民衆の敵。 民衆の敵 高橋一生 ベッドシーンなどが話題に(画像、動画)

民衆の敵(ドラマ)あらすじ&ネタバレ(最終回まで)!キャストや主題歌も

民衆の敵

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 シカゴの町に育ったトムとマットは少年時代から不良性を多分に持っていた。 プティー・ノーズという悪党にそそのかされ万引きなど働いていたがトムの母親はわが子のこうした悪癖に少しも気づかなかった。 そのうち、2人は年とともに純然たる悪党となりノーズの指図で毛皮泥棒を企てるようになった。 だがこれは警官の知るところとなり、失敗に終わった。 この時、無情にも彼らを置き去りにして姿を消してしまったノーズの行為は2人をいたく憤らせた。 間もなくトムとマットは運輸会社のトラック運転手となり貨物抜き取りの事件からパッディーという大親分に匿われることとなった。 世界大戦が勃発し、トムの弟で善良なマイクは出征し戦線において勲功をたてたが、トムは禁酒令の影響により酒が高くなったのをきっかけとし、マットと大々的に政府の倉庫に保管された酒を盗み出す仕事にとりかかった。 悪党仲間は酒の密造に力を注ぎ始めた。 トムとマットは親分バッディーと共々ネイルス・ネイザンというギャング狩猟の手下となりやはり酒の密造、密売に手を染め出した。 自然これは従前からの密売社バッグスの領域を冒す結果となり双方はにらみ合いの間柄となった。 この仕事のため多額の収入を得たのでトムは情婦を取り替え、マットは女房を迎えたりした。 結婚式はキャバレーで行われた。 この時おもいがけなくノーズにめぐり合ったので2人はノーズを追跡して殺害し恨みを晴らした。 その後彼らの首領であるネイルスも奔馬のために不慮の死を遂げた。 敵の首領の死を知るやバッグス方はこの時とばかり攻勢に出てきた。 ある日、トムは暇乞いがてら母を尋ねてみると弟のマイクは廃兵となって帰宅していた。 真面目な弟は兄のやくざ渡世を攻めて2人は争った。 その頃バックスは機関銃を用いて暴れまわりマットをまず血祭りにあげた。 トムは復讐のため単身敵陣へ乗り込んだが傷を負い、病院へかけこんだ。 弟のマイクが見舞いに来て2人の中は直った。 だが数時間後、トムの冷たくなった屍体は自宅に運ばれた。 それは明らかにバッグス方がトムを病院から拐して殺害したものと知れた。 兄のこの惨死体を見たマイクの心はたちまちバックスに対する憎悪に燃えた。 やにわに手榴弾を手にした彼は決死の覚悟で敵の巣窟に向かった。

