ストレージ の 使用 容量 を 減らす。 小ワザ!iCloudストレージの容量を減らす方法

Wechatの容量を減らす方法2選

ストレージ の 使用 容量 を 減らす

ストレージ容量が少ないeMMCモデルのPCでは、Windows 10の大型アップデートなどですぐに容量が取られてしまい、空き領域のやりくりに苦労しがち タブレットやスマートフォンであれば、ストレージの容量が32GB程度であっても、Web閲覧や写真撮影、音楽を聴くといった通常用途でなら大きな障害になることはまずない。 しかし、ことPCにいたってはモバイル向けのOSと違って、OS自体のサイズが大きいだけに問題になりやすい。 ここでは、このクロスレビューの補足として、低容量ストレージモデルを使用する場合の空き領域の確保方法について、簡単に紹介したい。 初期状態でストレージの空き領域は残りわずか、Windowsの大型アップデートも一苦労 低容量モデルのPCをはじめて起動してみると、機種によってはすでにストレージ容量の半分近くを埋めてしまっている場合もある。 上述の記事のなかで登場するASUSの11. これではOfficeアプリなどを入れるだけで、すぐにストレージがいっぱいいっぱいになってしまうだろう。 また、MicrosoftはWindows 10において、Anniversary UpdateやCreators Updateといった大型アップデートを年に2回ほど提供しており、低容量ストレージの場合だと空き領域が足りずにアップデートできなかったり、アップデートできたとしても空き領域が数GB程度まで減っていたりと問題が起きがちである。 実際にVivoBook E203NAでCreators Updateを適用してみると、アップデートはできたものの、空き領域が6GBほどまでに減ってしまっていた。 ストレージの空き領域を増やす方法として、これから以下に挙げる方法を試し、十分な容量を確保できるか確認してほしい。 ディスク クリーンアップを実行する Windowsにはストレージ内の不要なファイルを削除する「ディスク クリーンアップ」を標準で搭載しているので、ストレージの空き容量を増やしたい場合はまずこちらを利用したい。 とくにWindows 10の大型アップデートを行なった場合、アップデート前のWindowsが「以前のWindowsのインストール」として残されており、ASUS VivoBook E203NAの場合は、17. 9GBもの容量となっていた。 ディスク クリーンアップは、スタートボタンの横にある検索窓から「ディスク クリーンアップ」を検索して、アプリ名が出てきたら選択して実行すればいい。 ディスク クリーンアップが立ち上がると、インターネットの一時ファイルなど削除してもシステムの動作に影響を与えない対象候補が一覧表示される。 ただし、このままではWindowsアップデートで使用した以前のバージョンのWindowsファイルが表示されない。 以下の画像の下部にある「システム ファイルのクリーンアップ」を選択する必要がある。 ディスク クリーンアップを実行すると、Windowsが不要なファイルを見つけてくれる。 Windowsの大型アップデートを適用した場合は「以前のWindowsのインストール」という巨大ファイルが作成されているので、こちらを削除することで空き領域を確保できる なお、このほかに表示されている候補については、数百MB程度なのであれば無理に消す必要はない。 というのもインターネットの一時ファイルなど、キャッシュとなっているファイルを消してしまうと、Webページ表示の高速化といった恩恵を受けられなくなる可能性があるからだ。 ディスク クリーンアップでは、各候補にカーソルを合わせると説明が表示されるので、消す必要があるかどうか一度確認してから削除するようにしたい。 クラウド上にローカルドライブのファイルを逃がす ファイルの整理などをせずにPCを使い続けていると、保存しているファイルの量が増え、ストレージをどんどん圧迫していく。 とくにもともとのストレージ容量が少ないPCだと限界の訪れは早いし、デスクトップPCのように容易に拡張ができないノートPCなどでは使用頻度が低かったり、まったく使っていないファイルを外部に逃がして空き領域を確保する必要がある。 USB HDDなどの外部ストレージを使って、複数のドライブで運用する手段もあるが、出先でノートPCを使うさいに外部ストレージに置いたデータが必要な場合もあるだろう。 大きなサイズのファイルに頻繁にアクセスしないのであれば、クラウドストレージに配置し、必要なときにダウンロードするという方法を活用したい。 クラウドストレージには「OneDrive」、「Google Drive」、「Dropbox」などがあり、OneDriveなら無料で5GB、Google Driveは無料で15GB、Dropboxは無料で2GB利用可能だ。 これらのサービスはWindows用アプリでも提供されているが、アプリではローカルドライブとクラウドの同期させるという方法を採るため、ローカルドライブの容量が削られてしまう。 同期するフォルダは個別に選択して、ローカルドライブの容量を節約できはするが、今回のように少しでもストレージの空き領域を増やしたい場合は、アプリは利用せずWebブラウザを使ってクラウドにアクセスするようにしたい。 アプリを使う場合については後述する。 SDカードや超小型USBメモリを常設ストレージに。 OneDriveの同期先にも利用可能 音楽ファイルや写真、動画などといった趣味的なコンテンツはファイル数が増えがちで、ファイルサイズもそれなりに大きい。 こういったものまでクラウド上にすべて逃がすのは無理がある。 とはいえ、それらのファイルをつねに手元に置いて、いつでも利用できるようにしたいという人もいるはずだ。 そこで、容量はHDDほど多くはないものの、SDカードや超小型のUSBメモリを常設のストレージとして利用してみるのはどうだろうか。 なかでもドキュメントフォルダは、ユーザーが意識してファイルを置いていなくても、さまざまなアプリがデータの置き場所として使っていることもあり、データ量が増えがちだ。 以下の手順ではSDカードのドライブレターである「Dドライブ」にドキュメントフォルダを移動させている。 なお、OneDriveの場所をSDカードに移動させたときと同様に、OS動作中に取り外したり、PC起動時に未装着の状態だと該当フォルダにアクセスできないので注意したい。

