シフォン ケーキ 逆さま。 シフォンケーキは逆さまにして常温?

シフォンケーキはそのまま冷ましちゃダメ!正しい冷まし方とは?|これってなんですか?

シフォン ケーキ 逆さま

そもそも、シフォンケーキの真ん中にはなぜ大きな穴が開いているのでしょうか。 主にふたつの理由があります。 ひとつ目は 均一に火を通すため。 シフォンケーキは他のケーキに比べて背が高いので、丸型では中まで火が通らず生焼けになってしまうことがあります。 真ん中に穴があることで熱が対流しやすくなり、全体的にしっかりと加熱することができます。 ふたつ目は 焼きあがったときにしぼまないようにするためです。 シフォンケーキは焼きあがって冷ます際に、必ず型からは外さずに逆さまにして置いておきます。 丸型で作って逆さまにしておくと、やわらかいシフォンケーキは真ん中あたりが剥がれて崩れてしまいます。 逆さまにしないとケーキがしぼんでしまい、固い仕上がりになってしまいます。 真ん中に穴があることで剥がれ落ちるのを防ぎ、しぼみにくくもしてくれるのです。 きれいな形のまま仕上げるために、真ん中の穴が重要な役割を担っているのですよ。

次の

[mixi]型から落ちてしまう原因について教えてくだ

シフォン ケーキ 逆さま

ふるい• 計量カップ• さじ(必要なサイズはレシピを確認)• ハンドミキサー• 泡だて器• ゴムベラ• シフォンケーキの型、シフォンケーキナイフ• ビン(ケーキを逆さまにする用)• はかり• オーブン 下に説明も添えておくので、わかりにくいものはチェックしてみてくださいね。 あとは、各シフォンケーキのレシピを見て、必要な材料をそろえてください。 また、私がシフォンケーキ作りに使ってるのは【L,かLLサイズの卵】ですが、レシピによっては異なる場合もあります。 卵を買うときには、サイズに気をつけてくださいね。 道具の説明など 1.ふるい 薄力粉などの粉類をふるうのに、使います。 あまり大きすぎると、ふるう時にボールから飛び出てしまいます。 (私のふるい方が悪いのかもしれませんが…) なので、大きすぎない方がいいかと思います。 ひっかけるところがあるタイプのふるいだと、ボールにひっかけることができるので、使いやすいです。 今回は、 卵白(LかLL:7個分)と卵黄(LかLL:5個分)のレシピで考えていきます。 例えば、卵白(7個分)でメレンゲを作る時、空気を含んでふんわりと膨らみます。 卵黄ボールには、様々な材料を加えた後に、卵白ボール(メレンゲ)を加えて混ぜることになります。 なので、さらに大きなボールが必要です。 私の使ってるボール(直径24センチ、ちょい深)だと、溢れそうになってしまうので、使いにくいです。 慣れるまでは、混ぜにくかった…。 なので、初心者の方は、大きめのボールを用意した方がいいと思います。 逆に、大きなボール(直径38㎝くらい)も持っていますが… 大きすぎると、型に流し込むときに、手に負担がかかります。 (重い…) それに、収納場所にも困りますよね。 なので、 27センチの深型ボールあたりがいいんじゃないかな~と思います。 水気はよくきる。 ボールが濡れたままだと、よけいな水分が入ってしまいます。 特に、卵白ボールに水気が残ってると、卵白の泡立ちが悪くなり、しっかりとしたメレンゲが作りにくくなってしまいます。 なので、しっかりと水気を切るようにしましょう。 砂糖用 砂糖用は、計量したいだけなので、ボールじゃなくても大丈夫です。 計量できれば、お皿や袋でも、特に問題ありません。 粉類用 粉類用は、粉類をふるいにかけて計量します。 なので、ふるいより少し大きめだと扱いやすいです。 写真ではボールを使っていますが、大き目なお皿でも大丈夫です。 4.計量カップ 水分(水・紅茶・ミルクなど)や油(サラダ油など)を計量するのに使います。 私が使ってるのは、100均に売ってた、200㏄以下のものです。 特に熱湯などを使う予定のない方は、100円などの安価なもので問題ないと思います。 5.計量スプーン 材料の計量のために使います。 レシピによっては不要な場合もあるし、必要なさじのサイズも違いますので、ご確認ください。 あると便利なので、持ってない人にはオススメです。 料理にも使うと思いますが…私はいつも目分量なので、さじを使っていませんでした。 ケーキ作りを始めてから、たま~に使っています。 ちゃんと計量できると、初めてのレシピにもチャレンジしやすいので、便利ですね~ 6.ハンドミキサー 卵白を泡だてて、メレンゲを作るのに使います。 ハンドミキサーを使ってもある程度の時間はかかりますので、ちゃんとハンドミキサーを用意しましょう。 (以前、「泡だて器で作って、失敗した」という方がいたので、記載してみました。 ) また、水分を含んでると、メレンゲが作りにくくなります。 使用前には、水気をよく切っておきましょう。 7.泡だて器 卵黄ボールの泡だてに使います。 泡だて器って、手・腕が疲れちゃうんですよね。 なので、触れて、自分に合うサイズ感のものを見つけた方がいいと思います。 時間がある方はぜひ、店頭で触ってみてくださいね。 