ギーラン。 【約束のネバーランド】ギーラン卿の存在が浮上、第3勢力としての鬼!

最新ネタバレ『約束のネバーランド』147

ギーラン

ギーラン家 ギーラン家は鬼の世界の貴族の一つのようです。 そのトップはギーラン卿であり 巨大な体を持っているのが特徴です。 この巨体から想像するに戦闘力は 相当高いと考えられます。 そしてその戦闘力を活かして過去には 政権の中枢にいたと考えられます。 しかし現在は表舞台から姿を消し 細々と生きているようです。 その原因となったは過去の 王家と五摂家の裏切りのようです。 ギーラン卿、ギーラン家は現政権の 中枢である王家と五摂家を 恨んでいることは間違いありません。 戦闘力が高いギーラン家がノーマンの 頭脳と組めば強力な戦力となることは 間違いないでしょう。 エマがグヴィティダラの竜で出会った鬼の世界の トップとは別にこの世界には王家と それを支える5つの貴族が存在することが明らかになりました。 そして王家と五摂家はラートリー家と関係が深いようです。 王家と五摂家が現在の農園システムを 全て牛耳っていると考えて間違いないでしょう。 農園と人間の供給を支配することで この世界を支配していると考えられます。 王家と五摂家はどのような経緯で政権の中枢に つくことができたのでしょうか? その実態と合わせて今後明らかにことを期待しています。 もしかしたらバイヨン家は五摂家の一つかもしれませんね。 しかし700年前にギーラン卿を裏切ったことは 重要な事件の一つであることは間違いないでしょう。 ギーラン卿は体が大きく戦闘力が 高いということは見るからに明らかです。 その戦闘力をもってギーラン卿が 王に一番近い存在だったのではないでしょうか。 そしてそれを良しとしない王家と五摂家が 手を組んでギーラン卿を謀り失墜させたの ではないかと予想しています。 王家と五摂家の中には頭が切れる鬼がいると 考えて間違いなさそうです。 野良落ちの刑とはいったい何なのでしょうか? ノーマンの話から鬼は人間を食べ続けない限り その形質を保つことができないことは分かっています。 人間を食べなければエマ達が森で出会ったような 野生鬼のようになってしまいます。 野良落ちの刑とは人間を食べることを禁止されて 野生鬼になってしまうことだと考えられます。 鬼の世界では重い処罰だと考えられるので ギーラン卿が被せられた罪も重いものであったのでしょう。 野良落ちの刑に処されたギーラン家ですが なんとか700年の間形質を保つことはできていたようです。 また人間を普段食している鬼を食べることでも 形質を保つことができることが分かっています。 しかしどちらの方法も常にできるものではありません。 ギーラン家は仕方なく動物や昆虫などを 食べてきたと考えられます。 ギーラン今日の顔が昆虫のようになっているのはそのためでしょう。 しかし人間以外を食べたことによって 良い効果もあったようです。 ギーラン卿は元々戦闘力が高かったと予想していますが 動物や昆虫の形質を引き継ぐことによって さらに戦闘力が上がったのではないでしょうか。 それは全てのギーラン家にも言えそうです。 戦闘力が高い集団であるギーラン家が 本気を出せば鬼にとっても驚異の存在となるでしょう。 700年前に現王家と五摂家に謀られて 政権の中枢から外された貴族でした。 そして野良落ちの刑に処されて人間の供給を 断たれたため動物や昆虫を食べるしかなく 姿形が変化してしまったと考えられます。 しかし動物や昆虫を食べたことで戦闘力は さらに上がったと予想しています。 鬼の世界でもトップクラスの戦闘力を誇る ギーラン家が仲間になったことで ノーマンの作戦は大きく前進することになるでしょう。

次の

【約束のネバーランド】ギーラン卿の存在が浮上、第3勢力としての鬼!

