卵焼き バリエーション。 読むだけで、卵焼きのバリエーションが50個以上増えるnote|もったいない料理人 みっきー|note

お弁当の卵焼き・アレンジレシピ12パターン! これで今日からマンネリ知らず

卵焼き バリエーション

得意料理はなんですか? 料理をしてる人はよく聞かれる質問だ。 「卵焼き」 が、いまの答えかもしれない。 初めて料理を作った小3の時も卵焼き。 薄焼きだったが 高校3年間、毎日作ったお弁当のレギュラーおかずは卵焼き。 板前修業では朝から特大の卵焼き 1本で卵8個 を大量に巻いた。 弁当販売でも毎回違う味の卵焼きを作った。 何かと、卵焼きと縁があるみたいだ。 そんな思い出と経験の卵焼きを 言語化してみる。 まずは、 基本のレシピから。 ・基本の卵焼き よく弁当に入れた、普通の卵焼き。 冷めても美味しくて、とにかく手軽。 冷めたら卵と混ぜ、焼く。 みたいな、工夫でこの比率になりました。 とりあえずお試しあれ。 ・基本のだし巻き卵 難易度が上がります。 出来たてほやほやでないと、出汁があふれちゃう料理。 最高に美味い。 ・材料 卵2個、出汁70㏄、薄口醤油小さじ1 ・作り方 卵をよく溶き、出汁と醤油と混ぜる。 強火でスピーディーに巻く。 巻き方はYouTubeにでも乗ってると思います。 手早くやらないと、卵から出汁が染み出てきちゃう 難易度の高い料理。 最初は出汁の量半分で挑戦を。 限界は100cc。 これはもう 飲み物です。 お吸い物や、茶わん蒸しに近い美味さ。 ・バリエーション 卵焼き、出汁巻きの基本がわかったところで、バリエーションについて。 高校時代、板前時代、弁当販売時代、にそれはそれは様々な物を巻きまくりました。 そもそも卵焼きのバリエーションにはいくつかの種類があって ・中心に具を入れるタイプ ・卵に具を混ぜ込むタイプ ・中心にも、卵にも具を入れるタイプ ・餡をかけるタイプ こんなところかな。 今回は レシピではなく、考え方を伝授していきます。 では、では、みんなで卵に巻かれていきましょう。 ・中心に具を入れるタイプ 王道ですね。 季節の野菜や、魚、肉や煮物、なんでも巻けます。 出汁巻き生地は柔らかい具や千切りの具が向いてて、卵焼き生地は万能と覚えましょう。 具材が少ない時 生地に混ぜるとぼやけてしまう食材 逆に混ぜると強すぎる食材 味に波を付けたい場合 におススメです。 ・ 具材が少ない時。 サケフレーク、たらこなどを、中心に巻くのと、全体に混ぜるのでは必要量が変わってきます。 ・ぼやけてしまう食材。 具が少ない時と考え方は同じ。 出汁やエキスがあれば混ぜても美味い。 アサリの酒蒸しとか。 ・ 強すぎる食材。 香りや風味の強い食材、例えば菜花。 これが真ん中にある分にはよい風味だが、全体にあると、卵の甘さや風味を消してしまう。 ・ 味に波を付けたい場合。 香り、味、風味などが、卵焼きと混ざりすぎずに入るので、卵の甘さとの組み合わせが楽しめる。

次の

卵焼きに具材を入れてアレンジ放題!!バリエーションアップ!