次の

超カンタンにWindowsの空きストレージ容量を増やす方法

ストレージ の 使用 容量 を 減らす

iCloudの容量を減らす方法 iCloudのストレージの中身は、 写真、バックアップ、メール、 書類という項目に分かれています。 ストレージの容量を減らす為には、 これらのデータの中から、 不要なデータを削除する事が必要となってくるのです。 メールを削除して容量を減らす まず、iCloudで受信した必要ないメールを削除していきます。 メールの削除はメールボックスからメッセージをゴミ箱に移動して、 その後ゴミ箱のメッセージを削除するという流れになります。 では、手順を解説します。 メールアプリをタップして開きます。 iCloudと書いてある所の受信を開きます。 ここにiCloudメールで受信したメッセージが入っています。 複数のメールアドレスをiPhoneに設定している人は、 必ずiCloudと書いてあるか確認しましょう。 受信したメッセージを見て、 必要のないメッセージを、右から左にスワイプして、 ゴミ箱に移動します。 ゴミ箱マークをタップします。 必要ないメッセージを全てゴミ箱に移動したら、もう一度戻って、 今度はゴミ箱を開きます。 ゴミ箱の中のメッセージが表示されます。 右上の編集をタップします。 今度は右下に全て削除という所があります。 ゴミ箱に移動したメッセージが間違いなく必要ないメールである事を確認したら、 全て削除をタップします。 ゴミ箱が空になりました。 これで、不要なメールで使っていた領域が解放されます。 写真を削除して容量を減らす 次に必要ない写真や動画を削除して、 iCloudで使用している容量を減らします。 写真や動画は結構容量を喰います。 写真アプリを開きます。 右下のアルバムをタップします。 そして全ての写真を開きます。 写真>アルバム>すべての写真 iPhoneで撮影した写真や動画が、 この全ての写真という所に入っています。 ここから必要ない写真や動画を選んで削除します。 右上の選択をタップします。 そして、必要ない動画や写真にチェックを入れます。 チェックは写真や動画をタップすると、チェックマークが付きます。 そして、右下のゴミ箱をタップして、削除します。 これで、写真や動画の入る領域で使っている容量が減りました。 バックアップを削除して容量を減らす 突然の故障や、もしもの為にバックアップは必ず必要ですが、 何台も機種変をしていると、 昔使っていたiPhoneのバックアップデータが残っている事があります。 また、パソコンのiTunesでバックアップを取っているのであれば、 iCloudでバックアップを取る必要がありません。 その分、iCloudの使用する容量を減らす事が出来るという事です。 では、バックアップデータの削除方法を解説します。 ホーム画面から設定をタップします。 設定の中の一番上の自分の名前をタップし、 iCloudをタップします。 ストレージを管理をタップします。 バックアップをタップします。 ここにiCloudで取ったバックアップがあります。 削除したいバックアップを選択します。 一番下に削除がありますので、ここをタップすれば、 iCloudのバックアップを削除する事が出来ます。 iCloudのデータを削除する時の注意点 iCloudの無料で使用できる領域は5ギガです。 iPhoneの使用頻度が高い人にとっては、 すぐに一杯になってしまう頭の痛い問題です。 で、今回はデータを削除して、 使用している容量を減らす方法を解説しましたが、 削除したデータは復活する事ができません。 もし、後になって、あれ消さなければよかった!と思っても、 一旦消したデータは復活出来ないのです。 どんな手を使っても。 なので、データの削除は慎重に行ってください。 絶対にこのデータを消しても問題ないと確認したデータのみ削除を行ってください。 もし、頻繁にiCloudのストレージの容量が一杯になるのであれば、 ストレージプランの変更も検討してみましょう。 ストレージプランの変更の仕方については、こちらの記事で詳しく解説しています。 合わせて読みたい.

次の

Windows10のCドライブが満タン!空き容量の不足を解消する方法

ストレージ の 使用 容量 を 減らす

パソコンを使えば使っていくほど、ストレージ容量はどんどん逼迫していき最後にはCドライブが満タン…何てこともあると思います。 従来の Windows では何が容量を逼迫しているのかわかりづらく、大きく容量を空ける事は難しいものでした。 しかし、Windows10では何がどれだけストレージ容量を使っているのか詳細にわかるようになりました。 その方法についてお話します。 ストレージ容量の詳細を確認 まずはスタートメニューから設定を開きましょう。 設定メニューの中から「システム」を選びます。 左メニューから「記憶域」を選びます。 ここでドライブの全ストレージ容量のうち何GB使用されているかが確認できます。 更に下へスクロールしてみましょう。 アプリ、ドキュメント、一時ファイルなど、何が容量を逼迫しているのかもわかりやすく、不要なものを削除してストレージ容量を空ける事にも役立ちます。 手っ取り早く空き容量を空けるのに一番早いのは「一時ファイル」です。 一時ファイルを選択すると、更に細かく内訳がわかります。 ダウンロードフォルダー• 縮小表示• ゴミ箱• Windows Update のクリーンアップ• 一時Windowsインストールファイル• 配信の最適化ファイル• 一時ファイル• Windowsエラー報告とフィードバックの診断• インターネット一時ファイル• DirextX シェーダーキャッシュ• Windows アップグレードログファイル• 以前のバージョンのWindows.

次の