ギーラン

前回は下級鬼か原初信仰の鬼かと考えていたが、 立場を追われた貴族鬼というパターンは想定外だった。 とはいえ、このギーラン家には謎が多い。 一体何故、ギーラン家は政権中枢から追放されたのか? そして、 追放されて700年、未だに知能を維持している。 それは一体何故なのか? 鬼の世界の勢力図や、鬼の生態について見えてくることがありそうなので、 今回はそのあたりについて考えていく。 Sponsored Link ヒントになりそうな情報 まずは、鬼の政治形態やギーラン家について、分かっていることをまとめていく。 重要そうなのは以下の要素。 鬼の世界は王家と五摂家による王権政治 2. ギーラン家は700年前に政権中枢から追放された 3. ギーラン卿とその部下は人間の形質、知性を残している 4. ギーラン卿はジェイムズ・ラートリーが死んだことやGF脱走騒ぎを把握している それぞれ簡単に見ていく。 ラートリー家とも強く癒着して、鬼の世界を掌握している。 また、ギーラン家をそうしたように、 「野良落ち」といった刑罰を与え、それを実行する力を持っている。 ノーマンの「あなた方は政権中枢に返り咲ける」という台詞より、 元は五摂家、あるいはそれに近い地位を誇っていたと考えられる。 身体的特徴が大きく動物・虫寄りに変化してはいるものの、 多くが人間のような見た目と、知性を残している。 本来、人間を食べ続けなければ人型を維持することは難しいはずなので、 何者かから支援を受けている可能性や、 盗難、自給自足など、様々なパターンが考えられる。 森などでひっそりと暮らしているのだとすると、本来それは知りようのない情報である。 更に、こちらは一般層にも広まっていたが、GFの食用児が脱走したことも知っている。 そのため、何かしらの形で外部と接触できている可能性は高い。 このあたりをふまえて、ギーラン家について考えていく。 Sponsored Link ギーラン家は何故追放されたのか? まずは、何故ギーラン家は王権政治から追放されたのか? これに関しては、詳細な描写が一切ないため不明。 ただし、鬼の世界における価値基準として最も大きいものは、「人肉」だろう。 これにはいくつか理由がある。 1つは当然であるが、人を食べ続けなければ形質を維持できないから。 そして、特上の肉は王ですら食べられないものであるということから、 「高級な人肉」が至上の嗜好品である可能性が非常に高い。 そのあたりをふまえると、 1. 新たな貴族が、五摂家入りのためにギーラン家を陥れた 2. 他の摂家が高級肉の取り分を多く得るために、ギーラン家を陥れた などの可能性が考えられる。 とはいえ、このあたりに関してはいよいよ検討材料が一切ないため、 「人肉を巡る権力争い」が、ギーラン家が凋落した原因である可能性が高い、というくらいだろうか。 ギーラン家は何故700年間も知能を維持できたのか? 次に、ギーラン家の鬼たちは何故知能を維持しているのか? 「野良落ち」という刑の名前や、「なぜ我らが下等種に」という台詞から見て、 そもそも人間を食べることが許されない環境へと落とされたはず。 しかし彼らは700年もの間、知能を失わずに生きている。 その原因について考えていく。 ノーマンによる援助 まずは、ノーマンたちが人間や拠点を援助しているという可能性。 最近はあるかもしれないが、その前の700年について説明がつかない。 