8.ゴムベラ 卵黄ボールにメレンゲを加えて混ぜるときに、使います。 ボールについた生地もとれるので、ゴム製がおススメです。 また、分割できるタイプだと、細部が洗いにくいので…個人的には、取り外しができない方が好きです。 まぁ、100円で買えるので、汚れた時は買い替えやすいですけどね。 9.シフォンケーキの型、シフォンケーキナイフ アルミ製と紙製 シフォンケーキの型には、アルミ製だけでなく、紙製のものもあります。 また、サイズも様々ですので、作りたいレシピで確認するといいと思います。 『1度だけ、試しに作ってみたい』という人や、人にプレゼントする際には、紙製の方が安いし、便利かと思います。 ただ、アルミ製と紙製では、熱の伝わり方・水分の蒸発のしかた等が変わります。 個人的には、 アルミ製の型の方が、ふんわり・しっとりと美味しいシフォンケーキを作れると思います。 『何回か作りたい』と思ってる人や、『どうせ作るなら、美味しいケーキを』と思う方には、アルミ製の型がオススメです。 サイズは、大きめが美味しい! シフォンケーキの美味しい部分って、どこでしょう? 人によって好みは違いますが…内側のふんわりとした生地が好きな人も多いはず! 小さな型を使うよりも、 大きな型で作った方が、ふんわりと美味しいシフォンケーキを楽しめるような気がします。 とはいえ、自宅用のシフォンケーキだと、大きすぎても困ってしまいますよね。 なので、 私はよく直径20㎝のシフォンケーキ型を使っています。 ( 手前:直径20時㎝の型、奥:直径23㎝の型) 写真だとわかりにくいかもしれませんが… 型のサイズは、高さも違います。 私が使っている型は、筒の高さが(直径20㎝:高さ約13㎝、直径23㎝:高さ約15㎝)です。 オーブンのサイズによっては、型が入りにくい場合もあるので、購入前に確認してくださいね。 アルミ製の型を使う時は、シフォンケーキナイフも必要! 紙の型を使うときは、手でぺりぺりっときれます …が、アルミ製の型を使う時には、シフォンケーキナイフを使って、型から外します。 『アルミ製の型でシフォンケーキを作ろう』と思った方は、シフォンケーキナイフも用意しましょう。 10.ビン(ケーキを逆さまにする用) お酒のビンでも、お醤油のビンでも、ジュースのビンでも…なんでもいいので、 空きビンを用意します。 シフォンケーキが焼きあがったら、ふっくら仕上げるために、ケーキを逆さまにします。 逆さまにしないと、つぶれちゃうんですよね。 ケーキの型は熱くなるので、ビンの口にさして、ケーキを冷まします。 こんな感じ。 11.はかり(計量カップ等での代用もできる) ケーキを作る時は、はかりが必要なので準備しましょう。 …まぁ、『わざわざ言わなくてもわかってるよ』って人は多いと思います。 でも実は…はかりがない時でも、計量カップなどで代用できるんですよね。 だから、「うちのはかり、壊れてるかも!」って時でも、大丈夫です。 (もしもの時はね…) …が、やっぱり、はかりがあった方が楽ちんなので、用意した方がいいですね、はい。 私は、料理するときにはかりを使わなかったので…ケーキ作りを始めるときに、買いなおしました。 デジタルタイプの方が、見やすくて便利ですね。 12.オーブン ケーキの型の説明でも書きましたが… オーブンのサイズによって、ケーキの型が大きすぎる場合もあります。 なので、前もって確認しておきましょう。 また、普段オーブンを使わない人は、予熱などの設定がわかりにくいかもしれません。 (私がそうでした…) 前もって確認しておくと、安心ですね。 初心者さんにはセット購入もおすすめ 正直なところ、道具を何も持ってない場合には、1つずつ順番に探して…ってめんどくさい。 たぶん私だったら、そこに大きな壁が1つありますね… なので、セット販売してるところで購入してもいいと思います。 例えば、【浅井商店さんオリジナル トールシフォン型 8点セット】だと、下記の8点がセットになっています。 もう少し高さのあるシフォンケーキの方がおいしそうだな~ なので、もし私がシフォンケーキの型を買いなおすなら、トールシフォンケーキ型を買うと思います。 それに、米粉のシフォンケーキって、しっとり感・もっちり感もあって美味しいんですよね。 どうせなら、米粉シフォンミックスにも試してみたいですね。 シフォンケーキは、味のバリエーションが豊富! 初心者さん向けに、【 初めてのシフォンケーキ作りに必要な12種の道具】を紹介してきました。 準備するのはめんどくさいし、お金もかかると思います。 でも、1度準備してしまえば、あとは簡単にシフォンケーキを作れます。 それに、シフォンケーキは、同じような手順のものが多いんですよね。 1種類作れるようになれば、バリエーションが増え、いろんな味のシフォンケーキを楽しむことができます。 しかも、できたてのケーキって美味しい! ぜひ、たくさんの人に、できたてのシフォンケーキを楽しんでもらいたいなって思います。 そして、あま~い香りに包まれてみてください。 あたたかくて、幸せな気持ちになれる気がします。