次の

民衆の敵(ドラマ)あらすじ&ネタバレ(最終回まで)!キャストや主題歌も

民衆の敵

民衆の敵 主題歌は? 篠原涼子主演ドラマ「民衆の敵」の主題歌に起用されたのは 「AAA(トリプルエー)」さんの 「LIFE」という曲に決定しました。 AAAが10月スタートの月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!? フジテレビのドラマ主題歌は「AAA」にとって初だということで、かなり気合が入ったナンバーになっているようなので要チェックですよ。 そして、2017年9月14日に東京ドームで12周年記念のコンサートを開催したそのときに、初めてアンコールで月9主題歌「LIFE」を披露しました。 このコンサートでは月9出演者の篠原涼子さん、前田敦子さん、千葉雄大さん、斎藤司さん(トレンディエンジェル)が祝福に駆けつけたようです。 挿入歌について分かり次第追記していきます。 民衆の敵 サウンドトラック(BGM は? 今回、「民衆の敵」でサウンドトラック(BGM)を担当するのは 「井筒昭雄」 いづつ あきお さんです。 井筒昭雄さんは、1977年生まれで徳島県出身。 CMやドラマの劇判の作曲家でありながら一人多重録音ソロユニット「Fab Cushion」としても活動しています。 CM音楽作品一覧• 日清カップヌードル• ABCマート• IKEA• 村田製作所 他多数 多数の大手企業からCM音楽を担当してきた井筒昭雄さんは、一つのジャンルにとらわれることのない世界にも通用するような音楽を発信し続けています。 カップヌードルのCMから、主に三味線を奏でています。 このサムライただものではないですが、それを引き立たせている井筒さんもすごいですよね! ドラマ作品一覧• ラスト・フレンズ(2008年、フジテレビ)• ブラッディ・マンデイ(2008、2010年、TBS)• 怪物くん(2010年、日本テレビ)• 死神くん(2014年、テレビ朝日)• IQ246〜華麗なる事件簿〜(2016年、TBS)• セシルのもくろみ(2017年、フジテレビ)他多数 近年では「セシルのもくろみ」BGMを担当していました。 このドラマではポップ系のノリのあるダンスナンバーが多かったようです。 視聴率はよくはなかったものの、多くの女性から共感を得る作品だったのではないでしょうか。 過去作「ラスト・フレンズ」ではオーケストラサウンドやピアノメロディがメインになっていました。 悩みを抱えた若者たちがシェアハウスに集まり生活していく難しさや大切さを共に学び、悩みを乗り越えていくことで自分らしい人生を歩んでいく姿を描いたドラマ。 DVや性同一性障害など当時社会現象にもなった様々な問題を真正面から捉えた作品だったことで高視聴率をたたき出した作品でした。 「民衆の敵」ではどのようなサウンドを提供するのでしょうか。 今回「民衆の敵」では、ごくごく一般のありふれた主婦・佐藤智子(篠原涼子)は私生活に苦しい中、務めていた仕事も解任されてしまいます。 ふと政治の不正行為をよく目にしてたことから市議会議員についてネットで検索。 智子は、本人が暮らすあおば市の議員当選率も8割と高いことから、新しい職を探すより当選するのではないかと考える。 年俸は智子にとって夢のような額だからです。 そんな大胆な行動を起こす佐藤智子が市議会議員に立候補しようとするところから始まります。 このドラマの主題歌を担当するのは「AAA」さんの「LIFE」です。 そして、サウンドトラック(BGM)を務めるのは「井筒昭雄」さん。 大人気ドラマ「コードブルー3」後任の月9ドラマだけに別の意味でも注目が集まっていますが、果たしてどのような楽曲に仕上げてくるのか楽しみですね。 カテゴリー• アーカイブ•