卵焼き バリエーション

卵焼きに具材を入れてもっと美味しくいろんな味を! 玉子焼きに具材を入れると、見た目も味も違ったものになるのでマンネリ化を脱出できます。 具材をどんどん代えれば、もはや無限のバリエーションになりますね。 ちなみに我が家の具入り卵焼きの定番は、ネギを入れる、ツナ缶を入れる、お弁当用にはカニカマを巻いて入れるの3パターン。 ちなみにカニカマは、綺麗でお弁当には最適!おすすめですよ。 思いつきで作ってしまうと結局同じようなバリエーションになりがち。 実際に我が家の定番はこの3つだけ(少ないw)ですが、みんなはどのような具材を卵焼きに入れているのでしょうか? 人気の具入り卵焼きメニューはコチラです! ホウレンソウ、小松菜、チンゲン菜などの青物野菜が摂れる上に見た目も綺麗で、一石二鳥な卵焼きですね。 我が家と同じツナ!と、野菜を合わせたレシピです。 卵焼きにニンジンを入れると華やかさがUPします。 ハムを細かく切って入れてもいいかも! ニラがなければ、青のり、ピーマン、キャベツなどの青いものを代用してもイケそうです! だし入り、干しシイタケ入りの、和風な一品です。 和風なので和風の食材、ひじきを入れても体に良いし、おいしそうですね。 以上がまずは人気のレシピ3品でした。 いかがですか?我が家と一緒!なんて人はいませんでしたか? 卵焼きに入れてしまえば、嫌いな野菜も苦なく食べられることが多いので、子供のお弁当にも最適です。 とはいえ、いちいち食材を用意するのも面倒だし、細かく切ったりする時間がない! そんな方には究極のズボラアレンジレシピをお教えしましょう。 アレンジに迷ったら!卵焼き具材にふりかけ!簡単にいろんな味に 玉子焼きのアレンジに迷ってしまったならこのアイテム… 「ふりかけ」が使えるんです! 具材を用意しなくてもふりかけの味次第でいろいろなアレンジ卵焼きが簡単に作れます。 ふりかけ入り卵焼きレシピ ふりかけは便利なうえに種類も豊富! 具材がしっかりしたおむすびに混ぜるものだと、まるでちゃんと野菜を切って入れたような具入り卵焼きが完成します。 手間なし簡単、ふりかけを駆使してちょっと違った卵焼きを作って見かけだけお料理上手になってみましょう。 黙っていれば、周りのみんなもまさかふりかけで誤魔化しているなんて気が付きませんからねw。 スポンサードサーチ 栄養満点!卵焼きを具だくさんにしてボリュームアップ! 次にご紹介するのは、他のおかずと一緒に食卓に並べても見劣りしない、具だくさん卵焼きのレシピです。 いろんな具材を入れてボリュームアップにすれば、栄養満点、見栄えも満点な卵焼きの出来上がりです。 しらすを入れると、簡単にカルシウムが摂れます。 しらすだけでは、色がなくてイマイチなので、このレシピのように青物(ここではワケギ)を入れるときれいさUPです。 もはや焼かない卵焼きの時代がやって来ている?残り物を卵焼きにするという節約レシピ。 たしかに、少しだけ残ったソーセージや少しだけ残った野菜のカケラを卵焼きにすればエコにもなっちゃうナイスな発想の玉子焼きです。 * 変わり種具材としては、夏場にスーパーに出てくるツルムラサキ。 ホウレンソウを越えるビタミンやミネラルを含む野菜として、昨今着々と知名度を上げてきています。 ムラサキという名前ですが、火を通すと鮮やかな緑色になるので卵焼きに入れると緑色が映えますよ。 レッドキドニーと呼ばれる赤インゲン豆、も栄養価が高い上に色がきれいで見栄えもボリュームも抜群! いかつい名前ですが、ほぼ小豆といってもいいレッドキドニー。 玉子焼きに入れて、普通の玉子焼きを外国風におしゃれにして食卓に並べてみましょう。 まとめ• 具入り卵焼きの定番No. 1は青物野菜。 野菜が用意できない、または料理を時短したい時は、ふりかけ入りの玉子焼きでOK• 栄養価の高い具材を入れて作ると栄養満点な卵焼きが作れちゃう!.