次の

[mixi]型から落ちてしまう原因について教えてくだ

シフォン ケーキ 逆さま

シフォンケーキは難しいケーキの1つだと考えています。 材料は多くないけど素材や泡立て方1つで出来上がりにとても大きな差がでてしますのです。 まず同じ様に作っているつもりでも、レシピに細かく書かれていないことが(当然ですが)出来ていなかったり、オーブンの種類によっても焼きあがりにムラがあります。 卵が新鮮であることなども一見関係ないようですが出来上がりに違いがでます。 コシの強いキメの細かいメレンゲを作ってくださいね。 他に生地自体が熱伝導が悪いものになっていたり、オーブンの上下の火の調節や途中の温度管理など色々考えられます。 焼き初めと焼き終わりの温度が違うのが理想です。 小麦粉を練りすぎると上手く焼けないことも多いです。 初めてのときは失敗も多いので次回は自身のオーブンの特性などを理解されて挑戦されるときっと上手く焼けると思います。 型にバターを塗ったり粉をはたいたりしませんでしたか? 普通のケーキは型からはずしやすいようにそれらの手順を踏むのですが、シフォンケーキは型に生地が張り付かないと生地が下に落ちてきてフワフワに仕上がらず、逆さにしたときに落ちてきたりします。 もし型取れしやすいような手順を踏んでなかったのに落ちてきちゃったのなら、型の素材がツルツルしているものなんじゃないかと思います。 ためしに紙の型を使ってみるとわかると思います。 生焼けは温度と焼き時間を加減して防ぎます。 オーブンの癖もあるのでレシピどおりの温度と焼き時間は目安くらいの気持ちで加減するといいですよ。 温度を若干低くし、焼き時間を少し長くすればいいと思います。

次の