協力を取り付けるためにある程度の援助はしただろうが、 彼が脱走したのはここ半年で、それ以前の接触はありえない。 かつての仲間からの援助 次に過去の功績を活かし、かつての仲間から援助を受けている可能性。 これも基本的にはないだろう。 上でも考えたように、鬼の価値基準として最も重いものは人肉だが、 凋落後のギーラン家に、人肉を提供する力は一切ない。 それどころか、むしろ人肉を取られるわけなので、基本的に仲間から得ている可能性もないだろう。 ラートリー家の先代・支援者による援助 ラートリー家の先代や支援者が、鬼の世界の敵となりうる存在を、 かつてからキープして、生かしておいたという説。 ノーマンがギーラン家の事情を知っていて、 そして現在も生きているということが分かっているのは、 彼がスミーからネットワークを受け継いだからだろう。 そうでなければ、農園から出たばかりの彼が、それを知る術がないからだ。 すなわち、支援者が彼らの存在を知り、援助していた可能性や、 ジェイムズよりも前の代のラートリー当主が彼らを援助していた可能性も考えられる。 しかし、ラートリー家の当主がそういった動きをしていたかというと微妙。 ジェイムズの動きを見るに、彼の代から食用児のために動き出した可能性が高いため、基本的には考えづらいだろう。 質の良い人肉を食べていたため、形質保持能力が高い 逆に、一切人間を食べていない可能性についても考えてみる。 かつては政権中枢にいたということで、かなり質の良い肉を食べていただろう。 そのために、 他の動物の肉を食べようとも、知能を失わない、という可能性。 しかし、ノーマンの言う原則から考えると、 「食べ続けなければ形質を維持できない」。 それに、ギーラン卿はともかく、他の部下たちはそこまで良い人肉を食べることはできていないだろうから、 700年もの間、知能を維持することは難しいだろう。 盗難や街に忍び込むことによる、自給自足 最後に、ギ ーラン家の鬼たちが、自給自足で人間を食べていたという可能性。 最も普通で筋が通る。 というのも、 ソンジュやムジカが言っていた「盗難」は、時期的にノーマンたちによるものではない。 そのため、彼らが行っていたものであるというのが、最も自然。 街にもいけない彼らが人肉を手に入れようとするなら、 盗難が最も人肉の数を確保でき、部下たちの人肉も賄う事が可能。 更に、今回のノーマンによる手土産を見るに、農園の職員鬼も食料として有用。 人肉に加え、職員鬼の肉も確保できるとなると、ギーラン家の行動としては最も自然だろう。 また、ノーマンがコンタクトをとれたのも、 盗難が「反逆の意思のある存在」として支援者が接触するきっかけとなり、 ネットワークなどに記録されていた、という流れなら説明がつく。 以下に結論を詳しくまとめた。 Sponsored Link 結論 鬼の世界の政権についてや、ギーラン家の謎について考えてみた。 やはり、 鬼の世界の価値判断は、「人肉」が基本だろう。 知能の維持に不可欠で、嗜好品としての格も高い。 そして、 ギーラン家が排斥されたのも、それによるものだろうから、 新たな五摂家入りを目指す貴族や、既存の摂家によって陥れられたと考えられる。 そして、彼らがいかにして700年間知能を維持してきたか。 これは、 農園に対する盗難が最も自然。 