次の

民衆の敵(1976) : 作品情報

民衆の敵

2016年『るつぼ』に続き、才気みなぎる英国人演出家ジョナサン・マンビィがシアターコクーンに再登場。 『ペール・ギュント』『人形の家』『ヘッダ・ガブラー』など、日本でも馴染み深い代表作を持つイプセンですが、その中でも1882年に発表されたこの『民衆の敵』は社会問題を扱った唯一の作品で、当時の社会に一石を投じました。 ノルウェーからアメリカへ渡った本作は、アーサー・ミラーによって翻案され、ブロードウェイでの上演も高く評価されており、1978年にはスティーブ・マックイーン製作・主演によって映画化、2005年にはノルウェーで設定を現代に置き換え映画化されるなど、根強い支持を得ています。 この『民衆の敵』を、Bunkamura30周年記念、シアターコクーン公演の第1弾として上演する運びとなりました。 さらに、今公演では、新たに戯曲を翻訳し、新訳での上演に臨みます。 演出を手掛けるのは、シアターコクーンには2016年の『るつぼ』以来2年ぶりの登場となるジョナサン・マンビィ。 ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー RSC 出身で古典から現代劇まで幅広く精通し、2009年には『The Dog in the Manger』にてヘレン・ヘイズ賞最優秀演出賞候補にノミネートされ、常に世界中で作品を発表し続けています。 日本でも『るつぼ』での演出が各方面で絶賛され、その実力は折り紙つき。 本作にも高い注目が寄せられます。 そしてジョナサンとの2度目のタッグで主演を務めるのは、堤真一。 「真実の告白」を志すばかりに、次第に「民衆の敵」であると憎悪され、やがては家族との幸せも危うくしてしまう孤高の男トマス・ストックマンをどのように演じるのか、期待が高まります。 そんなトマスの味方となり支え続ける妻カトリーネに安蘭けい、新聞「民報」の編集者でご都合主義のホヴスタに谷原章介、トマスとカトリーネの娘で教師のペトラに大西礼芳、ホヴスタと同じ「民報」の若き記者ビリングに赤楚衛二、カトリーネの養父で、水質汚染の原因である製革工場の主モルテン・ヒールに外山誠二、住宅所有組合の会長で印刷屋のアスラクセンに大鷹明良、トマスの唯一の理解者ホルステル船長に木場勝己、そしてトマスの実兄で、市長にして警察署長、温泉管理会会長も務める町の権力者ペテル・ストックマンに段田安則など、魅力あふれる実力派が集結しました。 温泉の発見に盛り上がるノルウェー南部の海岸町。 その発見の功労者となった医師トマス・ストックマン(堤真一)は、その水質が工場の廃液によって汚染されている事実を突き止める。 汚染の原因である廃液は妻カトリーネ(安蘭けい)の養父モルテン・ヒール(外山誠二)が経営する製革工場からくるものだった。 トマスは、廃液が温泉に混ざらないように水道管ルートを引き直すよう、実兄かつ市長であるペテル・ストックマン(段田安則)に提案するが、ペテルは工事にかかる莫大な費用を理由に、汚染を隠ぺいするようトマスに持ち掛ける。 一刻も早く世間に事実を知らせるべく邁進していた、新聞の編集者ホヴスタ(谷原章介)と若き記者ビリング(赤楚衛二)、市長を快く思っておらず家主組合を率いる印刷屋アスラクセン(大鷹明良)は、当初トマスを支持していたが、補修費用が市民の税金から賄われると知り、手のひらを返す。 兄弟の意見は完全に決裂し、徐々にトマスの孤立は深まっていく。 カトリーネは夫を支えつつも周囲との関係を取り持とうと努め、長女ペトラ(大西礼芳)は父の意志を擁護する。 そしてトマス家に出入りするホルステル船長(木場勝己)もトマスを親身に援助するのだが……。 トマスは市民に真実を伝えるべく民衆集会を開く。 しかし、そこで彼は「民衆の敵」であると烙印を押される……。 イギリスの名門ブリストル大学で古典戯曲を学び、卒業後はブリストル・オールド・ヴィック劇場、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー RSC を遍歴。 数多の人気演出家のものとで研鑽を積み、その後、演出家として国内・海外で精力的な活動。 RSC、ロンドン・グローブ座などの名門劇場をはじめ、ウエストエンド、ブロードウェイなど欧米各地で数々のプロダクションを手掛けている。 2009年には『The Dog in the Manger』にてヘレン・ヘイズ賞最優秀演出賞候補にノミネート。 の演出で初進出。 2016年のシアターコクーンでの『るつぼ』が2作品目。 近年の演出作品に、『Wendy and Peter Pan』(RSC)、ジョナサン・プライス主演『The Merchant of Venice』 RSC 、『OTHELLO』、『ALL THE ANGELS』、『KING KONG』など。 イアン・マッケラン主演で昨年上演し好評を博した『リア王』がこの夏から限定公演でウエストエンドに進出、大きな話題を呼んでいる。 ご了承のうえ、ご購入ください。 車椅子でご観劇のお客様は座席指定券をご購入のうえ、お早目にBunkamuraへご連絡ください。 また、お座席でご観劇の場合も当日スムーズにご案内をさせていただくため、 公演日前日までにご購入席番をBunkamuraへご連絡下さい。 予めご了承ください。

次の