次の

お弁当の卵焼き・アレンジレシピ12パターン! これで今日からマンネリ知らず

卵焼き バリエーション

INDEX• 朝の限られた時間でおかずを決めなければならないお弁当づくり。 そんなとき定番おかずは、やっぱり頼れる存在です。 定番おかずの展開パターンをいくつか持っておくだけで、あなたのお弁当づくりはぐっと楽になります。 本当に役立つ無理のないお弁当づくりテクニックで評判の料理研究家・長谷川りえさんに、卵焼きのバリエーションを12レシピ見せていただきました。 どれも簡単なレシピばかりなので、ぜひご参考に! まずはうずまきの断面が美しい、「巻き巻き」卵焼きから。 【卵焼きアレンジレシピその1】のりを巻いて のりを巻いた卵焼きは、長谷川家のお弁当おかずでは定番中の定番レシピ。 卵を8割方焼いたら、卵焼き用フライパンよりも少し小さめにカットしたのりを卵の全面にのせて巻きます。 「の」の字がかわいく、一番目立つおかずになります。 副菜はきんぴらごぼう、ほうれん草とベーコンのソテー。 【卵焼きアレンジレシピその2】青のりを巻いて 青のりを巻いた卵焼きです。 のり卵焼きと同じ方法で、卵を巻く直前に青のりを全面にふりかけて巻いています。 他のおかずは鶏の照り焼き、青梗菜のソテー。 お次は散らして楽しい「まぜまぜ」卵焼き。 【卵焼きアレンジレシピその3】小ねぎを混ぜて 細かく切った小ねぎを卵液に混ぜて焼きました。 ねぎの風味が食欲をそそり、緑色も映えます。 豆腐と鶏ひき肉の炒り豆腐、たけのこのラー油あえを添えて。 【卵焼きアレンジレシピその4】桜えびを混ぜて 桜えびを卵液にたっぷり混ぜ、きれいな桜色の卵焼きにしました。 牛煮、野菜ときのこの炒めもの、じゃが芋と水菜のサラダと彩りよく詰めて。 【卵焼きアレンジレシピその5】ひじき炒めを混ぜて ごま油としょうゆ、砂糖で炒めたひじきが余っていたので、これを卵液にたっぷり混ぜて卵焼きにしました。 副菜はウインナ、ゆでブロッコリー、焼き明太子。 【卵焼きアレンジレシピその6】グリンピースを混ぜて 冷凍のグリンピースを卵液に混ぜました。 水玉模様がかわいくて、ハンバーグにも負けない存在感。 小さいお子さんにも喜んでもらえそうです。 副菜は新玉ねぎとピーマンのソテー。 真ん中に「大物」を巻いて主役級おかずにしても。 【卵焼きアレンジレシピその7】ちくわを巻いて 卵にちくわをのせて巻いてみたチャレンジングな卵焼き。 麻婆なすとピーマン、ゆでブロッコリーといっしょに。 【卵焼きアレンジレシピその8】魚肉ソーセージを巻いて 魚肉ソーセージをオムレツ風に巻いた卵焼き。 この日は肉や加工肉がなくて苦肉の策で作りましたが、子どもには好まれそうです。 グラタン、レンジで蒸したキャベツを添えて。 【卵焼きアレンジレシピその9】かにかまを巻いて かにかまを巻いた卵焼き。 巻くものが細くて小さい場合は、卵液を薄く広げてくるくるころがしながら巻くほうが、誰でも上手に仕上げることができます。 きんぴらなどを添えて。 【卵焼きアレンジレシピその10】ほうれん草を巻いて ゆでたほうれん草を巻いています。 形が丸いのは、のせたほうれん草の形に合わせてころがしながら巻いたから。 副菜はから揚げ、ウインナとチーズの揚げギョウザ。 そして忘れちゃならない、お弁当のおかずといえば忘れてはならない王道中の王道レシピも。 【卵焼きアレンジレシピその11】だし巻き卵に だしをたっぷり加えた、だし巻き卵はぜいたくな味。 だしを取ったあとの削りがつおは佃煮に。 副菜はウインナとブロッコリーのミートソースあえ、白菜のごま油あえ。 最後は「巻く」のを逆にしてみた変化球! まさに発想の転換です。 【卵焼きアレンジレシピその12】卵焼きのベーコン巻き 卵焼きをベーコンで巻きました。 切る前の卵焼きにベーコンを巻きつけ、フライパンで軽く焼くと、卵にベーコンのうまみが移っておいしい。 副菜は小松菜とちくわの炒めものなど。 余った野菜や、残りもののおかずなど、卵液に具材を混ぜれば、味や彩りに変化が出ます。 8 割ほど焼いた卵にいろいろな具をのせていっしょに巻けば、切り口も楽しい! ぜひ自分なりの「テッパン卵焼き」を見つけてみて。

次の