街にも行けないだろうし、大量に肉を確保するにはこれしかないだろう。 おわりに 本日も配信をした。 鬼の政治制度や、ギーラン家について話したので、ぜひ見て欲しい。 自分は、基本、鬼の立場で考えている。 ほとんどの人は、人の立場で考えるけど、鬼の立場で考える人を、あまり見かけない。 上位の鬼+ラートリー家VS下位の鬼+食用児の対戦。 以前から、自分はこの対決ばかり言っていたけど、 人VS鬼で考える人が多く、私の他は、シナモンさんが少しだけ、 ラートリー+上位の鬼VS食用児の対戦を言っていた気がする。 下位の鬼。 正直、自分は野良鬼は1度でも人を食べた鬼と、虫やカラスと猿を食べて、1度も人を食べたことが無い、知能がソコソコある野良鬼が混在しているのが当然と思う。 平民の鬼と野良鬼が、下手すると同じ身分とも思う。 族長と貴族だけが特別で、在野の人と言うか在野の鬼は、特権階級以外は全員が在野と思っていた。 特権を取り上げただけで、在野の士に落とされたと思う。 文明と脳ミソ。 自分の目から見て、鬼は人の脳ミソを食べて、 知能が賢くなることばかり重視しているように見える。 人を食べて、賢くなる方は重視して、文明の道具を利用する方は、かなり鬼が軽視しているように見える。 猿とカラスは、けっこう賢く、文明の道具を使う方は、たいしてうまくない。 古代の人が一番賢く、文明の道具を使うだけは、今の人がうまいと思う。 猿やカラスより、知能が低い人もいると思うが、道具を使うのは人間だからうまいと思う。 そして、鬼は道具を軽視しているように見える。 こんばんは、設定マニアさん。 コメントを読ませていただいて、確かに鬼は道具を軽視しているように見えるし、その割に人間の脳を食べて賢くなることばかり重視しているところは何か矛盾だなと私も感じました。 以前エマたちが町で見かけた鬼の兄弟は人間の脳を食べたことがないかもしれませんが(市場では売ってなかったので)、知能が低くは見えませんでした。 今週号読んでの新たな感想なのですが、ノーマンの真の計画は ・権力鬼同士で潰し合わせる ・ラートリーと、それと似た立場で敵対する人間同士で潰し合わせる ・鬼を絶滅させるというのは本当ではない。 バーバラや鬼を怖がっていっる子供たちをとりあえず安心させる当面の分かりやすい方便で、罪のない鬼たちは人間を食べなくても共存できる方法も考えてある。 食べなくても大丈夫なムジカのような存在のことも知っている。 七つの壁のことも知っていて計画に入れてある。 ではないかな?という気がしました。 最後のは、ノーマンの中身がもし昔から変わっていなければ、エマがそれを望むことも想定済みで、昨日の反応を見て確信もしていると思います。 それにノーマン自身が罪のない存在を平気で殺す人間ではない気もします。 冷酷なところもあるけど。 みなさんいつもコメントありがとうございます。 知能と文明・技術のバランスに関してはどうでしょうね、 鬼の文化の全貌が見えないのでなんともいえません。 鬼の至上目的が摂食や宗教など別のところにあるとも考えられますし、 農園がある以上、鬼が何かをする必要がないということもあるでしょう。 貴族鬼が下級鬼の文明を制限しているとかもあるかと思います。 共存とかエマの気持ちとか織り込み済みだといいんですけど、 仮に共存の道を辿っても、鬼が人間を食べたいと思うことや、 バーバラたちの憎しみなどを考えると難しい気もしますね。

