。 ボーナス点の最高は3点台でしたが、Ai感性ボーナスは5点台ですからね。 ですが残念ながら Ai感性ボーナスはそこまで甘いものではなく、Ai感性ボーナスが適用される前の点数に従って、与えられるAiボーナス点が大きく変わります。 以下の表はAiボーナスが表示される前の点数と、Aiボーナスの関係をさまざまな曲で計測したものです。 138 76 4. 911 87 3. 803 86 5. 470 86 3. 746 88 1. 813 98 1. 324 一覧で見てみるとよくわかりますが、Ai感性ボーナス適用前の点数が高くなればなるほど、Ai感性ボーナスの値は低くなるようです。 実際に表の下側の曲はAi感性の点数が上側の曲よりも高いにもかかわらず、Ai感性ボーナスの点数は下がっています。 点数が上がれば上がるほどAi感性ボーナスの点数が下がることが分かりますね。 この性質上、90点や95点を取るのは精密採点DX-Gよりも容易いですが、100点を取るのは精密採点DX-Gよりも数段難しいと考えられます。 精密採点AIでのAi感性の取り方 ~おわりに~ 以上、精密採点AiでのAi感性の点数の取り方でした。 精密採点Aiからの新項目ではありますが、ある程度仕組みが分かってしまえばAi感性で高得点を取るのはそこまで難しくありません。 Ai感性ボーナスはかなり得点配分が高く、とくに80点台の点数ならば5点以上のボーナスが期待できます。 それゆえに今までは80点台がギリギリだったとしても、このAi感性でさらに点数を伸ばし、90点に届く可能性がぐっと高まりました。 普通に歌うだけでも点数が取りやすくなったので、そこは前作の精密採点DX-Gと比較して良い点ですね。 精密採点Aiについては他にもさまざまな項目があり、それについても当サイトで解説しています。 こちらも参考にしてください!.

次の