次の

約束のネバーランド147話ネタバレ!ギーラン家の過去とドッザの裏切り!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

ギーラン

【約束のネバーランド】157話ネタバレ考察|女王の能力がイヴェルク・ギーラン復活の伏線説 今回は、『約束のネバーランド』157話の考察をしていきたいと思います。 この記事には ネタバレの内容が含まれますのでご注意ください。 具体的には、 女王レグラヴァリマの能力がイヴェルク・ギーラン復活の伏線説についてお話ししていきます。 157話では 女王の能力が明らかになりました。 女王の能力は星のカービィの強化版【約束のネバーランド157話】 女王は2つ目の核により復活を果たして圧倒的な力を得たことで、ソンジュたちに自分の能力を自慢していました。 その内容は、食べた者の記憶から力まで全てを自分の物として引き出せるというものです。 例えると、 星のカービーの強化版になります。 では、なぜその能力とイヴェルク・ギーランの復活が関係しているのかと言うと、 女王の中でイヴェルクやギーランが生きていると考えられるからです。 正確に言うと、その2人だけでなく今まで食べてきた人や鬼が生きていると予想しています。 155話では、女王から謎の集合体が生まれていましたが、その中にはギーラン・イヴェルクそして、GFの食用児からシスタークローネの姿までありました。 実際に、その中にいる者たちは言葉を発していたので、もしかすると生きているのではないかという可能性が浮上します。 女王を殺せば全員生き返る!?【約束のネバーランド157話】 女王は、今までに取り込んだ鬼たちの全ての能力を引き出せるということなので、逆に言うと、女王を殺せば全員生き返るのではないでしょうか? その根拠として、157話の冒頭で描かれていたソンジュの先生の言葉があげられます。 先生は、命は全て借り物であるため、「自分で」神から借りて神に返さなければならないと言っていました。 しかし、女王を含め多くの鬼は、農園から食用児を調達しているため「自分で」借りてはおらず、また女王に至っては食べた生き物を体の中に宿しており、神に返してすらいません。 なので、女王はその能力の副作用として、殺された場合は自分の命と引き換えに今まで食べてきた生き物全てが生き返るなんてことがあるのではないでしょうか? 今回描かれたソンジュの過去シーンは、ソンジュが王族を裏切った理由を説明するだけでなく女王の能力の副作用を示唆するためにも描かれたのではないかと考えています。 そして、イヴェルクが王に跪いているシーンがあったので、先生は恐らくイヴェルクの謀略により殺害されたと考えられます。 もし、女王が先生を食べていたら、もしかするとソンジュと再会するなんてことがあるのかもしれません。 エマはギーランと交渉して約束を結び直す説【約束のネバーランド157話】 続いて、 エマはギーランと交渉して約束を結び直す説についてお話ししていきます。 まだ、ギーランが復活することも分かってはいない段階ではありますが、復活することを前提に妄想に近い考察をしていきたいと思います。 156話では、復活した女王にエマが襲われそうになった時、丁度ムジカとソンジュが助けに来てくれました。 ムジカはそこで五摂家が全員死んだことを知り、もし交渉をするならイヴェルクかプポだと考えていたようですが、間に合わなかったことが分かります。 このままだと女王を説得するしか道はないように思えますが、ムジカやエマたちを食べたくてしかたがない女王と交渉が進むとは考えづらいです。 なので、恐らく女王はソンジュが倒すことになると予想され、そうなるとエマたちは交渉相手を失っていまいます。 女王を殺せば交渉相手を失う!?【約束のネバーランド157話】 それでは物語が進まなくなってしまうので、やはり女王が死亡すると今までに食べた者たち全員が復活するのではないかと妄想しています。 では、その復活をした中の誰と交渉をするのか、僕はその相手が ギーランではないかと考えています。 ギーランは元々は五摂家でしたが、家臣であるドッザに裏切られ、イヴェルクに助けを求めるも見捨てられてしまい「野良落ちの刑」を余儀なくされてしまいました。 しかし、ギーランは五摂家の中で1番民のことを考えており、家臣からの信頼も厚いことが過去編で明らかになりました。 ただ、このギーランの過去編を読んで、僕はある違和感を感じました。 ギーランの話が異様な程に長い【約束のネバーランド157話】 それは、 ギーランの話が異様な程に長かったことです。 ギーランvs女王・イヴェルクの話の間にちょくちょく過去編が挟まっており、この鬼対鬼の戦いが長いと感じませんでしたか? 僕は、いきなりストーリーのテンポがガクッと落ちて、なんでこんなにギーランの話を引き延ばすのか凄く疑問でした。 正直、ギーランがいい奴だったことはもう分かったから早くエマとレイをノーマンに合わせて欲しいと思っていました。 なぜ、それだけギーランの話を丁寧に描いていたのか? その理由は、 今後ギーランが復活しエマと交渉することになるからではないでしょうか? 女王を倒した後、エマとの交渉を終えたギーランは、家臣たちと共に鬼の世界の統治を行うことになると予想しています。 今後、ギーランが復活を果たし、重要な役割を担うのだとすれば、ギーラン編が長かったことも納得できます。 みなさんは、エマは誰と交渉をすることになると思いますか? 『約束のネバーランド』の最新話を無料で読みたい! 『約束のネバーランド』の最新話を無料で読みたいという方は、がオススメです。 の 特徴は次のとおりです。

次の